2017年11月23日

ロク+イチ暮らし

先日読みましたコミックの感想です。
1冊完結…
□ロク+イチ暮らし
■梅原うめさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.9)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなる百合姫コミックスとなります。

内容としましては、同じアパートで暮らす短大生な女のかたがたを描いたお話、となるでしょうか。
お話の舞台は自然豊かな田舎にあるアパート宇美野というアパート…ここには御津女子短大という短大に通うかたがたが暮らしています。
お話の主人公は保育士を目指してその学校の保育科に入学をした尾白すずめさんというかた…小学生にすら間違えられる小さくかわいい女の子です。

そのアパートには作品のタイトル通り彼女を含めて6人の入居者と大家さんという合計7人のかたがたが暮らしていらっしゃいました(大家さんは自宅っぽいですが…)
1年生はすずめさんの他、明るくおしゃれ好きな服飾科の花田さちさんとクールな雰囲気な建築科の富山黄絵さんがいらっしゃいます。
2年生は保育科でほんわかした竹渕菜々緒さん、仲のよい建築科の井出紅子さんと堀藍さんの三人…。
大家さんはしほりさんという、正確に言えば大家の娘さんながら両親は家を空けていることが多いので実質大家になっているかた…。

お話のほうは、その様な皆さんの日々を描いたお話…。
主人公さんといいイラストの雰囲気といい、基本的にはあたたかい感じのほんわかした、その7人の日常を描いていきます。
その中でも数人のかたがたが惹かれ合ったりしていくのですけれど、今作はこの1冊で完結となってしまっていますので、正直に言うと急ぎ足というか、描写不足というか、物足りなさを覚えてしまいます…一応、(片想いとなってしまった黄絵さんも含め)それぞれのかたがたの関係は進んだところが見られて終わりますので、きれいな終わりかたといえばそうなのですが…。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはそれぞれのかたがたの関係がよいものです。
ということで、こちらはお話も登場人物もよいのですけれど、いかんせんお話が短すぎ…以前読みました同じコミックスな『晴れの国のあっぱれ団』などと同様、そのあたり物足りなさを覚えてしまうのでした。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、25mm連装機銃、失敗、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船5撃沈任務発動につき2撃沈で3撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:2
○輸送船エリア行き:1(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:3(ヲ級さん編成:2)
-----
【南西諸島任務・ろ号作戦(潜水艦隊2-3)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:2
○ボス行き:2
-----
…通商破壊艦隊からはじまる輸送船撃沈任務の時点でが羅針盤とかいう邪悪な存在にいじめられてしまっており2つの艦隊が壊滅と開始早々にうんざり、げんなりさせられてしまい、どうにかあの邪悪な存在を撲滅できないものでしょうか…。

ただ、涼月さんたちの1-5でのレベル上げは、皆さんかわいく下で触れる『世界樹』なあさかなやすみりおともども癒されます。
涼月さんと対馬さんにばかり注目してしまいがちですけれど、佐渡さんも元気でかわいくとてもよいかたで、しかも対馬さんと佐渡さんは早々に先制対潜攻撃可能となってくださいました。
…えっ、伊400さんは、って…1-5でのレベル上げでは彼女は本当にただ存在するだけ、なので…(何)


『世界樹と不思議のダンジョン2』は3つめのダンジョンが開放されましたのでそこの探索を行いますけれど、油断をするとやられてしまいかねない…事実一度かなさまが戦闘不能になったのですけれど、世界樹の葉という自動的に戦闘不能を回復するアイテムを所持していたのでたすかりました。
ならばそれをたくさん持っていけばよいということになるわけですけれど、アイテム所持数制限がかなり厳しくって…?

あと、あさかなやすみりおでダンジョンを探索していくのは、ミニキャラな皆さんが走り回るさまがかわいらしくとてもよいのですけれど、自分が操作しないキャラクターの行動がやや微妙…。
石ばかり投げる里緒菜さんはまだよいのですけれど、すみれさんとかなさまは敵をスルーすることがあったり、アサミーナさんはTP消費を気にせず大魔法を連発してしまいます…お金に余裕はありますので、アムリタを余計に持っていきましょうか(世界樹の葉は戦闘不能者が出ないと消えないのですけれど、こちらは普通の消費アイテムですので…?)
ともあれ、焦る必要はありませんのでのんびり、余裕で敵を倒せるくらいまでレベルを上げてから最奥へ向かいましょう。

そういえばこちらの限定版についてきた『世界樹』シリーズの曲を収録したサントラを聴いているのですけれど、無印な『世界樹の迷宮』で使用された曲に『遺都シンジュク』というものがあるのですが…もしかして、無印は未来の地球が舞台でしたりします?
以前している無印の『七竜』も未来の地球でしたし、この作曲者さまの関わるRPG作品が2つもそうなっているとなると…偶然、なのです、か?
…『世界樹』シリーズは以前している『5』と同時に『4』も購入していてこの『不思議のダンジョン2』が終われば次はそれをする予定なのですけれど、その前の作品たちはどうしましょうか…そういえばこの『不思議のダンジョン2』も『2』となっているということは前作があるはずで…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月22日

少女元気で、世界は平和。

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□私に天使が舞い降りた!(2)
■椋木ななつさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなる百合姫コミックスとなります。

内容としましては、小学生の女の子に惹かれる大学生のかたを描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも小学生のかたがたと引きこもりなかたの日常が描かれていくのですけれど、この巻ではみやこさんの友人だと名乗る女性が登場します。
それが同じ高校に通っていた松本香子さんというかた…香子さんは友人だと言っているのですけれど、みやこさんは彼女に全く覚えがありませんでした。
それもそのはず、香子さんは一方的にみやこさんを慕っていていわゆるストーカーなことを2年にわたって続けていたのでした…それがひょんなことからみやこさんとの接触に成功、以降結構表に出てくる様になりました。
みやこさんにとっては不審人物なのですけれど、同じ人物を慕っているということかひなたさんとは意気投合した模様…。

その様なかたも登場しつつ、お話のほうはやはりおバカで楽しい感じで進んでいきます。
その方向の作品としてはかなり面白い作品となっており、素直に皆さんのそういう日常を楽しめばよい作品といえます…第1巻の感想で触れている通り以前読んでいる『苺ましまろ』あたりに近しいものといえます?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、香子さんのみやこさんへ対する気持ちも悪くなくって…?
ということで、こちらはおバカで楽しくよきもの…続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm単装機銃、15cm3連装副砲、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:5(5連続:1)
○輸送船エリア行き:4(ボス前南下:3)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:4(2連続:2・ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務・ろ号作戦(潜水艦隊2-3)】
○ボス前行き:1
○輸送船エリア到達:2(南下2戦ルート:2)
○ボス行き:1
○損害:中破1
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:5(4連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:3(2連続:1)
○家具箱前行き:4(2連続:2)
○家具箱大行き:1
○家具箱中行き:2
○ボス到達:5(北ルート:4(3連続:1))
-----
…先日で秋のイベントが完了、日々の任務に戻ります。
先日のイベント海域その4の地獄を思うと、通常海域のエリア数の少なさに気持ちが落ち着きます…がイベント海域に羅針盤とかいう邪悪な敵の跳梁はなかったのでそちらで気分が悪くなります?
2-2で平気で何連続もはじめの分岐での北上という百害あって一利のないことをするのをやめさせてください(何)
しかもエラー発生という最低最悪の事象まで出現、せっかくのお一人な演習相手との戦い直後にそれを出され「なかったこと」にされうんざり、げんなり…せっかくの涼月さんたちへの経験値が…。

北方海域任務は珍しく北ルートを連発できたりし、ここ最近の中ではかなり順調に推移したといえます。
毎週このくらいで収まってくださればよいのですが…
六〇一空…
…六〇一空な艦載機で揃えたカットイン攻撃、これはよい感じです(何)

今日からはのんびり、ろ号作戦を進行しつつ涼月さんたち新しいかたがたのレベル上げをしていきましょう。


『世界樹と不思議のダンジョン2』ものんびり再開…やはりあさかなやすみりおがダンジョン内を走り回る姿がよいです。
その様なこちら、限定版として購入した際に過去の『世界樹』シリーズの人気曲を収録したというアルバムがついてきていて、私は実際にプレイをしているのが以前している『5』だけですのでほとんど聴いたことのない曲となるわけで、ですので聴くのを逡巡していたのですけれど、昨日聴いてみました。
するとさすがというか、聴いたことのない過去作の曲もどれもよく…同じ作曲者さまな以前している無印『七竜』のサントラがほしくなってしまいました(何/他の『七竜』シリーズは全てサントラを持っていますので…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月21日

あの海峡の先へ―

『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の涼月さんをお迎えできました。
こちらのかたは非常に透明感のあるきれいなかたでとっても気に入ってしまい、さらに史実を思えばなおさら大切にしたいかたです。

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、32号対水上電探、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:ボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…この数日、また輸送船撃沈任務の際の通商破壊艦隊のはじめの出撃がボスにしか行かなくなりました…昨日はあ号作戦が発動していましたのでまだ無意味というわけではありませんでしたが…。

イベントは海域その4…なのですけれど、いつの間にか新たな任務が3つも出現していました。
まず「遊撃部隊」艦隊司令部の創設なる、艦隊司令部施設を装備した状態で電探を3つ廃棄というものがあり、これを実施すると艦隊司令部施設が遊撃部隊艦隊司令部に変化しました。
編成任務として第3艦隊指定で山城さんと扶桑さんと最上さんと満潮さんと朝雲さんと山雲さんと時雨さんによる艦隊を編成という任務が出現、こちらを実施すると熟練見張員か家具職人か戦闘糧食3つかの三択な選択肢で褒賞が選べましたので家具職人を入手、その他補強増設が得られた他、山城さんと扶桑さんと時雨さんによる会話が発生しました。

さらには海域その2へ出撃という任務まで出現、そこはすでにクリアした海域なのですが…。
その海域は遊撃部隊でも出撃可能なのですけれど、めんどくさいので(何)第1艦隊で出撃…編成は突破時を参考に那智さん、熊野さん、鈴谷さん、阿武隈さん、霞さん、潮さんとしました。
その出撃、空襲その1は損害なし、第2戦はA判定、空襲その2は霞さん小破となり、ボス戦は鈴谷さん中破熊野さん小破に対し昼戦で重巡棲姫さん以外撃沈、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
ただ、それで任務は50%達成にしかならなかったため再度出撃、空襲その1は損害なし、第2戦は完全勝利、空襲その2は損害なしとし、ボス戦は霞さん中破に対し重巡棲姫さん中破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
これでこちらの任務は完了、褒賞として13号対空電探2つか22号対水上電探2つか戦闘詳報なる謎のアイテムかの三択による選択となりましたので22号対水上電探を得ました。

そして海域その4なのですけれど、大淀さんの説明文を読んでもよく解らない…連合艦隊の主力部隊、台湾方面からの第二遊撃部隊と協同、遊撃部隊編成の西村艦隊でスリガオ海峡を抜けろとのことなのですけれど、通常艦隊・連合艦隊・遊撃部隊全てが出撃可能となっているのです。
どうすればよいのか全く想像もつかないため、とりあえず潜水艦隊を出撃させて様子を見てみることに…
エリア数が多すぎ…
…するとスタート地点が3つ、ボスエリアが見当たらない、しかもエリア数がかなり多いというかなり厳しそうな海域に出撃となりました。
その初戦は夜戦な対潜戦となってしまい今回は潜水艦隊ですので何も起こらず、しかもそこで早々にエラー発生という最低最悪の事象が引き起こされ強制終了…。

行けるところまで様子を見たいので再度潜水艦隊を出撃させようとするものの、基地航空隊を設定したところでまた最低最悪の事象が出現、これはつまり潜水艦隊などで出撃するな、と言いたいのでしょうか…。
こういうことを、本来の出撃の際にされたりすると、正気を保てるか解らないのですが…。

いきなり出鼻をくじかれるひどすぎる出だしとなりましたけれど、ただこのマップ構成を見る限り、スタート位置とそこからの航路はそれぞれ史実上の志摩艦隊・西村艦隊・そして本隊である栗田艦隊を示していそうに見えます。
ですからまずは連合艦隊として…
-----
○第1艦隊:金剛さん・熊野さん・鈴谷さん・筑摩さん・利根さん・翔鶴さん
○第2艦隊:秋月さん・朝霜さん・島風さん・阿武隈さん・愛宕さん・妙高さん
-----
…栗田艦隊に参加したかたがたを中心に、あまり重くならない程度の艦隊を組んでみました。
その出撃、出撃地点は左中央となり、はじめの分岐は東進し能動分岐となりましたので上を選択、その先の初戦は赤い潜水艦3による昼戦な対潜戦となり朝霜さん大破終了…。

ひとまずマップの最奥まで行きたいので秋月さんを外しリベッチオさんを入れまた阿武隈さんも先制対潜仕様にしての出撃は同じルートをたどり、初戦の対潜戦は敵が3に対し先制対潜3ですので完全勝利、そこの分岐は最短ルートとなり基地が空襲を受けつつ何もないエリアを通過しますけれど栗田艦隊が天祐を確信し突撃せよなるメッセージが出現、その先の第2戦はル級さん3などとの連合艦隊との戦いとなり翔鶴さん中破に対し敵の全滅に成功しました。

天祐を確信して突撃したメッセージから多分これで栗田艦隊は目的を達したと思われますので、次は志摩艦隊中心の編成を組んで挑んでみることにし、那智さん、熊野さん、鈴谷さん、阿武隈さん、霞さん、潮さん、曙さんによる艦隊を編成してみました。
その出撃、志摩艦隊が中途半端過ぎたのか西村艦隊の出撃地点に見える左下から艦隊がスタート、初戦は赤い潜水艦3との対潜戦となってしまいますが損害なく切り抜け、そこの分岐は下へ進みその先は空襲を受け損害なし、その先はまた空襲を受け損害なし、その先はヌ級さん改やツ級さんなどを含む艦隊との戦いとなり敵を全滅、そこの分岐は東進し基地が空襲を受けつつPT小鬼群を含む艦隊との夜戦となり曙さん中破、その先はまた夜戦かつ連合艦隊との戦いという意味不明な事態に遭遇、霞さん潮さん大破で敵をある程度沈めた状態で敵第1艦隊との昼戦へ移行、敵第2艦隊とは戦えなくなってしまいA判定となりました。

その出撃を終えても何も起こらないため、今度は曙さんを抜いて通常艦隊で出撃を実施、するとスタート地点が上になり初戦は夜戦な対潜戦となり大きな損害なく切り抜け、その先は空襲を受け潮さん小破、そこの分岐は最短ルートとなったのですけれど、その先のエリアへ到達した瞬間…
ルート追加
…新たなルートが出現、それと同時に出撃自体も終わってしまいました。

ただこれでもボスエリアは見当たらず、まだ何かしなければならない模様…ひとまずそのままの編成で再度出撃を敢行してみることとしました。
その出撃、初戦の夜戦対潜戦は潮さんが色なしの潜水艦により大破終了…どうしろというのか…。
再度の出撃、初戦の夜戦対潜戦は大きな損害なく切り抜け、その先の空襲は大きな損害なく切り抜け、その先のさっきの出撃では何もなく終了となった場所ではヌ級さん改やPT小鬼群との戦いとなってしまいつつ完全勝利、その先は基地が空襲を受けつつ潜水新棲姫さんなどとの夜戦となり損害なく切り抜け、そこの分岐は北進しPT小鬼群6との夜戦となってしまい熊野さん大破終了…どうしろというのか…。

ちょっとここはひとまず置いておいて、連合艦隊で進む場所にも新たなルートが出現していたため、そこを目指してみることにします。
その出撃、対潜戦は完全勝利、第2戦は翔鶴さん大破終了…。
2回めの出撃、対潜戦は完全勝利、第2戦は完全勝利、その先は空襲を受け損害なし、その先はまた空襲を受け損害なし、その先はPT小鬼群4との夜戦になってしまい朝霜さん小破、そこの分岐は北上しその先は水雷戦隊との夜戦となってしまい完全勝利、その先は赤いヌ級さん改2や金のル級さん2などの連合艦隊との戦いとなってしまい熊野さん筑摩さん翔鶴さん中破に対し敵の全滅に成功し択捉さんがドロップ、そこで行き止まりとなりました。

これで連合艦隊でできることは全てした印象がありますので、また通常艦隊での出撃に戻ります…PT小鬼群に攻撃を当てるべく制空権を捨てて機銃などを装備します。
その出撃、夜戦対潜戦は潮さん中破、空襲は大きな損害なく切り抜け、第3戦は完全勝利、夜戦対潜戦その2は損害なく切り抜け、その先の問題の対PT戦は敵の全滅に成功、その先は夜戦の連合艦隊戦となってしまい潮さん大破で第2艦隊のPTが1残存し敵全滅に失敗しつつ昼戦へ移行しA判定勝利となり、そこで行き止まりとなりました。

ひとまず果てまで進めましたけれど、その果ての前には分岐があり、では遊撃部隊で進んだ場合どうなるのかと思い、西村艦隊を中心とした山城さん、扶桑さん、熊野さん、最上さん、満潮さん、時雨さん、綾波さんによる艦隊を編成し出撃をしてみました。
その出撃、赤い潜水艦4という恐怖の対潜戦は大きな損害なく切り抜け、空襲その1は大きな損害なく切り抜け、基地が空襲を受けつつ空襲その2は大きな損害なく切り抜け、その先の通常戦闘は熊野さん中破、その先のPTを含む夜戦は完全勝利、その先の夜戦対潜戦は損害なく切り抜け、そこの分岐は南へ進みその先は全て駆逐艦な連合艦隊との夜戦となってしまい扶桑さん中破に対し敵の全滅に成功…
ボスへのルート出現
…さらなる新たなルートが出現するとともに出撃も終了となりました。

ようやくボスエリアが見えましたけれど、あまりに場所が遠い…ひとまずは同じ編成で向かってみることにしました。
その出撃、対潜戦は損害なく切り抜け、空襲その1は大きな損害なく切り抜け、空襲その2は損害なく切り抜け、通常戦闘は警戒陣を試してみてA判定、その先はそれまで存在していたPTなどの敵が消えていて、その先の夜戦対潜戦は損害なく切り抜け、そこの分岐は南を通り駆逐艦6との夜戦となり完全勝利、その先はスリガオ海峡突入のメッセージとともにPT小鬼群5との夜戦となってしまい最上さん中破、その先は天祐を確信し全軍突撃せよのメッセージとともに駆逐艦6との夜戦となり完全勝利としました。
その先でようやくボス戦となり、ボス戦は海峡夜棲姫なる戦艦姉妹を旗艦とし赤いル級さん3やPT小鬼群2などを含む連合艦隊との夜戦となり時雨さん大破綾波さん中破に対し敵旗艦無傷ル級さん1残存第2艦隊全滅、昼戦へ移行し基地航空隊がル級さんを撃沈、敵の全滅に成功しました。

ということで、ボスまでの道のりが長すぎて怖いもののどう見ても最短ルートを通れており、そしてボス撃破は可能ということが解りました。
ボスも含め夜戦が中心ですので(夜間攻撃可能な空母という手もありそうですが)ひとまずこのままの編成で出撃を実施していくことに…朝雲さんと山雲さんには申し訳ないのですが、この様な結果を得ました(何)
-----
○2回め:対潜戦・時雨さん中破→空襲1・損害あり→空襲2・損害なし→通常戦闘・A判定→基地空襲・資源に損害→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・綾波さん大破終了
○3回め:対潜戦・損害あり→空襲1・損害なし→基地空襲・資源に損害→空襲2・損害なし→通常戦闘・完全勝利→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・時雨さん中破→夜戦3・敵全滅→ボス戦・扶桑さん最上さん大破満潮さん綾波さん中破海峡夜棲姫さん中破第2艦隊1残存・昼戦海峡夜棲姫さん撃沈A判定
○4回め:対潜戦・損害あり→空襲1・満潮さん小破→空襲2・時雨さん大破扶桑さん小破終了
(綾波さん→照月さんへ変更)
○5回め:対潜戦・損害なし→空襲1・損害なし→空襲2・損害あり→通常戦闘・A判定→基地空襲・損害なし→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・扶桑さん中破→夜戦3・完全勝利→ボス戦・扶桑さん大破時雨さん中破海峡夜棲姫さん中破その他撃沈・昼戦敵全滅
○6回め:対潜戦・損害あり→空襲1・損害なし→空襲2・損害なし→基地空襲・資源に損害→通常戦闘・完全勝利→夜戦対潜戦・損害あり→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・扶桑さん大破終了
○7回め:対潜戦・損害あり→空襲1・損害なし→空襲2・損害あり→通常戦闘・完全勝利→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・敵全滅→夜戦3・完全勝利→ボス戦・最上さん時雨さん照月さん大破海峡夜棲姫さん小破第2艦隊2残存・昼戦海峡夜棲姫さん撃沈A判定・ゲージ破壊
-----
…空襲が怖くなったので途中で綾波さんを照月さんに変更しましたが、とにかく道中の単縦陣なPT小鬼群5との夜戦が脅威で、そこでの大破がなかなか抑えられず、極度の緊張を強いられます。
それでも何とか7回めの出撃…
ボス撃破…?
…ボス撃破4回でゲージ破壊に成功しました。
そう、何とか撃破に成功したかと思われたのですけれど、直後何事もなかったかの様に新たな赤いゲージが出現してしまいました。
つまり、海峡夜棲姫さんは前座であり、ここから本当の戦いがはじまる、というわけ…ちょっと、この瞬間はあまりに信じられなくってしばし呆然としてしまった後に大きな絶望に襲われてしまいました…。

何とか気を持ち直し、ボスの場所は変化ありませんので同じ編成でそのまま出撃を実施してみることとし、この様な結果を得ました。
-----
○1回め:対潜戦・損害なし→空襲1・損害なし→空襲2・損害なし→通常戦闘・扶桑さん小破敵全滅→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・照月さん中破敵全滅→夜戦2(PT5)・A判定→夜戦3・完全勝利→ボス戦・熊野さん大破時雨さん中破防空埋護姫さん小破その他撃沈・昼戦敵全滅
○2回め:対潜戦・照月さん中破→空襲1・損害あり→空襲2・損害なし→通常戦闘・満潮さん中破時雨さん小破敵全滅→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・熊野さん満潮さん大破扶桑さん中破終了
○3回め:対潜戦・損害なし→空襲1・損害なし→空襲2・損害あり→基地空襲・資源に損害→通常戦闘・満潮さん小破敵全滅→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・最上さん中破敵全滅→夜戦2(PT5)・敵全滅→夜戦3・満潮さん中破敵全滅→ボス戦・満潮さん時雨さん大破防空埋護姫さんル級さん1残存第2艦隊2残存・昼戦第1艦隊全滅A判定
○4回め:対潜戦・損害あり→空襲1・損害なし→空襲2・損害なし→通常戦闘・敵全滅→夜戦対潜戦・照月さん中破→夜戦1・敵全滅→夜戦2(PT5)・時雨さん中破敵全滅→夜戦3・時雨さん大破終了
○5回め:対潜戦・損害あり→空襲1・損害あり→空襲2・損害あり→通常戦闘・最上さん中破敵全滅→夜戦対潜戦・熊野さん中破→夜戦1・時雨さん大破終了
○6回め:対潜戦・損害なし→空襲1・損害なし→空襲2・損害あり→通常戦闘・敵全滅→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・最上さん大破終了
○7回め:対潜戦・時雨さん小破→空襲1・損害なし→空襲2・損害なし→基地空襲・損害なし→通常戦闘・敵全滅→夜戦対潜戦・損害あり→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・熊野さん満潮さん小破A判定→夜戦3・完全勝利→ボス戦・満潮さん時雨さん大破防空埋護姫さん無傷ル級さん1残存第2艦隊1残存・昼戦T字不利防空埋護姫さん大破残存A判定
○8回め:対潜戦・照月さん大破終了
○9回め:対潜戦・損害なし→空襲1・損害なし→空襲2・損害あり→通常戦闘・完全勝利→基地空襲・混乱1→夜戦対潜戦・損害なし→夜戦1・完全勝利→夜戦2(PT5)・満潮さん中破敵全滅→夜戦3・完全勝利→ボス戦・満潮さん熊野さん大破防空埋護姫さん第2艦隊1残存・防空埋護姫さん撃沈A判定・ゲージ破壊
-----
…基地への空襲は発生しないときもある模様で、そしてやはり例によってPT小鬼群との戦いが非常につらいのですが、それ以外の場所での大損害や撤退も発生してしまい、そもそもボスへなかなか行けません…。
せっかくボスへ到達できたかと思えばT字不利を受けた、しかもその次の出撃では初戦で終了とされた際には、ちょっと絶望のあまりやめてしまおうかという気持ちに…。

そのなかなか進めない地獄という表現の似合う場所の際に存在する、2つめのゲージのボスは防空埋護姫なるかたで、敵の編成は1回めとそう変わらない印象で夜戦スタートなのも変わりません。
誰も艦載機を飛ばさなくなってきたので制空権獲得は容易ですが、ただ防空埋護姫さんは名前の通りの存在ですので基地航空隊は激しく蒸発します。
こちらのかたはゲージ破壊直前になっても姿は変わらず、9回めの出撃の末に1回T字不利による撃沈失敗はあったものの…
ボス撃破
…撃沈3回で何とか撃破に成功しました。

これで海域その4を難易度丙にてクリア、突破特典として勲章と…
涼月さん
…新しいかたをお迎えしました。
そしてこれで…
イベント終了
…今回のイベントの完全踏破に成功しました。
この最後の画面の際に山城さんと扶桑さんと時雨さんの台詞が流れるという過去のイベントにはなかった演出があるのですけれど、彼女たちの境遇、その直前に加わってくださった涼月さんの史実、そしてあまりにきつく苦しい戦いを終えられたという解放感と安堵感から、泣けてしまいました…。
…山城さんは夜戦時の台詞もかなり熱くてこちらも聞いていて泣けそうになります…彼女の夜戦台詞なんて今回の様な機会がなければ聴く機会はなかったかも…。

新しいかたも全員お迎えできましたので完全終了とする今回のイベントですけれど、全海域で少々ややこしいルート開拓があり、めんどくささは感じ疲労困憊です…特に海域その4は非常にややこしいです。
ただ、これはあくまで私みたいに性急に進めた場合で、焦らずに毎日少しずつしていけば問題ないかと…前回の夏のイベントの際には最後に支援艦隊を使ったものの今回は最後まで使いませんでしたので、難易度としては前回のほうが上でしたのかもしれません?(今回の海域その4の夜戦5連戦を含む全9連戦、というのは精神的にかなりくるものですが…)
あまりに苦しい戦い、しかも史実上では大敗北を受けた戦いを勝利で終えられるとさすがに感慨深さも大きく、何より今回加わってくださったかたがた…特に涼月さんと対馬さんがとっても素敵で、これらのことでかなり満足感を得られました。
…ドロップ限定な新しいかたが全員ゲージを削っている間にきてくださいましたので、今回は相当運がよかったかも…とっても大好きなあのかたのところにも、これらのかたがたがきてくださるとよいのですけれども…。

とにかく疲れ果てましたので、今日からはまたのんびりしたいところですけれど、週間任務…北方海域任務を実施しないと…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2017年11月20日

女ふたりに波乱が訪れる話。

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□2DK、Gペン、目覚まし時計。(6)
■大沢やよいさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.3)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなる百合姫コミックスとなります。
作者のかたは以前読んでいる『スパイスガールズ』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、ルームシェアをする女性お二人の日常を描いたお話となります。
と、説明がやはり以前読んでいます第5巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では今日の日誌のタイトルにした裏表紙の文言、それに冒頭の谷原さんの身に起こった数々の事象などから大波乱が訪れる…かと、思われたのですが…?
奈々美さんはついにかえでさんへ告白、けれど彼女にはそれが恋愛感情としての告白だとは伝わらず、結局これまで通りのお二人の日常が続くことになってしまったのでした。
…そう、少なくとも表面上は…本当に伝わっていないのかというと…?

かえでさんが漫画家としてお金を稼げるくらいになっていったりと、少しずつ生活環境も変わる中、奈々美さんは告白とは別の、けれど同様に言いづらかったことをかえでさんに聞きます。
それは、かえでさんがかつて同居をしていたという、かつて嵐の様に現れ去っていった葵さんとの過去のお話…そこで聞けたお話ではよい友情のお話ですませられることでしたけれど、あの葵さんのことですから当然これでは終わらなさそうで、次巻でまた嵐がありそう…。
…ですので、波乱が訪れるとするならばむしろ次巻の様な気がします?

イラストは悪くありません。
百合的にはよきものといえます。
ということで、こちらはやはり色々と面白いもので、次巻はまた嵐が巻き起こりそうな気もするものの、それでも見守りたいところ…メインのお二人もよいですけれど、谷原さんや恋由姫さんといった周囲のかたがたもよきかたがたで面白いところです。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして潜水艦の伊400さんがいらしてくださいました…何だか最上さんに見えます?

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、15cm3連装副砲、失敗、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成三隈さん大破任務完全失敗
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…イベントの海域で輸送船を撃沈できる場所があれば羅針盤とかいう邪悪な存在や大外れ編成に振り回されることもないのですが…。

イベントは海域その3へ…連合艦隊での出撃となりますけれど、ここまでの2海域でいずれも空母なしという編成で出撃を強要(?)されていましたので、まずは思い切ってここでも空母なしの編成で様子を見てみようということとし…
-----
○第1艦隊:ザラさん・ローマさん・リシュリューさん・熊野さん・鈴谷さん・由良さん
○第2艦隊:照月さん・暁さん・阿武隈さん・木曾さん・愛宕さん・プリンツ・オイゲンさん
-----
…この海域はそれまでの海域とは名札が変わるっぽいので志摩艦隊にこだわる必要はなさそうですので、この様な編成で威力偵察を敢行することにしてみました。
出撃してから気づいたのですけれど、水上打撃部隊に軽巡洋艦を置いた場合、第2艦隊や敵潜水艦の最後の雷撃よりも前に対潜攻撃をしてくださるので、第1艦隊の枠に余裕がある場合この選択肢はありっぽい…ただ先制対潜攻撃はしてくださいません。

その出撃…
すかすか…
…明らかにこの先何か追加ルートが出現すると言わんばかりな中、初戦は対潜戦となり損害なく切り抜け、その先の第2戦は水雷戦隊との戦いとなり完全勝利、そこの分岐は南東へ進み赤いソ級さん2を含む対潜戦となってしまい照月さん大破、その先の第3戦はネ級さんやツ級さんを含む艦隊との戦いとなり結構な損害を受けつつ敵は全滅、その先は空襲を受け損害なしとなりました。
その先はボス戦となったのですが…
防空棲姫さんが出現…
…正気とは思えないボスが旗艦の連合艦隊が出現、2015年夏の悪夢が蘇りそうになりますが、基地航空隊が頑張ってくれつつ(また)T字不利、防空棲姫さん以外撃沈、夜戦を挑み敵を全滅できました。
ただ、ドロップはなく、その時点でこの場所はあくまで前座に過ぎないことが解ります…防空棲姫さんが前座とか…。

防空棲姫さんが出現した際は驚いたものの案外何とかなり、けれどルートは明らかに遠回りとなっており、ただボスが彼女ならば空母は入れたくないので、戦艦を減らすとどうなるか見てみようとローマさんをポーラさんへ変更してみます。
その出撃、対潜戦となる初戦は損害なく切り抜け、その先の第2戦は完全勝利、そこの分岐は南下しその先では空襲を受け損害なし、そこの分岐は南下し最短ルートとなりその先はまた空襲を受け損害なし、ボス戦は砲撃戦までに防空棲姫さんと金のル級さん以外を全滅、昼戦でザラさん大破に対し防空棲姫さん大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これで最短ルートを通れ、またボス撃破もできていて、しかもゲージがあと1回でなくなるところまで削れていましたので、このままで出撃を実施します。
その出撃、対潜戦となる初戦は赤いソ級さんが混じってしまい暁さんはHP1にされ終了…。
続いての出撃、対潜戦となる初戦は赤いソ級さんが消え問題なく突破、その先の第2戦は完全勝利、空襲その1は損害なく切り抜け…たところでエラー発生強制終了…。

人の心をずたずたに折れ果てさせてくる最低最悪の事象まで発生と、一気に流れが崩壊しうんざり、げんなりしてしまいそうになりますけれど、何とか気を持ち直して出撃を続けることにします。
その出撃、対潜戦は赤いのが出現してしまいつつ損害なく切り抜け、その先の第2戦は完全勝利、空襲その1は損害なく切り抜け、空襲その2は鈴谷さん小破となり、ボス戦はリシュリューさん大破に対し防空棲姫さん大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これでゲージ破壊には成功したのですけれど、けれど予想通り…
輸送ゲージ発生
…新たなルートとゲージが出現、なおこの後母港へ戻る前にエラー発生という最低最悪の事象がまた出現してしまいましたけれど、ゲージ破壊が「なかったこと」にはなっておらずまずは一安心…。

新たに現れたのは輸送ゲージだったのですけれど、輸送護衛部隊以外の編成で出撃しても防空棲姫さんのエリアへ艦隊が吸い込まれてしまい、どうしようもない気配が強いので…
-----
○第1艦隊:旗風さん・睦月さん・初風さん・ヴェールヌイさん・熊野さん・鈴谷さん
○第2艦隊:阿武隈さん・愛宕さん・プリンツ・オイゲンさん・初月さん・暁さん・綾波さん
-----
…大人しく輸送護衛部隊編成を組んでみました。
輸送護衛部隊で新しいかたを求める旅はしたくないので、第1艦隊の駆逐艦のかたがたには大発とドラム缶を満載します。

その出撃、水雷戦隊との戦いの初戦はA判定、そこの分岐は最短ルートとなり第2戦は赤いソ級さん2を含む潜水艦隊との戦いとなってしまいつつ大破はなく切り抜け、その先の第3戦はツ級さんやネ級さんを含んでしまう編成が出現しつつ完全勝利、そこの分岐は北上し物資を揚陸、そこの分岐は北上しボスへ…。
ボスは駆逐古姫さんを旗艦とする連合艦隊となってしまい基地航空隊が第2艦隊を全滅してくださりつつ鈴谷さん中破に対し駆逐古姫さん大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これでこの編成でボスまで到達できることは解り、ただボスも含め航空戦力がないのに対しどうにも対潜戦が不安ですので、初月さんを外して朝霜さんを入れ、朝霜さんと阿武隈さんには先制対潜攻撃をしていただくことにし、以降この編成で固定としこの様な結果を得ました。
-----
○2回め:初戦(敵警戒陣)・敵全滅→対潜戦・完全勝利→第3戦・愛宕さん朝霜さん中破敵全滅→ボス戦・T字不利ヴェールヌイさん大破駆逐古姫さん残存その他撃沈・夜戦朝霜さん大破敵全滅
○3回め:初戦(敵警戒陣)・朝霜さん中破敵全滅→対潜戦・敵全滅→第3戦・完全勝利→ボス戦・基地航空隊駆逐古姫さん以外全撃沈・駆逐古姫さん大破・夜戦完全勝利
○4回め:初戦(敵単縦陣・ツ級さん含)・鈴谷さんの晴嵐蒸発朝霜さん中破A判定→対潜戦・完全勝利→第3戦・A判定→ボス戦・基地航空隊駆逐古姫さん含む敵第1艦隊全滅・完全勝利・ゲージ破壊
-----
これで輸送ゲージの破壊に成功…
反対方向に独立したルートが…
…けれど何と、さらに新たなルートが、しかも全く別の場所に出現してしまいました。
つまり1海域に3つもゲージがあるということになってしまい、しかも3つめは全く別の場所に出現と、これは別の海域にすることはできなかったのでしょうか…。

その新たなルートはどう見ても史実上で小沢艦隊が囮として出撃したルートにしか見えず、ならばそのまま小沢艦隊を中心に編成すればよいのではないか、ということで…
-----
○第1艦隊:瑞鶴さん・瑞鳳さん・千代田さん・千歳さん・熊野さん・鈴谷さん
○第2艦隊:初月さん・暁さん・阿武隈さん・木曾さん・愛宕さん・プリンツ・オイゲンさん
-----
…小沢艦隊に参加した空母を中心とした機動部隊を編成してみました。

そのかたがたによる出撃、初戦は空襲を受け多少の損害、その先は能動分岐となり最短ルートを選択、その先の第2戦は巡洋艦隊との戦いとなり完全勝利、そこの分岐は遠回りとなりその先は空襲を受け損害なし、その先の第4戦は有力な敵機動部隊な連合艦隊との戦いとなってしまい瑞鳳さん中破に対し敵は全滅、そこの分岐はボス戦へ進行します。
ボス戦は空母棲姫さん率いる赤いヲ級さん2やタ級さんとネ級さんなどな連合艦隊との戦いとなり、昼戦で完全勝利としました。

ということで、この編成でボス撃破は可能なことが解りましたけれど、ただ最短ルートを通れておらず、そういえば秋月さんも小沢艦隊に参加していましたっけ、ということで暁さんを秋月さんへ変更してみます。
その出撃、空襲では瑞鳳さんが小破、第2戦は完全勝利、問題のそこの分岐は1回めと変化なしで空襲その2は多少の損害、その先の第4戦はB判定とし、ボス戦は昼戦で敵の全滅に成功、春日丸さんという非情に扱いに困るかたがドロップしました。

これでもルートを最短にできず、ただこれ以上小沢艦隊のかたがたを組み込もうとすると阿武隈さんなどを外さなければならなくなりますので、他にどうにかちょっと思い切ったことを…秋月さんと鈴谷さんを入れ替えプリンツ・オイゲンさんを暁さんにすることにより駆逐艦の数を増やしてみて、編成を軽くするとどうなるかということを見ることにしました。
その出撃、空襲は損害なし、第2戦は愛宕さんが中破、問題のそこの分岐はそれでも変化なく南下、空襲その2は損害なし、第4戦はA判定とし、ボス戦は空母棲姫さんの艦載機が蒸発し昼戦で敵の全滅に成功…
伊400さん
…新しいかたがドロップしました。

こうなると空母4が多すぎるのでは、という結論に至ることになったのですけれど、ただこの時点でゲージがすでに破壊できる直前になっている上に新しいかたを求める旅もしなくてよくなり、そしてここまで比較的安定して戦えていましたので、最短ルート探索は諦め秋月さんと鈴谷さんの位置を戻してそのまま出撃を実施することにしました。
その出撃、空襲その1は多少の損害、第2戦は完全勝利、空襲その2は損害なし、第4戦はT字有利となってしまいつつ敵を全滅し、ボス戦はこれまで赤かったヲ級さん2が金色になってしまい基地航空隊が不発、ただ秋月さんの対空カットインで敵全空母の艦載機が蒸発、こちらの4空母カットイン連発で昼戦で完全勝利、ゲージ破壊に成功しました。

これで海域その3を難易度丙にて突破に成功、突破特典として艦隊司令部施設、戦闘詳報なる謎のアイテム2つ、四式戦疾風を得ました。
この海域はゲージが3つもありしかも防空棲姫さんが出現という恐ろしい展開でしたけれど、防空棲姫さんはすでにギミックが解除されている状態での出現でしたのか案外何とかなり、ゲージも1つ1つは短めでしたこともあり、新しいかたが出たこともありなかなか楽しい海域でしたかも?
前段作戦終了
…これで前段作戦は終了となりましたけれど、もちろんこれで完了ではなく海域その4が存在、今日はそちらへ挑みましょう。
今のところ、新しいかたを求める旅をせずとも新しいかたを全員お迎えできていたりと、かなり順調といえる展開…最後までこういってくださればよろしいのですけれども…?(何やら新しい任務が出現していたりと、色々めんどくさそうな気配が見えますが…/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月19日

ふたりの孤独な魂が共鳴する。

先日読みましたコミックの感想です。
次で終わり…?
□まめコーデ(3)
■宮部サチさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『まんがの作り方』や『ねこむすめ道草日記』『満腹百合』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『満腹百合』を描かれたかたとなります。

内容としましては、売れないモデルなかたとそのマネージャのかたを描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、前巻で出されたまめさん解雇回避の厳しい条件を何とか突破し、すあまさんのブランドでファッションフェスタに参加するお話から…このお話ではすあまさんに色々思うところができるのですけれど、彼女もかなり面白くよいキャラクターで、後半では出番がなくなりましたけれど今後も登場してもらいたいものです。

そのすあまさんのブランドでのモデルのお仕事でまめさんは注目を浴びる様になっていき、それを逃さず如月さんが売り込みをかけたおかげで売れっ子と呼べるくらいになっていきます。
ついにはかつてオーディションで一緒になったノエルさんと一緒にお仕事をするまでになったのですけれど…?

そのノエルさんとのお仕事後のお食事のお話、それに如月さんの過去のお話など、主要なかたがたの過去なども見られる様になって興味深く、特にノエルさんがまめさんへ対し抱いている気持ちが色々複雑ながら面白いところです。
このお二人の関係がどうなるのかも気になるのですけれど、この巻の最後では如月さんにかなりの急展開が訪れ…まめさんがかなりやる気を出している中なのですけれど、果たして…?

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、まめさんへ対するノエルさんなども悪くない感じで…?
ということで、こちらは次巻で最終巻とのこと…そこは残念ですけれど、最後まで見守りましょう。


その様な先日はこの様なものが届きました。
二人セットな…
…こちらは『シンデレラガールズ』から杏さんときらりさんのフィギュアとなります。
一つのフィギュアで二人、というなかなか珍しいもの…フィギュア単体で百合的に高いものという、そういう意味でもよきものとなっています?
ただ、その分価格は20000円とお高めでしたが…。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして海防艦の対馬さんと佐渡さんがいらしてくださいました。
どちらも幼くかわいいかたなのですけれど特に対馬さんがもうかわいすぎて…松輪さんがとっても大好きだったのですけれど、対馬さんもそれに負けず劣らず素晴らしく…。
佐渡さんは何やら秋雲さんや深雪さん、江風さんあたりの気配が…そういえば秋雲さんは今はイラストがあの満面の笑顔ではないのでしたっけ(何)

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm3連装機銃、失敗、失敗、彗星一二型甲
-----
【輸送船3・5撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成・5撃沈任務同時発生のため3撃沈任務のみ達成
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…昨日からイベントに着手することになりましたけれど、まずは輸送船撃沈任務だけでも実施しようとなり、はじめの出撃こそ壊滅するものの何とか終えることができました。

そしてイベントに手をつけることに…海域その1は大淀さんの説明文によるとすでに行われたという台湾沖航空戦の戦果が怪しいということでその確認をするべく出撃という、史実通りの様相…この世界での台湾沖航空戦は誰が戦ったのでしょうか…。
史実上のレイテ沖海戦は有名ですのである程度の知識は事前に得ておきましたけれど、作戦名になっている第二遊撃部隊というのはいわゆる志摩艦隊のことではないかと思われ、また戦艦や空母は出撃できないというのでなおさらその編成で出撃するのがよさそうなのですけれど、完全な様子見ということでまずは潜水艦隊を派遣してみることに…過去のイベントの海域その1ではそれで何とかなったこともありましたので…?(何)
ちなみに難易度は、この海域では新しいかたは出ないっぽく、けれど甲にする勇気はなかったので乙で…。

その出撃、初戦は対潜戦となってしまい双方何もできず、その先は能動分岐となりひとまずは西進、その先の第2戦はまた対潜戦となってしまいやはり双方何も起こさず、その先は空襲を受けますけれど潜水艦隊なので三度何も起こらず、行き止まりとなるその先は輪形陣なお相手との戦いとなってしまいしかもT字有利になり中破1が生じますが敵の全滅に成功します。

帰港すると出撃したかたがたに「志摩艦隊参加」という名札がつきましたので、やはり志摩艦隊が鍵の様子です。
その様なこの海域…
怪しい海域…
…明らかに左に何かあるとしか思えず、ですのでもう一方の果てを目指すべく、もう一度潜水艦隊を出撃させ、初戦後の能動分岐を北上してみます。
北上した先の第2戦はまた対潜戦、その先は空襲となり、そこで分岐が二つに分かれるのですが北上となり敵影を見ず、で終わってしまい何も起こりませんでした。

これはつまり上へ行った後の分岐でその行けなかったほうへ進む必要がありそう、でも潜水艦隊ではそれは無理となり、水上艦隊を組むことになりました。
志摩艦隊から那智さんと阿武隈さん、霞さんと潮さんを入れ、ここにさらに最上さんとコマンダン・テストさんを加えた艦隊を編成出撃を実施してみました。
その初戦の対潜戦は損害なく切り抜け、その次の対潜戦は阿武隈さんが3の損害、その先の空襲は潮さんが2の損害となり、そこの分岐は西進に成功、その先は赤いヌ級さん2などとの戦いとなり阿武隈さんが小破しつつ砲撃戦前に敵が全滅、その先は港となっており出撃終了…
ルート追加
…予想通り、新たなルートが出現しました。

どの様な編成がよいのか全く解りませんので、ひとまずは同じ編成で出撃を実施…初戦の対潜戦は完全勝利、能動分岐先の対潜戦は潮さんが2の損害、そこの分岐は北上に成功、その先は能動分岐となりましたのでひとまず北を目指し、その先は空襲となり損害なく切り抜け、その先は港となり終了となりました。
それ以外何も起こらず、そして果てはまだ2ヶ所ありますので、続いてそちらを目指すことに…初戦の対潜戦は損害なく切り抜け、能動分岐先の対潜戦は損害なく切り抜け、そこを北上した先の能動分岐を今度は南下、するとそれまで見えなかったエリアから空襲を受け複数人が損害、そこの分岐はそのまま…
ボスエリア出現
…空襲で出現した新たなエリアへ進みボス戦となり、ボス戦は赤いヌ級さん改を旗艦とし赤いヌ級さん2と金のル級さんと駆逐艦2の編成となり、潮さん中破に対しル級さん大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

ということで、この編成でボス撃破まで可能となりましたので引き続きこのままとし、直前まで出現していなかったエリアですのではじめの出撃では基地航空隊は送っていなかったものの以降送ることとし(ただ2回めの出撃では距離不足で送れず…)、その後の出撃結果はこうなりました。
-----
○2回め:対潜その1・損害なしA判定→対潜その2・損害なしA判定→空襲・損害なし→(戦闘終了後30秒程度フリーズ)→ボス戦・T字不利最上さん中破霞さん小破ヌ級さん改ル級さん残存その他撃沈・夜戦敵全滅
○3回め:対潜その1・完全勝利→対潜その2・損害なしA判定→空襲・霞さん3の損害→ボス戦・完全勝利
○4回め:対潜その1・完全勝利→対潜その2・損害なしA判定→空襲・損害なし→ボス戦・T字不利最上さん大破霞さん小破ヌ級さん改ル級さん残存その他撃沈・夜戦敵全滅・占守さんドロップ
○5回め:対潜その1・戦闘終了後エラー発生強制終了
○6回め:対潜その1・完全勝利→対潜その2・損害なしA判定→空襲・損害なし→ボス戦(ヌ級さん2→金のル級さんへ・駆逐艦2→ナ級さんへ変化)・最上さん大破ヌ級さん改ル級さん1残存その他撃沈・夜戦敵全滅・ゲージ破壊
-----
…恐れていた最低最悪の事象であるエラー発生というものが出現…何ですそれ…。
それでもその悲劇を除けば大破撤退なく順調にゲージの破壊に成功、占守さんもドロップ…秋刀魚イベントの際の経験から、海防艦を近代化改修に使用する際は5人集めたうえで全員を改仕様にしてからとします(5人も集まることなんてあるのか、という…)

これで海域その1を難易度乙にて突破、突破特典として伊良湖さん3つ、家具職人、戦闘糧食2つ、九五式爆雷、水偵11型乙(熟練)を得ました。
ちょっと面倒さはあったものの、難易度としてはそれほどでもなくって一安心です。

続いて海域その2へ移行、先の偵察により敵機動部隊の健在が確認され、それを撃破するための作戦準備を行うことになりました。
その様なこちらは輸送作戦となり、さらにここでは新しいかたのドロップもあるということで、早々に難易度を丙にし、そちらをお迎えすることを最優先とします。
その様なこの海域から遊撃部隊というものが開放されるのですけれど、なぜか第3艦隊限定となってしまっていて、遠征に出せない第1艦隊を空けるというものすごく不便な仕様に…これはちょっと、不便すぎませんか?
その遊撃部隊は7人による編成が可能となっており試しに使ってみることにしますけれど、もちろんどの様な艦隊で出撃をすればよいのか全く解りませんから、その1で使用した艦隊を中心にまずは適当な編成で威力偵察へ出ます。
ちなみに正規空母は出撃不可能となっています。

その出撃、初戦は対潜戦となり完全勝利、そこの分岐は最短ルートとなり、その先は能動分岐となっていましたのでひとまず最短ルートを取り、その先の第2戦は赤いヌ級さん2などとの戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は最短ルートとなり、その先は能動分岐となりましたので意味ありげな行き止まりへ…すると潜水新棲姫さんが出現してしまいました。
対潜装備がなかったので撃沈できず、ですので対潜装備をしたうえで再度やってきてみてそれを撃破してみると…
ルート追加
…台湾南方に新たなスタート地点が出現しました。

これでボス到達までの距離が短縮、輸送任務の場合は大体軽い編成を要求されますので、まずは第3艦隊の遊撃部隊ではなく普通に第1艦隊で出撃したらどうなるかなというあたりも含め、那智さん・最上さん・阿武隈さん・霞さん・潮さんという海域その1のメンバーからコマンダン・テストさんを外し秋月さんを加えた艦隊で出撃をしてみることとしました。
ちなみに輸送作戦なのですけれど、新しいかたを求める旅を兼ねるということで、ドラム缶などは一切装備しません。

その出撃、スタート地点はその新しい場所となり、初戦は空襲となり損害なく切り抜け、そこの分岐は最短ルートとなり第2戦は色なしなタ級さん2などとの戦いとなり霞さんが中破、その先はまた空襲となり損害なく切り抜け、物資揚陸地点を経た分岐はボスへ進みます。
ボスは重巡棲姫さんを旗艦とし赤いヌ級さんや色なしのタ級さんなどとの戦いとなり、T字不利となってしまい潮さん中破に対し重巡棲姫さんが無傷で残存、夜戦で敵全滅に成功しました。

この編成で最短で進めることが確認でき、またボス撃破も可能ということが解りましたので、次は第3艦隊の遊撃部隊で出撃してみることに…上記の編成に初霜さんを加えてみました。
その出撃、空襲は損害なく切り抜け、そこの分岐は最短ルートとなり第2戦はまた霞さんが中破、空襲その2は損害なく切り抜け、ボス戦は昼戦で全滅に成功しました。

この海域用にわざわざ用意されているのですから、もちろん遊撃部隊でもボスへの到達を確認、ただ編成があまりに軽いため少し重くしたらどうなるかということを確認しようと、初霜さんを熊野さんへ変更して出撃を実施してみます。
その出撃、空襲その1は損害なく切り抜け、そこの分岐は最短ルートとなり第2戦はA判定、空襲その2は多少の損害を受け、ボス戦はT字不利となりつつ重巡棲姫さん中破その他撃沈とし、夜戦で敵を全滅したうえ…
対馬さん
…何と新しいかたをお迎えできました。

何だかこれ以上重くするとルートを逸れるのではという不安を覚え、またボス撃破もできていて大丈夫そうな気配が見えますので以降この編成で向かうことにし、また新しいかたをお迎えする目標も達しましたので霞さんや阿武隈さんへ大発を装備し出撃、この様な結果を得ました。
-----
○4回め:空襲その1・損害あり→第2戦・A判定→空襲その2・損害あり→ボス戦・砲撃戦までに重巡棲姫さん以外全滅・那智さん中破重巡棲姫さん大破・夜戦敵全滅
○5回め:空襲その1・複数人損害→第2戦・秋月さん大破終了
○6回め:空襲その1・損害なし→第2戦・霞さん小破A判定→空襲その2・秋月さん小破→ボス戦・T字不利重巡棲姫さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅
○7回め:空襲その1・複数人損害→第2戦・完全勝利→空襲その2・損害あり→ボス戦・重巡棲姫さん大破その他撃沈・夜戦完全勝利
○8回め:空襲その1・損害なし→第2戦・那智さん大破終了
○9回め:空襲その1・最上さん大破終了
○10回め:空襲その1・損害あり→第2戦・A判定→空襲その2・損害なし→ボス戦・砲撃戦までに重巡棲姫さん以外全滅・秋月さん中破重巡棲姫さん大破・夜戦敵全滅
○11回め:空襲その1・複数人損害→第2戦・完全勝利→空襲その2・霞さん小破→ボス戦(タ級さん1→2に増加)・那智さん中破重巡棲姫さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅・ゲージ破壊
-----
…海域その1といい、ボス戦でのT字不利が多くてつらい…撃破できているのでよいのですが…。
ドロップは早霜さんと阿賀野さんと能代さんが2ずつと同一なかたが妙に目立ちました(海域その1のボス戦でも祥鳳さんが3回出ましたっけ…/何)…速吸さん、という扱いに困るかたも登場…。
また、第2戦のタ級さんが怖いので、試しに警戒陣なる陣形を使用してみたりもし…心なし回避能力が上がっている印象は受けるものの、それでも秋月さんや那智さんが一撃大破したりT字不利で霞さんが一撃小破したりとやはり確実ではないらしく、どうすべきかちょっと判断に困ります?(火力は結構出るっぽい…T字有利で阿武隈さんの先制雷撃や潮さんの砲撃でタ級さんが撃沈できてしまいました)
8回めの出撃から突如流れが崩壊、その第2戦だけでなくはじめの空襲ですら大破発生とどうしようもない雰囲気に…それでも、最終的には何とかなりました。

これで海域その2を難易度丙にて突破、突破特典として間宮さん、九五式爆雷…
佐渡さん
…新しいかたを得られました。
こちらは純粋に輸送作戦のみ、という最近のイベントの中では比較的珍しい海域…いえ、最近って輸送ゲージを破壊したかと思えば新たなゲージが出現、というパターンが多かった気がして…。

昨日はさすがにこれで完全に力尽きました…少々無理をし過ぎた感が強いです。
次は海域その3なわけですけれど、ここでも新しいかたがドロップ限定でいるらしいので、難易度はもちろん丙で…なのですけれど、大淀産の説明文では艦隊主力を出撃泊地へ集結、兵站輸送実施、可能であれば敵機動部隊を攻撃と、目的が3つもあるのが不安です。
しかも現状出ているゲージは赤い通常のゲージですので、少なくともこの後に輸送ゲージが出てきそう…複数ゲージという覚悟をしておきましょう(まさか3つ、なんてことは…過去に3つのゲージが1海域に、なんてことはさすがになかったはず…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月18日

poco a poco 少女と音楽と秘密の花園

先日読みましたコミックの感想です。
1冊完結…
□poco a poco 少女と音楽と秘密の花園
■ヒマワリソウヤさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『さくら文通』を描かれたかたとなります。

内容としましては、音楽な学校に通う女の子たちを描いたお話、となるでしょうか。
お話の舞台は私立ムーサ芸術学院という芸術家の卵たちが集う全寮制の学校、お話の主人公はそこの中等科女子部に入学をした吉野美琴さんという女の子…明るく元気なごくごく普通の、ヴァイオリン奏者を目指している子となるでしょうか。
その彼女、学生寮で同室となったかたが弾くヴァイオリンに聴き惚れて…?

その同室となったのは春日井小夜音さんという、長い黒髪にクールな雰囲気をした女の子…美琴さんが聴き惚れるヴァイオリンの実力があるのですけれど、姉が学校でもかなり有名な奏者でありそれを気にしてしまっていることもあり学校ではヴィオラを弾くことになります。

学校で行われるアンサンブルの授業では4人のかたがグループになって演奏をすることになり、お二人も一緒のグループになれました。
残りのお二人はヴァイオリンで結構はっきりものを言う印象のある桐ケ谷舞さんとチェロでおっとりした印象の白妙聖良さん…この4人で、成績優秀なグループが出られるという芸術祭を目指すことになるのですけれど…?

その様な今作、ずっと聴いていたいと思える様な素晴らしい音楽を聴いていると獣耳が生える、という少し不思議な設定があり…?
…ですので今作と同時に新刊を購入し以前第1巻を読んでいる『みみみっくす!』あたりを一緒に読もうかとも考えたのですが…(何)

お話のほうは、その様な学校での生活を描いたお話…。
音楽学校を舞台にした百合なお話といえば以前読みました『月と世界とエトワール』や以前読みました『悪戯ちょうちょ』、そして以前完全版をしていて以前コミカライズ版を読んでいる『ソルフェージュ』あたりが思い浮かびますけれど、今作も音楽学校という場所を舞台にしたお話としても百合なお話としてもよきものとなっており、音楽学校と百合というのは相性がよいのかもしれません?
今作は最初はばらばらでした4人がよい演奏を奏でていくまでのさまを描きつつ、美琴さんと小夜音さんのお二人の関係も描いていて、後者は美琴さんの想いがはっきりしないままに終わってしまいましたけれど、それでも正統派な百合作品としてよきものといえます。
そう、今作はこの1冊で完結となってしまっています…お話としてはきれいに終わっていますので、よいといえばよいのですけれど…?

イラストは悪くありません。
百合的には美琴さんへ対する小夜音さんの想いなど、なかなかよきものです。
ということで、こちらは少し懐かしい作者さまの作品…このかたの百合な作品がまた読めたというのは嬉しいことです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm連装機銃、15cm3連装副砲、失敗、彗星
-----
【輸送船3撃沈・空母3撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船2空母3撃沈・空母撃沈任務のみ達成
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐東進→分岐南下→輸送船エリア到達・輸送船2撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…昨日は長いメンテナンス時間が予想されたため、日々の任務は朝のうちに終わらせてみます。
輸送船撃沈任務について、昨日は空母3撃沈任務も発動していましたので、それも兼ねて潜水艦隊による出撃を実施…幸いそれだけで任務を終えられました。

そのメンテナンス終了予定時間は22時だったのですけれど、どうも『艦これ』のイベント前メンテナンスは予定通りに終わった記憶がなくって、今回もまた0時までかかってしまい、しかもその後メンテナンス終了の告知があってからも全然ページが開きませんでした。
結局ページが開いたのは0:25くらいになってしまい、そうなるともう演習を実施して終了、ということに…ところが演習でレベル95の山城さん単艦と戦ったのに経験値が一桁という謎の事象が…。

その様な状態でしたのでイベントはもちろん今日からということになりますけれど、運営電文によると謎の新たな陣形や艦隊、対潜支援艦隊と新しいものがかなり多くて使いこなせるか不安…特に対潜支援艦隊というものが不安で、つまりそういうものが必要なほど的潜水艦の跳梁が激しくなる、ということなのでは…?
また、海域その2を突破すると海防艦の佐渡さんが加わってくださるとのことですが、同時に海域その2では対馬さん、その3では伊400さんがドロップ限定でいらっしゃるとのこと…ドロップ限定、というのは本当につらくて見つけられるか不安になるのですけれど、だからこそ海域その2以降はもう難易度を丙にしてしまいそれらのかたのお迎えを確実にしようと思います?
ただ、その1には新しいかたはいませんので、難易度は上げてもよいのかも…もちろん、難しさ次第ですが…?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は2つめのダンジョンを踏破…ここの最下層にはボスがおり、今作は1ターンに一歩しか進めないのにそのボスは一気に5マス程度あちこちへ移動してしまい、魔法攻撃なアサミーナさん以外のかたがたがほとんど攻撃できません。
ただ、そのアサミーナさんの魔法による麻痺が結構効いたりして撃破自体はそう問題なく終了…すみれさんと里緒菜さんは遠距離攻撃できたのでしたっけ、と戦闘終了後に気付いたり…(何)

ひとまずそこから新たなダンジョンは出現せず、クエストをこなしましょうとなりましたので昨日はそこまでとしのんびり…。
ダンジョンのほうはレベルと装備をしっかり整えておけば今のところは大丈夫な印象で、やはりあさかなやすみりおで歩き回れるのは楽しくよいものです。
ただ、今作の文章にやや違和感があるというか、基本的に文章は以前している『世界樹の迷宮5』の様な独特な言い回しなものながら、どうも文章が安定していないというか…?
…ともあれ、昨日は『艦これ』のメンテナンスが長引いたためにこちらも実施できたものの、今日からは『艦これ』のイベントに注力しそうですので、こちらはしばし休止になりそう、です?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月17日

大好きな、貴女と一緒のアパート生活。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○まめコーデ(3)
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(6)
○私に天使が舞い降りた!(2)
○みみみっくす!(2)
○たとえとどかぬ糸だとしても(2)
○poco a poco 少女と音楽と秘密の花園
○ロク+イチ暮らし
-----
…今回は全てコミックとなります。

『まめコーデ』から『たとえとどかぬ糸だとしても』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品、『poco a poco』は百合が期待できると教えていただけたことから、『ロク+イチ暮らし』は百合が期待できることから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ロク+イチ暮らし』の帯から取ってみました。

今回は『poco a poco』がとても気になりますのでまずはそれを最優先に、あとは『まめコーデ』や『Gペン』あたりから優先して読んでいきます?
4冊が百合姫コミックスの既刊なのですけれど、最終巻となるものはない模様…少しは連載作品を大切にする様になった、ということでしょうか(けれど今回の『2DK』以外の作品群を2巻で終わらせないのならばこれとかも続けてもらいたかったです)
…そう、今回は百合姫コミックスが多めなのですけれど、このレーベルは毎月18日発売が基本のはずなのに今月は16日…どうしたというのでしょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12mm単装機銃、25mm3連装機銃、失敗、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○損害・エラー発生:なし
-----
…何と水曜日の時点でろ号作戦が完了したため、もうイベントへ向けてのんびりできることになりました。
いっそ輸送船任務も放棄してもよいのでは、とも考えたり…これ、い号作戦を出すために月曜日は実施しなければなりませんけれど、他の日は南西諸島任務を実施しないのならばする意味はなく、昨日のはじめの出撃の様な展開で不快な思いをすることもなくなりますから…?

いよいよ今日からイベント発動となりますけれど、メンテナンス終了予定時間は22時…毎回やや延びてしまう印象がありますけれど、今回はどうでしょうか…。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は2つめのダンジョンへ向かいます…ここのBGMはかなりよい感じで、このあたりは以前している『世界樹の迷宮5』同様に期待できそうです?(『世界樹』シリーズの曲は以前第3作をしている『七竜』と同じかたが作っているっぽいですし…?)
ここからは砦というものが建設可能となり、そこに待機メンバーを派遣しておくことにより探索終了後に素材を追加で得られるというのですけれど、ただ魔物が襲来してくることもあるらしく、となるとそこに派遣するかたがたも装備は整えておいたほうがよい、ということになるのでしょうか…幸い、待機メンバーもレベルは着実に上がっており、またお金は比較的貯まりやすいので念のためにそうしておきましょう。

ただこれ、砦は今後結構たくさん作ったりすることになりそうで、そのうちメンバー不足になりそう…いえ、私の物語の登場人物などを登録しているのですけれどもそれも限りがありますし、足りなくなったらときどきダンジョンでお会いする人を勧誘してしまいます、か?
…今回のクエスト実施により登録枠が15人になりましたので15ある職業全てで一通りキャラクターを作りましたけれど、眼鏡かつどう見ても男性にしか見えないアルケミストはどうにもならず、仕方ありませんので「もちづき(望月)」という名前にしておきました(何)

ということで、そのダンジョンの最下層にはボスがいる様子ながら、まずはそこには行かずにのんびりお金を貯めて装備を整えましょう。
…結構面白く感じられる様になってきましたけれど、ただ今日から『艦これ』のイベントが発動するということで、そちらに注力してこちらは中断、ということになりそう…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年11月16日

マジカルモノローグ 邪神復活編

先日読みましたコミックの感想です。
実写化しています?
□ふたりモノローグ(2)
■ツナミノユウさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『STARTING GATE!』と同じものとなります。
こちらは今期に実写ドラマが放送されているといいます。

内容としましては、対照的なタイプに見えるお二人の関係を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもひなたさんとひかげさんのお二人の学校生活を中心とした日常が描かれていき、ひなたさんのことが大好きすぎるひかげさんと、その気持ちが微妙に通じておらず色々勘違いなどをしてしまうひなたさんの関係が面白く描かれていきます。
この巻ではひかげさんがいわゆるギャルになる原因を作った先輩さんが登場したりもしますけれど、このかたはこのかたでちょっとおかしい…(何)

その様な今巻は、お二人の過去などの関係はすでに第1巻で描かれたこともあり、この巻ではひたすら距離がさらに縮まりそうでなかなかそうもいかないお二人の関係を、かなりハイテンションに描いていきます。
ひかげさん、それに由依さんがとにかく色々とんでもなく、そのあたり笑えるという意味でもやはり面白い作品といえます。
その他、巻末にはおまけとして今日の日誌のタイトルにしたものなどファンタジー風味なものなどなお話が収録…。

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりひかげさん、そしてひかげさんを見る由依さんが色々な意味で…?
ということで、こちらはやはりものすごくテンションの高いおバカな作品…これ、実写で再現するのは相当難しいというか、滑ってしまいそうな気がしてしまうのですがどうなっているのでしょうか、そこは少し気になってしまいますかも…。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、20cm連装砲、22号対水上電探、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:5(2連続:1)
○輸送船エリア行き:8(ボス前南下:6(3連続:1)・北行き2連続:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:4
○損害:中破1
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:5
○輸送船エリア到達:6
○ボス行き:1
○損害:大破1
-----
…昨日はまた演習で昼戦勝利後、5-3でのレベル上げの際の初戦終了後にエラー発生という最低最悪の事象を発生させられうんざり、げんなり…。
演習開始前などならともかく、そのタイミングで発生させられると本当に嫌になるのでやめてください…イベントも近い中、これではイベント時に最悪の事態が発生しないか不安になります。

2-2は妙に輸送船エリア行きが多く、ただその分輸送船を撃沈できろ号作戦が進行しましたので、これはこれで問題なし…高速建造材とかいう完全無意味な場所行きにならなければ問題ないのです(ただ、ボス到達4回後にその無意味な場所行きが1回発生してしまいましたが…)

2-3も輸送船エリアへ進み続けた結果、何と昨日の時点でろ号作戦が完了してしまいました。
水曜日の時点でろ号作戦が終了するなど極めて異例のはやさで、この様なことになったのは1回だけ実施した4-2で西方海域任務を消化したとき以来2回め、というところではないでしょうか。
昨日の南西諸島任務は通常の数倍の時間を要してしまいましたけれど、その分今日からはもう南西諸島任務を実施しなくてもよくなりますので楽になります…これで満を持してイベントを迎えることができます?


ゲームのほうは『世界樹の迷宮4』がとても気になるところなのですけれど、そちらはあとのお楽しみとしておくこととし、ひとまずは予定通り『世界樹と不思議のダンジョン2』をやっていくことにしました。
こちらは非常にシビアで失敗の許されない作品になっていますので、かなり慎重に…はじめのダンジョンで整えられるだけの装備を整えてから先へ進みましょう。
そしてその先も、そのダンジョンでできることを全てしてから先へ…という流れで、慎重にのんびり進めていきます?

やはり、あさかなやすみりおによる、それにその皆さんのミニキャラが走り回るさまはよく、現状それだけでこの作品を進める活力になっています?(『世界樹の迷宮』のほうは移動中はキャラクターの姿が見えませんから…以前最終作をしている同種な移動なゲームである『ととモノ。』は移動中でもキャラクターの姿が見えるのですけれど…?)
…ただ、もうすぐ『艦これ』のイベントがはじまる予定で、そうなるとそちらに注力することになりそうです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月15日

運動、読書、ハロウィンからお泊りまで…仲良しの秋!!!

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□あんハピ♪(8)
■琴慈さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
こちらは以前観ている様にアニメ化されまた以前読んでいる様にアンソロジーも出ている作品となります。

内容としましては、不幸な体質(?)を持った人たちを集めたクラスの様子を描いた作品、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第7巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では前巻に引き続いて体育祭のお話から…学校全体を舞台にしたビンゴゲームをすることになったのですけれど、普段とは少々違うペアでそれに挑んでいくことになります。
その過程でそのペアのかたがたがそれぞれ仲を深め協力していくさまはよきものです…椿さんの出番も増えてきましたけれど、やっぱりとてもかわいくよきかたで、少しずつ、本当に少しずつですけれど皆さんとの距離を縮めていくさまが微笑ましいものです。

幸福クラスですので多少の混乱はあったものの体育祭も無事終了、蓮さんがどうして女性に好かれるのかについての謎を解明しようとしたり読書の秋を満喫したり、瑠璃さんが杏さんのお家にお泊りをしたりします。
最後のお話では牡丹さんが毎年ボランティアをしている幼稚園のハロウィンイベントに三人で参加することになったのですけれど、そこは響さんと蓮さんにとっても縁深い場所でして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはり蓮さんに対する響さんが悪くありません。
ということで、こちらははじめの頃はそれほどでもなかったのですけれど、ここにきてかなり好きな作品になってきまして、アニメの第2期はストーリーを考えてもあってしかるべきなのですけれど、きっと期待はできないのでしょうね、ね…せめて原作を引き続き見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
悪くはないです?
□南鎌倉高校女子自転車部(10)
■松本規之さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『スケッチブック』や『ひらめきはつめちゃん』『バガタウェイ』などと同じものとなります。
こちらも過去にアニメ化した作品といいます…ということで上の作品と一緒に読んでみました(何)

内容としましては、南鎌倉高校女子自転車部の活動を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第9巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では前巻に引き続き長野県の安曇野でのロングライドの様子から…ひろみさんの自転車が壊れてしまうアクシデントもあったのですけれど、それでも何とか皆さんの応援などもあり完走することができたのでした。

そうして、久しぶりの印象のある学校へ戻ってきて三浦半島のサイクリングを行った後、先生のお話から次は沖縄県の宮古島であるという160kmを走ることになるセンチュリーライドというものに参加することになりました。
やはり以前読んでいる『ろんぐらいだぁす!』など他の自転車ものに較べて大会への参加が多い印象がありますけれど、高校生の部活ものですのでそれもまたよし…いつかの疑似空間なお話の様なものにならなければ…(何)
この巻ではその大会の序盤まで…ひろみさんは全国のベテランな女子自転車部のかたがたの誘いに乗っていきましたけれど…?

イラストは悪くありません。
百合的には特にはないかとは思いますけれど、でも登場人物は女の子ばかりですのでそのあたりは安心です?
ということで、こちらは悪くない部活もので、引き続き見守ってみましょう…いけません、かなり登場人物の把握ができていない…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、21号対空電探、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4当たり編成旗風さん大破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:1
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:4(4連続:1・ヲ級さん編成:2)
○損害:大破1
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:3(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:1
○エラー発生:1
-----
…輸送船撃沈任務は久しぶりに通商破壊艦隊のはじめの出撃で任務達成、けれど色なしのリ級さんの攻撃で一撃大破してしまうくらい旗風さんは脆いのですか…(何)
ちなみに、輸送船撃沈数を増やしたいため南西諸島任務へ移行してももう一回通商破壊艦隊を出撃させたものの、ボスへ進まされた上にヲ級さん編成と、やはりひどい展開に…。

輸送船撃沈に期待して2-3への潜水艦隊も出撃させますけれど、はじめの出撃からいきなりエラー発生という最低最悪の事象が発生…無意味な疲労もつけられてしまいますし、何ですこれ…。
それでも、2-3は比較的輸送船エリア行き多めで推移…2-2は全出撃でボス行きになりましたけれど、それはそれで…?


『よるのないくに2』は2周め、全員の親密度を最大にしたうえでイベントも終了しました。
アーナスさんのものは大切な人がさらに東に逃れていることが判明し、月の女王との戦いが終わったらそちらへ向かうとのことなのですけれど、やはり数十年が経過しているのは確からしい…一体どの様なことになっているのか…。

また、以前している前作の最後のダンジョンで数回戦っただけでアルーシェさんのレベルが50に到達、これが最大レベルとなりこれ以上は上げられなくなりました。
ですのでクリアをしてしまうことに…レベルが高まったためかボスは1周めよりも楽に感じられ、けれど結末は1周めと変化なく、やはりアルーシェさんとリリアーナさんが自分たちを犠牲にしてしまいます。

ただ、エンディングクレジット後、1周めには発生しなかったエピローグが発生、これはアルーシェさんとリリアーナさん以外のかたがたのその後が見られるものとなっていて、あっさりしすぎなストーリーを少しだけ満足させてくださる程度のものではあったでしょうか。
さらにはクエストクリア時の取得従魔ポイントが250%upというアイテムまで入手…これらは何でしょうか、全員の親密度を最大にしたり全イベントを見たので発生したのか、それとも2周めクリアだったからなのか…。
とはいえ、もうやれることは全てやった印象ですので、その様なアイテムが入手できてもさすがに3周めはいいかな、と…ですのでこれで以前1周めを終えた『よるのないくに2』は終了、ということとします。


次にプレイするゲームですけれど、この『よるのないくに2』と一緒に購入、けれど『よるのないくに2』以上に微妙な印象を受けたため放置してしまった『世界樹と不思議のダンジョン2』をもう一度やってみることとしました。
こちらは少しやってみたもののグラフィックなどが以前している『世界樹の迷宮5』よりも大幅に劣化していたりゲームシステムがシビアすぎてつらかったりしてやめてしまったのですけれど、『よるのないくに2』も当初は微妙な印象でしたながら進めていくうちに楽しくなっていきましたから、そう序盤で答えを出すのはよくないかなと…。

改めてするにあたり、パーティメンバーは以前の日誌で触れたかたがたを基本としつつ…
かなさま
…かなさまのみメディックからモンクへ変更しました。
モンクもかなさまっぽいかと言われるとやや微妙かもしれませんけれど、それでもツインテールな分メディックよりははるかにかなさまっぽいですし、それにモンクも回復スキルを持っていますので…?
また、今作は待機メンバーにも経験値が入るらしく、また防衛戦なる待機メンバーを使用する機会が生じるっぽいので、ティナさんやラティーナさんなどを登録しておきました。

ミニキャラがダンジョンを走り回る今作はその点では微笑ましいのですけれど、ただゲームシステムは恐ろしくシビアですので、それに耐えられなくなった場合は正式に放棄を決定することになりそうです。
その場合別にするゲームを考えることになるのですけれど、そういえば『世界樹の迷宮5』とともに『世界樹の迷宮4』も実は購入しており、でも先に手をつけた『5』があまりに色々完璧すぎる作品でしたので過去作に戻るのが微妙な気がして放置してしまっていたことを思い出しました。
ならば『5』をすればよいとなりますけれど、あちらはすでに3周していますので、最後の手段ということで…『4』のプレイは可能かなと、こちらの様子も見てみることにしたのでした。

『4』は残念ながら『5』とは違い声がなく、また外見も『5』ほど豊富ではなくイメージにあうものが少なかったのですけれど、それでも何とか…
アサミーナさん
…ルーンマスターのアサミーナさんと…
かなさま
…フォートレスのかなさまと…
すみれさん
…ソードマンのすみれさんと…
里緒菜さん
…スナイパーの里緒菜さん、それに…
いちごさん
…メディックのいちごさんによるパーティを組めました。
かなさまは多少表情がきついもののまずまず、里緒菜さんはなかなかよい感じ、すみれさんもそう大きく外れてはいませんけれど、アサミーナさんは微妙…とはいえ以前している無印の『七竜』のアサミーナさんと里緒菜さんほどにはイメージから大きく外れてはいませんのでまだよいでしょうか。
最後の一人はティナさんにしたかったのですけれど、どうしてもティナさんに合う外見がなくって、ですのでいちごさんになってしまいました…メディックの外見はいちごさんにするとなかなかしっくりきますから。
…里緒菜さんは私の触れた『世界樹』シリーズ3作全てでかなりよい再現率を誇っていて嬉しいところ…すみれさんは『不思議のダンジョン2』と『4』とで全く同じ職業と外見…(アサミーナさんもそうなのですけれど、髪の色が違う…)

アサミーナさんが後衛になってしまったことにより先頭がかなさまとなりましたけれど、ただ今作は『5』と違いセーブ画面等で先頭キャラクターが表示されたりはしませんのでそこまでこだわる必要はなさそうです。
前衛二人、後衛三人というややバランスの悪いパーティになってしまいましたけれど、ただ今作、職業が妙に少なくって選択肢がない…下に3つほど何かありそうな枠があり、これってもしかしてゲームを進めると新しい職業が出るとか、そういうことじゃないですよね、ね…?(『5』の様な引退や転職システムがあるならば、2周めでそれを選択しよりよい外見へ、ということもできそうですが…)

その他、『4』もBGMはさすがよきもので、グラフィックについても『5』よりはさすがに残念なものの『不思議のダンジョン2』と同等かむしろ『4』のほうがいいかもといったところ…『不思議のダンジョン2』のグラフィックやシステム画面はなぜか『5』ではなくこの(2012年の作品らしい)『4』をベースにしているのでは、という印象を受けます(何)
『不思議のダンジョン2』『4』ともに声はないのは残念なのですけれど、それは無印の『七竜』も同様でしたしそこまで悲観することではないでしょうか。
ということで、『不思議のダンジョン2』を断念、あるいはクリアした際、次にプレイするゲームが特になければ『4』をします…けれど、いけません、現状では『不思議のダンジョン2』よりも『4』のほうが楽しそうに感じられてしまっています(何)
でも、『不思議のダンジョン2』を先にすると決めたからには、無理そうと感じるかクリアするまではそちらをやってみて、『4』はその後のお楽しみにしておきましょう。
…それまでによさげなRPG系ゲームを手にする機会があれば、それはそれでよいことなのですけれど、ちょっと期待できそうにない、です?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月14日

ラビットクロニクル

先日読みましたコミックの感想です。
劇場版が…?
□ご注文はうさぎですか?(6)
■Koiさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは以前観ている様に2期にわたってアニメ化されており現在劇場版が公開されているといい、以前読んだものなどアンソロジーも出ている作品となります。

内容としましては、喫茶店で働く女の子たちを描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第5巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では秋から冬のことが描かれていき、リゼさんが将来の夢に関して家出をしてしまわれたり、あるいはチマメ隊が受験勉強をされたりと、ちょっと未来へ向けてのお話も見受けられたりし…?
また、青山さんの編集な凛さんの出番も結構多くなってきたりもして…?

その様な今巻はあとがきにもある通りラビットハウスでの出来事を中心に描いていますけれど、同時にハロウィンとクリスマスといった二つの大きなイベントを描いてもいます。
ハロウィンの際にココアさんは不思議な女のかたと出会い、クリスマスの際にはココアさんやリゼさんがお忙しいということで、千夜さんやシャロさんがラビットハウスで働くことになったりもして…?
この巻の最後のお話ではモカさんと母親の様子も見られるのですけれど、ここではちょっとした縁も明らかになったりし…。
…今日の日誌のタイトルはクリスマスのお話にあったゲームのタイトルから…。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、やはりそこはかとなくはある様な気も…?
ということで、こちらはやはり安定して微笑ましい作品といえ、続きとともに劇場版のDVDが出るのを楽しみにしましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
アンソロジーです
□ご注文はうさぎですか? ラビットハウスアンソロジー 〜coffee break〜
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、原作を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じもの…一目瞭然の理由から一緒に読んでみました(何)

内容としましては、上で原作を読んでいる『ご注文はうさぎですか?』のアンソロジーとなります。
『うさぎですか?』のアンソロジーは上で触れた『チマメ隊アンソロジー』や以前読んでいる通常ナンバリングなものがあり、今回で4冊めということになります。
きらら系な作品の中では結構な数の部類にはなりますけれど、ただいたりもします?

参加していらっしゃる作家さまで私が単行本を持っているかたとしましては、作品の掲載順に以前読んでいる『JKすぷらっしゅ!』の春雨さま、以前読んでいる『ぱぺっとこーる!』のへちまさま、以前読んでいる『寮長は料理上手』などの吉村佳さま、以前読んでいる『TCGirls』のもみのさとさま、以前読んでいる『泣き虫ストラテジー』の西巳しんさま、以前読んでいる『小学生もゆるくない。』の村上メイシさま、以前読んでいる『ななかさんの印税生活入門』などのkashmirさまがいらっしゃいました。
また、巻頭のカラーイラスを描かれたかたには以前読んでいる『さくらマイマイ』などのおしおしおさま、以前読んでいる『Free!』のGANさまがいらっしゃり、表紙イラストなどを描かれたかたには以前読んでいる『なのはViVid』の漫画担当な藤真拓哉さまや以前読んでいる『もうダメかもしれない』のかにかまさまがいらっしゃいました。

内容としましては、ということでその作品のアンソロジーとなります。
そしてタイトル通りラビットハウスを舞台にしたお話で構成されています。
はじめのモカさんのお話で心あたたまったかと思えば次のお話からはおバカなコメディが結構多くなってきたりしますけれど、総じて安定して楽しめるものになっていたかと思います。
…最後に収録のkashmirさまのお話は相変わらずといえます?

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ではありますけれど悪くありません。
百合的にはどうでしょう、お話によっては…?
ということで、今回は場所を特化したアンソロジーとなっていましたけれど、安定してよきものでしたかと思います。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12cm連装高角砲、失敗、33号対水上電探、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:2(そのまま完全無意味なあらぬ場所行き:2)
○はじめの分岐中央:2
○はじめの分岐北上:4(2連続:1)
○ボス到達前軽空母戦:3(2連続:1)
○ボス到達:6(2連続:3)
○空母撃沈数:22
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:18
○エラー発生:1
○損害:大破1
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:6(5連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:5(3連続:1・2連続:1)
○家具箱前行き:9(4連続:1・3連続:1・2連続:1)
○家具箱大行き:4(2連続:1)
○家具箱中行き:3(3連続:1)
○ボス到達:5(2連続:1・北ルート:3)
-----
…先週は輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊のはじめの出撃が壊滅的な結果となってしまい、昨日は月曜日ですのでボスへ進むのはよいことになりますのに、そういうときは当然の様に高速建造材とかいう完全無意味な場所という何ら得ることのない選択肢を、しかも連発し完全崩壊してくるのですから、月曜日の早々からうんざり、げんなりしてしまいます…。

1-4は比較的悪くない結果、1-5ではエラー発生という最低最悪の事象が発生…。
その1-5では大鷹さんに夜間戦闘機と攻撃機を搭載して熟練度を上げておきました…艦載機の熟練度はここで上げられるのでたすかります。

3-3での北方海域任務も実施するのですけれど、この数週間、ここでは何連続も延々と家具箱前行きに飛ばされる事象が繰り返されており、昨日も残念ながらはじめの出撃から案の定…ため息しか出ません。
そんなに家具箱前が大好きなのでしょうか、私は心底、そこが大嫌いで仕方ないのですが…秋刀魚が出るとしても大嫌いです。
それとも、もしかしてここの羅針盤とかいう邪悪な存在はランダムではなくってそちら寄りという設定に当初からなっています?
それでも、ボス撃破5回のうち3回が北ルートになりましたので、まだましな結果…といえてしまうのが悲しい…(9回も家具箱前に吹き飛ばされているのに)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想