2018年01月18日

ブレイキンガールズ!

先日読みましたコミックの感想です。
なかなかよき…
□ブレイキンガールズ!(1)
■きりきり舞さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。

内容としましては、ダンス部の活動を描いたお話、となるでしょうか。
主人公の二ノ宮華さんは高校生の女の子…長い髪をした真面目なかたで、成績優秀なのですけれどもいまいち自分のしたいこと、というものを見つけられずにいました。
その様な中、中間試験の体育の課題が突如ブレイクダンスに変更になってしまい、それに対し抗議を行うのですけれど、その後映像でそれを見たり、あるいは先生が実際にやってみせるのを見て興味が高まり、ついには部活を設立しようというほどにまでなってしまいます。
どうしてそんな急激に気持ちが高まったのかというと、実は彼女は幼少時にブレイクダンスを間近で見て感動したことがあり、その記憶がよみがえってきた…ということがあったのでした。

その華さんの幼馴染の芦田伊織さんは元気で明るい、一言でいえばおバカな子なのですけれど、彼女も華さんと一緒にダンス部をはじめることに…この手のお話ですと伊織さんタイプのかたが主人公になることが多いのですけれど、ここは少し意外かもしれません?
さっそく部員を集めようとしますけれどなかなか集まらず、その様な中でブレイクダンスの大会を見学した際、隣のクラスの子がいるのに気づいて…?
その子は楠木葵さんという基本的には大人しい子なのですけれど、好きなことになるとその想いが抑えられずに多弁になってしまうかた…そのため人と距離を置いてまたそういう気持ちを極力出さない様にしようとしていて、ダンス部にも本当は入りたかったものの一度は断ってしまわれるのですけれど…?

その三人で設立したダンス部の顧問となったのは大橋先生という体育の教師…さばさばした快活なかたなのですけれどブレイクダンスはかなりの実力、それどころか実は華さんが幼少時に見たブレイクダンスというのは実は先生でしたりして…?

お話のほうは、ということでブレイクダンスをはじめてみた皆さんのお話…。
それまで経験のなかったものをはじめるため無から部活を立ち上げ、部員を集め、そして練習をしていくさまは、まさに正統派な部活ものといった趣です。
その皆さんの目標は文化祭のステージとなり、ここもまた正統派…登場人物の皆さんもよく、安心して読める楽しい作品です。
また、ブレイクダンスに関する知識も作中に色々描かれています?

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、よい友情のお話なのは間違いありません。
ということで、こちらはよき部活もの…続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもなかなか…?
□球詠(3)
■マウンテンプクイチさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『ぷくゆり』などを描かれたかたとなります。
…上の作品同様に正統派な部活ものな作品、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、女子野球部の活動を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではいよいよ地方大会がはじまるということで、その前にユニフォームが配られ、そしてトーナメントの抽選会に赴いたりします。
そのトーナメントでは初戦を勝ち進んだ場合次の試合で強豪とぶつかるという、なかなか厳しい場所を引いてしまったみたいで…?

でもそれは初戦を勝利できたらの場合で、まずは初戦…皆さんにとって初の公式戦となる試合にいよいよ挑むことになります。
お相手は影森高校という、毎年そこそこいい試合をしているという学校なのですけれど、この学校の皆さんは皆さん非常に黙々と、けれど恐ろしく機敏に試合を運び、それに皆さん当初戸惑ってしまいます。
その試合ぶりには不気味さすら覚えるのですけれど、お相手のチームの内情も見ることができ、要するに試合に出るよりも仲のいい皆さんで練習しているほうが楽しいので試合はさっさと終わらせよう、というちょっと珍しい思想を持ったかたがたの集った学校なのでした(機敏なのにも別にちゃんと理由があったり…?)
新越谷のほうは詠深さんを温存、今巻はその試合の途中までといったところですけれど…?

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりそこはかとなくは感じられる様な気も…?
ということで、こちらもかなり正統派なスポーツ部活ものとなっており、1試合ごとをこうしてしっかり描いていくとなると以前読んでいる『バガタウェイ』の様に結構な巻数になるのは確実ですけれど、きらら系がそこまでするのかどうか、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、7mm機銃、13号対空電探、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成球磨さん大破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:3(2連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所行き:
○ボス到達:5(4連続:1・ヲ級さん編成:2(2連続:1))
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:4(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:0
-----
…この数日輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊は壊滅状態が続いていたのですけれど、昨日は久しぶりに1回の出撃で任務を達成できました。
ただ、レベル98や97のかたが色なしのル級さんに簡単に大破させられるのは何とかならないものなのでしょうか…。

南西諸島任務では先日に引き続きはじめの出撃から2連続でボス前で南下…いえ、ろ号作戦が進むのでよいといえばそうなのですけれども…。

その様な昨日はメンテナンスがあり、新春任務が終わるとともに節分な台詞や家具が出現するとともに、龍田さんと村雨さんのお二人一挙に改二仕様が実装されました。
私の艦隊の龍田さんはレベル85、村雨さんは76だったのですけれど、いずれも無事に改二仕様となれました。

新たな任務として改二仕様とした村雨さんを旗艦に由良さん、五月雨さん、夕立さん、春雨さん、秋月さんのうち4人を組み込んだ艦隊を編成というものが出現、それを達成するとその皆さんの中から4人+αで5-1、5-3、5-4へ出撃、という任務が出現してしまいました。
えっ、いえ、あの、それ、どの海域にしろ恐ろしくきつくないでしょうか、軽巡洋艦1+駆逐艦3で埋められてしまうのですから、5-3のボスも潜水艦に攻撃が吸い込まれてしまいかねませんし、5-1の道中とか…。

また、龍田さんを旗艦に3以上の駆逐艦or海防艦を入れた艦隊で1-4と1-6へ、というものも出現…これは特に問題なさそうです。

上記2つは単発任務なのですけれど、その他大口径主砲4つと水偵2つと魚雷3つを廃棄し鋼材を消費するという、最近妙に多い傾向な廃棄+鋼材蒸発という週間任務が出現、これを終えると高速修復材が5つ…そんなに得られるとは思っていなくって、2つほど蒸発させてしまいました…(何)
さらに、軽巡洋艦2を入れた艦隊で演習に3回勝利した後に戦闘糧食を2つ消費する月間任務も出現、こちらは任務名が「給糧艦「伊良湖」の支援」となっているとおり伊良湖さんが得られ、また開発資材2つか高速修復材2つかのいずれかを選択式で得られますけれど、上で触れたとおり高速修復材は蒸発しかねないほど持っていますので…?

出撃任務については、まずは龍田さんと村雨さんの近代化改修を完了してから考えることにしますけれど、龍田さんのものはともかく村雨さんのものは…これはちょっと、新春任務の5-5以上にきつそうで、気の向いたときに実施する、くらいになりそうかも…(その新春任務とは違って、期間限定ではありませんし…)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月17日

和の輝きに魅せられて

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□なでしこドレミソラ(3)
■みやびあきのさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『おにまん』を描かれたかたとなります。

内容としましては、和楽器バンドを組んだ女の子たちを描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では美弥さんが自分の三味線を買ってもらえることになったお話から…三味線は相当にお高いものなのですけれど、彼女の本気振りが両親にも認められたかたちになります。
それに対し彼女の弟が少し複雑な感情を抱いたりもするのですけれど、そんなお高いものを買ってもらっているのを見るとそうなってしまうのも仕方のないところもあり…?

そこから皆さんは縁日や文化祭のステージに立つという今後を定めて練習をしていくことになります。
美弥さんはあわゆきさんからレッスンを受けることができたりしまず縁日のステージへ向け順調といったところなのですけれど、恵真さんから少し意外とも取れる提案があり…?
ここでこれまでとは少し違った組み合わせによる皆さんの新しい一面などが見られたりし、それも楽しく…いよいよステージ本番を迎えます。
縁日の場ではお囃子をする中学生と小学生の姉妹にも巡り会い…お囃子をする女の子、というと以前読んでいる『はやしたてまつり♪』を思い出しますけれど、ともあれステージは無事、大成功といえるかたちで終えることができたのでした。
…これで最終回でも十分きれいな終わりかたといえますけれど、今作はまだ続いてくださいます。

イラストはよきものです。
百合的にはやはり恵美さんが悪くなく…?
ということで、こちらはやはりよきもので、4コマにしろそうでないにしろ2巻で終わることの多いきらら系作品にあって3巻を越えましたので続きも楽しみにしたいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
最終巻でした
□アフターアワーズ(3)
■西尾雄太さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.4)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『アカネのハネ』と同じものとなります。
…上の作品同様に音楽の関わる作品、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、クラブでお会いした二人の女のかたの関係を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、いよいよレイヴという大型イベント開催の当日を迎えます…ここまで色々頑張ってきましたからエミさんも緊張しつつも気持ちが高鳴りますけれど、ここでちょっと、いえ結構ひどいハプニングが起こってしまいます。
そのためイベント自体にも支障が出そうになるのですけれど、それも無事乗り切り大成功といえる結果を収めることができたのでした。

その大きな目標も無事終了、新年を迎えエミさんもケイさんも燃え尽きそうになったものの、何とか気持ちを入れ替え…エミさんは正式にケイさんの家で同居することも決まり、そして先のイベントの熱は引いていなかった様子で自身のこれからにも前向きになります。
全てが順調に思われたのですけれど、ところがここから事態は急変、大波乱に陥っていきます…こうなってしまったのはケイさんの家庭の事情にあるのですけれど、何が悪いというわけでもなく結構どうしようもない事態ですので、余計につらく…?
ケイさんは全てを諦めることにしようとしたのですけれど、エミさんがそれをとどまらせ…。
その様な今作はこの巻で完結、最終巻となっています…そのお二人の先の先を見守れなかったのは少々残念ですけれど、そこまでの展開からハッピーエンドになっていると信じたいものです。

イラストは悪くありません。
百合的にはお二人の関係がやはりよく…。
ということで、こちらはこれで完結となりましたけれど、百合的にも高くまたお話も楽しかったり色々よきものでした…無事再会できたお二人の様子も少し見てみたかったですけれど、そこは仕方ありません?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
20cm連装砲、7mm機銃、失敗、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○特設艦隊2-2・3回め:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成初風さん中破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:3(2連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:5(3連続:1・2連続:1・ヲ級さん編成:1)
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:4
○ボス行き:0
-----
…通商破壊艦隊がどうしてもボスへ進みたがり、昨日はそれが連発させられた上にようやく輸送船エリアへ到達したかと思えば大外れ編成出現となり壊滅、崩壊と一体何なのでしょうか…本当に羅針盤というのは誰も幸せにしないどうしようもないシステムで嫌になります。
しかもその後の特設艦隊も逸走を繰り返すという本当にどうしようもない展開…ようやく輸送船エリアへ到達したと思えば例により当たり編成と、はじめからその編成を出してください…(しかも色なしのリ級さんに初風さん中破とか…はぁ…)

この時点で心底うんざり、げんなりさせられてしまっていましたけれど、ろ号作戦を進めなくてはいけませんから仕方なく引き続き南西諸島任務も実施、はじめの出撃でいきなりボス前での南下を連発…はぁ、輸送船撃沈任務と南西諸島任務、動きが逆ではありませんか、それ?
救いとしては、その後は比較的順調に推移し、はじめの分岐での北上も少なく、どうしようもない場所への逸走はなかったことでしょうか。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は9つめのダンジョンで探索できる範囲を探索し終えましたので、何かがいるという場所へ進んでみます。
するとそこにはかつてアサミーナさんたちとともに素性を隠して旅をしてきたナディカという妖魔がおり、彼女はアサミーナさんたちが世界樹を発見したことによりここへ入り込むことができた模様…。
彼女はこの先にいるのではないかという神々と対峙するためにここまできたというのですけれど、その前にアサミーナさんたちに襲い掛かってきてしまいます。
妖魔に対しては攻撃が届かない…ところだったのですけれど、精霊族の人々が後を追ってきてその結界を打ち払いました。

これでナディカという妖魔との戦いになりますけれど、その精霊族3人もオートで戦闘に参加し、合計7人での戦闘となりました。
例によってボス戦は妙に敵が弱く、ここまで戦ってきた普通の敵のほうが全然手ごわいほど…特に苦戦することなく撃破に成功しました。

すると妖魔はそのまま下層へ逃げてしまい、精霊族はその後を追うのですけれど、この際にアサミーナさんたちが精霊族と同行するか、という選択肢が出現しました。
妖魔の結界を払えるのは精霊族だけっぽいので同行しない場合危険が予想されますけれど、ここはあえて同行しないことを選択…ま、まぁ、多分何とかなりますよね、きっと、おそらく…(何)

昨日はここまででしたけれど、ダンジョンはもちろんまだ奥がありますので、今日からはそちらへ…そういえば、D.O.Eはダンジョン内に沸いているのですけれど、まだ一度も遭遇していない…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月16日

マジカルフィクションガールズラバーズ

先日読みましたコミックの感想です。
同人誌です
□マジカルフィクションガールズラバーズ
■高崎ゆうきさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは過日色々なものとともに届いたものとなり、百合が期待できそうということで購入をしたものとなります。
同人誌と一緒に届いていることからも解る様に、こちらは以前読んでいる『A lover』などと同様にコミックサイズながら同人誌となります(表紙カバーはないのですけれど、かなりのページ数になっていましたので…)
作者のかたは以前読んでいる『わたしのご主人様は人間じゃない気がする。』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、5つの短編を収録した短編集となります。
こちらは過去にサークル【長靴と猫亭】さまとして過去に出された同人誌の再録、となりますけれど一番はじめに収録されたものは描き下ろしとなっています。
お話の傾向としては、タイトル通り(?)少し不思議なお話があったりしつつ、いずれも百合メインのお話…また、いずれもかわいく微笑ましくそしてハッピーエンドなお話でもありますので安心して読むことができます。

収録作品、『エーテル宇宙で待っていて』は人類の新たな居住地を求めて宇宙を航行する二人の女のかたのお話…SFなお話になるわけですけれど、そのお二人の関係が楽しくよきものです。
『THEME GIRLS』はこちらの作者さまがくじ引きで引いたテーマに沿っていくつかの短編を描いたもの…短編集の中にさらに短編がいるということになりますけれど、こちらも楽しくよいものです。
以前購入をしている『花咲ク乙女ト陰陽ノ楽園』は同性愛が禁止された世界において牢獄に入れられたかたとそこにやってきた天然お嬢さまのお話…こちらはお嬢さまが微笑ましく、また続きを読みたくもなる作品です。
『沈思黙考ロマンティクス』は周囲からクールと思われていつつ実は口下手なだけな女の子とその親友さんのお話…こちらもまたそのお二人のやり取りが非常に微笑ましく…。
以前購入をしている『ハローガールアンドアイラブユー』はある日突然クラスの中の何者かの心の声が聞こえる様になってしまった女の子のお話…やっぱりこちらもとっても微笑ましいお話なのでした。
…微笑ましい、ばかりになってしまいましたけれども実際そうなのですから仕方ありません(何)

イラストは描かれた時期にかなり差異があるため作品によってかなりばらつきがありますけれどもなかなかよきものです。
百合的にはどのお話もよきものです。
ということで、こちらは微笑ましくてかなりよい短編集でした…普通の単行本にしてくださってもよろしいのに…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
20cm連装砲、失敗、失敗、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:ボス直行・ヲ級さん編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成衣笠さん球磨さん中破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:ボス直行・任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所逸走任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:2(2連続:1・そのままあらぬ方向逸走:2(2連続:1))
○はじめの分岐北上:2(2連続:1)
○はじめの分岐中央:3(2連続:1)
○ボス前軽空母戦:4(3連続:1)
○ボス到達:5(4連続:1)
○空母撃沈数:22
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:17
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:5(3連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:4(2連続:1)
○家具箱前行き:6(4連続:1・2連続:1)
○家具箱大行き:1
○家具箱中行き:3(2連続:1)
○ボス到達:5(4連続:1・北ルート:3(3連続:1))
-----
…月曜日はあ号作戦が発動していますので通商破壊艦隊がボス行きになるのは構わないのですけれど、空母を外していますのにヲ級さん編成を出すのはやめていただけないものでしょうか…。
もちろん、それでも輸送船エリアへ到達しつつ大外れ編成が出現、あるいはおかしな場所へ逸走するよりはよいのですけれども…はぁ…。

羅針盤という誰も幸せにしないシステムはい号作戦の1-4でもどうしようもない場所への逸走を連発…1回逸走するごとに1周5分かかる1-5への出撃回数が1回増えてしまうという二重の時間の無駄に陥るので、本当にやめていただきたいのですが…(それでも、普段よりは悪くない結果に収まり…?)
このシステムと戦いたくないために、あ号作戦は1-5で実施しているわけで…1周5分はちょっと面倒なのですが、1-1などですと逸走連発が頻発したりと結局所要時間はほとんど変わらない結果になりますので、確実にボスへ進める海域というのは非常にありがたいものなのです。

そして3-3でも当然の様にそのシステムは猛威を振るい、4連続でボスへ進むということもあったもののその後は延々家具箱前へ吹き飛ばされそのまま逸走…とはいえ、これでも1-4同様にいつもよりはましな結果ともいえて…?
その他、先日のアサミーナさんとかなさまの放送で龍驤さんのレベルがなぜか98で止まっていることに気づきましたので、これから彼女がレベル99になるまでは3-3出撃時の旗艦にしようと思います。
…龍驤さんがレベル99に達してからも、基本的には空母5で3-3は行ってよさそうです…残り1の長門さんは対空カットイン要員ですので…(何)

ともあれこれで今週ものんびりろ号作戦を行うのみになりましたけれど、明日にメンテナンスがありそれで新春任務は終わりの様子…とっても大好きなあのかたは無事進められていらっしゃるでしょうか…。
…この先白露型なかた及び旧式の軽巡洋艦のかたな改二仕様がくるらしいのですけれど、どうも最近演習のお相手の旗艦が村雨さんや龍田さんになっていることが多いです…このお二人で確定、だったりするのです?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月15日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第95回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:もきゅもきゅ、今日も無事に放送の時間を迎えられました『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:今年2回めの放送、聴いてくださってありがとうございます、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:ですです、今月は前回お正月に特別放送がありましたから2回めの放送になるんでした♪

あ:今年ももう半月が過ぎようとしてるんだね…やっぱり時の流れがちょっとはやくって怖くなっちゃうかも。

か:年末年始はお忙しくなっちゃうかたも多い多いですけど、無事に無事に今を迎えていらっしゃれば何より何よりです♪

あ:うん、彩葉さんがとっても大好きなあのかたもご無事でいらっしゃってくださっていますし、本当によかった…♪

か:一安心一安心したところで、今月もまずはいつものいつもの企画からいきましょう♪

あ:来月発売予定のコミック、ですね…1月は年始っていうことがあってかなかなか来月発売予定があがってこなくって、いつもより放送の時期も遅れちゃったの。

か:そういえばそういえば、いつもより少し少し放送時期が遅く遅く感じられましたけど、そんな事情があったんですね…。

あ:そんな来月は2月、一年で一番寒くなっちゃう時期だけど、こんなものが出るみたい。
-----
2日発売予定:『剣姫、咲く(3)』
9日発売予定:『サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報(2)』『よるのないくに2〜日々花盛り〜』『将来的に死んでくれ(3)』『ラブライブ! サンシャイン!! コミックアンソロジー by Girls 』
10日発売予定:『遠藤靖子は夜迷町に隠れてる(2)』『小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(4)』
16日発売予定:『citrus コミックアンソロジー』『しおりを探すページたち(1)』『万葬不踏の欺神迷宮(1)』『コイゴコロクリップ』
20日発売予定:『紫電改のマキ(10)』
23日発売予定:『のんのんびより(12)』『ガールズ&パンツァーの日常 4コマコミックアンソロジー(3)』
27日発売予定:『はるみねーしょん(7)』『スロウスタート アンソロジーコミック(1)』『こはる日和。(3)』『艦隊これくしょん -艦これ- おねがい! 鎮守府目安箱(2)』『ひとりぼっちの○○生活(4)』『三ツ星カラーズ(5)』『現代魔女の就職事情(5)』『乃木若葉は勇者である(4)』『ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン(3)』『ラブライブ! サンシャイン!! マルのヨンコマ(1)』『少女騎士団×ナイトテイル(3)』『いきのこれ! 社畜ちゃん 〜後輩ちゃんオタ活動記〜(1)』
-----
【その他気になる?】
22日発売予定:『百合鍵 〜先輩の秘密をのぞいてみた〜』『同棲生活 わたしを好きってことでしょ』
27日発売予定:『ゆりなつ -民宿かがや-(1)』
-----
あ:16日発売予定のものは例によって百合姫コミックスみたいだけど…はっきり言っちゃうと、来月はきらら系がとっても残念なことになってたの…。

か:『はるみねーしょん』とか『スロウスタート』のアンソロジーがありますからそこまでひどくひどくないと思うんですけど…そうなんです?

あ:うん、切ることにした作品はここにはもちろん入らないわけなんだけど、来月はいつにも増して男性がメインにいる作品が多くって、第1巻な作品は全滅しちゃった…あぅ。

か:まぁ、きらら系は百合メインじゃなくって、アニメ化してる作品でも某混ぜ物Sとか某あちらこちらとかそういう残念残念なものがありますし、そういう月もあるって気にしない気にしないでおくことにしたほうがいいですよ?

あ:うん、そうだよね、そういう某混ぜ物Sとか某城下町の蒲公英とかみたいに「なかったこと」にすればいいだけだし、それに『はるみねーしょん』とかはあるんだから、そっちを楽しみにしておくね♪

か:ですです、他の他の作品はどうです?

あ:うん、月末に質・量ともに集中してる感じかな…量は見れば解る通りだし、質も楽しい作品な『鎮守府目安箱』や『のんのんびより』『ひとりぼっちの○○生活』があったりするから期待できるんじゃないかな♪

か:楽しく楽しく笑える作品はいいものです♪

あ:ちょっと変わったところではにしてる『よるのないくに2』のコミカライズ版が出るみたい?

か:最後の最後のその他気になるって何です何です?

あ:そこにあるのは多分、ほぼ確実に百合が期待できる、っていうものたちかな?

か:なるほどなるほどです…ではでは、この企画はこのくらいですけど、次は次は何をします?

あ:うん、1月に入ったっていういことで今期のアニメもはじまってますけど、その今期何を購入するかっていうのをここで出そうって思うよ♪

か:あれあれっ、でもでも、そういうお話は前回、お正月のときの放送でした気がします…また同じ同じことをするんです?

あ:お正月の放送のときはあくまでこうしようかな、という検討段階だったんだけど、今回はほぼ最終決定…かな?

か:そうなんですか、確か確かお正月のときは『刀使ノ巫女』をどうするかってなってたって思いますけど、それがどうなったんです?

あ:うん、今のところ、こうする予定かな?
-----
【2012年冬期放送】
 『キルミーベイベー』
-----
【2012年春期放送】
 何もなし
-----
【2012年夏期放送】
 『ゆるゆり♪♪』
 『人類は衰退しました』
 『輪廻のラグランジェ(第2期)』
-----
【2012年秋期放送】
 『ガールズ&パンツァー』
-----
【2013年冬期放送】
 『ビビッドレッド・オペレーション』
 『ラブライブ!』
 『ぷちます! プチ・アイドルマスター』
-----
【2013年春期放送】
 『ゆゆ式』
-----
【2013年夏期放送】
 『きんいろモザイク』
-----
【2013年秋期放送】
 『のんのんびより』
 『ミス・モノクローム』
-----
【2014年冬期放送】
 『桜Trick』
-----
【2014年春期放送】
 『ご注文はうさぎですか?』
 『ラブライブ!(第2期)』
 『ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター』
 『犬神さんと猫山さん』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『悪魔のリドル』
-----
【2014年夏期放送】
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
 『ハナヤマタ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『さばげぶっ!』
-----
【2014年秋期放送】
何もなし
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『天体のメソッド』『結城友奈は勇者である』
-----
【2015年冬期放送】
 『アイドルマスター シンデレラガールズ』
 『幸腹グラフィティ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ユリ熊嵐』
-----
【2015年春期放送】
 『ハロー!きんいろモザイク』
 『レーカン!』
 『魔法少女リリカルなのはViVid』
-----
【2015年夏期放送】
 ○『アイドルマスター シンデレラガールズ(第2期/DVDは第1期と一緒)』
 『のんのんびより りぴーと』
 『わかば*ガール』
 『ミス・モノクローム(第2期)』
-----
【2015年秋期放送】
 『ご注文はうさぎですか??』
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』
 ●『ミス・モノクローム(第3期/DVDは第2期と一緒)』
-----
【2016年冬期放送】
 『魔法少女なんてもういいですから。』
-----
【2016年春期放送】
 『三者三葉』
 『あんハピ♪』
 『ハイスクール・フリート』
 『パンでPeace!』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ばくおん!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『うさかめ』
-----
【2016年夏期放送】
 『NEW GAME!』
 『アンジュ・ヴィエルジュ』
 『ラブライブ!サンシャイン!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『あまんちゅ!』
-----
【2016年秋期放送】
 『フリップフラッパーズ』
 『ブレイブウィッチーズ』
 『ViVid Strike!』
 『魔法少女なんてもういいですから。(第2期)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ろんぐらいだぁす!』
(原作は持っているものの購入検討せず→原作購入放棄につき今後表記せず)
 『ステラのまほう』
-----
【2017年冬期放送】
 『にゃんこデイズ』
 『けものフレンズ』
 『BanG Dream!』
 『うらら迷路帖』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『アイドル事変』『ガヴリールドロップアウト』『小林さんちのメイドラゴン』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『南鎌倉高校女子自転車部』
-----
【2017年春期放送】
 『フレームアームズ・ガール』
 『ひなこのーと』
 『シンデレラガールズ劇場』
(気になるもののお金の関係で諦め…)
 『サクラクエスト』
-----
【2017年夏期放送】
 ○『NEW GAME!!(DVD購入継続中)』
 ○『ひなろじ(DVD購入継続中)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『バトルガール ハイスクール』
(原作を持っているものの購入検討せず)
 『セントールの悩み』
-----
【2017年秋期放送】
 ○『このはな綺譚(DVD購入継続中)』
 ●『シンデレラガールズ劇場(第2期/DVD購入継続中)』
 ○『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期/DVD購入継続中)』
-----
【2018年冬期放送】
 ○『スロウスタート(DVD予約済)』
 ○『メルヘン・メドヘン(DVD予約待ち)』
 ○『citrus【シトラス】(DVD予約済)』
 ○『刀使ノ巫女(DVD予約待ち)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『三ツ星カラーズ』『ゆるキャン△』
-----
【2018年春期放送予定】
 (不明)
-----
【2018年夏期放送予定】
 ○『邪神ちゃんドロップキック』
-----
【放送時期不明】
 ○『けものフレンズ(第2期)』
 ○『こみっくがーるず』
 ○『はるかなレシーブ』
(原作を持っているものの購入検討せず)
 『立花館To Lieあんぐる』
-----
か:えとえと、今期…増えて、増えてます?

あ:う、うん、『スロウスタート』と『citrus』はもう確定っていうことでどっちも予約をしちゃって、あとにコミカライズ版を読んでる『刀使ノ巫女』に加えてにコミカライズ版を読んでる『メルヘン・メドヘン』っていう作品もとってもよくって気になったから、そっちも予約はまだだけど購入することにしたの。

か:でもでも、それって大丈夫大丈夫なんでしょうか…1クールに4作品同時購入、過去にショートアニメを含めて含めての例はありますけど、30分アニメ4つというのはありませんよ?

あ:う、うん、そこがとっても不安で悩んだところなんだけど、でも気になるものは気になっちゃうし、買わずに後悔するよりは買って後悔したほうがいいかな、って…。

か:う〜んう〜ん、麻美がそう言うんでしたらいいんですけど、それなら1年前の冬も『ガヴリールドロップアウト』とか諦めなくてよかったんじゃ…。

あ:その1年前の冬のことをいうと、コミカライズ版がとってもよかったから購入した『バンドリ』が悪くはなかったものの『ガヴリールドロップアウト』とかよりも優先するほどかってなるとそこまでは…だったから、同じくコミカライズ版がよかったから購入する決心をした『メルヘン・メドヘン』『刀使ノ巫女』が同じことにならないか、ちょっと心配ではあるんだけど、ね…。

か:そ、それって大丈夫大丈夫なんでしょうか、もう少し慎重慎重にいったほうが…。

あ:『メルヘン・メドヘン』は何となくだけど多分大丈夫なんじゃないかなって思うんだけど、『刀使ノ巫女』はコミカライズ版で描かれたのは多分アニメの1話分くらいなんじゃないかなっていう、『バンドリ』に似た流れになっちゃってて、確かに不安もあるわけで…う〜ん…。

か:特に特に、その作品は2クール作品みたいですよ?

あ:うん、だからひとまず、予約はもう少し様子を見てからにしようかな、って…でも、よっぽどのことがない限りは購入予定で、こうなると来期以降どうなってくるかで、来期は何とか2つ以下に抑えておきたいところなんだけど…。

か:今のところ来々期に『邪神ちゃんドロップキック』があることくらいしか解って解ってないんですね…。

あ:う、うん、そうだね、来期には何かあるのかな…あと、一応これで最終決定の予定だけど、あのかたがお勧めの作品をお教えくださったり、あるいはこれは微妙かもって教えてくださったりしたらさらに変更はある、かな?

か:あのかたのご意見は最優先したほうがいいですし、そうなったらそうなるのも仕方仕方ないです♪

あ:うん、去年の『フレームアームズ・ガール』『けものフレンズ』はそういうことで購入して結果大当たりだったし…♪

か:ですです…ではでは、ひとまずひとまずはこういう計画で行くということでこの企画はおしまいおしまいにしますけど、最後はいつも通り今現在してるゲームのお話です?

あ:うん、まず私や夏梛ちゃん、山城センパイと里緒菜さんで冒険してる『世界樹と不思議のダンジョン2』は9つめのダンジョンの探索を続行、かな…
 アサミーナさん
  …やっぱり、こうやって私や夏梛ちゃんたちをある程度再現したうえで…
 ミニキャラな皆さん…
  …ダンジョンとかを走り回るゲームはそれだけで楽しいかも♪

か:今作の走り回る皆さんはに第3作をしてる『七竜』みたいなミニキャラですから、そういう皆さんが色々動き回るさまは何だかかわいいかわいいですし、それもいい感じです♪

あ:うんうん、しばらく放置しておくと身体を動かしはじめるんだけど、それもかわいくって…♪

か:でもでも、ミニキャラのほう、里緒菜さんだけ顔が見えない見えないです…。

あ:うん、笠の関係でどの向きで見ても顔が見えないの…
  里緒菜さん
  …ステータス画面のイラストとかその上に出てるアイコンではちゃんと見えてるんだけど、やっぱりちょっと残念かも…。

か:里緒菜さん、武器が物騒物騒ですけど…。

あ:最近手に入る刀がなぜかこういう刀っぽくないものばかりになっちゃってて…武器と盾はフィールド上のミニキャラにも反映されちゃうから、本当はさっきお話の出た『七竜』での私とか『刀使ノ巫女』みたいなちゃんとした刀を装備したいんだけど…。

か:そういえば『七竜』では無印から『3』まで麻美は一貫してサムライなんでしたっけ…とにかくとにかく、それはこの先の素材に期待期待するとして、こういうゲームにまた巡り会いたいものですけど、何か何かありそうですか?

あ:ううん、今のところは…だからこれも何も急ぐことはないから焦らずのんびりじっくり楽しめばよさそうで、そしてこの先これが終わったらひとまずは『世界樹の迷宮4』をする予定だから半年単位では問題ないんだけど、でもやっぱり何かあるといいな…。

か:ですです…あとはあとは『艦これ』の結果です?

あ:うん、昨日の任務結果はこんな感じ、かな?
-----
【開発】
失敗、失敗、失敗、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
あ:昨日はろ号作戦も終わった日曜日、ということで特に何もなかったかな。

か:のんびりのんびりできたみたいでよかったよかったです…でもでも今日は月曜日ですし、また各種週間任務が出ちゃいます?

あ:うん、1-4でのい号作戦や3-3での北方海域任務は羅針盤っていうものとの戦いになっちゃうから、少しでも順調にいけばいいんだけど…。

か:あぅあぅ、そ、その存在さえなければ本当本当にありがたいんですけど…。

あ:あと、今の私の艦隊の皆さんの状況は、今回は艦種別にして、こんなところみたい♪
-----
【戦艦/航空戦艦】
○レベル99:伊勢さん・日向さん・大和さん・武蔵さん・比叡さん・榛名さん・扶桑さん・山城さん・リットリオ(イタリア)さん・長門さん・陸奥さん・アイオワさん・ウォースパイトさん
○レベル98:金剛さん
○レベル97:ビスマルクさん・ローマさん・リシュリューさん
○レベル95:ガングートさん
○レベル78:霧島さん
-----
【正規空母】
○レベル99:大鳳さん・飛龍さん・蒼龍さん・雲龍さん・天城さん・葛城さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・サラトガさん・赤城さん・グラーフ・ツェッペリンさん・アーク・ロイヤルさん
○レベル92:アクィラさん
○レベル50:加賀さん
-----
【軽空母】
○レベル99:瑞鳳さん・龍鳳さん・隼鷹さん・祥鳳さん・飛鷹さん・鳳翔さん
○レベル98:龍驤さん・大鷹さん
○レベル76:千歳さん・千代田さん
-----
【重巡洋艦/航空巡洋艦】
○レベル99:鈴谷さん・熊野さん・利根さん・筑摩さん・足柄さん・羽黒さん・古鷹さん・ザラさん・高雄さん
○レベル98:三隈さん・衣笠さん・加古さん・青葉さん
○レベル95:プリンツ・オイゲンさん・妙高さん・那智さん・愛宕さん
○レベル94:ポーラさん
○レベル79:最上さん・摩耶さん・鳥海さん
-----
【軽巡洋艦/重雷装巡洋艦】
○レベル99:五十鈴さん・木曾さん・川内さん・由良さん・名取さん・阿武隈さん・鬼怒さん・夕張さん
○レベル98:神通さん
○レベル97:球磨さん・阿賀野さん・能代さん・矢矧さん
○レベル96:那珂さん・大淀さん
○レベル95:長良さん
○レベル85:天龍さん・龍田さん
○レベル83:多摩さん・酒匂さん
○レベル50:大井さん・北上さん
-----
【駆逐艦】
○レベル165:五月雨さん
○レベル99:夕立さん・大潮さん・初春さん・潮さん・初霜さん・叢雲さん・暁さん・朝潮さん・江風さん・霞さん・荒潮さん・涼月さん・初雪さん・深雪さん・陽炎さん・不知火さん・曙さん・漣さん・子日さん・若葉さん・涼風さん・満潮さん・舞風さん・夕雲さん・長波さん・弥生さん・浜風さん・谷風さん・磯風さん・早霜さん・清霜さん・朝雲さん・山雲さん・野分さん・高波さん・照月さん・萩風さん・初月さん・春風さん・山風さん
○レベル98:時雨さん・綾波さん・皐月さん・如月さん・秋月さん・三日月さん・旗風さん
○レベル97:菊月さん・長月さん・狭霧さん
○レベル95:神風さん
○レベル94:望月さん・卯月さん・リベッチオさん
○レベル88:朝風さん
○レベル86:睦月さん・文月さん・水無月さん
○レベル83:初風さん
○レベル79:藤波さん
○レベル76:吹雪さん・白雪さん・敷波さん・黒潮さん・雪風さん・島風さん・朧さん・響さん・雷さん・電さん・白露さん・村雨さん・霰さん・秋雲さん・巻雲さん・天津風さん・浦風さん・時津風さん・春雨さん・朝霜さん・Z1さん・Z3さん・風雲さん・海風さん・嵐さん・沖波さん・親潮さん・浦波さん・松風さん・天霧さん
-----
【潜水艦/潜水空母】
○レベル98:伊58さん
○レベル93:呂500さん・伊26さん・伊168さん・伊8さん・伊19さん・伊401さん・U-511さん
○レベル92:伊13さん・伊14さん・まるゆさん
○レベル91:伊504さん
○レベル68:伊400さん
-----
【水上機母艦】
○レベル99:秋津洲さん・瑞穂さん
○レベル98:コマンダン・テストさん
-----
【練習巡洋艦】
○レベル99:香取さん・鹿島さん
-----
【海防艦】
○レベル98:国後さん・択捉さん・占守さん
○レベル97:松輪さん
○レベル83:佐渡さん・対馬さん
-----
【補給艦】
○レベル99:速吸さん
○レベル96:神威さん
-----
【その他】
○レベル99:大鯨さん・明石さん
○レベル87:あきつ丸さん
-----
あ:ガングートさんやアクィラさんは日々の2-2で使うからあえて演習とかでのレベル上げはしないでおいている、っていうところかな。

か:涼月さん、もうレベル99なんですね…。

あ:演習で常に旗艦にしてたから…そうしてもいいって感じるくらいいいかたなの、でももちろん一番素敵でかわいいのは夏梛ちゃんだけど♪

か:あぅあぅ、と、唐突唐突にそんなこと言わないでください…えとえと、きょ、今日の放送はこのくらいです!

あ:もう、夏梛ちゃんったら、かわいい…それでは、今日も私たちの放送を聴いてくださって、ありがとうございました♪

か:また次回も、よろしくよろしくお願いします♪
posted by 桜乃 彩葉 at 07:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2018年01月14日

少女が少女と出逢い、魔法が始まる。

先日読みましたコミックの感想です。
今期アニメの…?
□メルヘン・メドヘン(1)
■松智洋さま/StoryWorksさま(原作)/カントクさま(キャラクターデザイン)/中村尚儁さま(コンテ構成)/山縣清継さま(漫画)
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、百合が期待できるとお教えいただいたこともあり購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『よくわかる現代魔法』と同じものとなります。
こちらの原作はノベルとなるらしく、また今期アニメが放送されているといいます…そういうことで優先して読んでみました。

内容としましては、ある日突然魔法の世界へ飛ばされた女の子を描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公は鍵村葉月さんという高校生の女の子…空想と本が大好きでいつか自分もそういう世界へ行けたらと憧れているという、何やら以前読んでいる『ハナヤマタ』のなるさんや以前観ている『ラブライブ!サンシャイン!!』の花丸さんを思い浮かべる様なかたで、彼女は学校では孤独で、また家庭事情もよくなくってさみしさを抱えているのですけれど、物語の世界にのめり込むことでそれを紛らわせているご様子…。
その様な彼女、ある日鞄に覚えのない本が入っていることに気づき、またそれと同じタイミングで不思議な格好をした、どうも他の人には見えていない人がいることにも気づき、その人の後を追ってみるのですが、その人は魔法使いでした。
その人の後を追っているうちに葉月さんは別世界へ飛ばされてしまい、そこで彼女に魔法の才能があることが明らかになって…?

葉月さんが後を追ったお相手は土御門静さんという、長い黒髪にクールな雰囲気をしたかた…色々あってその別世界にあるクズノハ女子魔法学園という学校へ入ることになったのですけれど、そこで葉月さんの教育係をしてくださることになりました。
葉月さんは静さんと友達になりたいと考え、静さんのほうも次第に心からそう思う様になっていって…?

このお話における魔法について、どうやら魔法の資質を有した人が「原書」と呼ばれる魔力を持った本を所有することでその力を行使できる様子です。
基本的には魔法学園の図書室にあるのですけれど、葉月さんはどこから入手したのか失われていたという伝説的な「原書」である『シンデレラ』を手にしており、それゆえに期待されているご様子…彼女自身、何かかなり強い力を持っている雰囲気があります?
現代の漫画などを含む全ての物語に「原書」はあるらしいながら歴史の浅い本にはまだ力がなく、その『シンデレラ』の様な長い歴史を持つ本にならないとダメらしい…魔法使いの基本として、その「原書」を元にした格好に変身するというものがあるのですけれど、葉月さんはまだそれを行えません。

そして、1年に1回、ヘクセンナハトと呼ばれる全世界の魔法学校が会して戦いを繰り広げるという大会が開かれるといいます…学校は日本やイギリス等には1国につき1つはあるらしいのですが、そうでない国々は諸国連合を形成、どうやらそこと日本とで本戦出場の最終予選を行うことになっている模様です。
これに優勝した者には何でも願いの叶う魔法が与えられるといいますけれど…?

お話のほうは、ということで突然魔法の世界へ飛ばされた女の子のお話…。
飛ばされた、とはいえ魔法の世界と現実の世界は普通に行き来ができますので、葉月さんは普通の生活を送りながら放課後に魔法の世界へやってくる、ということになります。
まだまだお話ははじまったばかりなのですけれど、お話は面白く、そして登場人物も魅力的と、これはかなりよい作品…引き続き見守りたいものです。

イラストはよきものです。
百合的にはどうでしょうか、よい友情のお話になりそうなのは確かそうですけれど…?
ということで、こちらは個人的にはとてもよい作品で…ということで、これは非常に困ったことになりました(何)
いえ、今期のDVD購入予定作品は以前原作を読んでいる『スロウスタート』が購入確定、以前原作を読んでいる『citrus』がよほど何もなければ購入確定で、そして他に何もなければ以前コミカライズ版を読んでいる『刀使ノ巫女』を購入しようと思っていたのですけれど、ここにきて第4の作品が出現してしまったわけです。
今期はすでに以前原作を読んでいる『三ツ星カラーズ』と上で触れた『刀使ノ巫女』と一緒に原作を読んでいる『ゆるキャン△』を諦めており、さらに過去1クールに(ショートアニメを除き)4作品を同時購入したことはなくって、こうなるとまた何かを諦めるしかないということになるのですけれど、『スロウスタート』は絶対切りませんし…どうしましょう、昨年冬以上に厳しい決断を迫られることになってしまいました…。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
ポスターつき?
○THE MUSEUM V
-----
…こちらはCDとなり、水樹奈々さまのbestアルバムとなります。
かのかたのbestアルバムは以前2作めを購入していますけれど、それから6年程度の間が空いていましたか…時の流れは恐ろしいものです。
ともかくさっそく聴いてみましたけれど、やはりよきもので…しばらく音楽はこれだけでもよさそうです?(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、15cm単装砲、水偵、天山
-----
【輸送船3・空母3撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船2空母2撃沈
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐東進→分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船2空母2撃沈両任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5出撃任務】
○損害:なし
-----
…昨日はもうすでにろ号作戦が完了し南西諸島任務放棄確定の中、空母3撃沈任務も発動しましたのでどちらも進行すべく潜水艦隊を2-3へ派遣、2回の出撃で無事両方完了としました。

ろ号作戦が完了しているということで、昨日は1-5への3回出撃任務を実施、これで今日は輸送船さえ撃沈できればのんびりできます。
…5-3でのレベル上げでは初戦でD判定終了したかと思えば、連続しての出撃ではその初戦で完全勝利…ちょっと極端すぎる気が…。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は9つめのダンジョンを進んでいったのですけれど、まだ奥がある場所でこの先に何かいるという、これまでのダンジョンの最奥手前、ボスが待ち構えている階へ進もうとしたときと同じメッセージが出ました。
どうやらここは途中にもボスがいそうで、ともあれまずはそこへ向かう前に、そこまでに行ける階層の全フロアの踏破をしてしまおうと思います。
…さすがにこのダンジョンにはお店の人はいないっぽい…8つめのダンジョンにいたのもそれはそれで非常に不思議なお話ではありますけれど…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月13日

地を蹴り、宙を舞う―これがブレイクダンス!!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○なでしこドレミソラ(3)
○球詠(3)
○ブレイキンガールズ!(1)
○アフターアワーズ(3)
○メルヘン・メドヘン(1)
○ripple
○スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『なでしこドレミソラ』から『ブレイキンガールズ!』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものは全て4コマでも大判サイズでもないものとなります。
『ドレミソラ』『球詠』は過去に既刊を読んでいることから、『ブレイキンガールズ!』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ブレイキンガールズ!』の帯から取ってみました。

『アフターアワーズ』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります…こちらはこの巻で最終巻となる模様です。

その他作品群は全て百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。

今回の作品群なのですが…何とここにきて新たに『メルヘン・メドヘン』という作品が今期放送アニメのコミカライズ版(原作はノベル?)とのことになっていました。
イラストの雰囲気や裏表紙のあらすじを読む限りなかなか面白そうで、まずはこれを最優先で読んでどうなのか見極めたいところ…これがよい作品、となると今期がますますややこしいことになりますけれど、果たして…?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、失敗、零戦21型
-----
【輸送船3/5撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成初風さん大破・5撃沈任務同時発生のため3撃沈任務達成・ろ号作戦も達成
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成・5撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…昨日は久しぶりに通商破壊艦隊のはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、大外れ編成が出現してしまうものの昨日は特例が発生していたため3撃沈任務は達成、さらにろ号作戦も完了しました。
2回めの出撃でも輸送船エリアへ到達、5撃沈任務も無事完了したのでした。

ろ号作戦が終わりましたので、昨日から明日まではのんびりできます…1-5への出撃任務のみ今日あたり実施しておきましょう。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は8つめのダンジョンの最奥へ…その先は本当に何もなく、いよいよ世界樹へ進むことになりました。
そこで一度街へ戻るかの選択肢が出現しましたので、今回は料理効果をつけるために一度戻ったのでした。

9つめのダンジョンはいよいよ世界樹そのものとなりましたけれど、その内部は機械的で明らかに何者かの手により人為的に作られたものっぽい…以前している『世界樹の迷宮5』も上層部は似た様なものになっていましたけれど、このシリーズは世界樹を人為的なものにしたがるのでしょうか。
ともあれその様な場所ですのでBGMもよきもの、敵も強めとなっていますけれど、例によってまずは行けるところまで奥へ進んでいきましょう。
…途中でアサミーナさんの術が弱くなったかと思ったら、一度戦闘不能になると料理効果が消滅する模様…過去のダンジョンに出現したラクライウサギの集中攻撃でやられてしまったのですけれどこのウサギはその過去より格段に強くなっており、盾に雷属性軽減効果をつけないと…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2018年01月12日

A lover

先日読みましたコミックの感想です。
同人誌です
□A lover
■凪空りくさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.6)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なものとともに届いたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
同人誌と一緒に届いていることからも解る様に、こちらは以前読んでいる『艦サンブル』などと同様にコミックサイズながら同人誌となります(それら一緒に購入した作品群の中で今作のみ表紙カバーつきです/何)
こちらは以前観ているとおりアニメ化されまた以前読んでいるコミカライズ版の一つが以前観ている様にアニメ化もされている『シンデレラガールズ』の二次創作作品となります。

内容としましては、卯月さんと凛さんカップリングなお話を収録した短編集となります。
こちらは今作と同時に購入をしている『Heart rate』などを描かれたサークル【POCHI】さまが過去に出された同人誌、あるいは合同誌などへ載せた作品の再録作品となっています。
こちらのサークルさまは以前届いている『コイノキズナ』などのシリーズものも出しているのですけれど、そのシリーズは収録されず、以前届いている『ほろよいBirthday』などが収録されています。

お話のほうは、ということで卯月さんと凛さんなカップリングのお話たち…。
収録作品は全てそのお二人のカップリングなものとなっていて、そして百合的に高めのよい関係になっていてよきものです。
『ほろよいBirthday』については描き下ろしとして後日談も収録されていて…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどのお話もよきものです。
ということで、やはりこちらのサークルさまの描かれるうづりんカップリングなお話は(サークル【まじひま】さまと並んで)よきものです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
九一式徹甲弾、15cm3連装砲、失敗、彗星一二型甲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行・ヲ級さん編成初風さん大破青葉さん衣笠さん球磨さん三隈さん小破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(4連続:1)
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:4(2連続:1・ヲ級さん編成:2(2連続:1))
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:1
○輸送船エリア到達:2(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:1
-----
…どうにも最近、輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊のはじめの出撃が無意味なボス直行ばかりなのですけれど、一体何なのでしょうか、これ…。
しかもそこで出現するのは、こちらは空母を外しているのに対し見事にヲ級さん編成と、ちょっと…いえ、かなり不快な気持ちにさせられてしまいます(特に昨日は損害が異様なレベルになってしまい…そうでなくても、昨日は南西諸島任務でもヲ級さん編成が出現する確率が高く少々げんなり…)
南西諸島任務へ移行しても、はじめの分岐での北上という不毛なことを連発させられてしまいますし、日々の任務くらい、もう少し気分よく終わらせていただけないものでしょうか…本当に、この羅針盤とか(以下略)


『世界樹と不思議のダンジョン2』は8つめのダンジョンの全フロアを踏破…これで今日には先へ進めます。
最奥にはボスの気配がしないっぽいのですけれど、油断は禁物…一応万全を期したうえで進んでみましょう。
…サントラの曲は9つめのダンジョンで終わり、っぽいのですけれど、モンスター図鑑はようやく半分埋まったかどうかというところ…これは一体どういう…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月11日

艦サンブル

先日読みましたコミックの感想です。
同人誌です
□艦サンブル(1〜5)
■ふにちかさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なものとともに届いたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
同人誌と一緒に届いていることからも解る様に、こちらは以前読んでいる『睦月型のほんとのチカラっ! ふたまとめ』などと同様にコミックサイズながら同人誌となります(表紙カバーはないのですけれど、かなりのページ数になっていましたので…)
こちらは元はブラウザゲームとなりヴィータさん版なゲームも出たり以前観ている通り劇場版が制作されたり、以前読んでいるものなどコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも出ている『艦隊これくしょん』の二次創作作品となります。

内容としましては、こちらのサークル【FUNNYロケット】さまが過去に出された同人誌をまとめた総集編となります。
タイトルから解る通り、こちらは同人誌第1巻から第5巻までをまとめたもの…単品としては購入をしたことがなかったのですけれど少なからず気になっていた作品でしたので、こうして総集編が出た機会に購入をしてみたのでした。
単品としてはもう少しナンバリングが出ており、あとがきにある様に現時点でももう1冊くらい総集編を出せそうな気がします?

お話のほうは、『艦これ』のコメディなお話、となるでしょうか。
メインは喧嘩しつつ仲のよい天津風さんと島風さん、雪風さんと彼女のことが大好きな様子の時津風さんあたりとなりますけれど、他のかたがたもお話によっては出番があります。
作品冒頭にはその当時行われていたイベントに関するお話もあり、2015年春以降のものは私も参加していましたので懐かしい気持ちになったり…?
その様な今作ですけれど、想像していたよりもはるかに…おバカな、相当おバカな作品でした(何)
ただそのおバカさも笑えて楽しいという意味でよきもので、特に難しいことは考えずに素直に楽しめばよいかと思います。
…第1巻表紙の魚雷にはかなり笑わされてしまいました(何)

イラストは悪くありません。
百合的には時津風さんが少々重い様な…他のかたがたもキャラクターによってはそこはかとなくあり、特に舞風さんと野分さんは普通に百合だと判定してよいでしょうか。
ということで、こちらはかなりおバカな作品でしたけれども楽しくよきものでしたかと…また総集編が出たら購入してみましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
ついに『マキ』と分裂…
□ガールズ&パンツァー リボンの武者(8)
■野上武志さま×鈴木貴昭さま/ガールズ&パンツァー製作委員会さま(原作)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『Candy boy』のコミカライズ版や『小百合さんの妹は天使』『北陸とらいあんぐる』などと同じものとなります。
作者のかた、前者のかたは以前読んでいる『紫電改のマキ』を、後者のかたは以前読んでいる『リトルアーミーU』などに協力としてお名前のあるかたとなります。
タイトルから解る様にこちらは以前劇場版を観ていたり、その他ゲーム化もされており以前読んでいるものなど別のコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも出ている作品となります。
…上の作品同様にミリタリー要素のある作品、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、強襲戦車競技に挑む女の子たちを描いたお話となります。
と、説明がやはり上で触れた『紫電改のマキ』第9巻と一緒に読みました第7巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き大鍋(カルドロン)という大会の第1回戦の模様が描かれていきます。
かなり全国各地を舞台にしており、また参加チームも多彩な上に用心棒として任意の誰か1組に応援を要請できるシステムのためかなり混沌とした面白い試合が展開されていきます…この用心棒は戦車でなくてもよく、漁船を呼ぶチームまで出現し…?(さすがにその発想に至ったのは1チームだけでしたけれども…)

この大会の裏にはダージリンさんの思惑がかなり強く働いており、この巻の終盤ではそれが垣間見えてきます。
この作品での彼女は政治的にかなり大物で底知れない雰囲気…いえ、今作においてはどのかたも非常に怖い雰囲気を纏っていたりするのですけれども…?
やり手といえば、知波単学園の福田さんが相当な切れ者になっていたりもして…?

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりそこはかとなく以上は…?
ということで、今作はこれまで同じ作者さまの『紫電改のマキ』と常に一緒のタイミングで出続けてきた印象があったのですけれど、ここにきてついにそちらが出なくなってしまいました…これまでのはできすぎた偶然といったところでしたのでしょうけれど、やはり残念ではあります?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、14cm単装砲、失敗、瑞雲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→無意味なボス行き・ヲ級さん編成衣笠さん大破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:4(ボス前南下:3(2連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:3(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:4
○輸送船エリア到達:2
○ボス行き:2
-----
…昨日も例によって輸送船撃沈任務からさっそく羅針盤という誰も幸せにしないシステムが嫌な動きを連発してくださいました。
南西諸島任務も荒れ気味になってしまい、潜水艦隊がボスへ進まなかった場合どれだけ荒れたことになったか…。

運営電文によると、白露型なかたと旧式の軽巡洋艦に改二仕様がくるっぽいですけれど、まさか五月雨さん…なんてことは、ないですよね、ね…。
軽巡洋艦のほうは、阿賀野型と大淀さん以外はだいたい旧式なので…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月10日

待てば海路の日和あり

先日読みましたコミックの感想です。
同人誌です
□睦月型のほんとのチカラっ! ふたまとめ
■長塩さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なものとともに届いたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
同人誌と一緒に届いていることからも解る様に、こちらは以前読んでいる『シーズンシアターシアトリカル』などと同様にコミックサイズながら同人誌となります(表紙カバーはないのですけれど、かなりのページ数になっていましたので…)
こちらは元はブラウザゲームとなりヴィータさん版なゲームも出たり以前観ている通り劇場版が制作されたり、以前読んでいるものなどコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも出ている『艦隊これくしょん』の二次創作作品となります。

内容としましては、『艦これ』に登場する皆さんの中でも駆逐艦の睦月型の皆さんをメインとしたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻に相当する作品の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
今回もその既刊に引き続きサークル【万里の少女】さまが過去に出された同人誌の総集編となっており、タイトル通り第2巻に相当します。
今回は以前購入をしている第5巻から以前購入をしている第8巻までのナンバリング及び以前購入をしている『にゃんこのチカラっ!』に以前購入をしている『水無月のほんとのチカラっ!』などが収録されています。

お話のほうは、ということで睦月型な皆さんの微笑ましい日常を描いたものとなります。
今回で水無月さんも加わり、ますます楽しく微笑ましいものに…少し泣けるお話もあったりと、やはりかなり満足のできる作品となってます。
皆さんとっても微笑ましく、そしてそれぞれの関係もよいので、睦月型な皆さんがお好きなかたでしたら購入して損はないかと…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、第1巻で受けたほどの印象はありませんけれど、それでも悪くありません。
ということで、こちらはまだ続刊が出続けていますので、そのうち3冊めの総集編も出てくださるのではないかと…楽しみにしておきましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも同人誌…
□待てば海路の日和あり 総集編
■つっこさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらも上の作品とともに届いたものとなり、気になるサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
こちらも上の作品同様にコミックサイズながら同人誌、そして『艦これ』の二次創作作品となります…そういうことで一緒に読んでみました。

内容としましては、比叡さんと榛名さんカップリング中心な金剛型なかたがたを描いたお話、となります。
こちらは以前購入をしている『はるにゃさん』などを描かれたサークル【待てど海路の日和なし】さまが過去に出された同人誌を再録した総集編となっています。
その『はるにゃさん』シリーズは今作には収録されていないのですけれど、あとがきによるとそちらもいずれ総集編にするお気持ちがあるご様子ですので、楽しみにしたいものです。

こちらのサークルさまは比叡さんと榛名さんのカップリングが大好きということで、収録作品もそちらが中心となっています。
比叡さんと榛名さんは私も大好きなのですけれど、今作のお二人は非常に微笑ましく、イラストも相まって非常にかわいらしいです。
金剛さんと霧島さんもよいキャラクターとなっており、楽しいという意味でもとてもよい作品といえます。
中には高速戦艦の会なる会の模様を描いたお話もあり、そこにアイオワさんがやってくるのですけれども…?

イラストは悪くありません。
百合的には比叡さんと榛名さんの関係がよきものです。
ということで、こちらは楽しくまた百合的にもよきもので、上の作品同様にとてもよきものでした。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm3連装副砲、14cm単装砲、零戦21型、天山
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【2-5水上反撃任務】
(五月雨さん・ザラさん・阿武隈さん・夕立さん・朝潮さん・霞さん編成)
○1回め:初戦・A判定→夜戦(リ級さん改編成)・完全勝利→ボス戦・同航戦夕立さん中破阿武隈さん小破タ級さん小破ル級さん1大破その他撃沈・夜戦朝潮さん中破敵全滅
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3(3連続:1)
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:2(ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:2
-----
…残された最後の月間任務である2-5への水上反撃任務を実施、夜戦で完全勝利をしたりと1回の出撃で完了できました。
これでメンテナンス後に新たな任務が入れられない限りはのんびりできます…えっ、6-1への月間任務はどうしたのって、そんなのありましたっけ?(何)

2-2の羅針盤という存在は悪い意味で相変わらず…本当に、この羅針盤という誰も幸せにしないシステム、本当に撤廃してくださいませんか?
戦うお相手は深海棲艦だけでおなかいっぱいです…。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は8つめのダンジョンを行けるところまで進んでいきますけれど、ここ…敵が普通に強いです。
いえ、いやらしい状態異常をかけてくるとかではなく、普通に耐久力が高くかつこちらが受けるダメージが大きい、と…特に斬属性があまり効果なしな様子で、アサミーナさんの術へ頼る比率がかなり高くなっていて…?
それでも一度ダンジョンの最奥までひたすら進んだのですけれど、そういえばその探索、クエストのために入ったダンジョンから脱出した後選択肢で街へ戻らずそのまま8つめのダンジョンに突入した関係上、食堂の料理効果がリセットされてしまっていました。
通常ダンジョン突入前はアサミーナさんには攻撃力up、かなさまとすみれさんと里緒菜さんには素材入手率upの料理効果をつけているのですけれど、どうりで素材入手率が微妙になっているわけです。

ダンジョンの最奥まで進むと、いつもでしたらその先に何かいるいうメッセージが出るのですけれど、今回は回廊を抜けられそう、というメッセージになっていました。
そういえば最奥へ至るまでD.O.Eが一度も発生しませんでしたし、このダンジョンは単なる通り道扱いなのかもしれません?
もちろん、万が一その先にボスがいるかもという可能性はありますし、そうでなくてもやり残したことが多々ありますので、その先へは進まず一度脱出をします。

やり残したことというのは、その8つめのダンジョンの全フロア踏破もそうなのですけれど、その前にやっていた、いくつかのダンジョンのD.O.E撃破クエストがまだ2つ残っている、ということ…ですのでまずはそれらクエストを消化、久しぶりに新たな砦が追加されました。
今日からはまたのんびり、8つめのダンジョンの全フロア埋めをしていきます?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月09日

疾風ういんどみる!

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□疾風ういんどみる!(2)
■晴野しゅーさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.3)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、ヨット部の活動を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではまずは予選へ向けてペアを決めることに…ふうこさんはもちろん皆さんと乗りたいと考えていたりし、他の皆さんもそれぞれ思惑があってなかなか答えが出ず、最終的にはまず予選ではふうこさんと颯天さん、つむじさんと蘭さんのペアで行き、全国大会へ行けた場合はペアを交換するというかたちになりました。

そしていよいよ迎えた全国大会予選、いさなさんも何とかペアを用意し、そして偵察にきていた双子の姉妹も現れ皆さんの前に立ちふさがります。
その2組の実力はかなりのもので、皆さんは当初押され気味なのですけれど、ふうこさんが風邪を完全に読むことができたり、あるいはつむじさんと蘭さんが試合中に関係を深めたりされたりし、終盤ではかなりよい試合を繰り広げていきます。
結果は…ともかくとし、相当きれいでよい展開になっていたかと思います。

その大会終了で今作は完結、最終巻…かと思われたのですけれど、少々違いました。
いえ、最終巻なのは確かなのですけれど、その後いさなさんの学校との合同合宿の様子が描かれ、そこでつむじさんがふうこさんに対しある一大決心を伝えるのでした。
このエピソードからエピローグがあることにより今作に対する満足感はさらに増しました…これ、相当いい作品だと思いますよ?
その他、試合中にはヨットに関する諸々の解説が結構詳しく為されています?

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりそこはかとなく感じる印象もあります。
ということで、こちらは今巻で完結となってしまいましたけれど、とてもよきスポーツ部活ものでしたかと…登場人物もよく、個人的には大好きです。

…その他、今作などと同時に購入していたきらら系な作品のうち1作品、以前読んでいるもの(not珈琲)は購入した巻を読まずそのまま以降購入せず打ち切り、これ(notアンソロジー)あたり同様に以降「なかったこと」とします…5巻まで読んだ巻に見切りをつけるなんてそうそうないことなのですけれど、そういえば以前にも同じきらら系の某学校で暮らす作品に対し同じことをしていますし、あまりに自分に合わない作品を多大な苦痛を覚えながら無理に読み続ける必要はないと判断しましたので…。
っと、そんなことより、きらら系といえば今期は以前原作を読んでいる『スロウスタート』がアニメ化して放送されているといいますけれど、そちらのDVDが予約可能となっていましたのでさっそく予約…こちらはもう最優先で購入確定作品なので迷うことはありません。
また、以前原作を読んでいる、以前原作を読んでいる『ゆるゆり』に以前読んでいる『此花亭奇譚』改め以前原作を読んでいる『このはな綺譚』に続く百合姫コミックスからの大作なアニメ化作品の『citrus』も予約可能となっており、こちらも今期の他の情勢を鑑みて少し迷ったものの、ここまで百合的に高い作品を購入しないのもないですよね、ということで予約をしました(以前原作を読んでいる『犬猫』はあくまでショートアニメなのでこれら3作には及ばないかなと…/何)
あとは以前コミカライズ版を読んでいる『刀使ノ巫女』をどうするかということと、今期はもう他に未知の作品が眠っていないかということですけれども、果たして…。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、九一式徹甲弾、水偵、瑞雲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦/輸送船5撃沈任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:1
○空母撃沈数:4
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:3(そのままあらぬ方向逸走:3)
○はじめの分岐中央:1
○はじめの分岐北上:2
○ボス戦前軽空母戦:2
○ボス到達:3(2連続:1)
○空母撃沈数:16
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:20
○損害:小破1
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:7(3連続:1・2連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:5(2連続:1)
○家具箱前行き:9(7連続:1)
○家具箱大行き:5(4連続:1)
○家具箱中行き:2
○ボス到達:5(北ルート:3)
-----
…昨日は月曜日ということで各種週間任務を行いますけれど、1-4はあらぬ方向逸走が多いという残念で不快な結果に…そこでのボス到達数が少なくなってしまった結果、1-5へ出撃する回数が増えてしまいため息が出てしまいます。
本当、この羅針盤という誰も幸せにしない要素は排除したほうがこのゲームのためでもあると思うのですが…。

その羅針盤というどうしようもないと言ってもいい要素は3-3でも猛威を振るい、はじめの出撃から7連続で延々家具箱前行き…秋刀魚が出る際以外はそこに行きたくないのですが…。
4連続で家具箱大行きという事象に見舞われたりしつつ、何とか任務完了とでき一安心…。

今日は残された最後の月間任務である2-5への水上反撃任務を行いますけれど、これを完了できたら今月の拡張海域や月間任務などは一段落となります。
次のメンテナンスは1月17日とのことで、そこで新たな任務が出現するとどうなるかは解りませんけれど、新春任務もそこまでなのでしょうか…とっても大好きなあのかたが新春任務を順調に進めていらっしゃれば幸いなのですけれども…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想