2017年10月20日

MICRINA OF BORDER

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□境界のミクリナ(3)
■松本ひで吉さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。
作者のかたは以前読みました『さばげぶっ!』を描かれたかたとなります。

内容としましては、人間界へやってきた魔女な女の子の日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き魔女のミクリナさんが人間界でどこか抜けたところのある人間のえりさんと一緒に暮らしていくさまが描かれていき、お二人の身体が入れ替わったりえりさんがドラゴンの子供を育てたりと様々なことが起こります。
あるときにはミクリナさんが大変な目にあってしまい、それを何とかするために皆さんで魔界へ戻るのですけれど、魔界では人間は食料と見られており、えりさんが食べられそうになったりもして…?

そうしたことがありつつも楽しく賑々しくおバカな日常が繰り広げられるのですけれど、終盤では魔界の過激派がミクリナさんのコピーを送り込んできて少し大変なことになります。
その際にミクリナさんが今まで実力を出せなかった理由が明らかになるのですけれど…その騒動が終わった後、日常はこれからも続くとなりつつもお話は終わりを迎えてしまいました。
そう、今作はこの巻で完結、最終巻となっています…とても楽しい、同じ作者さまの『さばげぶっ!』にも負けず劣らず笑えるという意味で面白い作品でしたので、もう終わってしまうのは正直に言って早すぎる印象を受けます。
しかも、登場人物紹介に姿のあったいわゆる中二病なかたはこの巻では一度も出番がなかった様な…それも含め色々もったいないですけれど、ただ終わりかた自体はまずまずきれいなものになっていたかと思います。

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりミクリナさんへ対するインゲルさんがなかなかよい感じです。
ということで、こちらはおバカで楽しい作品でしただけに、この巻で終わりなのは残念…あのいわゆる中二病なかたとか、もう一度出番があればよかったのに…。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm3連装砲、20cm連装砲、12mm単装機銃、零戦32型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→無意味なボス行きヲ級さん編成衣笠さん大破任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成・ろ号作戦完了
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…えっと、駆逐艦1+重巡洋艦4+航空巡洋艦1という編成では2-2でボス行きが高確率になった、という認識でよいのでしょうか…そうとしか思えないほどに、先週あたりから通商破壊艦隊が輸送船撃沈任務を為さずボスにばかり進む様になってしまい、任務が連日壊滅状態になってしまっているのですが…。
しかもはじめの分岐での北上率が相変わらずと、羅針盤とかいう邪悪な存在に対し不快な気持ちばかりが募ります…。

ただ、火曜日と水曜日の南西諸島任務が荒れ果てた結果、何と昨日の輸送船撃沈任務の時点でろ号作戦が完了という、西方海域任務を実施したときの様な素早い終わりを見せ、今週は昨日から4日も南西諸島任務を放棄しのんびりできる様になりました。

先日やり残していた敵潜制圧任務…「我が領海から叩き出せ!」という妙に強い説明文の任務は無事完了、改修資材と九五式爆雷が得られ、これ以上の任務は出現せずまずは一安心です。
この任務、区分が「他」になっていましたので季間任務っぽい…改修資材が得られるのはありがたいのですけれど、九五式爆雷は結構たくさん持っていて扱いに困っているのでした…(捨ててよい、ですか?)

そしてついに五月雨さんがレベル165に達しましたので…
耐久も上がるはず…でしたのに…
…秋刀魚イベントの際に出ました、改仕様にした海防艦なかたがたで近代化改修をしてみることにしました。
ちなみに中破してしまっているのは、1-5でのレベル上げでレベル165になった直後に敵潜にやられました…レベルの意味とは一体…。
上の画像で解る通り耐久と対潜が上がる、はずだったのですけれど…結果として上がったのは対潜が、しかも1のみでした。
これはつまり失敗、ということでしょうか…さすがにこれはちょっと、ため息をつかざるを得ません…はぁ…。
今後すでにいらっしゃる海防艦なかたが再び得られるかは解らないのですけれど、もしも機会がある場合は…5人集めたうえで改仕様に近代化改修をしなければ無為に終わる可能性が高い、ということを教訓としておきましょう(5人もまた得られるとは思えませんので、もう永遠に機会は訪れないかも…HPを上げるチャンスでしたのに、本当に悲しい…)


『よるのないくに2』は全ての欠片を集めましたのでクリストフォロスさんに会いに行ったのですけれど、ここからちょっととんでもない展開になりつつ月齢が進むことが確認できましたので、一度リセット…月齢が新月直前にまで進んだ際に改めてお話を進めようと思います。
ですので、その際に起こったちょっととんでもない出来事はその際に改めて…ちなみに月齢は満月まで回復と、かなり余裕を持たせてくださるみたいです?

そう、余裕を持たせてくださるかもしれないので、サブクエストは最優先で上げるとしたルーエンハイドさんとリリアーナさん、ヴェルーシュカさん以外の三人のものも(従魔ポイントが得られますし)実施していってよいのかもしれません?
ただ、またすることが多くなってそれだけ月齢があってもぎりぎりになるかもしれませんので、やはり大事を取って最優先としたかたがたの親密度上げを優先することにします…サブクエストは(教皇庁の依頼以外は)章をまたいでも消えませんから、最優先としたかたがたの親密度が最大になった後に時間に余裕があるならばその際に実施していけばよいのですから…。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月19日

秘めた想いは 地の奥に眠りて

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○境界のミクリナ(3)
○citrus【シトラス】(8)
○ホームズさんは推理ができない(2)
○私の百合はお仕事です!(2)
-----
…今回は全てコミックとなります

今回のものは全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ミクリナ』『ホームズさん』はこの巻で最終巻となる模様です。
『シトラス』は特装版となり小冊子がついてきました。

未読の作品もまだいくつか残っていますので、『ミクリナ』『シトラス』は最優先で読むとして、その他のものはその未読の作品との兼ね合いで気の向いたものから読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、九一式徹甲弾、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:無意味なボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:10(9連続:1)
○輸送船エリア行き:5(ボス前南下:2・北行き2連続:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:3
○ボス到達:4(ヲ級さん編成:3)
○損害:大破1・中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア到達:4(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:1
-----
【1-5出撃任務】
(那珂さん・松輪さん・朝霜さん・千代田さん編成)
○1回め:松輪さん中破ボス撃破
-----
【1-4出撃任務】
(多摩さん・秋月さん・旗風さん・木曾さん・アクィラさん・アーク・ロイヤルさん編成)
○1回め:分岐南下→初戦・敵全滅→分岐東進任務失敗
○2回め:分岐中央→初戦・完全勝利→分岐南下→第2戦・完全勝利→ボス戦・敵全滅
-----
【1-3出撃任務】
(多摩さん・長波さん・旗風さん・木曾さん・アクィラさん・アーク・ロイヤルさん編成)
○1回め:分岐東進→初戦・完全勝利→分岐南下→ボス戦・完全勝利
-----
…昨日は先週度々起きてしまったり輸送船撃沈任務の時点で大荒れ、崩壊状態になってしまいました…通商破壊艦隊がどうしようもない状態に陥ってしまいました。
昔は空母がいればボスへ、いなければ輸送船エリア行きの確率が高くなっていた気がしたのですけれど、どうにも最近その様なことは全くなくなってきた印象…残念です。

羅針盤とかいう邪悪でどうしようもない存在は南西諸島任務の2-2でもその牙をむき、高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを連発したりはじめの分岐での北上を9回連続で引き起こしたりともうやりたい放題でどうしようもない大荒れ…一方で輸送船エリアへもそこそこ進みろ号作戦が80%以上状態となり、水曜日の時点でここまでろ号作戦が進んでくだされば、もしかすると金曜日あたりの時点でもう今週の南西諸島任務をしなくてもよくなるかも…?

日々の任務はその様なところで、その様な昨日はメンテナンスがあり、何と遠征画面が大きく変わった上に鎮守府海域に新しい遠征が増えていました。
また、不知火さんや狭霧さんなど結構少なくないかたがたに秋の私服なイラストが追加されたりもしました…
秋の私服…?
…狭霧さんは秋刀魚イベントの際のイラストに続いてとっても素敵な雰囲気…。
そして秋刀魚イベントが終了…とっても大好きでお世話になっている、少しお会いできない日々が続いてさみしく心配なあのかたは無事に終えられましたでしょうか…。

出撃任務として軽巡洋艦を旗艦に駆逐艦か海防艦2+αという編成で1-3、1-4、1-5へ出撃というものが出現しており、羅針盤とかいう邪悪な存在が敵対しづらい順番に実施をしていくことにしました。
まずは1-5、ここは特に何も言うことはありません。
1-4の時点で南西諸島任務の悪い流れを引き継ぎはやくも羅針盤とかいう邪悪な存在が牙をむきはじめ、最後の戦いへ向け暗雲が立ち込めます。
そして問題の1-3なのですけれど、ここで羅針盤さんがようやく味方につき何と1回の出撃でボス到達…ここのボス、秋刀魚のBGMが流れているのですが…(何)

これでそちらの任務は完了、洋上補給と給糧艦が得られ、代わって新たに出現した兵站強化任務なる遠征を実施せよという任務が出現します。
メンテナンス後の変化で遠征は必要人数が表示される様になりましたので、それを参考に試しにいつも長距離練習航海をしている駆逐艦4をそちらへ派遣、無事成功し任務も達成、臨時補給なるものが開放されるとともに戦闘糧食を得られました。
その臨時補給ですけれど、遠征画面で遠征させる艦隊を選択した際にその画面で補給ができる様になっていて、遠征の効率が少しよくなるかも…便利な機能なのは確かかと思います?

続いて対潜警戒任務、海峡警備行動、長時間対潜警戒なる3つの遠征を複数回実施なる任務が出現、対潜警戒任務以外の2つはこれまでなかった遠征なのですけれども前者は兵站強化任務終了後に出現、やはり4人編成でよいとのことでしたので同様の編成で出してみると大成功で戻ってきました。
するとそこでさらに長時間対潜警戒という2時間15分の遠征が出現、昨日はこれに普段北方鼠輸送作戦や東京急行(1)に出している駆逐艦5+軽巡洋艦という編成を出してみて終えてみて、先ほど成功しました…ただ、これでも50%以上達成マークはつかず、複数回とは一体どれだけ実施すればよいのか…。
…ところで2番めに出た遠征任務の説明文なのですけれど、「我が領海から叩き出せ!」と、何故だか今までになく妙に強い口調になっており、どうしたというのでしょうか…?


『よるのないくに2』は第5章、ユーラルムの奥へ進むと鏡の欠片集めのメインクエストが発動しました。
これはこれまでに訪れたダンジョンからそれを探すものとなっており、過去に何か光っていた場所にそれがある様子…イベント発動後にそのままユーラルムで2つの回収に成功、昨日はあとは森でヴェルーシュカさんのサブクエストと並行して1つの回収に成功、他の場所もサブクエストと並行したりして実施していきましょう。
そう、そうする予定なのですけれど、どうにもリリアーナさんの親密度上昇が不安になってきて、ここはもうルーエンハイドさんとリリアーナさんとヴェルーシュカさん以外のかたがた(カミラ博士、エレノアさん、ミュベールさん)は完全に諦め、その三人以外のサブクエストは放置、時間が余った場合はリリアーナさんをパートナーにダンジョンへ赴き少しでも親密度を上げようと思います?

その他、新たな従魔としてアリスさんというかわいいかたが加わり、同じくかわいらしい人形なカエデさんとともに運用固定してしまいたいところです?
ただ、毒の妖精(?)なスポラさんが加入した際やその後のホテルでの台詞などでものすごく愛着が出てしまっていて、この三人をメインで使用していこうかなという決意を固めます…とはいえ、他の従魔なかたがたもそれぞれによく、一度は戦闘に参加させたりしています。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年10月18日

孫子のアイドル兵法!

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□孫子のアイドル兵法!(2)
■わだぺん。さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.7)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『艦これなのです!』や『みくり学園スイーツ部』『魔法少女ここねはかく語りき』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『ミミヨリハルモニア』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、商店街再興のためアイドル活動をはじめることになった女の子を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、商店街再興のためにすずなさんにプロデュースしてもらいさくらさんが商店街アイドルとして活動をはじめる様子が描勝てていき、まず商店街のお祭りでライブを行うことになりました。
元々さびれた商店街ですのでお祭りでもそう人は集まらないのですけれど、すずなさんの策により集客に成功、ライブもハプニングはあったものの大成功を収めることができたのでした。
…ただ、ここで少し妨害を行ってきた少女が結局何者なのか、よく解らず作中でその後出現することなく終わってしまいました…やはり打ち切りなのでしょうか、この作品…。

ライブの成功を受けこのままさくらさんをアイドルにして売り出していこうという派閥と、突如舞い込んだアイドルユニット…すずなさんがかつて所属していたユニットの劇場を大型施設に誘致する派閥に商店街が二分、さらにそのアイドルユニットのプロデューサと議員の暗躍が重なり、さくらさんたちはそのアイドルユニットと対決をすることになってしまいました。
しかもそのユニットの放送ですずなさんが参戦することが告知されてしまい、さらにお相手はすずなさんがアイドルをやめるきっかけとなった天使の様な女の子で、すずなさんは諦めそうになるのですけれど…?

お話はそのアイドルユニットとの対決の顛末が無事終了し、お話はまだまだこれから…というところで終わってしまいました。
そう、今作はこの巻で完結、最終巻…その対決のお話は非常に盛り上がるよいお話で、それにそれをきっかけに商店街は活気を取り戻したので目的も達せられており、確かにお話としては一段落ついていますのでそこで終わりなのはおかしくはない、のですが上で触れたもやもや要素が残っていて…。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、メインのお二人の関係は悪くなくって…?
ということで、こちらはこの巻で最終巻…ちょっとのもやもやは残ったもののよい作品でしたかと思います。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、12mm単装機銃、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3
○輸送船エリア行き:5(ボス前南下:3(南下3連続:1)・戦闘終了後エラー発生無効化:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:
○ボス到達:3(ヲ級さん編成:1)
○エラー発生:1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:6
○輸送船エリア到達:4
○ボス行き:2
-----
…昨日はメンテナンスのため午前中の演習ができず、自動的に演習5勝任務を放棄ということになってしまいました。
ちなみに今日もメンテナンス…昨日のものはDMMなるものの模様で、今日は『艦これ』のものということになります?

昨日は久しぶりに輸送船撃沈任務が1回で終わり、南西諸島任務はむしろろ号作戦進行をメインにしつつありますので潜水艦隊の出撃のほうを優先気味…昨日は全出撃がそうなったりと前々から感じていたことながら、ボス前へ進まされる割合が高い様な…?
2-2のほうではエラー発生という最低最悪の事象が発生…戦闘終了後にこれを発生させられると損害だけが残って輸送船エリアへ到達できてもそれが「なかったこと」になるのでやめてください…。

1-5でレベル上げをしていました、お二人めの海防艦を改仕様にまでできたのですけれど、こちらを五月雨さんに近代化改修で使用すべきか…少し迷いがあり、また五月雨さんがレベル165まで残り経験値30,000を切りましたので、ひとまずはそれまで様子を見ましょう。
その海防艦がドロップした秋刀魚のイベントも今日までとなり、私はすでに終えているのですけれど、とっても大好きで最近お会いできない日々が続いてさみしく心配で先日も甘えたい気持ちが抑えきれなくなりそうでしたもののそれは何とかこらえた、ご無事を強くお祈りしているあのかたが秋刀魚を集めていらっしゃるのか、集めていらしたら無事に終えられたのか心配になりますけれど、大丈夫だと信じたいものです。


『よるのないくに2』は第4章の新月直前までにこなせるだけのサブクエストを実施していきましたけれどやはりいくつか残ってしまいます…そしてやはりヴェルーシュカさんが相当よいキャラクターです。
第4章はボスを撃破し無事に終了、月齢がまた結構戻ってくださいましたけれど、第5章に入るとまたかなりのサブクエストが出現、もう本当に優先順位をつけてやっていかなくてはどうにもならない、といったところです。
ゲーム自体はかなり楽しいのでもっとのんびり楽しみたいのですけれども…本当、この月齢システムだけ余計すぎで残念です…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月17日

学園塔に魔女はオドる

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□ヨツコト(1)
■双見酔さま(原作)/中曽ねこさま(作画)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
原作のかたは以前読んでいる『魔法少女なんてもういいですから。』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、人を探して旅をするかたがたを描いたお話、となるでしょうか。
お話の舞台はファンタジーな雰囲気の世界で、主人公は二人の女のかた…まずヨツキさんは天然で世間知らずな雰囲気のあるほんわかした、体力はないものの魔法を使える女の子でしょうか。
彼女は人や動物の発する言葉を目に見ることができ、また言葉に力を込めることのできる魔法などを使える、かなり強い力を持ったかたなのですけれど、そのために過去にはかなりつらいことにもなっていらっしゃる様子…その後に師匠、先生と呼ばれるかたの弟子になったのですけれど…?

もうお一人はコトワリさんというヨツキさんの姉弟子にあたる、クールな雰囲気の何でもできるかた…マスタークラスの冒険者という、世界で5人くらいしかいないらしい存在でしたりと、色々とかなりすごいかたです?
このお二人は師匠であるモリスレンさんがいなくなった際、その師匠から自分がいなくなった際は自分の六人の友人を訪ねる様に言われており、そして実際に師匠が姿を消したためにそのかたがたを訪ねる旅をはじめたのでした。
その師匠は回想などで姿を見られますけれど、ちょっと適当な性格に見える魔法使いの女のかたです?

その他登場人物としましては、旅の途中で半ば強引にコトワリさんに弟子入りしてきたロードリィさんという冒険者の女のかた、それに行く先々でお会いするその師匠の友人のかたがた…今のところ3人のかたにお会いしており、師匠の師匠でしたり猫でしたり(何)魔法協会のかたでしたりして…?

お話のほうは、ということで旅をする冒険者と魔法使いのお二人を描いたお話…。
こちらはさすが『魔法少女なんてもういいですから。』のかたが原作をしている作品というべきか、会話がいちいち何だか面白くて笑えたりしてしまいます…作画のかたは別のかたなのですけれど、それでも雰囲気はそちらとそう変わらないものに感じられます。
メインのお二人がかなりよい組み合わせで、このお二人の会話がとても楽しい…かといって完全におバカな作品なのかといえばそういうわけでもなく、かなりしっかりファンタジーをしたお話でもあります。
お二人が旅をする目的である師匠の真意も不明で、そのあたりのことも含め続きも楽しみになるお話です。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、メインのお二人の関係など悪くないかとは思いますけれど…?
ということで、こちらは作品の雰囲気や面白さなど、色々と大好きと思える作品で、続きも楽しみにしたいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
最終巻でした
□学園塔に魔女はオドる(2)
■シバユウスケさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『シンデレラガールズ』や『selector infected WIXOSS』のコミカライズ版の一部や『シスターハニービスケット』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『シンメトリーズ』などを描かれたかたとなります。
…上の作品同様に魔法の絡むファンタジーなお話、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、魔法学園へ入学したかたがたを描いたお話、となるでしょうか。
と、やはり説明が以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き魔法学園での日常が描かれていきますけれど、第1巻で舞台が現代と触れているものの、不思議満載なファンタジーな学校を舞台にしていて、外へ出たお話でも街の雰囲気はファンタジーな趣でしたので、現代という雰囲気は全くない、かも…?

その様な学校生活の中で、ルッカさんの明らかになっていなかったパーソナル魔法が明らかになるのですけれど、それがとんでもないものになっており、お話の終盤ではその力を発揮し学園塔の頂上まで到達、そして学園を救うに至ります。
その様なお話は終盤にあることからも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻となっています。

…と、この様に書くとルッカさんがとんでもない能力で大活躍をする様にも感じられますけれど、彼女の性格もありますので実際にはそこまでとんでもないわけでもなくって…?
そしてその終盤まではやはり少しおバカで楽しい要素がメインとなっていますので、少し不思議な皆さんの学校生活を楽しめばよい作品といえます。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、よい友情なお話なのは確かです。
ということで、こちらはこの巻で完結…魔法学校を舞台にした作品といえば以前読みました『広がる地図とホウキ星』など最近結構お会いする印象がありますけれど、こちらもなかなか悪くないものでしたかと思います。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
3連装魚雷、失敗、22号対水上電探、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務任務失敗
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐東進→分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐北上→無意味なボス行き大破2任務完全失敗
○特設艦隊(その2):分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:3(2連続:1・そのまま完全無意味なあらぬ方向行き:2)
○はじめの分岐中央:1
○はじめの分岐北上:3
○ボス到達:5(間に軽空母戦:3)
○空母撃沈数:22
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:15
○損害・エラー発生・秋刀魚:なし
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:7(3連続:1・2連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:6(2連続:1)
○家具箱前行き:9(5連続:1・2連続:1・秋刀魚:1)
○家具箱大行き:5
○家具箱中行き:2
○ボス到達:5(北ルート:3・秋刀魚:1)
○エラー発生:1(はじめの分岐北上後の第2戦終了後)
-----
○秋刀魚合計:45
-----
…今朝はメンテナンスのため午前中の演習を放棄することになってしまいました(何)
開発では流星が出たのですけれど、こちらが任務に関わるサラトガさんの改修機体に必要なものとなっていますのでありがたいことです。

先週から妙によくない、ボスへ無意味に進む傾向のある輸送船撃沈任務における2-2への通商破壊艦隊派遣は結局昨日も連続で同じことをされ、見事に何も為さず任務完全失敗、特設艦隊に至ってはどうしようもない場所行きという、月曜日からうんざり、げんなりさせられるどうしようもない、先週同様の出だしを受けてしまいます…先週からこの嫌な傾向が続いているのですけれど何なのでしょう、羅針盤とかいう邪悪な存在がその邪悪さをさらに増している気がしてなりません。
しかもとどめとばかりに、ようやく輸送船エリアへ到達できたかと思えば大外れ編成、潜水艦隊を出撃させてもボス行きでしかも輪形陣のお相手かつT字有利でしかも敵軽巡を見逃し大破連発…どうしてここまで不快になることばかりをしてくるのか、理解できません。

そう、先週の月曜日もまた輸送船撃沈任務の時点で大荒れになり、その後もその悪い流れが続いてしまい1-4や3-3でどうしようもない展開を見せつけられ続け、特に3-3でははじめの出撃から何と12回連続で家具箱前行きへ吹き飛ばされ続けるという意味不明の嫌がらせを受けたわけですけれど、昨日はせっかくはじめの分岐で北上し北ルートでのボス行きも期待できた中、その先の第2戦終了後にエラー発生という最低最悪の事象を発生させられるという、先週の事態にも負けず劣らずの人の心をずたずたに折れ果てさせてくることをされてしまいました。
相変わらず家具箱前行きも、先週ほどではないもののそれでも多くなってしまい、とはいえ任務は完了できましたのでまだいいです、か?

1-5では出なかったものの3-3で多少の秋刀魚を発見、同回収に成功しました。
これでもう、明日のメンテナンス実施まで秋刀魚の出る海域に出撃する予定はありませんので、これで秋刀魚漁は終了…45尾と、秋刀魚関連の任務に必要な数が30尾でしたことを思うと結構たくさん得られました?
あとは忘れない様にこれを調理することとし、缶詰は1個持っており、本当は3つあったのですが2つは誤って使ってしまったこともあり缶詰を取り戻そうかとも思ったのですけれど、改修資材を得られる塩焼きに必要な秋刀魚数が5尾という切りのよい数字になっており全てそれに変換すれば秋刀魚を全て使い切ることができますので、全てそちらに交換したのでした(缶詰は7尾、その他3尾で資源にもなるものの、2尾以下が余った場合はどうしようもなくなるので…)
私の秋刀魚イベントは無事に終わりましたけれど、あとはとっても大好きで少しお会いできない日々が続いてしまってさみしく心配ですけれども日々ご無事でいらっしゃることをお祈りしているあのかたも無事に進めていらっしゃることを願うばかりです。


『よるのないくに2』は昨日はリリアーナさんのサブクエストで学園を1回探索したのみ…結構な経験値が得られたはずなのですけれど、リリアーナさんの新密度が本当にごくごくわずかしか上昇しなかったのはなぜ…。
学園探索時に教皇庁からのクエストも並行して実施でき達成できたのですけれど、この教皇庁クエストはいやらしいことに1つクリアするとその時点で新たに出現する場合がある、という…しかも章をまたげないので予期せぬ場所に新たに現れた場合はちょっと嫌な感じになります(今回はまた学園に出現、カミラ博士のサブクエストと同時に実施できそうですが…?)

と、『よるのないくに2』はガストさまの作品なわけですけれど、ガストさまといえば『アトリエ』シリーズで、どうやら今年も新作が出るっぽい…『アトリエ』シリーズは何気に毎年新作が出ている恐ろしいシリーズな気がします(他に毎年新作が出る様なRPGシリーズなんてあるのでしょうか…)
もうそのシリーズから私が離れて結構な年月がたってしまいましたけれど、久しぶりに今はどういうものか少し気になってチェック…画面に日付がありましたのでやはり例によって時間制限がある様子で、『よるのないくに2』の様に戦闘だけしていればいいのならともかく調合や冒険とやることがいっぱいな中での時間制限には、私はもうついていけそうにないので気にしないでおくことにしましょうか…(何)

…『よるのないくに2』を終えた後のゲームをどうするか考えている中で少しそれを見てみたわけですが、やはりダメっぽい…。
できればあさかなやすみりお分を補充できる作品があればよいのですけれど、何かないでしょうか…う〜ん、当初微妙な印象のあった『よるのないくに2』も進めていくうちに楽しくなってきましたし、同時に届いて同様に微妙な印象なため放置してしまった『世界樹と不思議のダンジョン2』に手をつけてみます、か?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月16日

願いをつむぐ

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□けものフレンズ アンソロジーコミック ジャパリカフェ編(2)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『吹雪、がんばります!』や『まなびストレート!SAKRA』『ヴァルキリードライヴ ビクニズム/セイレーン』などと同じものとなります。
こちらは以前観ている様にアニメが放送され第2期も製作されるといい、以前読んでいる様にコミカライズ版やアニメと一緒に読んでいるものの様に他のアンソロジーも出ているシリーズの作品となります。

内容としましては、『けものフレンズ』のアンソロジーとなります。
と、説明が以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
上で触れたアニメと一緒に読んでいる『ジャパリパーク編』同様、こちらもナンバリングは振っていなかったものの今回ナンバリングをつけて第2巻が出ましたので、他のアンソロジーともども今後も続刊が期待できそうです。

参加していらっしゃるかたで私が単行本を持っているかたとしては、作品の掲載順に以前読んでいる『ひなまるすまいる』のわたのんさま、以前読んでいる『魔法少女のカレイなる余生』の晴瀬ひろきさまがいらっしゃいました。

お話のほうは、ということで『けものフレンズ』のアンソロジーとなります。
やはり例によって楽しいコメディなお話がメインとなっており、特に前半などは笑えるという意味で面白い、おバカ気味な作品が多くて楽しい印象…カバー下のお話も非常におバカで楽しいです。
あとはやっぱり皆さんがかわいかったり微笑ましかったりするお話たち…最後のお話は心あたたまるよきものとなっていました。

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ですけれども悪くありません。
百合的にはお話によっては多少…?
ということで、こちらも第2巻が出たということで、さらなる続刊も期待できるかもしれません?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
九一式徹甲弾、失敗、33号対水上電探、紫電改二
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務失敗
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→初戦・伊14さん中破→輸送船エリア到達任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…先日はうまくいったかと思われた輸送船撃沈任務ですけれど、昨日はまた羅針盤とかいう邪悪な存在が牙をむき、ようやく輸送船エリアへ到達できたかと思えば例によって大外れ編成と、結局先週は通商破壊艦隊の結果がどうしようもないものばかりとされてしまいました。
せめて、することの多い月曜日である今日くらいは順調に終わらせてもらいたいものですけれど…?

ただ、開発では久しぶりにかなりまともな結果を得られました?
…運営電文によると明日の1時から11時の間でメンテナンスがあるっぽいです…午前中の演習を諦めなさい、ということですか…。


『よるのないくに2』は第3章のボス撃破から…ここのボスは異常といえるレベルで弱く、ギャグキャラクターにしか見えなかったのですが…。
ともかくその後にリリアーナさんを呼び戻すことに成功、彼女に対しアルーシェさんが半妖になったことを話しているシーンが今のところ見られませんけれど、月の女王との戦いの後に彼女がアルーシェさんを安全な場所まで運んだといいますのですでに知っているのかもしれません?

それから第4章へ入り、新たなダンジョンを2日で最奥のボスがいる手前まで進めました…途中強制的に1日経過する場所がありますので、最短で探索を行えたはず、です?
ここで新たに仲間に加えた従魔の1体が氷結能力を持っており、これまで進めなかった場所へも進める様に…個人的にはそちらよりも毒の能力を持った従魔のほうが気になり、今のところはカエデさんとそちらを使いたいところです?(そういえば今作、今のところ回復能力を持つキャラクターが人間、従魔ともにいない様な…)

この章でまた新たにお一人、アルーシェさんの元上官であるミュベールさんが仲間に加わりました…けれど、やはりどう考えても彼女のものを含めて出現するサブクエストが時間に対し多すぎます。
しかも、リリアーナさんのサブクエストを実施するとさらに彼女のものが立て続けに出てきて、やっぱり全員分をこなすことは不可能と判断…当初の予定通りルーエンハイドさん、リリアーナさん、ヴェルーシュカさん、その他のかたがたという優先順でクエストを可能な範囲で消化をしていく方針とします。
今までの描写からアルーシェさんとルーエンハイドさんとリリアーナさんは三人で一緒に幸せになるのが最善ではないかと思えるのですけれど、果たして…あと、やっぱりキャラクターとして一番好きなのはルーエンハイドさんなのですけれど、それに負けず劣らずヴェルーシュカさんのことも大好きになってきてしまいましたかも…。

ここまで進めた限り、戦闘などは何とかなりそうな印象…そして時間制限以外の点では概ね満足してプレイできており、とっても楽しくよきものかと思います。
それだけに、やっぱり時間制限システムが残念…何とか、できる範囲でやってはいきますけれども…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月15日

うちのメイドがウザすぎる!

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□うちのメイドがウザすぎる!(2)
■中村カンコさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ハナとヒナは放課後』や『和太鼓†ガールズ』『NKJK』などと同じものとなります。

内容としましては、家政婦さんとお嬢さまの日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続きミーシャさんと彼女のメイドになったつばめさんの日常が描かれていき、やっぱりつばめさんがかなり変態的ですのでミーシャさんは辟易気味…彼女を反面教師としてしっかりしてきている様な面も見られます?

その様なこの巻では仲良くなったクラスメイトの鷲崎みみかさんがミーシャさんの家に遊びにきたり、はたまたファッションリーダーを目指しているため目立つミーシャさんをライバル視している同じくクラスメイトな森川ゆいさんに勝負を挑まれたりと、ミーシャさんは学校でもまずまずうまくやれています。
後半ではつばめさんの元上官である鵜飼みどりさんという色々めんどくさい性格をしたかたが登場、つばめさんに恋をしているという彼女はつばめさんをメイドとして雇おうとしますけれど断られ、一方でつばめさんを追い出したいミーシャさんは彼女と利害が一致したため手を結びつばめさんを辞めさせることに成功したのですが…?
その様な今作はやっぱり色々ひどい作品…ひどすぎてひどく面白い、とてもおバカで笑える作品で、その意味でもかなりよいコメディ作品といえます。
…あとミーシャさんの飼っているペットたちが非常にかわいい…(何)

イラストはよきものです。
百合的にはつばめさんに対するみどりさんというかたも登場し…やはり変態ですが(何)
ということで、こちらはやはりひどく面白い作品で、続きも期待したいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもなかなか…
□小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(3)
■クール教信者さま(原作)/木村光博さま(漫画)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上の作品と同じものとなります。
こちらは以前原作を読んでおり以前アンソロジーを読んでおりアニメ化もしたという『小林さんちのメイドラゴン』という作品のスピンオフ作品となります。
…上の作品と同じ単語がタイトルに使われており、また内容の傾向にもやや重なる面があることから一緒に読んでみました(何)

内容としましては、ドラゴンのいる日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもカンナさんを主役とした、彼女の日常が描かれていき、やはり微笑ましいもの…その彼女の日常を見守るのは、上の作品のつばめさんの様な気持ちになってしまうかもしれません?(何)

その様な今巻は夏のお話となっており、プールでの授業があったり夏休みに入ってからの諸々のできごとが見られたりします。
やはり楽しく微笑ましい作品で、よい意味で特筆すべきことはない印象…やはり才川さんが色々とよいキャラクターです。

イラストは悪くありません。
百合的にはやはり才川さんがよき感じです。
ということで、こちらも小学生の日常を見守るお話でよきもの…続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
20cm連装砲、12mm単装機銃、失敗、烈風
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○秋刀魚:1
-----
○秋刀魚合計:43
-----
…今週は輸送船撃沈任務の時点で大荒れになることが多かったのですけれど、昨日は1回の出撃で完了できました。
ろ号作戦が完了していますので南西諸島任務は放棄、代わって1-5への3回出撃任務を終えておき、秋刀魚を発見、同回収に成功しました。

これでもう今週はのんびり…なのですけれど、最近お会いできない日々が続いてしまっているあのかたの秋刀魚イベントが順調に進んでいらっしゃるかなど、心配になってしまいます…。
甘えてばかりで昨日もまたそうなってしまいそうになりつつもそれは我慢をしましたけれど、ともかくご無事でいらっしゃることを願ってやみません。


『よるのないくに2』は改めて第3章を新月直前まで進行…やり直す前のサブクエストはエレノアさんのもの以外はこなせましたけれど、ヴェルーシュカさんのサブクエストを終えると彼女の新たなサブクエストが出現、そしてそれはもう新月直前になった状態での出現でしたのでどうしようもないのでした。
これ、今の時点でここまで手が回らない状態になっているということは、今後もこの傾向は増していくとしか思えず、ですので個別のクエストは優先度をつけてまずそのかたのものを最優先に消化し、時間が余ったら順次他のかたのものを、というかたちにしていくしかなさそうです。
優先度はもちろん個人的に好きなかたから(とはいえ全員よいかたがたなのですが…)、というかたちにすることになり、現状ではやはりルーエンハイドさんを最優先にということになり、以降(今後加わるはずの)メインヒロインかと思われるリリアーナさん、寡黙で重い過去のありそうなヴェルーシュカさん、邪妖研究の権威なカミラさん、パティシエなエレノアさん、という順番にします?
…エレノアさんは敵の落とすアイテム拾いを折を見てしたいのですけれど、その機会がない…(何)

…リリアーナさんの声が以前第1期を観ていて第2期のDVDも購入中な『NEW GAME!』のりんさんにしか聴こえないのですけれど、明らかに同じ声優さまですよね、ね?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 04:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月14日

提督と、渚に向かって

こちらの公式サイトによると以前ゲームをしていて元はドラマCDな『りりくる』の新ドラマCDシリーズが製作されるといいます。
これはとっても嬉しいお話なのですけれど、ただそれに当たってクラウドファンディングなるシステムでお金を集めるらしく…よく解らないのですけれど、製作費が足りないという認識でよいのでしょうか、こういうのって…。
私もお金がない身ですので616,196円はさすがにちょっと出せませんけれど…ただ『りりくる』は以前していてフルボイスが出ることが決まった『百合霊さん』や以前している『ことのはアムリラート』、以前最終作をしている『FLOWERS』に以前最新作をしている『その花』と並んでかなり思い入れの深い百合作品ですので、できればお金を出したいところでは、あります…?


では、先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□艦これプレイ漫画 艦々日和(8)
■水本正さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては特に何かのレーベルがついているわけではなさそうに見えます?
作者のかたは以前読んでいる『ハナレビの楽園』を描かれたかたとなります。
こちらは元はブラウザゲームとなりヴィータさん版なゲームも出たり以前観ている通り劇場版が制作されたり、以前読んでいるものなど別のコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも出ているシリーズの作品となります。

内容としましては、『艦隊これくしょん』というゲームのプレイ漫画となります。
と、説明がやはり以前読みました第7巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもやっぱり作中ではひよこな水本提督が実際にゲームをプレイされた結果を基にした艦隊行動が描かれていき、今回は2016年の梅雨時から2016年の秋にかけてのことが描かれていきます。

今回は先制対潜攻撃が実装されたタイミングのお話ということで、それ実装のお話やその後のイベントでの対潜攻撃の要となる五十鈴さんが結構目立っていた印象があります?
また、ひよこ提督はまだ通常海域では5-2までしか突破していないのですけれど、その5-2突破での祥鳳さんと菊月さんの関係がとてもよきもの…今作はこの鎮守府独特の艦娘の関係に微笑ましくなったり泣かされたりします。
イベントはウォースパイトさんたちの出た昨年夏とサラトガさんたちが出た昨年秋のお話…そして今年もやっぱりあった秋刀魚イベントの、去年の様子も収録されているのでした。
その他、例によってカバー下には霧島さんによるゲームシステムなどの解説なお話も収録されています。

イラストはよきものです。
百合的にはその独特の関係の中によい感じなかたがたも…。
ということで、こちらは私が実際にやっている中での事柄を思い返したりもでき、その意味でも面白いもの…続きも楽しみにしましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、25mm単装機銃、水偵、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(4連続:1)
○輸送船エリア行き:2
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:2(ヲ級さん編成:1)→ろ号作戦達成につき放棄
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:1
○輸送船エリア到達:2(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:0
-----
…今週に入ってからなぜかあらぬ方向行きを連発させられ壊滅的な結果が続いてうんざり、げんなりしつつある輸送船撃沈任務ですけれども、昨日ははじめの出撃で輸送船エリアへ到達…できましたが、大外れ編成と遭遇させられ結局任務失敗、そこから例によってあらぬ方向行きにされてしまいました。
その時点で出撃した全員が損害を被るという無残な展開にもなっていたのですけれど、全員に高速修復材を使い連続出撃を行い輸送船エリアへ到達でき、この数日よりはまだましな、けれど嫌になってしまう様な展開には変わらない結果となってしまったのでした…日々の任務くらい順調に終わらせてくださらないでしょうか…。

羅針盤とかいう邪悪な存在は南西諸島任務へ移行しても当然の様に牙をむき、はじめの出撃から延々とはじめの分岐での北上という百害あって一利もない事象を連発…。
ただ、高速建造材とかいう完全無意味な場所行きはなく、2-3ともども輸送船エリア行きが多めになった結果ろ号作戦が完了、その時点でのボス到達は2回に過ぎませんでしたのでその時点で南西諸島任務は打ち切りました。

ろ号作戦が完了したということで、今日からは南西諸島任務は実施せず、で…輸送船任務もあまり実施する意味がなく、最近の様に荒れるというのでしたらそちらも無理せず早々に放棄してしまっていいかもしれません。
…あと、開発の結果も最近ぼろぼろなのですが…たまにはよいものを出してくださらないものでしょうか…。


『よるのないくに2』は第3章でサブクエストをこなしていったのですけれど、全て消化しきることができないままに月齢が新月1日前になってしまい、カミラ博士の廃都探索クエストとヴェルーシュカさんの学園にいる邪妖退治、それにエレノアさんのアーメット集めと三つも持ち越しになってしまいました…後者は森で他のクエストと一緒に実施しようとしたのですけれど靴ばかり落ちて結局アーメットは1つしか出ず、そのときに得た印象では多分これって倒した敵によって出現するアイテムが違いそうです。
それらサブクエストは次の章へ持ち越せるのですけれど、ただこの第3章の前半で結構効率の悪い時間の使いかたをしてしまっていてそこが残念で…ですので、思い切ってやり直してしまうことにしました。

やり直す、といってもはじめからやり直すわけではなく、今作は月齢による時間切れによるゲームオーバーに対する救済という意味かと思われる、いつでも章のはじめからやり直せる機能がありますので、それで第3章のはじめに戻ってしまおう、というわけです。
これをするともちろん取得経験値などは全て巻き戻され、けれど何と総プレイ時間までその章の開始時の時間にまで巻き戻されるというなかなか驚きの仕様…ですので憂いを残すよりは思い切ったほうが気持ちが晴れるはずです。

展開も解っているため、やり直す前に4日使用してしまった学園の探索を2日で完了でき、これで幾分サブクエストに使えるはず…それでも1日足りなくなりそうな気がしますけれど、それは素直に持ち越しましょう(1日で学園の探索を終えるのは無理…)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月13日

想いは伝わる、魔法にのって

先日はこの様なものを購入しました。
-----
コミックを…
○いつか私は、君を裏切る(2)
○ヨツコト(1)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(8)
○うちのメイドがウザすぎる!(2)
○けものフレンズ アンソロジーコミック ジャパリカフェ編(2)
○孫子のアイドル兵法!(2)
○剣姫、咲く(2)
○小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(3)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『いつか私は、君を裏切る』『ヨツコト』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、いずれも4コマでも大判サイズでもないものとなります。
前者は過去に既刊を読んでいることから、後者は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
今日の日誌のタイトルは『ヨツコト』の帯から取ってみました。

その他の作品は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『孫子のアイドル兵法!』はこの巻で完結となる模様です。

優先して読みたい様な未読作品もこれといって残されていませんので、今回購入したものを優先して読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、25mm単装機銃、失敗、水偵
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→無意味なボス行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊(その2)2-2:輸送船エリア直行・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:2
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:3(3連続:1・ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア到達:0
○ボス行き:2
○損害:大破1
-----
【輸送船5撃沈任務】
○潜水艦隊2-3:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○特設艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成巻雲さん大破任務達成
-----
…どうにも最近の輸送船撃沈任務はこれまでにも増して無意味なボス行きや高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを発生させられて任務を全然進行できない、羅針盤とかいう邪悪な存在に対する憎しみばかりが募り誰も幸せにしない展開が多くてつらいです…。
結局昨日も輸送船撃沈任務の時点で羅針盤とかいう邪悪な存在のせいで崩壊、壊滅状態…本当にあのどうしようもなく不快な存在、何とかしてください…。

南西諸島任務へ移行してもはじめの出撃からいきなり高速建造材とかいう完全無意味な場所行きにされ心底うんざり、げんなり…。
その後は潜水艦隊の2-3も含めボスへしか進まず南西諸島任務自体は完了したものの昨日は輸送船5撃沈任務も発動しており、それが未達という事態に…潜水艦隊はなぜかボスにしか進みません。
…もう早々にろ号作戦を達成してこの苦痛しか感じない任務から今週は一刻もはやく解放されたいのですが…(けれどまだ50%以上状態…昨日は全然輸送船エリアへ行きませんでしたし、これはダメそう…)


『よるのないくに2』は第3章のストーリーを進め、ボスがいる場所の直前までたどり着けましたけれど、そこまでの探索で思った以上に時間を使ってしまいました。
サブクエストもかなり残っており、さらに新キャラさんも一挙に二人も加入、そちらのかたがたのサブクエストもあったりと、時間制限がある中でこういうことを多数発生させるの、『アトリエ』シリーズを思い出しますけれどやめてください、私はのんびりしたいのです…。
ゲーム自体は結構楽しくなってきましたのに、この常につきまとう時間制限の不安が余計な要素で残念です…。

その様な中、サブクエストをこなすとホテルの管理をしていたカエデさんというかわいい人形のかたが何と従魔になってくださいました…これはもう、今後は基本的には彼女を従魔にしていくしかないでしょう(もうお一人は今のところ一番アルーシェさんとの関係が深い猫のネーロさん…ただ、障害物排除のスキルを持つかたがたを初回探索時などは入れるべきでしょうか)
従魔の数も多くなってきてしまい、その従魔を育てるにはクエストなどで得られるポイントを消費しなければなりませんのでなかなか悩ましいところなわけですけれど、同様にリリィと呼ばれるパートナーをどう使っていくのかもなかなかに悩ましいところです。
やはり一緒に戦闘をしたりすると親密度が上がるみたいですけれど、時間制限のある中で全員を上げることなどもちろんできない…(時間制限のなかった以前している『ユーディー』を除く)『アトリエ』シリーズでももちろん親密度は全員上げたりはしていませんでしたし、今回も特定のかたを優先しましょう(ルートがあるのならばそうすべきでしょうし…)
今のところは(他のかたがたも魅力的ではあるもののそれ以上に素敵キャラな)ルーエンハイドさん一択なわけですけれど、お話を思えばリリアーナさんが自然なのでしょうか…彼女が仲間になったらどうするか考えます?


以前読みました原作の完結記念ということで改めて以前観ました『桜Trick』のアニメを観返してみたりもしました。
こちらのアニメ、ちょっとあざとさを出している面があってそこが多少残念ではあるものの、そこを除けば改めて観てみてもかなり面白くよきもの…最近観たアニメたちにも負けていません?
春香さんと優さんがやっぱりあさかなにかなり重なるところもあり大好きでしたり、美月さんが色々な意味でよいキャラクターでしたり、その美月さんが最後までみかんさんと呼び続けたゆずさんもかなりよいかた…全員大好きといってよいかなと思います?

惜しむらくは、1年でお話が終わっていますので澄さんが出てきたかと思えば、それに百合的にも美月さんのおかげもありこの時点で十分高いものでしたけれどもこの先もっと…というところで終わってしまったところですけれど、それでもアニメでここまで百合的に高い作品は『ストパニ』や以前観ている『ささめきこと』あたりと並んで最高レベルではないかなと思います?
とにかく色々とても楽しませていただけました…そういえばコトネさんには妹さんもいらしたのでしたっけ…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年10月12日

また楽園で会いましょう。

こちらの公式サイトによると、以前している『百合霊さん』のフルボイス版が来年の1月27日に発売する予定みたいです。
もちろんゲームそのものはすでにプレイしているのですけれど、フルボイス版というのはそれはそれで嬉しいもので、また『百合霊さん』自体かなり好きで愛着のある百合ゲームでもありますので、もちろん購入しましょう。


では、先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□ラストピア(2)
■そとさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
作者のかたは以前読んでいる『ハルソラ行進曲』を描かれたかたとなります。

内容としましては、とある島で過ごすことになった記憶喪失のかたを描いた4コマ…。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き記憶を失ったリッタさんが田舎の島で過ごす日常が描かれていき、基本的にはのんびりとしたものなのですけれど、その中で彼女は自分の記憶の手掛かりを探していきます。

やがて、彼女の双子の妹であるという、かつては病弱だったというライアさんが島を訪れ、リッタさんと彼女のお二人が過去にこの島を訪れていることや、その際にエミさんとお会いしていたことが明らかになっていきます。
そして、どうしてこの島で記憶喪失者が多く出ているのか、ということも明らかになるのですけれど、それはマノさんが関わっており、ただこれは相当吹き飛んだお話といえばそうなってしまいますかも…?
そうした真相が明らかになっていくことからも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…最後は落ち着くところに落ち着く、なかなか悪くはない終わりかたでしたけれど、結局エミさんの過去はどういったもので、ユーさんはどういう存在なのでしたっけ…?(第1巻を読み返せば見えてくるのでしたっけ…?)

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、リッタさんとエミさんの関係が悪くなく…?
ということで、こちらはこの巻で完結となりましたけれど、なかなか悪くないものでしたかと…リッタさんの性別が完全に巧妙にぼかされたまま終わりましたけれど、第1巻冒頭の描写を見ると女のかたでよい、はず…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm3連装副砲、20cm連装砲、零戦21型、彗星一二型甲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行最上さん大破任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○特設艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○エラー発生:1
○ボス到達:3(ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:2
-----
…先日は輸送船撃沈、南西諸島任務ともにはじめの分岐での北上が1回も発生せず順調に終えられたのですけれど、先週ストレートに終わったのに対し今週は大荒れに荒れた北方海域任務同様に反動がやってきてしまい、輸送船撃沈任務の時点で大荒れ、崩壊状態…いえ、そういえば今週は月曜日も壊滅状態に陥りましたっけ…。
本当に羅針盤とかいう邪悪極まるエラー発生に次ぐ最低最悪の存在に対し憎しみが募ります…こんな嫌がらせをして、楽しいのですか…?

南西諸島任務ではもちろんはじめの分岐での北上が連発、そしてようやくボス前へ直行できたかと思えばその直後にエラー発生という最低最悪の事象を発生させられ人の心をずたずたに折れ果てさせてきます…何ですそれ…。


『よるのないくに2』は第2章終了まで…月齢が新月に達する前日になると警告文が表示されるので、それまでにできる限り効率よくお話を進めたうえでその警告の出る前日までレベル上げをして極力有効に時間を使っていきます。
その月齢システムはやはり今作における一番残念なところで、あとはカメラワークが以前している前作よりも微妙に悪化している様な…でもそちらはそれが悪すぎて断念した『Fate/』よりは全然問題のないレベルではありますけれども…。

一方で、従魔を得る方法が運任せでした前作に対し今作はマップ上の固定アイコンから入手ということに変更されていますので、それさえ見逃さなければ確実に入手できる様になっています。
そう、見逃しさえしなければ…ダンジョン内には炎や雷以外にも氷や跳躍(?)能力がなければ先へ進めない場所がかなりあり、それらの能力が使える従魔が仲間になったタイミングで探索をできるのかどうか、時間の意味でも覚えているかという意味でも少し不安かも…?
第3章に入り、また一気にサブクエストが発動しましたけれど、きちんと全てこなせるのか不安に…そして、邪妖ではなくルルド教団からの刺客を倒したら月齢が回復、とは一体何事…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月11日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第92回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:もきゅもきゅ、今日も無事に放送の時間を迎えられました『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:今日は10月11日、彩葉さんがとってもお世話になっていて大好きなあのかたのお誕生日です、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:わぁわぁ、それはとってもとっても素敵な素敵なことです、おめでとうございます♪

あ:うん、お誕生日おめでとうございます…こんな日に放送をすることができるって、とっても幸せなことです♪

か:ですです、あのかたのお誕生日をお祝いして、今日も元気に元気に放送をしていきましょう♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:ではでは、まずはいつものいつもの企画、来月発売予定のコミックを見ていきましょう♪

あ:来月は11月、多分かなり過ごしやすい時期になっているはずだけど、そんな来月はこんなものが出るみたい♪
-----
9日発売予定:『ご注文はうさぎですか?(6)』『あんハピ♪(8)』『ご注文はうさぎですか? ラビットハウスアンソロジー 〜coffee break〜』『放課後のアルケミスト(2)』
10日発売予定:『女子かう生(7)』『南鎌倉高校女子自転車部(10)』
13日発売予定:『まめコーデ(3)』
16日発売予定:『2DK、Gペン、目覚まし時計。(6)』『みみみっくす!(2)』『私に天使が舞い降りた!(2)』『たとえとどかぬ糸だとしても(2)』『立花館To Lieあんぐる(5)』『ロク+イチ暮らし』
22日発売予定:『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(6)』『再生学校(2)』『ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(9)』『ガールズ&パンツァー 戦車道ノススメ(2)』
24日発売予定:『ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地(1)』
25日発売予定:『アイドルマスター シンデレラガールズ コミックアンソロジー(仮)』『ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー 聖グロリアーナ女学院&プラウダ高校(2)』『ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団(1)』『咲 -Saki-(17)』『シノハユ(8)』『怜 -Toki-(2)』
27日発売予定:『すくりぞ!(2)』『魔法少女のカレイなる余生(2)』『魔法がつかえる中学生日記(2)』『艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(15)』『いきのこれ! 社畜ちゃん(3)』『アイドル事変(2)』『BanG Dream! よんこま ばんどりっ!(2)』『苺ましまろ(8)』『けものフレンズ 電撃コミックアンソロジー ジャパリバス編(2)』『乃木若葉は勇者である(3)』『コーヒー・カンタータ(2)』『ぺたがーる(3)』『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-(1)』『ラブライブ! サンシャイン!! コミックアンソロジー(1)』
29日発売予定:『プラマイごはん(2)』
-----
【未知数ながらきらら系第1巻作品で気になります?】
9日発売予定:『まんが家cherry!』
27日発売予定:『ぽんこつヒーローアイリーン』
-----
【未知数ながらその他第1巻作品で気になります?】
20日発売予定:『アクションヒロイン チアフルーツ』
27日発売予定:『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover』
30日発売予定:『同棲生活 社会人百合編』
-----
か:う〜んう〜ん、またまた『ろこどる』がいます…。

あ:うん、そうだね…前回はもちろんこの6月放送のときとかにもいたから、もう本当に出るのかいよいよ怪しくなってきたかも…。

か:ですです…あとあと『ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー 聖グロリアーナ女学院&プラウダ高校』とか、他にも他にもいくつかいくつかこれまでこれまでにも出てきてた作品がいますよ?

あ:発売延期になった作品が多い、っていうことかな…出す気持ちがあるだけ、まだいいのかもしれないけど…。

か:そんな来月ですけど、まずはまずはきらら系はどうですどうです?

あ:『うさぎですか?』がいるけど、これがなぜか月末じゃなくって4コマや大判サイズじゃない前半に『あんハピ♪』とかと一緒に出るみたい…どうしてかな?

か:不思議不思議です。

あ:あとは『すくりぞ!』とかだから悪くはないけど目立つ様な作品はなさそう、かな…きらら系以外だと『魔法がつかえる中学生日記』とかあるし、後半を中心に数もかなり多いから、質量ともに期待できるかも♪

か:なるほどなるほどです…『苺ましまろ』なんてものもあるんですね…。

あ:あっ、本当、その作品ってに読んでる前巻から結構間隔が空いちゃってるみたいに毎巻間隔がかなり大きいんだけど、まだ無事に出てくれるんだね…まさに忘れた頃に、っていうところなのかも。

か:あとはあとは、一番最後の最後の3つは何です何です?

あ:うん、『チアフルーツ』は前期アニメのコミカライズ版のはずで、『ミリオンライブ!』はプロデューサの扱いが未知数、一番最後のものはタイトルからして期待できそう、っていうことでそこに置いておいたの♪

か:なるほどなるほどです、もしもしもしもその『チアフルーツ』のコミカライズ版がとってもとってもいいものでしたら、アニメは購入購入するんです?

あ:う〜ん、前期作品はもうDVDの第1巻が出はじめてるところだし、後で触れる通り今期以降も色々あるから、もうよっぽど、ものすごくいいって感じない限りは控えるって思うよ?

か:ですです、コミカライズ版がとってもとっても面白いって感じてもいざアニメを購入すると期待よりは微妙微妙かも、っていういことがありますし、慎重慎重にしたほうがいいです。

あ:あぅ、それってもしかして『バンドリ』のことを言ってたりする、のかな…あれはに読んだコミカライズ版がとってもよかったからアニメも期待して購入することにしたんだけど、今のところ期待したほどじゃなくって…。

か:そのクールではにコミカライズ版を読んで読んでます『アイドル事変』っていう作品もコミカライズ版が負けず劣らずいい印象でしたけど、最終的に『バンドリ』を選んだんでしたっけ…そっちにしておいたほうがよかったよかったんじゃないです?

あ:ところが、そのクールにはに読んでる『ガヴリールドロップアウト』もあったりして、買うならコミカライズ版じゃなくって原作が安定してたそれにしておいたほうがよかったかも、なんて…うぅ、いまさらだし、こうなったら『バンドリ』の残り2巻が盛り返してくれることを信じようかな。

か:今回はもう遅い遅いですけどそのあたりはくれぐれも慎重慎重に、っていうところですね…ではでは、この企画はこのくらいにしておきますけれど、次は次は何を何をします?

あ:うん、10月に入ったっていうことで秋のアニメがはじまってきたはずなんだけど、そこでまた今後どんなアニメを購入予定なのかとかを見ていこうって思うよ♪

か:おなじみおなじみの企画ですね…。

あ:でも、前回の放送で過去にしてきた百合なゲームをかなり振り返ったから、今回は今までリストに記載してきた作品の他にも、今の形式の感想が残ってるアニメをできる限り振り返ってみることにするね♪

か:そうなんです?

あ:ただ、リストにない作品はもうどのクールで放送されたのか全然解らなくなっちゃってるから、最終巻をいつ見ているか、っていうのを年区切りで上げていくことにするね?

か:きちんときちんと調べれば解る解るかもですけれど、そこまでそこまでしなくてもよさそうですね…。

あ:あと、もっと古いアニメもいくつか持ってるんだけど、今回上げるのはあくまで今の形式の感想ページが残ってるアニメだけ、っていうことで…こんな感じ、かな?
-----
【リストにない、これ以前に購入した作品】
『ストロベリーパニック』『魔法少女リリカルなのは』『貧乏姉妹物語』など?
-----
【2007年購入】
 『ひだまりスケッチ』
-----
【2008年購入】
 『スケッチブック 〜full coler'S〜』
 『ARIA The ORIGINATION』
【2009年購入】
 『ストライクウィッチーズ』
-----
【2010年購入】
 『咲 -Saki-』
 『GA 芸術科アートデザインクラス』
 『ささめきこと』
 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』
-----
【2011年購入】
 『ストライクウィッチーズ2』
 『侵略!イカ娘』
 『魔法少女まどか☆マギカ』
-----
【2012年購入】
 『ゆるゆり』
 『けいおん!/けいおん!!』
-----
【2013年以降に購入】
 『モーレツ宇宙海賊』
 『はいたい七葉』
-----
-----
【2012年冬期放送】
 『キルミーベイベー』
-----
【2012年春期放送】
 何もなし
-----
【2012年夏期放送】
 『ゆるゆり♪♪』
 『人類は衰退しました』
 『輪廻のラグランジェ(第2期)』
-----
【2012年秋期放送】
 『ガールズ&パンツァー』
-----
【2013年冬期放送】
 『ビビッドレッド・オペレーション』
 『ラブライブ!』
 『ぷちます! プチ・アイドルマスター』
-----
【2013年春期放送】
 『ゆゆ式』
-----
【2013年夏期放送】
 『きんいろモザイク』
-----
【2013年秋期放送】
 『のんのんびより』
 『ミス・モノクローム』
-----
【2014年冬期放送】
 『桜Trick』
-----
【2014年春期放送】
 『ご注文はうさぎですか?』
 『ラブライブ!(第2期)』
 『ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター』
 『犬神さんと猫山さん』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『悪魔のリドル』
-----
【2014年夏期放送】
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
 『ハナヤマタ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『さばげぶっ!』
-----
【2014年秋期放送】
何もなし
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『天体のメソッド』『結城友奈は勇者である』
-----
【2015年冬期放送】
 『アイドルマスター シンデレラガールズ』
 『幸腹グラフィティ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ユリ熊嵐』
-----
【2015年春期放送】
 『ハロー!きんいろモザイク』
 『レーカン!』
 『魔法少女リリカルなのはViVid』
-----
【2015年夏期放送】
 ○『アイドルマスター シンデレラガールズ(第2期/DVDは第1期と一緒)』
 『のんのんびより りぴーと』
 『わかば*ガール』
 『ミス・モノクローム(第2期)』
-----
【2015年秋期放送】
 『ご注文はうさぎですか??』
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』
 ●『ミス・モノクローム(第3期/DVDは第2期と一緒)』
-----
【2016年冬期放送】
 『魔法少女なんてもういいですから。』
-----
【2016年春期放送】
 『三者三葉』
 『あんハピ♪』
 『ハイスクール・フリート』
 『パンでPeace!』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ばくおん!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『うさかめ』
-----
【2016年夏期放送】
 『NEW GAME!』
 『アンジュ・ヴィエルジュ』
 『ラブライブ!サンシャイン!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『あまんちゅ!』
-----
【2016年秋期放送】
 『フリップフラッパーズ』
 『ブレイブウィッチーズ』
 『ViVid Strike!』
 『魔法少女なんてもういいですから。(第2期)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ろんぐらいだぁす!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『ステラのまほう』
-----
【2017年冬期放送】
 『にゃんこデイズ』
 『けものフレンズ』
 ○『BanG Dream!バンドリ(DVD購入継続中)』
 『うらら迷路帖』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『アイドル事変』『ガヴリールドロップアウト』『小林さんちのメイドラゴン』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『南鎌倉高校女子自転車部』
-----
【2017年春期放送予定】
 ○『フレームアームズ・ガール(DVD購入継続中)』
 ○『ひなこのーと(DVD購入継続中)』
 『シンデレラガールズ劇場』
(気になるもののお金の関係で諦め…)
 『サクラクエスト』
-----
【2017年夏期放送】
 ○『NEW GAME!!(DVD購入継続中)』
 ○『ひなろじ(DVD予約済)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『バトルガール ハイスクール』
(原作を持っているものの購入検討せず)
 『セントールの悩み』
-----
【2017年秋期放送】
 ○『このはな綺譚(DVD予約済)』
 ●『シンデレラガールズ劇場(第2期/DVD予約済)』
 ○『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期/DVD予約待ち)』
-----
【2018年冬期放送予定】
 ○『スロウスタート』
 ○『citrus【シトラス】』
(気になるけれどお金の関係で諦め予定…)
 『ゆるキャン△』
-----
【放送時期不明】
 ○『けものフレンズ(第2期)』
 ○『こみっくがーるず』
 ○『はるかなレシーブ』
(気になるけれどお金の関係で諦め予定…)
 『三ツ星カラーズ』
-----
【劇場版/OVA】
 『MURDER PRINCESS』
 『TOHO PROJECT SIDE STORY 〜星の記憶〜』
 『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』
 『星の海のアムリ』
 『Candy boy』
 『その花びらにくちづけを あなたと恋人つなぎ』
 『青と空』
 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
 『たまゆら』
 『SOS TV ワルプルギス ナイトフィーバー』
 『Aチャンネル+smile』
 『くっつきぼし』
 『トップをねらえ!』
 『トップをねらえ2!』
 『けいおん!(劇場版)』
 『スクライド オルタレイション』
 『STRIKE WITCHES THE MOVIE ストライクウィッチーズ(劇場版)』
 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』
 『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』
 『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』
 『ゆるゆり なちゅやちゅみ!』
 『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow』
 『ゆるゆり なちゅやちゅみ!+』
 『ラブライブ! The School Idol Movie』
 『ガラスの花と壊す世界』
 『ガールズ&パンツァー(劇場版)』
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(OVA)』
 『ゆゆ式(OVA)』
 『きんいろモザイク Pretty Days』
 『ハイスクール・フリート(OVA)』
 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』
 『宇宙戦艦ヤマト(劇場版)』
 『機動戦艦ナデシコ The prince of darkness』
 『艦隊これくしょん -艦これ-(劇場版)』
 ○『魔法少女リリカルなのはReflection(DVD購入予定)』
-----
【総集編】
 『ギャラクシーエンジェル(無印〜Z)』
-----
か:例によって黒い丸印はショートアニメっていうことになります。

あ:『モーレツ宇宙海賊』『はいたい七葉』より上にある作品たちが、いつものリストにはない作品たちになるかな…『宇宙海賊』『はいたい』は購入時期が『キルミー』以下よりも以降のものになってるけど、『けいおん!』ともどもリアルタイムで購入したわけじゃないからちょっとややこしいかも。

か:こうしてこうして見ると、2011年くらいまでの購入作品が今と較べて物凄く物凄く少なくって、2009年なんて『スト魔女』だけっぽいですけど、本当本当にこれだけなんです?

あ:うん、多分…昔は本当に購入する作品のほうが珍しくって、今の状況がちょっと多すぎっていう印象はあるかも。

か:1クールで2、3作品とか買ってて、これでも諦め諦めてる作品があるくらいですものね…これじゃ確かに確かにお金も大変大変になるはずです。

あ:今の感覚なら確かそのときは購入作品が重なってお金が厳しいってことで諦めた『かなめも』とか『Aチャンネル』も普通に買えそうな気もしないこともないんだけど…とにかく、その分購入する価値のある作品が昔よりも多くなってる、っていう意味もありそうだから、それはそれで喜ぶべきなのかも♪

か:そうかも、です…OVAや劇場版も結構結構たくさんたくさん買ってます?

あ:こっちのほうがTVアニメを全何巻で購入するよりも気軽かもしれないから…そうそう、リストにはないけど某機動戦士な作品の劇場版とかも、借りた後で自分で持っておきたいなって感じてある程度購入してて、これらは手元にあるの♪
-----
 ○機動戦士ガンダム(劇場版3作)
 ○機動戦士ガンダムMS IGLOO -1年戦争秘録-
 ○機動戦士ガンダムMS IGLOO -黙示録0079-
 ○機動戦士ガンダムMSイグルー2 重力戦線
 ○機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
 ○機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY ジオンの残光
 ○機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
 ○機動戦士ガンダムF91
 ○新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
 ○劇場版∀ガンダム
 ○劇場版機動戦士ガンダム00
 ○機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
-----
あ:本当は『X』や『G』あたりも好きだからほしいんだけど、TVアニメ版全巻はやっぱり手が伸びなくって、ね…『ギャラクシーエンジェル』が一連の総集編BOXで買えてるんだから、やろうと思えばやれそうなんだけど…。

か:それは仕方仕方ないですね…あとあと目につくところだと、『イカ娘』とか『ひだまりスケッチ』『咲』は第1期だけ購入購入してたんですね…。

あ:うん、『ひだまりスケッチ』と『咲』は第1期だけでいいかなっていう気持ちになって第2期は普通に見送ったんだけど、『イカ娘』はお金が厳しくって泣く泣く見送った記憶があるかも…。

か:う〜んう〜ん、それは残念残念です…。

あ:本当はここから特に印象に残ってる作品を紹介しようかなって思ったんだけど、ちょっと放送時間が足りないみたいだからそれはまた今後の放送での企画として検討しておくね?

か:ですです、仕方仕方ありません…ではでは、今期以降の作品についてお話ししておきます?

あ:今期は『このはな綺譚』と『シンデレラガールズ劇場』第2期がすでに予約してあって、第1期を購入してる『ラブライブ!サンシャイン!!』もよほどのことがなければ購入予定かな…来期以降きらら系を中心に絶対購入したい作品が多いし、今期はあとはよほどのものがない限りは購入を控えるかなって思うよ。

か:あのかたがお勧めお勧めしてくださる作品があれば、というところですか…無理のない範囲で購入購入していきましょう♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:でもでも、そのあのかたにお勧めお勧めしていただけたわけでも、さらにはさっきお話に出た『バンドリ』とか『アイドル事変』『ガヴリールドロップアウト』みたいにコミカライズ版や原作すら読んで読んでいない『ひなろじ』って作品を購入購入することにしてますけど…大丈夫大丈夫なんです?

あ:う〜ん、確かに不安要素は大きすぎるくらいあるんだけど、でも作品の雰囲気が大丈夫そうって確信を持てそうなほどの感じになってる上に、普通に全12話なのにDVDが上下巻でそれぞれ約8000円っていう破格の安さだったから…。

か:1巻に6話ずつ収録収録っていうことですか…だいたいのDVDが1巻2話収録で同じ同じくらいの値段だということを考えれば、確かに確かに良心的な価格です♪

あ:うん、だから思い切ってみたの♪

か:なるほどなるほどです…ところでところで、来期以降『スロウスタート』に『こみっくがーるず』『はるかなレシーブ』とか『ゆるキャン△』とアニメ化ラッシュに感じられるきらら系の作品、今期はさすがに何も何もないんです?

あ:えっと、今期は存在はするんだけど、某混ぜ物Sだから気にしなくていいと思うよ?

か:あぁ、確かに確かにそれでしたら某城下町の蒲公英とか某学校で暮らす作品並に気にしなくてしなくていい作品ですけど、でもでもおかげでDVD購入ラッシュに中休みができますからある意味ではありがたいありがたいですね。

あ:うん、でも今期はすでに3作品購入する予定になってるから…ううん、だからこそそこにさらにきらら系がいないのはありがたいこと、かな♪

か:ですです、ではではこの企画もこれくらいにして、あとはあとはこれも毎回毎回恒例の企画になってます『艦これ』についてです?

あ:そうだね、まずは私の艦隊にいらっしゃる皆さんの今の状態を、今回は艦種別に見ていくね♪
-----
【戦艦/航空戦艦】
○レベル99:伊勢さん・日向さん・大和さん・武蔵さん・比叡さん・榛名さん・扶桑さん・山城さん・リットリオ(イタリア)さん・長門さん・陸奥さん・アイオワさん・ウォースパイトさん
○レベル98:金剛さん
○レベル97:ビスマルクさん・ローマさん
○レベル83:ガングートさん・リシュリューさん
○レベル72:霧島さん
-----
【正規空母】
○レベル99:大鳳さん・飛龍さん・蒼龍さん・雲龍さん・天城さん・葛城さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・サラトガさん・赤城さん・グラーフ・ツェッペリンさん
○レベル89:アクィラさん
○レベル80:アーク・ロイヤルさん
○レベル50:加賀さん
-----
【軽空母】
○レベル99:瑞鳳さん・龍鳳さん・隼鷹さん・祥鳳さん・飛鷹さん・鳳翔さん
○レベル98:龍驤さん
○レベル94:大鷹さん
○レベル75:千歳さん・千代田さん
-----
【重巡洋艦/航空巡洋艦】
○レベル99:鈴谷さん・熊野さん・利根さん・筑摩さん・足柄さん・羽黒さん・古鷹さん・高雄さん
○レベル98:三隈さん・ザラさん
○レベル97:衣笠さん・加古さん・青葉さん
○レベル94:プリンツ・オイゲンさん・妙高さん・那智さん・愛宕さん
○レベル89:ポーラさん
○レベル75:最上さん・摩耶さん・鳥海さん
-----
【軽巡洋艦/重雷装巡洋艦】
○レベル99:五十鈴さん・川内さん・由良さん・名取さん・阿武隈さん・鬼怒さん・夕張さん
○レベル98:木曾さん・神通さん
○レベル96:球磨さん・阿賀野さん・能代さん・矢矧さん
○レベル94:大淀さん
○レベル93:長良さん・那珂さん
○レベル80:天龍さん・龍田さん
○レベル76:多摩さん・酒匂さん
○レベル50:大井さん・北上さん
-----
【駆逐艦】
○レベル164:五月雨さん
○レベル99:夕立さん・大潮さん・初春さん・潮さん・初霜さん・叢雲さん・朝潮さん・江風さん・霞さん・荒潮さん・初雪さん・深雪さん・陽炎さん・不知火さん・曙さん・漣さん・子日さん・若葉さん・涼風さん・満潮さん・弥生さん・夕雲さん・浜風さん・谷風さん・磯風さん・早霜さん・清霜さん・高波さん・照月さん・萩風さん・初月さん・春風さん・山風さん
○レベル98:時雨さん・綾波さん・皐月さん・如月さん・暁さん・長波さん・秋月さん
○レベル97:三日月さん
○レベル95:菊月さん・舞風さん・野分さん・長月さん
○レベル94:朝雲さん・山雲さん・リベッチオさん
○レベル91:神風さん
○レベル90:望月さん・卯月さん
○レベル82:睦月さん・文月さん・水無月さん・朝風さん・旗風さん
○レベル79:狭霧さん
○レベル73:吹雪さん・白雪さん・敷波さん・黒潮さん・雪風さん・島風さん・朧さん・響さん・雷さん・電さん・白露さん・村雨さん・霰さん・初風さん・秋雲さん・巻雲さん・天津風さん・浦風さん・時津風さん・春雨さん・朝霜さん・Z1さん・Z3さん・風雲さん・海風さん・嵐さん・沖波さん・親潮さん・浦波さん・松風さん・藤波さん・天霧さん
-----
【潜水艦/潜水空母】
○レベル97:伊58さん
○レベル92:伊401さん・呂500さん
○レベル91:伊168さん・伊8さん・伊19さん・U-511さん
○レベル88:まるゆさん
○レベル85:伊26さん
○レベル84:伊13さん・伊14さん
○レベル70:伊504さん
-----
【水上機母艦】
○レベル99:秋津洲さん・瑞穂さん
○レベル97:コマンダン・テストさん
-----
【練習巡洋艦】
○レベル99:香取さん・鹿島さん
-----
【海防艦】
○レベル94:国後さん・択捉さん・占守さん
○レベル87:松輪さん
-----
【補給艦】
○レベル99:速吸さん
○レベル92:神威さん
-----
【その他】
○レベル99:大鯨さん・明石さん
○レベル86:あきつ丸さん
-----
か:五月雨さんのレベルがすごいすごいことになってます。

あ:うん、最大レベルが165になったから、そこに向けて演習で常に旗艦にしたりしてるの…他の皆さんのレベルも上げたいんだけど、()以外でレベル100以上にできる方法があればいいのに…。

か:運の上昇はなしで、ということでそういうのがあってもよさそうよさそうなんですけどね…ではでは、昨日はどうでした?

あ:昨日はこんな感じかな?
-----
【開発】
失敗、3連装魚雷、33号対水上電探、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
○通商破壊艦隊2-2・2回め:(ボス直行)
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:0
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:4(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:1
-----
あ:昨日は輸送船撃沈、南西諸島任務ともに2-2のはじめの分岐での北上がなかったからとってもいい結果だったかも♪

か:はじめのはじめの分岐で北上させられるとおかしな場所へ飛ばされることもありますし、それがないだけでも十分十分ですよね♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:適度に適度に輸送船エリアにも進んでいるみたいですし、よかったよかったです♪

あ:秋刀魚のイベントが思ったよりも長いみたいだけど、あのかたも無事に集められているかな…そうであることを願いたいです♪

か:ですです♪

あ:ゲームといえばずっと放置していた『よるのないくに2』を再開してみて、時間制限が厳しくなってたりと色々微妙なところはあるんだけど一応悪くない感じでプレイはできそうだから、ひとまずこのまま進めてみることにするね♪

か:ですです♪

あ:あと、そういえば、数日前にサイトが消滅したって思っていたこの『その花』シリーズの商業版サイトその1、URLを変更したってなってたっけ…。

か:ということは、このその2に移行移行して以降もう忘れ去られてたって思って思ってましたそちら、存在は忘れ去られてなかったってことですか…その点で少し意外意外かもです。

あ:うん、そうだよね、もちろんその商業版サイトその1にそれ以上の動きはないんだけど、ね…『その花』自体、最近はちょっとついていけてないところが大きいんだけど…。

か:あぅあぅ、もうゲームは出ない出ないんでしょうか…とにかくとかく、あのかたのお誕生日を祝福祝福して秋刀魚漁も順調順調に進んでいらっしゃることも願いながら、今日の放送はこのくらいにしましょう♪

あ:うん、今日はお誕生日、本当におめでとうございました…また次回の放送も、よろしくお願いします♪
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio