2022年08月10日

単行本『からふるキューシート!(2)』紹介

【単行本紹介】
『からふるキューシート!(2)』
□からふるキューシート!(2/電撃コミックスNEXT)
■ちくわ。さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
校内ラジオ番組をすることになった女の子を描いたお話です。
この巻でも引き続きその様なかたがたを描いていき、それを通じて人見知りのみどりさんが前向きに成長していくさまが見られます。

序盤では憧れのかたと校内ラジオで共演することになり、中盤では花火大会のお手伝いをする中でハプニングに巻き込まれ、終盤ではその憧れのかたのラジオ番組に出演することになったりして…?
そうした今作はこの巻で完結、最終巻なのですけれど、エピローグもきれいにまとまっておりよきものでしたかと…ちなみにあとがきによると今作は長岡市をモデルにしているとのことです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介

2022年08月09日

単行本『ひめちゃんは重い女(3)』紹介

【単行本紹介】
『ひめちゃんは重い女(3)』
□ひめちゃんは重い女(3/FUZコミックス)
■花束葬式さま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
性格の重い女のかたの日常を描いたお話です。
この巻では夜さんが自分の気持ち…姫乃さんへ対するものではなく、そもそも自身はどういう人間なのかというあたりを見つめ直していくのですけれど、その結果かなり思い悩むことになってしまい…?

そうした今作はこの巻で完結、最終巻なのですけれども、後半はかなり重いお話、そして結論となっていきます…帯に「連載時も様々な議論を呼んだ」とありますけれど、確かにこれは恋愛以上に人間としてどうあるべきかという議論や考えを色々呼び起こす内容となっています。
ですので前半はいつも通りの笑えるお話なのですけれど、後半、それに結末はとにかく重い…個人的にはとにかくつらいものなのですけれど、当事者同士が受け入れているのですからよしとします…?
重くつらい結末となりましたけれど、お話自体はやはりよきものであり、当事者お二人ももちろん、周囲のかたがたがどなたもよいかたがたで、そのかたがたがいらしたのでお二人も人間として破滅的なことにはならずにすんだ、といえます?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2022年08月08日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第137回(2021年4月12日・その2)
前回(第136回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年4月12日(その2)
ディノクス難易度選択画面
ディノクス
…レイドの一つであるディノクスの難易度選択画面や出現時を撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
今現在発生している期間限定イベントの一つであるお餅イベントは担当NPCの台詞にもある通り中秋の名月なイベントで、復刻イベントにしてももう少し時期を考えてもらいたかったという気持ちはあるものの、内容自体は簡単…なはず、なのです。
お持ちの焼き加減を調整して完成させるもので、この焼き加減というのが成功したパターンで実施しても成功するとは限らず、それでもいつもは1〜3回程度で成功するのですけれども…
失敗
…先日はどうにも全然成功せず、5分以上延々爆発し続けてようやく成功しました。

今日も延々失敗を繰り返したのですけれど、よく画面左上に出ているバフなどの一覧を見ると、スタック数を3回で5〜9にするという条件が表示されていたりし…星渡りイベント同様にちゃんと明確な成功条件がありました。
ただ、星渡りイベントは毎回同じことをしていれば確実に成功していましたけれど、こちらは同じことをしても結果がばらつき、3種のスキルで得られるスタック数が一定ではなさそうです?ともあれようやく成功の明確な条件に気付きましたので、今日からは気を付けてやってみましょう。

その他、世間一般が大きなお休みになるタイミングで毎回数日実施されている20時からのデザートアリーナ募集について、Twitterのほうで日程についてのアンケートが行われてい増した。
人の減少に怯えることの多い今作でこういう今まで行われていたものが行われなくなるというのは非常につらいので、無事に開催されることを願いたいものです。
…採取・栽培のランキングが100人埋まっていないとやはり不安になってしまいます…1週間経過する頃には埋まっていればよいのですけれども…。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
ナイツ・オブ・ラウンド戦終了後にたくさんのクエストが発生、見落としがなければ一通り発見できたはずです。
中でも「事件屋」なクエストがあるのが非常に気になるのですけれど、こういうものは後のお楽しみ…メインストーリーとそれ以外にもう何もなくなった際に行いましょう。
新規ダンジョンクリアのクエストが多いですけれど、ルーレットで当たるまで気長に待とうかどうしようか検討中…ルーレットでいきなり何も解らないところへ飛ばされるのは怖いですけれど、ただナイツ・オブ・ラウンド戦みたいにそこをクリアした後にストーリー描写が延々続くということはないはずですので…?

と、それとは別に日々の攻略手帳クリアによる経験値により黒魔道士のレベルが54に達し…
黒魔道士ジョブクエスト
…ジョブクエストが発動しました。
とはいえ今回は特に何もなく、コボルド族はやはり微笑ましいということが感じられるくらいです?

ジョブ・クラスといえば召喚士のレベルが50に達しましたのでリムサ・ロミンサ由来のクラスを新たにはじめようかなと思い、巴術士から召喚士とは別に派生した学者をやってみようかと思ったのですけれど、何と経験値が召喚士と共通、つまりどちらも巴術士扱いでしたみたいで、一度も使ったことのない学者のレベルも50になってしまっていました。
それに伴い学者のジョブクエストも発動していたのですけれど、何も解らないジョブのクエストをいきなりする気持ちにはならず…召喚士を使えば学者も勝手にレベルが上がるということが解ってしまいましたし、本当に気が向いたときにでよさそうです…。
…ということで、次にレベルを上げるのはイシュガルド由来ですのにレベル30スタートとレベル40や50なイシュガルド近辺では戦えないという意味不明な設定になっている暗黒騎士にすることにしました。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
先日のメンテナンスで『NGS』のラッピーイベントは終了、それに代わって(?)アドオンスキルなる新たなシステムが追加されました。
こちらはクラスごとのアイテムとお金を使用し…
アドオンスキル
…能力値upのスキルを得られるというものなのですけれど、これがどのくらいの強さになるのかは完全なランダムな模様です。
さらに何度も実施しているとスキル生成レベルが上がり付与されるスキルの最低レベルを上げることができるのですけれど、それでも最終的にはランダムですので少々しんどい…きりがなくまたお金やアイテムにも限りがありますので、スキル生成レベルは3、スキル自体は上の画像になったところでもうやめておきましたけれど…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年08月07日

その他

先日はこの様なものが届いていました。
-----
1作品
○社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(1)
-----
…こちらは一連で予約をしているアニメとなり、前期な作品となります。
同じく前期な作品で購入をしている『虹ヶ咲』の第2期と『RPG不動産』はすでに2巻届いていますけれど、今作はそれらより少し遅めになっています?

ということで昨日はこちらを観てみました。
今作は『RPG不動産』同様に1巻につき4話収録されており、またその『RPG不動産』同様に原作を読んでいます。
原作としての個人的な好みは『RPG』よりも今作のほうがずっと上で、『RPG』はアニメを購入しようか結構迷ったのに対し、今作はあまり迷うことなく購入をしました。

ですので内容は把握しており、社畜さんの社畜な生活が痛々しいこと以外は安心して見守っていられました…ただ社畜の生活を映像で見るのはやはり苦しそうで気分のよいものではありません?
その分幽霊ちゃんや化け猫のみゃーこさんのかわいさにより癒される度合いも増しているともいえ…第4話まで収録ですのでみゃーこさんも登場、幽霊ちゃんともどもやはりかわいいものです。
…あと、特筆すべきところはナレーションが1話ごとに別の声優さんになっています…これは原作に準拠したものといえます(何)

その他、付属のブックレットには原作者さまによるおまけ漫画が収録されたりしています。
とにもかくにも(社畜描写はややつらそうなものの)かわいらしさにかなり振り切った作品で安心して微笑ましく観られるものとなっており、続きも楽しみにしましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:46 | Comment(0) | お知らせ/その他

2022年08月06日

単行本『けいおん!shuffle(2)』紹介

【単行本紹介】
『けいおん!shuffle(2)』
□けいおん!shuffle(2/まんがタイムKRコミックス)
■かきふらいさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『けいおん!highschool』:同一作者さまの単行本
 『けいおん!』:前作に相当する作品

(特記事項)
 ○『けいおん!』のスピンオフ的作品

(作品について)
バンドをはじめた高校生の女の子たちを描いた4コマです。
この巻でも引き続き皆さんのバンド活動を描いていき、中盤ではやくも1学年進級、それにともない後輩さんも2人入部してきまして、いずれも個性的なかたがたで…?
そして同好会でした皆さんなのですけれど、終盤では多少の紆余曲折の末に部に昇格したりもします。

そうした今作は皆さんの音楽活動をメインで描いており、その分日常の描写はないに等しく、スピーディに話が進むのはそれが一因かもしれません?
また、前作に相当する『けいおん!』の登場人物の梓さんが登場するお話があり、その際の梓さんはまだ中学3年生でしたりと、やはりその前作に相当する作品と時系列が完全に並列で重なっているということがわかります…ともあれなかなか悪くない作品で、続きも見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年08月05日

単行本『彩香ちゃんは弘子先輩に恋してる(2)』紹介

【単行本紹介】
『彩香ちゃんは弘子先輩に恋してる(2)』
□彩香ちゃんは弘子先輩に恋してる(2/webアクションコミックス)
■Sal Jiangさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(作品について)
タイトル通りなお話です。
この巻でもお二人、それに彩香さんの同期かつ彼女のことが好きな理佐さんを加えたいわゆる三角関係になっているかたがたの関係を描いていきます。
この巻を通して弘子さんの態度は一見かなりひどいものに感じられるのですけれど、これは彼女なりの事情、主に過去に関することがあって…?

その過去のことがあるためにお話はかなり紆余曲折を経ていくのですけれど、今作は基本的に勢いのあるコメディな雰囲気で描かれているのでそれもまた面白く感じられます。
業を煮やした彩香さんはこの巻の最後でかなり思い切った、弘子さんの逃げ道をふさぐ行為を行うのですけれども、果たして…第3巻は2023年春頃発売予定とのことで、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介

2022年08月04日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第136回(2021年4月10日)
前回(第135回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年4月12日
初級
上級
スティンク伯爵
…レイドの一つであるスティンク伯爵の難易度選択画面や出現時を撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
先日のメンテナンスで星霊の書が得られる可能性のある雪山及び犯人捜しな2種、それに爆竹のイベントが終了、代わって3つのイベントが発動しました。
そのいずれも過去に私が実施したことのあるイベント…はじめてでないイベントは導入の案内がないので自分で発動場所を探さないといけないのが少々大変ですけれど、今回の3つはいずれも記憶にあるものでしたので大丈夫でした。

一つは大量のおじさんから少年を守るもの、一つはお月見用のお餅イベントと、後者についてはついこの間ほぼ同じイベントが発生しており、また前者も比較的最近実施したことのある気がしてしまうものなのですけれど、内容自体は特に問題ありません。
もう一つは水球イベントでして、これは昨年の夏にティアさんのリズムゲームと同時に発動していて、そして難しくてやめた実績のあるものでしたりします。
ですので今回どうなるか不安でしたけれども…
水球イベント
…特殊戦闘は案外何とかなり、一安心です。
むしろおまけ的扱いの海賊にいたずらをするというもののほうが、その海賊を探したりあるいは逃げられる前に任務を遂行したりするのが結構面倒…それでも、肝試しイベントがきてしまうよりは全然よいのですけれども…?

今回の3つは全て復刻イベントでしたりと、最近は復刻イベントばかりとなっていますけれど、何もないよりはもちろんよく、それに復刻イベントでも新規イベントでも得られるものは特に変わらないのでそこは問題ありません。
ただ、水球イベントは時期に合っているのですけれど、お餅イベントは中秋の名月なお月見…今の時期に行うべきなのか非常に怪しく、昨年水球イベントと同時発動でしたティアさんのリズムゲーム、あるいは水着な凛さんのイベントあたりではいけなかったのかなと思ってしまいます?(お餅イベント、得られるアイテムはうさぎ関連のアバター2種でよいのですけれども…?)


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
ナイツ・オブ・ラウンド撃破後にエンディングが流れ、そこからアルテマウェポン撃破後の様に様々なイベントが発動、まずは各地で発生しているそれらを探していくことになりますけれど、そうした中でも日々のリーヴなどは実施、その結果…
召喚士ジョブクエスト
…召喚士のレベルが50に達し、そのジョブクエストが発生しました。
レベル50のジョブクエストは一区切りなものとなっており大抵ボス戦となり、召喚士もその例に漏れず強そうな人とのボス戦区になった…のですけれども、妙にあっさり、今までのボス戦の中で一番簡単に勝ててしまいました。
お話自体は切なくてよいものだったのですけれども、少々拍子抜け…いえ、そのほうがありがたいのですけれども。

レベル50で一区切りではあるのですけれど、イシュガルド編が進んでいますのでそのままレベル50の継続クエストが発動…とはいってもこちらは会話のみであっさり終わりました。
また、リムサ・ロミンサでも召喚士イベントが発生、こちらは連れ歩くカーバンクルの見た目を変えられる、というシステムの説明なものとなっていました。

召喚士がレベル50となったことで、続いて別のリムサ・ロミンサ由来のクラスのレベル上げをしようと思うのですけれど、ここはもう巴術士から召喚士とは別に派生した学者でいいかなと思います?


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
こちらは昨日メンテナンスがあり、『PSO2』10周年記念イベントが終了、代わって『NGS』新クラスが実装されたりした模様です?
ただ、クラスについては『PSO2』で使っていたエトワールあたりがこない限りはもうずっとフォースでいいかなと思っており、ですので今回も特に気にしないでおくことに…他にも色々新たなシステムが追加された様子ですけれど、昨日は特に何もしませんでしたのでそのうち…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年08月03日

単行本『狼の皮をかぶった羊姫(3)』紹介

【単行本紹介】
『狼の皮をかぶった羊姫(3)』
□狼の皮をかぶった羊姫(3/バンブーコミックス)
■ミトさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(作品について)
羊のお姫さまに仕える狼の執事を描いたお話です。
この巻でもそのお二人を中心としたかたがたの日々を描いていき、この巻では自身の気持ちに気付いたアキさんの葛藤などが描かれていきます。

お二人は両想いであり、けれどもアキさんが関係を進めるのを躊躇どころかかえってモモさんのそばにいてもよいのかと悩んでしまう理由はもちろん身分の差であり、その悩みについては終盤、互いが互いを好きだとはっきり解った後に答えを出すことになります。
このあたりはタイトル通り(?)モモさんのほうがかなり強気で、よい方向にお話が向かいそうですけれども、果たして…次巻予告では先輩がたの関係も描かれそうで、その次巻は2023年冬頃発売予定とのことで、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | 作品紹介

2022年08月02日

その他

昨日は先日届いたアニメDVDのうち『RPG不動産』の第2巻を観てみました。
こちらは1巻に4話収録ですのでもう後半に入っていきます。
…本当は一昨日に観ようと思ったのですけれど、『FF14』が暴挙を働いてきてしまったため一日ずれました(何)

第4話から第8話までということで、これらのお話も作品の主題通りファンタジーな世界観な中で不動産屋さんをする、色々なお部屋を色々な人に紹介するものとなっており、楽しく安心して観ることのできるものになっていました。
…気持ち悪い人物の出番が0でしたのも非常によかったです。

ですのでここまではよいのですけれど、やはりどうしても不安になる、問題はこの先…ここまでのお話でも随所でファーさんの背後事情で不穏なものがありそうな描写があるのですけれど、原作の第4巻ではもう不動産など関係ない完全な不穏、物騒なお話に終始するに至っています。
正直に言って、第4巻をアニメDVD予約前に読んでいたら購入はやめていたと断言できる状態でしたりし…尺の問題でその第4巻の内容にはいかないと思われそれはそれでよいのですけれど、それならばどの様な結末にお話をするのか、それはそれでやはり不安で、現状不安ばかりではありますけれど、何とか最後まで見守ってみましょう。
…終盤の内容がどうなるにせよ、某街角何とかの様にアニメ・原作ともに購入した事実自体を「なかったこと」にはしませんけれど、原作第4巻の内容が第2期になるのでしたら第2期は購入しないでしょう(そんな第2期を作るくらいなら中途半端にアニメが終わってしまった『あんハピ♪』の第2期を作ってください)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | お知らせ/その他

2022年08月01日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第135回(2021年4月10日)
前回(第134回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年4月10日
装備
…コアの一つを時空なものから古代なものにしようか悩んでいます?
この画像のままではまだ防御力やHPは時空装備のほうが高い上に付与書も付与されていないため変更はしないと思いますけれども…?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
明日のメンテナンスで期間限定イベントの数種が終了しますけれど、その期間限定イベントでは星霊の書という貴重品が入手できるものの他、イベント限定のアイテムが入手できる場合もあります。
それはたいていアバターか変身やペット召喚などのコレクション可能な小物で、これを入手する手段は、ときどきイベントで得られる交換アイテムと引き換えということもあるのですけれど、だいたいの場合はイベントでもらえるboxからランダムで出す、ということになっています。

そしてこのboxから出すという行為が、なかなか難しい…ランダムですので完全な運なわけですけれど、今現在行われている花火イベントで得られる…
リンゴ飴
…リンゴ飴がなかなか出ないと先日話題になっていたりと、やはりなかなか出ないものです。
私のほうも、リンゴ飴は青品質は上の画像の通り得たものの、その上の橙品質のものは未だ出ず…多分このまま得ることなく終わりそうです(とはいえこのイベントは明日のメンテナンスで終わりではありませんのでまだ機会はあります)

過去にもこの手のアイテムが結局出ずに終わったイベントが少なからずあり、コレクションできるものなだけに悲しい…オークションに出ていることもあるのですけれど、中にはオークションに出せず自力で得るしかないというものもありますのでなおつらいものです。
その点でいえば復刻イベントばかりになっているというのも、これらを再入手できる機会があるということで特に問題はないものです(ですので今後も復刻でいいので今の更新ペースを維持していただけることを願いたいものです…でも水球とお化け屋敷はこなくてよいです)


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
メインストーリーも佳境に入っており、ダンジョンの魔科学研究所クリア時に結構長めのイベントシーンが入りましたので、そこから間髪入れず発生したナイツ・オブ・ラウンド討滅戦は十分な時間のある際にじっくりやろうと、それにそうでなくても未挑戦の討滅戦というのは緊張しますのでそうすぐに手を出したくはないものなのでした。

ただ、毎日討滅戦のレベリングルーレットを実施しており、それに当たったらどうしようという危惧もあり、でもビスマルク討滅戦を引くことはあまりないのでその先のこちらはさらに確率は低いのでは、と考えていました。
ところが危惧は現実となり…
ルーレットで出てしまう
…討滅戦のレベリングルーレットで見事にこれが出てしまいました。
幸か不幸か、戦闘の難易度自体はラーヴァナあたりと較べるとかなり簡単でした様子で、何も知らない状態でも問題なく戦えました。

ところが、問題はその先、討滅戦終了後のこと…戦いが終わると結構長めのイベントシーンが入り、ここまでは想定しており、だからこそこの討滅戦は時間のあるときにしようと考えていたのでした。
ところが、ここから先が想定外の、しかも最悪の流れとなっており、戦闘エリアを離脱すると操作可能なフィールドへ戻るのではなく、そこからさらにイベントが進行、しかも一切中断のないままに…
エンディングまで…
…エンドクレジットまで行ってしまいました。

お話の流れとしては以前のアルテマウェポン撃破後と同じなのですけれど、あの際はアルテマウェポン撃破からエンディングまでの間にワンクッションあった気がするのですけれども…?
いわゆるラスボスを撃破してそのままエンディングというのはオフラインなゲームなら当然ですけれど、オンラインなゲームで、しかも長いイベントシーンを戦闘から中断なくしてはいけないでしょう…?
長めのイベントの際にはその前に長くなるという警告は以前はあったのですけれど、今回はその様なものがないどころか戦闘終了からそのままという、その頃の気づかいはどこへ行ったのですか、という暴挙…はっきり言って非常に残念です。
時間の準備をしていない中でこの様な状況に放り込まれたため、エンドクレジットは泣く泣く途中で切ってしまいました…。

この流れは大いに失望しましたけれど、お話自体はよきもの…ただ、エスティニアンさんまであの様なことになり、イシュガルド編におけるアイメリク卿以外のメインのかたがたが概ね悲劇的なことになってしまったのですが…。
そしてアルテマウェポン撃破後同様、エンディングは流れたもののイシュガルド編はそれで終わりというわけではなく、また色々イベントが発生しそう…レベル50ダンジョンに相当する60ダンジョンも出現しそうですし、色々のんびり進めましょう。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
数日おきにステラーグレイス回収作戦が発動していますけれど、時間の関係もあり最低限の数である10個見つけて終えています。
探すこと自体は、ソナーが反応するのでそう大変ではなく…ときどき未回収の赤いコンテナに反応することがあるのですけれど、南クヴァリスの洞窟内に1ヶ所、高い梁の上にあってどうしても回収できない赤いコンテナがあり、それに反応するのが邪魔で嫌です…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(2) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年07月31日

その他

先日はこの様なものが届いていました。
-----
2作品
○ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(2)
○RPG不動産(2)
-----
…いずれも一連で予約をしているものとなります。
どちらも前期な作品の第2巻なわけですけれど、前期はもう1作品『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい』という作品を予約しており、けれどもこちらはいまだに1巻も届かず…発売中止や延期というわけではなくやや発売日そのものが遅めになっている様子です?

予約といえば、アニメ予約に使用している虎穴通販がなぜか代引を禁止にしてきたため今期以降の作品をどうしようか困っていたのですけれど、仕方がないので虎穴通販が使用しなさいと圧をかけてくるコインを嫌々、やむを得ず使用することにしました。
これは虎穴通販の指定する場所にお金を振り込みコイン化しそれで支払いを行うという二度手間でしかないもので、しかも予約品は発送のタイミングにならないと支払いが行われない、ならば予約したタイミングで全額振り込んでおけば楽なのではというとそうではなく、なぜか振込から180日程度でコインの期限が切れてお金を消滅させるという、どうしようもないレベルでげんなりする仕様になっています。
正直に言って他の通販へ移行しようかとも思ったのですけれど、ここまで長く使っている場所ですのでひとまずはこれで何とか我慢して、予約しているものの発売する1ヶ月刻みあたりでお金を振り込んでおきましょうか…どうしても我慢がならなかったら別の通販へいきます。


ともあれ、昨日は届いた作品のうち『虹ヶ咲』の第2巻を観てみました。
『虹ヶ咲』は『ラブライブ!』シリーズ恒例の第1巻のみ1話のみ収録、第2巻以降は2話ずつ収録という形式になっていますので、今回は第2・3話となります(『スーパースター!!』は第1巻から2話収録でしたけれども)

今回の2話は同好会に入らないという新入生を振り向かせるため(?)にかすみさんたち4人がユニットを組んで合同ライブに出るというもの…。
第1期にはいなかった新キャラさんは3人いるのですけれど、いずれもかなりドライなかたがたであり、そのかすみさんたちが呼び込もうとしているかたも含め現状同好会に入る気配なし…というより、残りお二人はそもそもスクールアイドル同好会をする気配すらありませんけれど、果たしてどうなるのか…(ここからどうしてスクールアイドルをする流れになるのかは『スーパースター!!』第2期の新入生のうち道民と赤毛のかた以外のお二人にも言えます?)

かすみさんが好きな私にとって今回の2話はいずれもメインの扱いとなっており、またその4人の活動と並行して侑さんの行動も描かれておりよきもの…実のところ個人的には新キャラさんがどうなろうが(今いるかたがただけで十分すぎる魅力があるため)別にどうでもいいかなという気持ちがあったりしますけれど、ともあれそのかたがたがどうなるのかなども含め引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | お知らせ/その他

2022年07月30日

単行本『キルミーベイベー(13)』紹介

【単行本紹介】
killme_13.JPG
□キルミーベイベー(13/まんがタイムKRコミックス)
■カヅホさま
前巻(第巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『キルミーベイベー』:アニメ版
 『キルミーベイベー ファンブック&アンソロジーコミック』:アンソロジー
 『カガクチョップ』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○アニメ化された作品

(作品について)
とある高校に通うおバカな女の子とそのクラスメイトの二人をメインとした4コマです。
この巻でもやすなさんとソーニャさんのおバカな日常が描かれており、既刊の感想で触れている様にやはりかなり『カガクチョップ』に近しい、化け物が頻出したりかなり物騒な終わりかたになったりするお話が目立ちます?

ここまで長く、それにストーリーもない中で続いていますのでやはり安定しておバカで面白く、特筆すべきことはないのですけれど、あえてあげると今巻では偽物の刺客が集うお話があったりして…?
ともあれやはりおバカで面白い作品で、続きも楽しみにしたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | 作品紹介

2022年07月29日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第134回(2021年4月5日)
前回(第133回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年4月5日
衣装box
…入手した衣装セットを撮影しています?
時空の怨霊石
…巨大なオレンジの木を伐採しつつ、謎アイテムの一つである時空の怨霊石を撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
最近は小春さんをはじめ複数の新しい星霊さんが加わり、それ自体はとても嬉しいことなのですけれども、それに対し星霊さんの進化が追いついておらず…
秘密基地星霊状況
…育成対象のかたがたを主に置いている秘密基地について、ロフトはすでに育成の終わったかたを置いていましたのに、そこまで育成対象のかたが溢れる事態になってきてしまいました。

育成が追い付かないのは、それに必要な星霊の書がなかなか入手できないため…。
お迎えできたかたがたの書はわざわざオークションで購入するというお金のかかることはせず、日々の星霊クエストクリアのポイントで入手できる書の出るboxから得ているのですけれど、そこから書が出る確率はかなり低めなためこの様な事態になっているのでした。
進化アイテムが入手しやすい☆4を目標とし、☆4となったかたは育成からひとまず外していますので☆4まで上がればよいのですけれど、書がなかなか集まらないためこうした状態に…。

人数が多くなると、日々の星霊クエストも大変になってしまいます…こちらは一度に受注できる数が限られており、ひとまずまずは秘密基地内で消化できるものを消化した後、外に出ないとできない採取系やダンジョン系を消化するわけですけれど、内容に偏りが出たりするとかなり面倒なことになってしまったりし…?
せめて数人育成が終われば楽になるのですけれども…とはいえ慌てる理由はありませんし、のんびり焦らずに日々やっていこうと思います。
…こうした状態ですのでまだ半分くらいいそうなお迎えできていない星霊さんをお迎えするのも急がず…もちろん機会があれば狙いはしますけれども…?


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
グナース・バヌバヌ族のクエストが完了したこともあり、ストーリーをのんびり進めることに…お話はいよいよ佳境に入ってきた雰囲気があり、そうした中で新たなダンジョンに遭遇しました。
ここまでくると一人で入るのはためらわれ、かといってここまで佳境に入るとムービーも長そうな気がしましたので、思い切って自分でパーティを組んで募集をかけてみました。
無事に人が集まり…
目玉…
…そのダンジョンははじめての場所にしてはそこまでよく解らないことは起こらず無事に終えられましたけれど、ストーリーは本当に佳境な様子で、かなり長いムービーが入りました。

しかも、そこから立て続けに新たな討滅戦が発動…これまた何かイベントが長そうな雰囲気を強く感じますので、まとまった時間のあるときに受けようと思います?
…討滅戦ルーレットで当たってしまったらどうしましょう、という危惧が多少あり…イベントムービーもそうですけれど、何の心の準備もなく未知の討滅戦へ放り込まれるなど、他のかたのご迷惑にしかなりませんし…(最近ようやくラーヴァナ戦の戦いかたが解ってきた気のするくらいですので…?)

お話のほうは、オルシュファン卿やイゼルさんは本当に悲しく切ないものの、流れとしてはドラゴンと和解し教皇を討つという私の望んだ方向にお話が進んでおり、このままこの方向で進んでくだされば嬉しいことです。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
先日のメンテナンスで…
ステラーグレイス
…またステラーグレイス回収作戦という、ときどき発動する、やや面倒なものが発動しました。
アイテムが得られるので積極的に探してもよいのかもですけれど、時間の制約もあるため、私は最低限の目標として指定されている10個だけで終わっています…期間限定タスクでもそれ以上の数を求めたりはしてきていませんので一安心です(他に面倒な期間限定タスクが発動したりしていますけれど、それは無視で…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年07月26日

単行本『まにまに☆あーくす』紹介

【単行本紹介】
『まにまに☆あーくす』
□ファンタシースターオンライン2 まにまに☆あーくす(MUGEN MANGA)
■燐人さま(漫画)/セガゲームスさま(原作・監修)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★☆☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『PHANTASY STAR ONLINE 2』:原作ゲーム
 『ぷそ煮コミっくす』:別のコミカライズ版
 『咲とファイナルファンタジー14』:今作同様現実に存在する特定のオンラインゲームのプレイヤーを描いたお話

(特記事項)
 ○オンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』のコミカライズ版
 ○1冊完結
 ○『NGS』で使用できるアイテムコード付属

(作品について)
『PSO2』を楽しむプレイヤーのかたがたを描いたお話です。
説明が上で触れた『ぷそ煮コミ』と同じとなりましたけれど、基本的には登場人物が違うだけでやっていることは同じといえます。
こちらは『ぷそ煮コミ』の後で連載された作品になりますので、作中のお話もエピソード6から『NGS』がはじまる寸前のことになっています?
…ちなみに登場人物には『ぷそ煮コミ』を読んで『PSO2』をはじめた、なんて人もいます。

上で触れた通りお話としては『ぷそ煮コミ』と同じ様な趣なわけですけれど、こちらはこちらで面白いものになっています。
後半はやや中の人ネタの比率が高くなってきたりした印象があったりしますけれど、ともあれ『ぷそ煮コミ』同様に気楽に楽しく読めるものとなっています。
…『ぷそ煮コミ』『まにまに☆あーくす』と、『PSO2』公式で連載されていた作品はプレイヤー視点の作品が続いていたわけですけれど、今現在連載されている『せんとらるっ!』は作中のNPCを主役としたお話となっており、これらとは少し毛色が違うといえます?(でもあれもあれで面白く、いずれ単行本化することを願いたいものです)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | 作品紹介

2022年07月25日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第133回(2021年4月1・2日)
前回(第132回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年4月1日
舞台にめり込む
…スティンク伯爵との戦いで、スティンク伯爵が舞台の中に埋まってしまったさまを撮影しています。

○2021年4月2日
コテツ
…ペットのコテツの詳細を撮影しています。
ハナ
…同じく犬なペットのハナの詳細を撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
現在インゴットキャンペーンなどと同時に特定のダンジョンで星霊さんが確実で出現するというものも発生しており、過去に同様のキャンペーンが発生した際にも中央大陸の対象ダンジョンを周回しかなりの星霊さんをお迎えできており、中央大陸でお迎えできていないのはルカインの城で出現する小春さんを残すのみとなっていました。
その小春さんもキャンペーン開始時点で残り必要数が1まで迫っており、そして先日ついにそちらで小春さんの星霊の書がドロップ…
星霊さん
…お迎えすることができました。
彼女には水着仕様もあるのですけれど、水着仕様のほうが少しはやくお迎えできていたのでした。

これで中央大陸の対象ダンジョンでお迎えできる星霊さんは全員お迎えできたことになります。
西方・東方大陸にも対象ダンジョンがあり、そのうち叡智の大聖堂のアイフロートさんはお迎えしていないためそこへ行ってみてもよい、のかもですけれどもクリア対象ダンジョンがPT用というのがつらいところで、以前挑んだ際には途中で時間切れになる結果となっていますので、やめておきましょうか…。

結構な数の星霊さんをお迎えできてきまして、ようやく半数程度のかたがたはお迎えできた、気がします?
とはいえまだまだお迎えできていないかたは多く、中にはそもそも1冊も書を入手していないためリストに載っていないかた(リトルアリスさんなど)もいたりします。
さらには残ったかたがたをお迎えする方法は多分もう星界ルーレットで当てるかそれ経由でオークションで出てくるものを買うかくらいしかなさそうな雰囲気…しかも星界ルーレットは自力ではまず当たらない、オークションもどうも出品されなくなってきたりしていたりと、かなり危うい感じです?
ただ、現状ではまだ最低目標である☆4まで育っていないかたも多数いますので、そう急いでお迎えする必要はなかったりします?


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
先日のグナース族のクエストからやや遅れ、先日で…
バヌバヌ族クエスト完了
…バヌバヌ族のクエストも最後まで完了できました。
バヌバヌ族はグナース族よりも後に出会ったとはいえ、グナース族はイディルシャイア到着までクエスト進行ができない時期があったので進行速度はそう変わらないところだったのですけれど、1回のデイリークエストクリア時に得られるポイントがグナース族は70に対しバヌバヌ族はなぜか50でしたので、結果的にその分の差がついたとなります?

バヌバヌ族のかたがたもキャラクター、お話ともに面白くよきものとなっており、グナース族ともどもかなり好印象です。
バヌバヌ族については会話の際にかなりきれいな例えをたくさん使うのが印象に残ります。

いわゆる蛮族クエストはまだモーグリ及びイクサル族という2つがあるのですけれど、こちらはクラフターを使っていないと始動すらできないので現状何もできず…。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
今現在『NGS』で実施されている期間限定イベントの関連で期間限定クエスト(ダンジョン)20回クリアというタスクがあり、こちらは何とか先日で達成…この手のクエストは人がなかなか集まらないという傾向が見られるのですけれど、今回は比較的それがましでしたので完了できました。
内容のほうは、最後に出てくるロックベアが硬すぎてだるくなるので、あまり連続ではしたくないというところ…『星界神話』の敵が硬くて時間がかかるというイメージがあるのですけれど、こちらのそのボスや老練エネミーなども負けず劣らず硬くて時間がかかります。

今週の期間限定タスクに緊急クエスト3回クリアというものがありますけれど、こちらはさすがに断念…一週間に1回遭遇できればよいくらいですので…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年07月24日

単行本『ぷそ煮コミっくす』紹介

【単行本紹介】
『ぷそ煮コミっくす』
□ファンタシースターオンライン2 ぷそ煮コミっくす(MUGEN MANGA)
■ペケこさま(漫画)/セガゲームスさま(原作・監修)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『PHANTASY STAR ONLINE 2』:原作ゲーム
 『ぷそ煮コミ』:元となる作品
 『ぷそ煮コミ おかわり』:アニメ版(これは第2期)
 『咲とファイナルファンタジー14』:今作同様現実に存在する特定のオンラインゲームのプレイヤーを描いたお話

(特記事項)
 ○オンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』のコミカライズ版
 ○『ぷそ煮コミ』の総集編的な作品
 ○フルカラー作品
 ○1冊完結
 ○『NGS』で使用できるアイテムコード付属

(作品について)
『PSO2』を楽しむプレイヤーのかたがたを描いたお話です。
こちらは上で触れた単行本『ぷそ煮コミ』全3巻をフルカラー化して収録した、一種の総集編といえるもの…『ぷそ煮コミ』はてっきりフルカラーだと思ってしまっていたのですけれども改めて元となる単行本を見てみると確かにフルカラーではありませんでした。

どうして元となる『ぷそ煮コミ』をフルカラーだと勘違いしたのかというと、今現在『PSO2』の公式で連載されている、『NGS』を舞台にした漫画作品の『せんとらるっ!』がフルカラーで公開されているからなのでした。
そして今作にはその『NGS』版や描き下ろしも収録されています。
…『NGS』のサントラが出た様子なのですけれど、全て揃えた『PSO2』と違いどうにも購入したいという気持ちがわかないので無視を…『アルピエル』『星界神話』『FF14』のサントラでしたら購入したいのですけれど、前者2つは存在せず、後者は普通のCDではない様子ですので…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | 作品紹介

2022年07月22日

すみれと里緒菜のすみ・りおRadio 第24回

(す:山城 すみれさん・り:片桐 里緒菜さんです)

す:すみれと♪

り:…里緒菜、の?

す:すみ・りおRadio〜♪

り:…。

す:前回の放送で6月なのに梅雨も明けちゃって暑くなったって話したら、7月になって梅雨みたいなお天気が続く様になっちゃったね。

り:はぁ、そうみたいですね…異常に暑くなるよりはいいですけども。

す:こんなお天気が続くと…
水着
  …水着もお部屋の中で着るしかないかも!

り:それは極端ですけど…前回の放送から1ヶ月もたっていないのにまた放送をしたのはそれが理由ですか?

す:あっ、ううん、確かに前回は暑いだけで放送したけど、今回はそうじゃなくって、この日誌に関するお知らせがあるんだよ。

り:そうなんですか?

す:うん、この日誌は私たちや夏梛ちゃんと麻美ちゃんの放送のほか、ゲームの状況、それに単行本の紹介を中心に行ってて、今まで…そう、もうずっとずっと、何年も単行本の紹介が途切れることがなかったわけだけど、それがついに終わっちゃったの!

り:えーと、それはつまり…?

す:要するに未読の単行本が0冊になって、もう新たに紹介する作品がなくなったってことだね♪

り:最近は購入する単行本の数も少なくなっていたみたいですし、いつかはこういう日がくると思っていましたけれど、ようやくきましたか…読むものは紹介しているんですから、悪いことじゃないですね。

す:うん、それでまた新たに単行本を買って読んだら紹介するけど、それでもそんなたくさんになることはないと思うし、今日はこうやって放送したけど今後は単行本もなくってゲームのお話もないときは日誌自体お休みになるよ♪

り:無理に書くものじゃないですしそれがいいですね。

す:日誌のお休みの頻度が結構、連日続くこともあるかもしれないけど、特に書くことがないだけだから心配しないでねっ♪

り:一応このTwitterのほうでは日誌がお休みだって告知もするみたいですから、心配することは何もなさそうです。

す:うんうん、今日の放送はそのお知らせだけなんだけど、そういえば一つだけ…の夏梛ちゃんと麻美ちゃんの放送で今期購入するアニメ作品とかの紹介をしたんだけど、あれからちょっと変更とか抜けとかがあったみたいで、今はこうなるみたい♪
-----
【2022年冬期放送】
 ○『平家物語(DVD予約済)』
------
【2022年春期放送】
 ○『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期/DVD購入中)』
 ○『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(DVD予約済)』
 ○『RPG不動産(DVD購入中)』
------
【2022年夏期放送予定】
 ○『ラブライブ!スーパースター!!(第2期/DVD予約済)』
 ○『ルミナスウィッチーズ(DVD予約済)』
 ○『リコリス・リコイル(DVD予約済)』
-----
【放送時期不明かつ購入予定な作品】
 ○『幻日のヨハネ』
 ○『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(第2期)』
-----
り:今年の分と今後の予定を抜粋したものですね。

す:変わったところは今期に『リコリス・リコイル』っていう彩葉さんがとっても大好きなあのかたなど複数のかたにお勧めしてもらったものを追加したことと、放送日不明だけど購入確実な作品で抜けてた『幻日のヨハネ』を追記したことだね♪

り:『幻日のヨハネ』って何ですか。

す:これは『ラブライブ!サンシャイン!!』のスピンオフ、っていったらいいのかな…あの作品の皆さんがファンタジーな世界観で繰り広げるお話、なのかな?

り:うーん、ちょっとよく解りませんけど、『サンシャイン!!』の皆さんは魅力的なかたがたですし、購入は問題なさそうです。

す:うんうん、そうだよね♪

り:では、そういうことで今回の放送は終わりましょう…さすがに次回はこんなすぐにないと思いますし、のんびりさせてもらいますね。

す:もう、しょうがないんだから…それじゃ、またねっ♪
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | あさかな/すみりおRadio

2022年07月21日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第132回(2021年3月31日)
前回(第131回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月31日
シロコタツニャン
…ペットのシロコタツニャンを撮影しています?
巨大な綿
…サークル「セフィロ」や「激甘開拓団」のかたがたと巨大な綿を採取しながらペットの魔導技師ルナの撮影をしています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
先日のメンテナンスで青い鳥などの2つのイベントが終了、代わって2つのイベントが発動しました。
一つは昨年にも実施した記憶のある忘れられたオアシスへ行くイベントで、もう一つは花火大会に関するもの…後者はノーマルダンジョンのボスからアイテムを落としてもらう必要がありますけれど、それ以外は特に問題のない、けれど星霊の書などは得られないものとなっています(後者に関しては交換アイテムもない…)

そしてそれと同時に夏休みキャンペーンとして…
インゴット集め
…世間一般の長期なお休みに合わせて発動するインゴットなどのキャンペーンが始動しました。
今回は強化成功率upはなく、その代わり(?)今までに見たことのないものとして、毎日チャットで発言すると称号などが得られるという一風変わったものが発動しています。
チャットの種類は多分問わないのかと思われ、ですので多分問題はない、はず…?


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
ストーリーをのんびり進めていますけれど、オルシュファン卿に続いてイゼルさんまで悲しいことになってしまうという、かなりつらい展開に…ムーンブリダさんといい、今作はどうも暁の血盟以外の人物には結構厳しいことをする傾向が見られ、エスティニアンさんもどうなるか…。

そうした中、ストーリーよりもグナース族及びバヌバヌ族のクエストを優先して進めており、その甲斐あり…
グナース族クエスト終了
…グナース族のクエストが完了しました。
この2種族についてはふっちなどの種族と違いクエスト段階が増えており、その分時間はかかる様にはなっていましたけれど、お話のほうはよきものとなっておりグナース族に愛着が持てる様になっています。

バヌバヌ族についてはまだ完了しておらず、これはグナース族よりも後に開放されたというのもあるのですけれど、一定数値になるごとにお話を進めることのできるポイントが、デイリークエスト1回クリアにつきグナース族は70ポイント得られるのに対しバヌバヌ族はなぜか50ポイントしか得られないというのも地味に影響しています…この差は一体…。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
期間限定で実装されているクエスト、というよりダンジョンについて、過去ではこれに登録しても全然人が集まらないので実施を諦めていたのですけれど、今回は20回クリアというタスクがあるからか案外人が集まりやすく、昨日までで15回実施できました。
ただ、最近はその過去の様に人の集まらない様な状況になりつつあり、これはもう皆さん20回クリアして実施する必要性がなくなった、ということなのかもしれません…私はあと5回残っていますけれど、ただ20回達成してもそこまでよいものが得られるというわけではありませんので、達成できなくても特に問題は…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年07月20日

単行本『いのち短し善せよ乙女(2)』紹介

【単行本紹介】
『いのち短し善せよ乙女(2)』
□いのち短し善せよ乙女(2/まんがタイムKRコミックス)
■土管さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
一日一善を実践しないと死んでしまう女の子の日常を描いた4コマです。
この巻でも引き続きその様な状況に陥った乙女さんと周囲のかたがたの日常を描いていき、やはりお話ごとに何らかの善行を積んでいくさまが見られます。

この展開は特に大きな流れもなく終盤まで続いていき、安定した面白さになっていました。
そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、波乱は最終話の1話くらい前…ではなくいきなり最終話で発生しその1話でまとめられることになりました。
やや急な展開ではありましたけれど、終わりかた含め悪くはなかったと思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年07月19日

単行本『欠けた月とドーナッツ(4)』紹介

【単行本紹介】
『欠けた月とドーナッツ(4)』
□欠けた月とドーナッツ(4/百合姫コミックス)
■雨水汐さま
前巻(第3巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 ○『女ともだちと結婚してみた。』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
同じ職場に勤める社会人な女のかたお二人の関係を描いたお話です。
この巻では互いに互いの気持ちに気付き、けれどもお相手の気持ちは解らなかったりするためにその先へ進めないお二人が、とある出来事をきっかけに大きく動いていくさまを描いていきます。

そのとある出来事というのは家庭の問題なのですけれど、この家庭の問題も一時は危うそうな雰囲気を出すものの最終的にはよい関係を再確認でき一安心…これ単体でもよいお話です。
そうした今作は今巻で完結、最終巻となっており、最後はもちろんよい方向にまとまりきれいな終わりかた…このレーベルの最近の作品としては非常に珍しいと言える、大判サイズでここまでナンバリングが続いた作品ですけれど、よきものでしたといえるでしょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介