2023年02月01日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第182回(2021年5月14日・その3)
前回(第181回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月14日(その3)
クレオさん
クレオさんその2
…学園広場にいる、ゲーム中では特に役割を持たなかったクレオさんの台詞を撮影しています?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
昨日はメンテナンスがあり、期間限定イベントのうち普段より少々期間の長かった花火イベントとライブイベントが終了しました。

代わって3つの期間限定イベントが発動、全て復刻ではありますけれども全てバレンタイン関連であり時期に合ったものといえ、またうち1つは私は実施したことのないものとなっています。
また、いずれもやや面倒なものになっているのも特色で…?

1つめはニア草原へ採取へ行くのに加え自動移動しないアイテムを回収というもの…後者については場所は毎回同じですのでまだよいといえます?
2つめは秘密基地で裁縫をしないといけないというもので、こちらは星霊クエスト受領の際に一緒に実施すればまだよいといえます?
3つめは城下町にいる人物を10分以内に探すというもので、居場所のヒントは特になし…毎日同じ場所にいらっしゃるのでしたらよいのですけれども毎日場所が変わるとこれは相当つらいこととなり、果たしてどうなるか…?

また、2つめのイベント関連として毎日10時・21時にイベントボスが城下町に出現することにもなりました。

ちなみに、前回発生イベントの期間は来週までで、次回メンテナンスも来週となりました。
それはよいのですけれど、今回のイベントたちの期間が3月7日までとなぜかまた5週間になっているのが少し…いえかなり不安なのですけれど、ひとまず来週の動静を見守りましょう…(来週開始のイベントがいつも通り4週間になると今回開始のものと完全に重なるという…そのままイベントを4週間に1回という少し前までの『セブンスダーク』の様にしてしまうのでは、という危惧が強くて不安です)


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
コウジン族の友好部族クエストについて、イシュガルド編のかたがた同様に友好度が「誓約」となってからも友好度を上げることができ、それを最大まで上げるとやはり同様に「誓約★」となりました。
友好度としてはそれが最大なのですけれど、イシュガルド編では特になかったはずなそこからの新たなストーリーが展開…
コウジン族クエスト終了
…少し不思議なお話となっていましたけれど、ともあれお店ではやはり乗り物としてシマエイが入手できる様になったのでした。

メインストーリーのほうはアジムステップのストーリーが完了…アジムステップのアウラな種族たちはメインストーリーに絡まなかったかたがたも含め個性的でよく、個人的にはイシュガルドと並んで好きな地域になったかもしれません?
アジムステップから再びヤンサへ向かうことになった、のですが…
ナマズオ族クエスト開始
…そのヤンサの入口に干からびたナマズオ族が倒れており、これが新たな友好部族クエストとなるナマズオ族のクエストの始点となっていました。
ということでコウジン族のクエスト完了とちょうど入れ替わるかたちでナマズオ族のクエストがはじまり、引き続き日々こちらのナマズオ族のデイリークエストをのんびり実施してみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月31日

アニメ『ルミナスウィッチーズ』紹介

【アニメ紹介】
『ルミナスウィッチーズ』
□連盟空軍航空魔法音楽隊 ルミナスウィッチーズ(1〜4/写真は第4巻のみ)
(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ストライクウィッチーズ ROAD to BERIN』:シリーズ作品のアニメの一つ
 『第502統合戦闘航空団 ブレイブウィッチーズ』:シリーズ作品のアニメの一つ
 『ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!』:シリーズ作品のアニメの一つ

(特記事項)
 ○上で触れた通り様々なアニメの製作されているシリーズの一つ
 ○1巻につき3話収録

(作品について)
第2次世界大戦期の世界、けれど国々など今のこの世界とは少し違った世界を護るために戦う魔法少女たちを描いたお話です。
今作は上で触れた他のアニメたちと同じ世界を舞台にした、それらとはまた別の部隊を舞台にしたアニメとなっており、アニメとしてはシリーズ最新作ですけれども時系列としてはちょうどお話の途中にガリア解放があったりと上の作品たちと重なる時系列になったりしており、そのためその中で『スト魔女』本編と重なる描写もあったりして…?(具体的にいえばサーニャさんの両親のお話…サーニャさんとエイラさんも今作にちょっと登場したりします)

先日は最終巻となる第4巻が届いており、1巻3話収録ですので今回は終盤の第10〜12話まで…ジニーさんの使い魔問題が発生して彼女が部隊を離れるかどうかが山場となりますけれど、そちらも無事(?)解決し最終話はガリア解放式典でのライブを迎えることになるのでした。

そうした今作の特色として、タイトル通り音楽隊を舞台にしており、ネウロイと直接戦うかたがたではないという点があります…スピンオフな『501部隊発進しますっ!』あたりも戦闘がなかったりしますけれどあれは完全なギャグ作品であり、今作は別にそういうことではありません。
戦闘シーンがほぼない分…といってよいかは解りませんけれども微笑ましさがかなり高い作品となっており、個人的にはこうした雰囲気は大好きでして、近年では『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第1・2期)』と並ぶ大満足の作品でしたといえます。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月30日

その他

【その他】
先日はこの様なものが届いていました。
-----
2作品
○ルミナスウィッチーズ(4)
○リコリス・リコイル(5)
-----
…いずれも一連で予約をしているアニメとなります。
『ルミナスウィッチーズ』は今巻で最終巻となっており、特典としてタペストリーがついてきました。

昨日はこれらのうち、最終巻な『ルミナスウィッチーズ』は後に取っておくということで『リコリス・リコイル』の第5巻を観てみました。
こちらは第1巻のみ3話、以降は2話収録となっていますので今巻は第10・11話収録となっています。

お話は後半ということで、終盤の山場といえそうな大きな事件が起こり、さらにたきなさんが組織へ戻ったことにより喫茶店にも大きな変化が生じたりと、お話が大きく動いていくことになります。
あのチンピラや小物ハッカーが最後まで黒幕として君臨し続けるほどの存在になるとは思っていませんでしたけれど、もう彼らが最後まで立ちはだかる存在なのは間違いなさそうな様子…?

東京?にある高層電波塔で戦う世間に知られていない組織というと『七竜2020』のムラクモ機関が思い浮かぶところで、あちらはドラゴン襲来で存在が世間に知れたのに対し、こちらは完全に組織の無能(あの澄ました人があそこまで無能とはさすがに…)でその存在が明らかになってしまいどうなるか…しかし銃をひょんなことから入手したとはいえ普通のサラリーマンがあんな挙に出るものでしょうか…。
ともあれお話のほうはもう最後へ突き進む感じで、無事なかたちで終わることを願って最後まで見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | お知らせ/その他

2023年01月29日

単行本『ガヴリールドロップアウト(13)』紹介

【単行本紹介】
『ガヴリールドロップアウト(13)』
□ガヴリールドロップアウト(13/電撃コミックスNEXT)
■うかみさま
前巻(第12巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『タプリスシュガーステップ』:スピンオフ作品

(特記事項)
 ○アニメ化された作品

(作品について)
人間界で暮らすことになった天使の日常を描いたお話です。
この巻の前半では天使と悪魔による本気の雪合戦が行われたりし…?

後半では皆さんが3年生へ進級、クラスがばらばらになったりするのですけれど、ガヴリールさんのクラスには変な天使が紛れ込んでおり…?
この人物はヴィーネさんを不安にさせますけれど、この巻の最後で変な方向へ話が進み…ひとまず続きを見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月28日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第181回(2021年5月14日・その2)
前回(第180回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月14日(その2)
人が増えています?
…金色の服のかたがたの学園広場での青空教室の様子ですけれど、前回紹介したものと微妙に変化点があり…?(人が増えています)
また謎のアイテム
…前回の染料同様に倉庫に眠る用途のないままになってしまったアイテムを撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
日々100回ボス撃破の成就達成を目指しいくつかのダンジョンを巡っているのですけれど、ロウェル坑道のそれを達成し次はどこにしようか考える中で、今まで少々面倒なために割けていたダンジョンの存在を思い出しました。
それは炎獄門、カレート石碑の2ヶ所でして、この2ヶ所は入場するのに入場券といえるアイテムが必要であり、それを集めないといけないので避けていたのでした。

その入場に必要なアイテムというのは…
デイリークエスト
…デイリークエスト一覧の上部に出現する4つの、セルバの密林及び大霊災の遺跡の2ヶ所で受領できるものたちとなっています。
これらをこなすとその入場アイテム、それに集めるとアイテム交換ができるクレストコインというものが入手可能…今まで気にしていなかったクエストたちですけれど、その入場アイテムを集めるために実施することとし、案外そう時間がかからず消化できますのでできる限り毎日実施していこうと思います(クレストコインを集めると、現状何も装備していないグライダーも入手できますので…?)

ダンジョン周回、上で触れた2ヶ所のデイリークエスト消化、それに各地のレアモンスター撃破にアバター入手のための星霊さん関連人物デイリークエスト実施など、やりたいことはたくさんあり、けれどたくさんありすぎて大変ですので優先順位をつけることになり…やはり星霊さん関連人物デイリークエストが一番優先度が低くなりなかなか実施できなくなってしまうのでした。

…今日の20時が最後のデザートアリーナ募集となり、今年になってからまだ一度も人が集まっていないつらい状態ですけれど、最後となってしまう今日は集まることを願いたいものです。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
日々実施しているコンテンツファインダーのルーレットでたまたま当たった際に気が付くわけですけれど、先日(?)のメンテナンス以降イシュガルド編のいくつかのダンジョンの構成が変更になっています。
私が気付いた限りでは魔科学研究所の最後のボスが大幅に変更され初挑戦時は戸惑うレベルになっており、またソール・カイの最後のボスも大幅に変更されていましたけれどこちらは特殊戦闘がオーソドックスなかたちにされたということでむしろ楽になっていそうです。
その他バエサルの長城の第2ボスが微妙に変わっていたはず…?

こうしたダンジョンの内容変更はこれまでもあり、エオルゼア編から徐々に行われている様子…慣れた頃に変更されると結構残念な気持ちになってしまうわけですけれど、この様子では次は私が今現在進行しているリベレーター編が変更されそうで怖いです?(バルダム覇道を簡単にしてくださる、というのでしたらよいのですけれども…)
概ね簡単にしている、と思いたいところながら上で触れた魔科学研究所、あるいはスノークローク大氷壁あたりの様に明らかに難しくされている例もあり、やはり変わらないほうが安心する様な気も…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:56 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月27日

単行本『それでは、素敵なセッションを(1)』紹介

【単行本紹介】
『それでは、素敵なセッションを(1)』
□それでは、素敵なセッションを(1/まんがタイムKRコミックス)
■福きつねさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
妖精に遭遇したミュージシャンを描いた4コマです。
主人公の芽衣さんは高校卒業後アルバイトをしながら音楽活動をするベーシストなのですけれど、あがり症ということもあり少々行き詰まっていました。
そうしたある日、てんちゃんなる狐耳の妖精と出会い、演奏の上手になるアイテムをもらえたのですけれど、それはいわゆるガチャというものでして…?

お話のほうは、そうしたお二人、さらに友人のドラマーを交えたかたがたの音楽活動を描いていきます。
今のところアイテムの力で上手になってうまくやっていくという状態で、アイテム頼みなのはどうなの…という目で見てしまうのですけれど、多分最終的にはアイテムなしでうまくやっていくという成長した姿を描いていくものかと思いますし、そこはそこまで気にしなくてもよいかなと思います?
イラストも含め全体的に微笑ましい雰囲気の作品であり、続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月26日

単行本『最果てのともだち(3)』紹介

【単行本紹介】
『最果てのともだち(3)』
□最果てのともだち(3/まんがタイムKRコミックス)
■雪宮ありささま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
幽霊と友達になった女の子を描いたお話です。
この巻ではアサヒさんにクラスメイトな友人ができ、けれどそのためにキヨさんとの距離ができてしまい、ついには彼女を避けることに…というつらい展開になっていきます。
同時に、キヨさんとは一体何者なのか、ということが語られていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、終盤では一度は避けたキヨさんとアサヒさんが向き合うことになり…?
中盤まではかなりつらいお話になっているのですけれど、その分その先がとてもよい、救いがあるどころではないものとなっており、かなりきれいで満足できる終わりかたとなっており、涙なしには見られないとてもよいものでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月25日

単行本『夏とレモンとオーバーレイ』紹介

【単行本紹介】
『夏とレモンとオーバーレイ』
□夏とレモンとオーバーレイ(百合姫コミックス)
■宮原都さま(漫画)/Ruさま(原作)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(特記事項)
 ○1冊完結

(作品について)
お葬式で遺言を読んでもらいたいという仕事を受けたかたとその依頼をしたかたの関係を描いたお話です。
主人公の通称ゆにまる。さんは配信などで細々と活動している声優さんなのですけれど、その彼女のもとに自分の葬儀で遺書を読み上げてほしい、という依頼がやってきました。
依頼をしてきたのは紺野さやかさんという裕福な暮らしをしている会社勤めのかただったのですけれど、特に病気を患っているとかそういうわけではなく、あまりによく解らない依頼でしたながら報酬がかなり高額でしたために受けることになるのでした。

お話のほうは、その様なおかしな依頼をしたかたと受けたかたの関係を描いたお話…。
どの様な遺言にするかというのを考えるというのも依頼の中に入っており、お二人は一緒に過ごしていくのですけれど、その中で関係が縮まっていって…?
そうした今作はこの1冊で完結ですのでこの不思議な関係には決着がつき、終わりかたとしては悪くはないのですけれど、お二人の関係としてはむしろこれからというものになっており先も見守ってみたかったところでしょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月24日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第180回(2021年5月14日)
前回(第179回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月14日
青空教室
…金色の服のかたがたが学園広場で青空教室を開いている様子です。
謎のアイテム
…倉庫に眠る用途のないままになってしまった赤い染料を撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
ストーリーで一度通り過ぎ、そしてダンジョン等も特にないフィールドはなかなか再訪問の機会のないものですけれど、そこに存在するレアモンスターにはそれぞれ50撃破まで成就が用意されています。
ダンジョンのボスの様に100体でないのでまだ達成しやすい部類かもですけれど、私は今まであまり意識して撃破をしてきておらず、最近になって意識して撃破をはじめてみました。
レアモンスター撃破で得られる討伐証明からは闘技場の挑戦状が得られ、こちらの対戦相手からは記録帳になるアイテムも得られますので、交換は一日5回までという制限はありますがこちらも受け取りたいものです。

また、こちらには成就はないのですけれど、中央大陸の各フィールドには星霊さんたちのイベントが発生、それを終えると関係者によるデイリークエストが出現、これを実施して得られるboxからは稀に青・橙品質のコレクション可能なアバターが得られますので、コレクション目的でこれらも積極的に実施したいものです。
ただ、青品質はそこそこ出るのですけれど、橙品質のものは本当に出現率が低いので気長に実施したいところです?

これらの他にもボス撃破回数成就を目指して毎日ダンジョンへ赴いたりと、思いのほかやることはたくさんで結構大変…ゲーム自体がこれからも長く続いてくださることを願ってやれることを少しずつ気長にやっていきたいものです。
そうした中でデザートアリーナの開催募集が残すところあと1回になってしまい、でも今年に入ってから一度も開催されていないというつらい状態となってしまっており、最後となってしまう次回は何とか集まってもらいたいものです。
一方で、先日実施されたギルドアリーナでは、普段は隣の人の部活しかいらっしゃらないところが珍しいことに5ギルドも登場…こちらは参加方法・参加して得られるものともどもかなり解りづらいこともあり参加者は少ないですが、複数ギルドが参加すると面白くなってきます。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
のんびりストーリーを進める中でバルダム覇道という新たなダンジョンが出現、初挑戦ということで自ら募集をしてそこへ挑んだのですけれど、第2ボスがこちらからは攻撃は不可能でひたすら攻撃を避け続けるという特殊なものとなっており、最後のボスも終盤で延々範囲攻撃をしてくるので呪文詠唱が全然できないというなかなかつらいボスとなってしまっていました。

しかもそこから翌日・翌々日と2日連続でコンテンツファインダーのルーレットでそこが当たるという運がよいのか悪いのかよく解らない事態となり、短期間に3回連続挑戦をすることになったのでした。
2回めは1回め同様の失敗をしてしまい第2ボスの回避をしきれないうえに最終ボスの終盤で戦闘不能になってしまいましたけれど、3回めはようやく慣れてきたのか大丈夫に…もう問題なさそう、かもしれません?

ちなみにそのダンジョンはアジムステップの戦士たちの試練の場なのですけれど、ここを踏破できるということでアジムステップの戦士たちはエオルゼアの戦士たちとは比較にならない強さを持っていそうです(まぁ、序盤から先へ進むにつれそこの住人や生物などの強さが…というのは『星界神話』などどのRPGでも見られるところですので目をつぶるべきかとは思いますけれども…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月23日

単行本『ささやくように恋を唄う(7)』紹介

【単行本紹介】
『ささやくように恋を唄う(7)』
□ささやくように恋を唄う(7/百合姫コミックス)
■竹嶋えくさま
前巻(第6巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『君に好きっていわせたい』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○アニメ化が決定している作品

(作品について)
一目惚れをした先輩さんと後輩さんの関係を描いたお話です。
この巻ではまずは前巻の続きとして依さんの家へひまりさんが泊まることになったお話から…こちらは微笑ましいお話となっています。

そこから学園祭へ向けて依さんのバンドの曲作りのお話になりますけれど、一方のひまりさんはマネージャをすることになった、けれど依さんたちとは関係がよくないバンドの結成秘話を聞くことになり…?
そちらはなかなかに重いお話となっており、終盤ではそれに絡んだお話でなかなか波乱含みの終わりかたとなっていますけれど、果たして…引き続き見守ってみましょう。
…今作はなかなか重いところもあるものの百合的な面を中心になかなかよい作品で、アニメのほうはよほどのことがない限りは購入することにすると思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月22日

単行本『私の中で一番に光る、貴方』紹介

【単行本紹介】
『私の中で一番に光る、貴方』
□私の中で一番に光る、貴方(BEAMコミックス)
■やとさきはるさま

 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『二人のアルカディア』:同一作者さまの単行本(同人誌)

(特記事項)
 ○短編集

(作品について)
10+αの短編を収録した短編集です。
収録作品は一番はじめのお話の後日談が最後に収録、また前後編のお話もありますけれど、基本的には1話完結で他のものとは繋がりのないものとなっています。

お話の傾向としては表紙通り(?)おしゃれに関わるものが多めの印象があります?
帯にも百合短編集とある通りどれも百合なお話となっていますけれど、関係性はそれぞれで淡いものから結構深いものまで…描き下ろしのお話はなかなか怖い結末を迎えますけれど、お話としてはどれもよきものでありよき短編集です。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月21日

単行本『すぱいし〜でいず!(2)』紹介

【単行本紹介】
『すぱいし〜でいず!(2)』
□すぱいし〜でいず!(2/まんがタイムKRコミックス)
■蒼山サグさま(原作)/きんつばさま(作画)/伊藤雄一さま(料理監修)
前巻(第1巻)

 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『カレーの王女さま』:今作同様カレーを主題とした作品

(作品について)
カレー部を結成した小学生たちの日常を描いたお話です。
この巻でも引き続きその様な皆さんの日常を描いていき、はじめのお話ではカレー部を潰そうとする4年生の女の子が登場したりします?

中盤ではすてらさんが一人で物語の舞台となっている伊豆大島を見て回ることに…それより前のお話では皆さんで三原山へ登山したりと、物語の舞台となっている場所にちなんだお話も結構多めになっています。
もちろんカレーを作ったりしつつ、やはり基本的にはとてもかわいく微笑ましい雰囲気の作品であり、続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:56 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月20日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第179回(2021年5月13日・その4)
前回(第178回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月13日(その4)
人が集まらない
…放課後特別活動で最小の10人でもよいかかしでも人が集まらない様子を撮影しています?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
ワールドマップ上にあり一日に10回受けることが可能なワールドクエストについて、初期の頃は無視していたのですけれど、いつからか意識して毎日実施する様になり、まずは人々との会話形式なものを選択し含め全て終え、その後は東方大陸から順にモンスター観察を行っていました。
モンスター観察について、だいたいのものが一つの地域に5つときりのよい感じでまとまって配置されていますので、一日10回実施を割り振るのは案外楽になっていました。

そうしたことを続けた結果、先日中央大陸のトビウオ湾付近のモンスター観察も全て50回実施でき…
ワールドクエスト完了
…ワールドクエスト達成率が100%となりました。
ただ、ワールドクエストは実施すると闘技場の挑戦状が得られ、この挑戦状の相手は稀に記録の切れ端を落とすので今後もそれを目的に適当な場所で実施していきます?(ちなみに挑戦状の切れ端は3種持っていますけれどいずれも1、2枚しか集まっていないという…記録を完成させるには10枚必要なのですが…)

他の項目も毎日可能な範囲で少しずつ達成率を上げる努力をしており、最近はレアモンスター撃破もある程度意識して実施してみています。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
毎日コウジン族のデイリークエストを実施してきた結果…
コウジン族クエスト
…イベントとしては一段落を迎えました。
お話としてはよいものではありましたけれど、同時にツクモさんのことを思うとやや切ない結末…。

お話は一段落を迎えましたけれど、イシュガルド編の3種族同様にこちらももう1ランク上げることができ、また現状他に新たな友好部族クエストが出現する気配もないので引き続きのんびりやっていきましょう(ショップで乗り物…十中八九シマエイだと思いますけれど、ともかくそれもまだ購入できませんし…?)

その他、メインストーリーは新たなダンジョンへ行くところで止まっており、まとまった時間のできたときに行こうと思っているのですけれど、その前にレベリングルーレットで当たって心の準備のないままに飛ばされないか少し不安…実際、紅玉海のダンジョンはそれで飛ばされましたし…?
また、先日ルーレットで当たったダンジョンのボス戦(フレースヴェルグ)がいつの間にか内容が大幅に変わっており、他にも変わったところがあるのかどうか、そちらもやや不安ではあります?(慣れれば多分きっと以前より簡単にしているのかとは思うのですが…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月19日

単行本『citrus+(5)』紹介

【単行本紹介】
『citrus+(5)』
□citrus+(5/百合姫コミックス)
■サブロウタさま
前巻(第4巻)

 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『citrus』:今作の前作に当たる作品
 『citrus』:前作のTVアニメ
 『citrus コミックアンソロジー』:前作のアンソロジーコミック

(特記事項)
 ○「関連作品」で上げた通り『citrus』の続編

(作品について)
前作で紆余曲折の末に晴れて公式に恋人同士になった義理の姉妹なお二人の関係を描いたお話です。
この巻では柚子さんが中学校時代の友人がたと偶然お会いするのですけれど、柚子さんの変化などからそのかたがたと少々すれ違いが生じたりしてしまって…?

この巻では1巻のほぼ全てを使ってその友人がたとのことを、それぞれの将来について考える様子を交えて描いていきます。
最終的には、柚子さんが芽衣さんとの関係をお二人に告白しようと決心し、となっていきますけれどともあれよいかたちで解決するよいお話であり、作品はまだ続きますので引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月18日

単行本『ハクメイとミコチ(11)』紹介

【単行本紹介】
『ハクメイとミコチ(11)』
□ハクメイとミコチ(11/ハルタコミックス)
■樫木祐人さま
前巻(第10巻)

 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○アニメ化された作品

(作品について)
森の中で暮らす二人の女のかたを中心としたかたがたの日常を描いたお話です。
この巻でもそうしたお二人を中心とした日常を描いていきますけれど、序盤ではハクメイさんの新たな職場でのお仕事の様子が描かれます。
その他、中盤では依頼された衣装づくりに忙殺されるミコチさんの姿が見られたりも…?

そうした働く姿が見られたりしつつ、他のお話ではチケット入手に奔走したり怪異現象を起こすアイテムを入手したりしつつ、やはり色々とよいお話で、続きも見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月17日

単行本『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(6)』紹介

【単行本紹介】
『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(6)』
□痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(6/角川コミックス・エース)
■おいもとじろうさま(漫画)/夕蜜柑さま(原作)/狐印さま(キャラクター原案)
前巻(第5巻)

 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』:アニメ版
 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。コミックアンソロジー』:アンソロジー

(特記事項)
 ○原作はノベル、そのコミカライズ版
 ○TVアニメ化され、今期に第2期が放送

(作品について)
オンラインゲームを楽しむ女の子を描いたお話です。
この巻では1冊全てを使って第4回イベントの様子を描いていきますけれど、1冊使ってもまだ終わらない状態になっています。

このあたりのお話はアニメのほうでも観ているわけですけれど、1冊使ってイベントが終わらなかったということもありアニメでは削られてしまった場面も少なからずあり、より細かくお話を見られるという点で面白いものです。
そうした今巻は炎帝と呼ばれるかたと対峙するところで終わっており、第7巻は来月発売予定ですので引き続き見守りましょう(その第7巻が出るという情報を得た際に今巻を購入していなかったことにも気づき今回慌てて購入して読んでみたのでした/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月16日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第178回(2021年5月13日・その3)
前回(第177回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月13日(その3)
コア状況その1
コア状況その2
コア状況その3
…この時点での所持している古代・時空コアの成長状況と必要な素材を撮影しています?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
先日は異界・マグス魔法学院でときどき得られる地図から稀に得られる宝箱から稀に得られる宝箱(何)から星霊の書交換チケットが得られ、そこから交換できる候補の中に…
ハロウィン仕様ルナさん
…まだお迎えできていなかったハロウィン仕様のルナさんがおり、そのチケットを用いて交換することによりお迎えができました(ちなみに交換可能候補でまだお迎えできていないかたには他にヒノエさんもいましたけれど、こちらは1冊入手したところで全然足りない数でしたので…)
上で触れたややこしい手順から解る通り地図→宝箱→宝箱がと順調に出る確率は低めで、しかも最後の宝箱からこの様な有用なものが出る可能性は相当低いわけですけれど、でもこうして出ることはあり(メテオストーンなども出る可能性があります)、今現在行われている料理イベントの様に大金を要求されることはありませんので、積極的に地図を狙いたいものです?

その他、星霊さんを☆5へ進化させることのできる鍵が比較的安価でオークションに出ているときがあり、それを入手し使用したりした結果…
星霊ランク
…星霊ランクを上げることができました。
ここからさらに上げるとなると相当な上積みが必要となり、少なくとも今お迎えできている星霊さんを全て☆4まで成長させなおかつ複数人を☆5以上にしたり、お迎えするのが相当難しい状態になっている新しいかたをお迎えするかしないと無理かと思われ、気長にいきましょう。

その他、毎週土曜日に募集のあったデザートアリーナが、今年になってから人が集まらず中止になり続けてしまったこともあり、今月で募集を終えることになってしまいました。
数少ない大人数で集まるもの、それにここで得られるデザートコインで結構な数の家具を入手できることもあり、これはとってもさみしく残念な展開…。
スプラッシュアリーナは安定した開催、また秘密基地レースに次元ダンジョンや龍炎の監獄はまだ概ね開催されていますので、こうした大人数で集まる場所がこれ以上減らないことを願いたいものです。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
主にお得意様取引により裁縫師のレベルが80に到達、そういえば蒼天街の入口付近にクラフターレベル80にならないと受領できないクエストがあったのを思い出しそちらへ行ってみました。
てっきり新たなお得意様取引か何かかと思ったのですけれど、スカイスチールツールなる謎装備イベントでした。

このスカイスチールツールというのは戦闘系ジョブにおけるアニマウェポンの様なものっぽいのですけれど、とにかくその製作過程が大変なものになってしまっていました。
初期状態から1段階成長させるだけでもHQ素材なため一つずつ作らないといけないものを20要求、2段階めとなるとそれが30に増えるうえに現状のレベルではHQにするのも一苦労というものとなってしまいました。

あまりに面倒で大変なため…
クエスト非表示化
…はじめてクエストを非表示、ひとまず「なかったこと」にしておくことにしてしまいました。
裁縫師のレベルが90になり、なおかつ時間に相当余裕ができた際にまたやってみようかと思います?
…そもそも裁縫師のスキルをかなり適当に使っていますので、そこを最適化すればいいのかもしれませんけれども…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月15日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第160回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:今日も無事に放送の時間を迎えられました『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:本当にはやくって今年も半月が過ぎてしまいましたけれども皆さんいかがお過ごしでしょうか、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:昨年は大雪になったりと寒い寒いと思っていたんですけど、最近はこの季節にしてはあたたかくなって、でもでもそのせいで色々弊害も起こったりしてるみたいで大変大変です?

あ:う〜ん、地球の長い歴史の中ではそんな大きな変化じゃないのかもしれないけど、それでもやっぱりあんまり大きな変化は起きてもらいたくないものだよね。

か:ですです!

あ:そんな今年はうさぎ年で…
『アルピエル』
  …『アルピエル』はうさぎさんをモチーフにしたかたが主人公のお一人で…
『星界神話』
  …『星界神話』はうさぎにちなんだアバター類や星霊さんが多めでいい感じで、こっちもやっぱりいい感じだよね♪

か:あぅあぅ、麻美って以前猫派か犬派か聞いたときどちらでもなくかつ特に何も何もないって言ってましたけど、実は実はうさぎ派らしいです?

あ:う、うん、実は…でもうさぎは本当にかわいいからしょうがないんだよ?

か:むぅ、私も猫がとってもとってもかわいいかわいいと思ってますから気持ちは解らなくもないですけど…。

あ:もう、でもやっぱり一番かわいいのは夏梛ちゃんだから心配しなくっても大丈夫♪

か:あぅあぅ、誰も誰もそんな心配はしてませんし…はやくはやくいつものいつもの企画からはじめましょう!

あ:もう、夏梛ちゃんったらしょうがないんだから…それではまずはいつも通り、来月発売予定のコミックを見ていくね♪

か:来月は2月、寒さが厳しい厳しい時期になりますけど、そんな来月はこんなものが出るみたいです。
-----
○16日発売予定:
 『女ともだちと結婚してみた。(3)』『ふたりエスケープ(4)』『狼の皮をかぶった羊姫(4)』『しかのこのこのここしたんたん(4)』
○21日発売予定:
 『はなものがたり(2)』
○22日発売予定
 『ご注文はうさぎですか?(11)』
○25日発売予定
 『ぷちます!(14)』『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(7)』
○27日発売予定
 『終末ツーリング(4)』『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(13)』『ポンポコタヌキとへっぽこ王子(2)』『苺ましまろ(9)』『RPG不動産(5)』
-----
【未知数ながら第1巻作品で気になります?】
○27日発売予定
 『メールブルーの旅人』
-----
か:やっぱり数は例によって少ない少ないです…特に特に月の前半に何も何も見当たりませんし。

あ:最近は毎月こんな感じな気がするんだけど、16日まで何もないっていうのは確かにかなり珍しいかも…それでも未読な作品は枯渇するどころか少しずつ増えてるくらいだから、そのあたりは別に気にしなくってもいいかも。

か:内容のほうはどうですどうです?

あ:結構よさそうなものが多く見られるからそのあたりは心配なさそうかな…『苺ましまろ』っていうとっても珍しい作品が出るみたいなのがちょっと気になるかも?

か:前巻が出たのが2017年、その前が2013年みたいですから確かに相当相当珍しい珍しい作品です。

あ:あと、『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』について、第7巻が出るみたいなんだけど、第6巻を買ってなかったりして…やっぱり見落としっていうのは発生しちゃってるみたい。

か:あぅあぅ、でもでも気づけたんですからその第7巻が出る前に購入購入して読んでおきましょう!

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:ではでは、この企画はこのくらいにしておきますけど、次は次はどうします?

あ:うん、1月ということで新しいアニメがはじまる時期だから、今まで購入してきた作品とあわせて今期と今後のアニメ購入予定を見ていくね♪

か:これもいつものいつもの企画ではありますけど、どんな感じになっています?

あ:うん、今のところこんなところかな?
-----
(注:●はショートアニメ)
-----
【2012年冬期放送】
 『キルミーベイベー』
-----
【2012年春期放送】
 何もなし
-----
【2012年夏期放送】
 『ゆるゆり♪♪』
 『人類は衰退しました』
 『輪廻のラグランジェ(第2期)』
-----
【2012年秋期放送】
 『ガールズ&パンツァー』
-----
【2013年冬期放送】
 『ビビッドレッド・オペレーション』
 『ラブライブ!』
 『ぷちます! プチ・アイドルマスター』
-----
【2013年春期放送】
 『ゆゆ式』
-----
【2013年夏期放送】
 『きんいろモザイク』
-----
【2013年秋期放送】
 『のんのんびより』
 『ミス・モノクローム』
 『キルラキル』
-----
【2014年冬期放送】
 『桜Trick』
-----
【2014年春期放送】
 『ご注文はうさぎですか?』
 『ラブライブ!(第2期)』
 『ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター』
 『犬神さんと猫山さん』
-----
【2014年夏期放送】
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
 『ハナヤマタ』
-----
【2014年秋期放送】
 『結城友奈は勇者である』
-----
【2015年冬期放送】
 『アイドルマスター シンデレラガールズ』
 『幸腹グラフィティ』
-----
【2015年春期放送】
 『ハロー!きんいろモザイク』
 『レーカン!』
 『魔法少女リリカルなのはViVid』
-----
【2015年夏期放送】
 ○『アイドルマスター シンデレラガールズ(第2期/DVDは第1期と一緒)』
 『のんのんびより りぴーと』
 『わかば*ガール』
 『ミス・モノクローム(第2期)』
-----
【2015年秋期放送】
 『ご注文はうさぎですか??』
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』
 ●『ミス・モノクローム(第3期/DVDは第2期と一緒)』
-----
【2016年冬期放送】
 『魔法少女なんてもういいですから。』
-----
【2016年春期放送】
 『三者三葉』
 『あんハピ♪』
 『ハイスクール・フリート』
 『パンでPeace!』
-----
【2016年夏期放送】
 『NEW GAME!』
 『アンジュ・ヴィエルジュ』
 『ラブライブ!サンシャイン!!』
-----
【2016年秋期放送】
 『フリップフラッパーズ』
 『ブレイブウィッチーズ』
 『ViVid Strike!』
 『魔法少女なんてもういいですから。(第2期)』
-----
【2017年冬期放送】
 『にゃんこデイズ』
 『けものフレンズ』
 『BanG Dream!』
 『うらら迷路帖』
-----
【2017年春期放送】
 『フレームアームズ・ガール』
 『ひなこのーと』
-----
【2017年夏期放送】
 『ひなろじ』
 『NEW GAME!!』
-----
【2017年秋期放送】
 『このはな綺譚』
 『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』
 『結城友奈は勇者である -勇者の章-』
 『少女終末旅行』
 『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』
-----
【2018年冬期放送】
 『スロウスタート』
 『メルヘン・メドヘン』
 『刀使ノ巫女』
 『citrus【シトラス】』
-----
【2018年春期放送】
 『こみっくがーるず』
-----
【2018年夏期放送】
 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』
 『はるかなレシーブ』
-----
【2018年秋期放送】
 『アニマエール!』
 『RELEASE THE SPYCE』
 『となりの吸血鬼さん』
 『うちのメイドがウザすぎる!』
-----
【2019年冬期放送】
 『えんどろ〜!』
 『マナリアフレンズ』
 『私に天使が舞い降りた!』
 『みにとじ』
-----
【2019年春期放送予定】
 『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』
 『ひとりぼっちの○○生活』
 『女子かう生』
-----
【2019年夏期放送】
 何もなし(1作品抹消)
-----
【2019年秋期放送】
 『ぬるぺた』
 『どるふろ -癒し編-』
-----
【2020年冬期放送】
 『恋する小惑星』
 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』
 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』
-----
【2020年春期放送】
 何もなし
-----
【2020年夏期放送】
 何もなし
-----
【2020年秋期放送】
 『アサルトリリィ BOUQUET』
 『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』
 『魔女の旅々』
 『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』
 『安達としまむら』
 『ご注文はうさぎですか? BLOOM』
-----
【2021年冬期放送】
 『のんのんびより のんすとっぷ』
 『ワールドウィッチーズ発進しますっ!』
-----
【2021年春期放送】
 何もなし
(※○『BLUE REFLECTION RAY/澪(DVD発売中止)』)
-----
【2021年夏期放送】
 『ラブライブ!スーパースター!!』
-----
【2021年秋期放送】
 『結城友奈は勇者である -大満開の章-』
 『SELECTION PROJECT』
 『プラオレ!』
-----
【2022年冬期放送】
 『平家物語』
------
【2022年春期放送】
 『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期)』
 『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。』
 『ヒーラー・ガール』
 『RPG不動産』
------
【2022年夏期放送】
 ○『ルミナスウィッチーズ(DVD購入中)』
 ○『リコリス・リコイル(DVD購入中)』
 ○『ラブライブ!スーパースター!!(第2期/DVD購入中)』
-----
【2022年秋期放送】
 ○『Do It Yourself!! 〜どぅー・いっと・ゆあせるふ〜(DVD購入中)』
 ○『機動戦士ガンダム 水星の魔女(DVD予約済)』
-----
【2023年冬期放送】
 ●『にじよん(DVD予約済)』
 ○『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(第2期/DVD予約済)』
-----
【放送時期不明かつ購入予定な作品】
 ○『幻日のヨハネ』
 ○『星屑テレパス』
 ○『ささやくように恋を唄う』
 ○『ラブライブ!スーパースター!!(第3期)』
-----
【その他予約済アニメ】
 ○『私に天使が舞い降りた!プレシャス・フレンズ』
 ○『トップをねらえ!』
 ○『トップをねらえ2!』
-----
か:ではでは、まずは今期ですけど…先ほど話題に上がった『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』の第2期があるんですね。

あ:うん、それと第2期がとってもよかった『虹ヶ咲』にショートアニメな『にじよん』もあって、この2作品はすでに予約済だよ♪

か:他には他には何もなさそうです?

あ:うん、彩葉さんがとっても大好きなあのかたもこの2作品以外に気になる作品は特に何もないって言ってたから今期はそういうことで大丈夫だと思うよ♪

か:なるほどなるほどです、ちなみにちなみに前期は…『Do It Yourself!!』は安心安心して楽しめる作品みたいですけど、機動戦士な作品は結局結局予約してみたんですね?

あ:うん、前の放送でも触れたみたいにこれまでの機動戦士な作品も特に問題なく受け入れられてるから、そこに百合要素もあるならなおさら大丈夫かなって…あのかたのお話は第1期の最後がかなり大変なことになったみたいだけど…。

か:あぅあぅ、そうなんですね…あれあれっ、でもでもそういうことは分割クール作品ってことです?

あ:機動戦士な作品はどれも50話くらいあるイメージな一方実際どんな感じで放送してたのか解らないんだけど、どうやらそうみたい?

か:なるほどなるほどです、ではではまずは第1期が届くのを待って待ってみましょう…あとはあとは、来期以降の作品はまだみんなみんな放送時期が不明不明なんですね。

あ:もしかするともう決まってるかもしれないけど、私は把握してないから…。

か:『幻日のヨハネ』『星屑テレパス』『スーパースター!!』第3期の3作品は前にリストを見たときからありますけど、1作品増えてます?

あ:うん、『ささやくように恋を唄う』は原作を読んでる作品だけどアニメ化が決定したみたいで、百合的にも高めで内容もいい感じの作品だからまず間違いなく購入するかな♪

か:なるほどなるほどです♪

あ:あと、一番下の項目は劇場版やちょっと古めな作品でboxが出る作品たちになるよ♪

か:『トップ』2作は劇場版は観てますけどオリジナルとなるものは観ていませんから、boxが出るのでしたらその機会に観てみるのも確かに確かにいいことです♪

あ:うん、無印や『∀』といった機動戦士な作品をオリジナル版・劇場版両方観たりしてるけどやっぱり劇場版はかなり省略されたり展開が変更になってるところがあったりして、『トップ』も劇場版では観られなかったものが観られるかなって楽しみかも♪

か:そちらも楽しみ楽しみに待つことにしつつ、今日の放送はこのくらいにしておきましょう、また次回もよろしくよろしくお願いします♪

あ:今日も放送を聴いてくださってありがとうございました、次回もよろしくお願いします♪
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | あさかな/すみりおRadio

2023年01月14日

単行本『マグロちゃんは食べられたい!(1)』紹介

【単行本紹介】
『マグロちゃんは食べられたい!(1)』
□マグロちゃんは食べられたい!(1/まんがタイムKRコミックス)
■はもさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
人間になった魚と同居することになった女の子を描いた4コマです。
主人公のみさきさんは魚、特にマグロ(を食べること)が大好きな魚マニアの女の子で、夢であるマグロを丸ごと食べることを目指し、ほぼ釣れないことは解っていながら一縷の望みを託して堤防釣りをしていました。
その様な彼女、ついにマグロを釣り上げたのですけれど、少し目を離した間にそのマグロが人間の姿になってしまっており…?

お話のほうは、その様な不思議な人と同居することになった女の子を描いたお話…。
マグロの他にもカジキが人間となりみさきさんの幼馴染と同居することになったりしますけれど、なぜその様なことになったのかは謎…今のところ楽しくおバカなコメディ作品であり、そこまで深く考える必要はないかと思います?
まぐろさんは釣り上げたみさきさんを運命の存在だと認識し食べられることを望んでいるのですけれども、もちろん人間の姿の存在にそんなことはできませんし、仮に元の姿に戻ったとしてもすでに情が移っており食べることは難しいでしょうし、果たして…続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月13日

単行本『ゆるゆり(22)』紹介

【単行本紹介】
『ゆるゆり(22)』
□ゆるゆり(22/百合姫コミックス)
■なもりさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『大室家』:同一作者さまの単行本・今作のスピンオフ作品
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』:TVアニメ版(この後OVA版も発売)
 『ゆるゆり コミックアンソロジー』:アンソロジー

(特記事項)
 ○過去に3期にわたってTVアニメ化されOVAも出ている作品

(作品について)
ここまで続いている、そして特にストーリーのない作品だけありやはり今巻も安定して楽しいコメディ作品となっています。

ということで特筆すべきこと自体は特にはなし…強いていえば先日紹介したスピンオフ作品である『大室家』と同じネタを使ったお話があったりしました?
ともあれ、引き続き長く続くことを願って見守っていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介