2007年06月30日

milestone

〜拍手のお返事〜
14:20(昨日)>
FF(昨日の日誌に書いた『ファイナルファンタジー5』のことですよね?)をするなら、主人公を女のかたにできるPSの『聖剣伝説LOM』という作品がお勧め、ですか…情報、ありがとうございます♪
その名前は確か、以前の拍手で『聖剣伝説3』というものをお勧めされましたけれど、同種の作品でしょうか。
そちらはPSより古いゲーム機だったので諦めたのですけれど…と、LOMとは何でしょうか…?


昨日は虎穴通販…ではなくて、コナミさんの通販からこの様なものが届きました♪
久しぶりのビーマニ系CDです♪
○milestone
○beatmania IIDX 14 GOLD original soundtrack(ローマ数字で『2』を打つと、この日誌では文字化けすることが判明…/ぇ)
…これは結構以前に予約注文をしていたものです♪
上のものは弐寺などで活躍されていらっしゃるdj TAKAさまの1stアルバム、下のものはタイトルのとおりのアイテムです。
主に上のものが目的だったのですけれど、同時注文ができてしまいましたので両方とも注文してしまったのです♪
…コナミさんのお店に、弐寺キャラのフィギュアが売っておりましたね…『彩葉』って何だかいいお名前ですし、私のキャラに使いたいかも…(何)

さて、この2枚ですけれど、両方ともdisc2枚組となっております…サントラが2枚以上なのはいつものことですね。
さすがに60分以上つまったCDを4枚もまとめて聴くのは難しいので、昨日はdj TAKAさまのCDのみを聴いてみました♪
弐寺サントラのほうは、曲目の『零 -ZERO-』や『CaptivAte 〜誓い〜&〜裁き〜』などが気になりますけれど、こちらはまたいずれ…。

サントラジャケットは『幸せの空』のジャケットのイラストと同じかたの絵みたいですけれど(上に書いた彩葉というキャラの絵も同じ人みたい?)、個人的には結構気に入っていたり…一時は『幸せの空』のジャケット絵のかたが十六夜さんのモデルになりそうでしたし♪(結局技の名前としてだけいただきました)
幸せの空…
…ポスターがお部屋に貼ってありますし♪(『ありかる』や『ストパニ』とともに…)
『Xepher』や『EDEN』などの絵は違うかたでしょうけれどこれらの絵も好きで、弐寺の絵は結構気になるのですよね…♪(『Xepher』と『SigSig』は同じかたが描いているそうですね?)

dj TAKAさまといえば弐寺などのいわゆるビーマニの世界ではかなり有名なかたみたいですけれど、私がはじめて知ったのはCSポップン9でした…って、はじめて買った作品ですね(ぇ)
そこに収録されていた『ABSOLUTE』と『Colors』がかなりよかったと感じたのでした…『Colors』はかなりの壁にもなりましたけれど(初心者の私にはかなり難しい譜面でした)
続いて(といっても半年以上の間が開いていたはずですけれど)購入したCSポップン10に収録されていた『Votum stellarum』もかなりよかったですし…♪(この曲も譜面的にはかなり壁になりました…)
『幸せの空(HAPPY SKY)』に入っていた曲もよろしゅうございましたし、CDが出るのを見まして迷うことなく予約をしてみたわけです♪(弐寺のサントラは迷いましたけれど…)
確か、ポップンライブにも一度いらしていたはずでし♪

さて、さっそく聴いてみたわけですけれど、1枚めは普通のサントラで、2枚めはビーマニなアーティストさんたちがdj TAKAさまの曲をアレンジしたものが収録されております♪
1枚めには私の知っている、『Votum stellarum』や『ABSOLUTE』に『V』なども入っておりましたけれど、いずれもゲーム中の曲をアレンジした感じみたいですね…それでも、よいものはよかったですけれど♪
2枚めは『Colors』などが入っておりました…そう、最近水樹奈々さまと霜月はるかさま、そして少し東方の曲ばかりを聴いていたので、それ以外の曲を聴くのは結構久しぶりだったのですけれど、やっぱりよろしゅうございましたね…♪

といっても、dj TAKAさまの曲は私よりもむしろ先輩のほうが大好物だったりしますので、今日いらっしゃるあのかたにこのCDはお貸しする予定です♪
その代わりというわけではありませんけれど、先輩はあれを持ってきてくださるそうで…非常に楽しみです♪

と、予約しているCSポップン14の発売日は7月12日ですね…忘れない様にしないと、でし♪
CSポップン14と、同じく近日発売のCS弐寺13、どちらがより面白そうなのでしょう…?(ぇ)


昨日は久しぶりとなるかもしれない『私立天姫学園』のほうへ…規約についてのご意見の締め切りは今日ですので、まだ書いていらっしゃらないかたでご意見のあるかたはおはやめに、でし(新規約は入園案内の中にあって、ご意見は生徒会掲示板に書けます)

その昨日は久しぶりに美紗さんが枝葉さんにお会いできたり、なずなちゃんがやっぱり冷房代わりにされそうになっていたり、葉月先生が危険な森にまでお花の種の採取に行ったりしていました♪
でも、新規約には5人まで入室可と書かれていますけれど、普通に入室する分には私にはやっぱり3人が限界かもしれません…ずっとお一人しか入室されていない場所には極力入室しようとは思っているのですけれど、やっぱり限界があって…うぅ。
4人めは緊急のため(どうしてもお会いしたいかたがいらしたときとか)に取っておいて、5人めは本当に予備としておきたいと思います…ご了承ください。
…実は、新規約のこの一文…『2人以降は可能な限り、他の方が入室している場所に入室する様に心掛けて下さる様、ご協力下さいませ♪』は私が一番願っていたことだったり…ご、ご協力してくださると、嬉しいです…♪


…最近、私とよくお話をしてくださっていらっしゃる大切なかたのうち、あのかたとあのかた…お二人と、お話ができずにいます…。
どちらのかたも心配になってしまって、こちらからメールを送ってしまいそうになってしまいます。
でも、便りがないのは元気な証拠ともいいますし、お元気なのに、あるいは事情があってお休みをしている中でそんなメールを送ってもご迷惑になると思いますし、もう少し様子を見たほうがいいですよね…?
posted by 桜乃 彩葉 at 05:40 | Comment(7) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月29日

Final Fantasy

『ユーディーのアトリエ』をほぼ満足な状態でクリアをしましたけれど、さすがに連続で『アトリエ』シリーズをするのは、しかも期限のある作品をするのには元気がありませんでしたので、中休みとして違うゲームをすることにいたしました。
そう考えてゲーム好きの後輩にゲームを一つ借りたのはもう一週間以上前になります……はい、『ユーディー』クリア前に借りておりました。
かつて『リリー』や『サモンナイト2』は同じくゲーム好きなお友達に借りたのですけれど、そのお友達は学校の関係で遠くへ行ってしまいましたので…。
ともかく借りるのはDSの作品で百合な雰囲気のありそうなもの、とお願いしてみました。
『サモンナイト クラフトソード』シリーズがあればそれがよかったのですけれど、残念ながらそれは持ち合わせていなくって、代わりにこんな作品を貸してくださいました。
ずいぶん過去の作品…
これはDS…ではなくてゲームボーイアドバンスのソフト(『クラフトソード』もアドバンスですが)で『ファイナルファンタジー5』です。
このシリーズは名前だけ聞いたことがありましたけれど、実際に手にするのはこれがはじめて…と、これは以前買ったPS2の『マリー+エリー』同様リメイクな作品で、オリジナルが出たのはなんと1992年とのことでした。
1992年なんていえば、相当な昔…私がまだ小学校に入学したかしないかのあたりですし、そういえば先日訃報の報じられた宮澤氏が総理を務めた時期らしいです。
ちなみに、昨日は大きなニュースが多かったですけれど、一番気になったのは例の脱線事故の報告書…それのことや他のニュースのことなど、言いたいことは結構あるのですけれど、それは控えて…と。
ともかく、そんな古い作品…と、それ以上に気になったのは、私は百合系の作品を希望したのにこの作品はどう見ても男が主人公…。
後輩が言うにはキャラの隊列を変更したら主人公なんて誰だか解らなくなる、というのでとりあえずやってみることにしたのでした。

主人公の名前は自分で決められたので、色々考えた末『リイン』に…あ、あまり気にしないでくださいまし。
そして半信半疑のままやってみたのですけれど、確かに主人公は特に目立たない上に仲間の女のかたと恋に落ちたりも(今のところ)しないので気になりません。
それに対して仲間にはタイクーンという国の王女さまのレナという人と海賊の頭領ながら女の人のファリスという人がいるのですけれど、このお二人が実は姉妹だったりしました。
私には主人公はファリスさんでヒロイン役はレナさんという、姉妹愛の作品に見えてきてしまいました…ということで、この作品はこのままクリアまで進めてみたいと思います♪
もちろん隊列の先頭はファリスさんです…ちなみに仲間にはもう一人、ガラフという実は王様だったおじいさんがいるのですけれど、このかたもよいキャラです♪

ストーリーのほうは、暗黒魔道士エクスデスという何だかすごい名前の人の封印が解けない様にクリスタルというものを主人公たちが護ろうとするものの結局封印は解けてしまい、エクスデスさんを倒すために別の世界へ…というところまで進みました。
今はバリアに弾き飛ばされた先の辺境の地にあった変なお城でレベル上げをしています…後輩に中盤でレベル上げをするならそこがいい、と楽なレベル上げの方法ともども教えていただきましたので♪
と…私は今まで『サモンナイト』みたいなシミュレーションRPG、『シャンテリーゼ』『デュープリズム』みたいなアクションRPG、そして『アトリエ』シリーズみたいな調合RPG(?)とやってきましたけれど、今回みたいないわゆる普通のRPGに手を出すのははじめてです。
今のところ、上にあげた作品の中ではこれが一番簡単です…レベル上げも比較的楽ですし、レベル上げの鬼らしい私に向いているのかも?(楽しいかは別にして/ぇ)
ちなみに、今のレベルは34…ですが、この作品はジョブ(仕事?)のレベルも上げないといけませんので、ま、のんびりと…。

その他、イラストはあまり私好みではありませんけれど、それは気にせずで。
映像や音楽はどうやら1992年のものを流用しているらしいのですけれど、そこはそれほどは気にならないかも?
キャラは男装の王女さまたるファリスさんがよいですね♪(あとはガラフさんくらい…目立つキャラが少ないです)
ストーリーは今のところ普通…これはあくまで中休みの作品ですので、これが終わったら『ヴィオラート』か『マリー+エリー』をしようと考えております♪
…これをクリアする前にポップンがきそうですけれど…。


昨日は桜花さまのチャットがありましたので(こちらもはやめに退室してしまいましたけれど…ぁぅ)二日連続でお休みしてしまった『私立天姫学園』ですけれど、今日こそは確実に行くはずです♪
何だか、学園のほうは新規のかたがお一人いらっしゃいそうな気配があるかもで…稀沙さまの復帰と合わせて、楽しみです…♪
お忙しいみたいで最近お姿を見ないあの人たちにも、お会いしたいものです…。

でも、昨日はちょっと…あのかたにはああ言っていただけたとはいえ、あまりにもご迷惑をおかけしてしまって…ごめんなさいまし、です…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月28日

は〜ちゅものがたり講座21

(み:藤枝美紗さん、しゃ:永折美紗さん、ふ:逢坂蕗さん、あ:鴬谷菖蒲さんです)

み:は〜ちゅものがたり講座〜♪

しゃ:にゃ〜♪

み:…って、わっ、みしゃさんが猫さんになっちゃってるよ〜。

ふ:前回もそうだったじゃない…早くもとに戻してあげないと。

み:う、うん、昨日は寝不足でお休みしちゃった『私立天姫学園』のほうで、何とかしなきゃだよ〜。

ふ:うん、今日は学園のほうに行くみたいだね…頑張ってね♪

み:うん…って、よく考えたら今日って28日だよ〜(あたふた)

ふ:28日だと、何かまずいの?

み:う、うん、確か今日は桜花さんのチャットの第二回が開催されるはずなんだよ〜(えと、今日でしたよね?/何)

しゃ:にゃ〜!

ふ:あっ、それじゃ今日も学園のほうへは行けそうにないね…昨日はりそなさんが学園にきてたみたいだし、休まなきゃよかったのに…。

み:う、うん、この前もこんなことがあった気がするけど、何だかすれ違いが多くてしょんぼりだよ〜…。

しゃ:にゃにゃ〜…。

み:チャットのほうも楽しみだから、思い切ってチャットに参加しながら学園にも行こうかなとか考えてるけど、難しいよね…みしゃ先生たちはこれないと思うし…。

しゃ:にゃぅ…。

み:…(しゅん)

しゃ:…にゃ〜、にゃ〜♪(みーさちゃんに抱きつきます)

み:わっ、みーさを元気づけてくれるのかな…ありがとうだよ〜♪(なでなで)

しゃ:ふみゃ〜♪(ごろごろ)

ふ:…何だか、みしゃさんはこのままでも大丈夫そうな感じだね。

み:うん、みーさもそう感じちゃうよ〜。

あ:あらあら…うふふっ♪

み:えっと、みしゃさんがこんな状態だけど、いつもの企画…あやのさんが過去にやったゲームの紹介をしていくよ〜♪

ふ:えっと、前回から百合なゲームに目覚めたということで『アカイイト』だったわけだけど、今回は何かな?

み:うんっ、今回は『サモンナイト』だよ〜♪

しゃ:にゃ〜、にゃ〜っ♪

ふ:みしゃさんも知ってる作品みたいだけど、ギャルゲー系のジャンルじゃないゲームが出たのは『ポップン』以来2回めかな?

み:うん、このゲームのジャンルはシミュレーションRPGだから…そのときはじめて手を出したジャンルになるよ〜。

しゃ:にゃ〜ん♪

ふ:えっと、どのくらい難しかったか聞いてるみたい…?

み:えっと、そうだね…ギャルゲーとポップンしかしたことなかったから戦闘ははじめのうちは厳しかったんだけど、レベルを必要以上に上げる癖がみーさに出ちゃったんだよ〜。

ふ:この後にすることになる『シャンテリーゼ』や『ユーディーのアトリエ』でもその癖は遺憾なく発揮されてものすごく強くなったみたいだけど…どうしてそんなことするの?

み:だって、この先どんな強い相手が現れるか解らないし、できるだけ強くなっておいて楽に進みたいんだもん〜。

ふ:結果、確かにずいぶん楽に敵を倒したりできたみたいだね♪

み:うん、でも『サモンナイト2』はクリアするのに80時間くらいかかっちゃったけど…。

しゃ:にゃ、にゃ〜…。

ふ:それは…ちょっと、やりすぎかもしれないね。

み:『1』のほうも30時間くらいだったし、『3』は40時間くらいやったところで力尽きてクリアするのを諦めちゃったりしちゃったけど…。

ふ:そ、そんな弊害があるんだね…とにかく、『サモンナイト』はシリーズものだけど、どれからはじめたのかな?

み:うんっ、『2』からだよ〜♪

しゃ:にゃ〜ん?

み:あっ、どうしてそれをやったのかだよね…えっと、RPG好きなお友達に百合な感じのゲームはないかな〜ってたずねたら、その『2』を貸してくれたんだよ〜♪

ふ:なるほど…♪

み:そのとき一緒に『ゼノサーガ』ってゲームも借りたんだけど、『サモンナイト』が面白かったから結局そっちには手を出さなかったよ〜。

しゃ:にゃ〜…。

ふ:「何だか『リリーのアトリエ』をやったあと力尽きて『ユーディーのアトリエ』を諦めたときみたい」だって…その後やった『ユーディー』はすっごく面白かったみたいだし、『ゼノサーガ』ってゲームも面白かったかもなのにね。

み:と、とにかく、『2』はもちろん主人公は女の子で、護衛獣はハサハちゃんにしたわけだけど…このお二人が、すっごく素敵だったんだよ〜♪

しゃ:にゃ〜、にゃにゃ〜♪

み:うんうん、みしゃさんもそう思うよね…ハサハちゃんはすっごくかわいくって、主人公さんに一途で、将来結婚したいって思ってて、そして最後にはちょっとおっきくなった姿も見せたり…♪

ふ:主人公が男だったらどう見ても犯罪に見えるけど…男の主人公なんていうのはないってことで。
  このゲームは主人公の性別やパートナーが選べるところがいいね♪

み:うんうん、『2』には他にもアメルさんやケイナさんとカイナさん、ミニスちゃんやルウさんとか素敵な人がいっぱいいたけど、みーさはもうハサハちゃんに一目惚れしちゃったからハサハちゃん一筋でいっちゃったよ〜♪

ふ:あやのさんは渋いおじさまが好きみたいだから、レナードさんやアグラバインさんなんかも使ってたみたいだね。

み:でね、『2』がすっごく面白くって確かに百合な雰囲気でもあったから、続いて『1』のほうもやってみたんだよ〜♪

しゃ:にゃにゃ〜ん♪

み:そうだね、『1』は主人公の性別だけじゃなくって性格も選べたよね〜♪

ふ:活発な子と物静かな子のどっちかだったけど、みーさちゃんはどっちを選んだのかな?

み:みーさは物静かな子にしたよ…だからパートナーはカシスさんっていう元気な子になったよ〜♪

ふ:『1』は結局そのカシスさんルートで終わったみたいだね?

み:うん、仲間になる人で他に気に入った人が『2』にも出てきたミモザさんしかいなかったから…しかもミモザさんはすっごく後半にならないと仲間にならなかったし…。
  結局、主人公とカシスさんとミモザさん、あとカイナさんの4人だけでクリアしちゃったよ〜。

しゃ:にゃ〜…。

み:でも、仲間にならない人ならいい人がいたんだよね…リプレさんとか、そのお家にいたラミちゃんとかフィズちゃんとか…♪

ふ:そういえば、ストーリーのほうはどうだったのかな?

み:えっと、『1』のほうはバノッサさんの最期が悲しかったよ…『2』のほうはハサハちゃんが頑張ってたことが印象に残ってるよ〜♪

ふ:あ、あんまりストーリーについて解らないけど…と、とにかく面白かったわけだね。

しゃ:みゃぅ〜?

み:えっと、『3』は途中までしかしてないけど、主人公の先生さんも好きだし、あとアリーゼちゃんやマルルゥちゃんっていったかわいい子も好きだし、アズリアさんやミスミさまやファルゼンさんやクノンさんとかも好きだったし…キャラ的には『3』が一番よかったかもだよ〜♪

ふ:でも、クリアしなかったんだよね…。

み:えっと、それはね、誰のルートで行けばいいか迷いすぎちゃってって意味もあったんだよ…レベル上げをものすごくしちゃう関係で、2周めをする元気なんて絶対ないから…。

ふ:そっか、なるほどね…で、『4』は買ったけどやれていないんだって?

み:はわわ、そ、それは…!(あたふた)

しゃ:にゃにゃ〜!

ふ:うん、『エクステーゼ』っていうのは買ってすぐ手放したそうだし…ま、その気持ちは私にも解るけどね?

み:はわわわわ〜(あたふた)

あ:あらあら…うふふっ♪

しゃ:にゃ、にゃにゃにゃ〜。

ふ:うん、そういえばDSで何か『サモンナイト』シリーズが出るみたいだけど、主人公のシステムが『エクステーゼ』みたいなんだって。

み:やったことないけど『クラフトソード』みたいにすればよかったのに、どうしてそんな…それは『エクステーゼ』と同じでなかったことにしておいちゃうよ〜。

ふ:本当はゲームシステムとかのお話も聞こうと思ったんだけど、時間がなくなっちゃったね…それじゃ、このゲームの評価はどんな感じかな?

み:うん、えっとね…
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○グラフィック評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○音楽評価:★★★☆☆(3.0)
 ○声優評価:★★★★☆(4.0)
 ○難易度:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○付加要素(おまけなど):★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)
  …『2』以降には、前作のキャラが登場したりするルートがあったりするから、それを見るのも楽しいかもだよ〜♪

ふ:それじゃ、何だか好きなキャラを言っただけな気もするけど、とにかく今日のものがたり講座はここまでかな♪

しゃ:にゃ〜にゃ〜♪

ふ:次回までにはみしゃさんは元に戻ってるのかな…うゅ。

み:はわわ、き、きっと戻ってるんじゃないかな…もきゅもきゅ、ばいばいだよ〜(あたふた)


あ:あらあら、猫さんのみしゃさんもかわいらしいですね…♪
  みーさちゃんが猫さんになった姿も、見てみたいかもしれません…うふふっ♪
  あと、学園のほうでは規約についてのご意見を集めていますけれど、皆さんはもう書いたでしょうか…♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2007年06月27日

思い出を背にして

色々あって最近ゲームになかなか手をつけられなかったのですけれど、この数日間で『ユーディーのアトリエ』はいよいよ大詰めでした♪
まず、神殿の探索をしているうちにユーディーさんとエスメラルダさんの冒険者レベルが97にまでなりましたけれど、これ以上上げてもあまり意味がないと判断し、いよいよマイバウムの塔へ行くことにいたしました♪
と、最後にパメラさんを連れて神殿へ行ったのですけれど、最奥の魔法陣が発動しなくなっていました…パメラさんが幽霊だから?

ともかく、マイバウムの塔です…入りかたが解らなくてヘルミーナさんを連れて行ったりしてみましたけれど、最終的にはラステルさんを連れて行くことで中へ入ることができる様になりました♪
この塔のあたりは、何だかもう完全にラステルさんのイベントに見え…♪

塔の中は一本道ながら、敵さんは神殿の最奥並に強力な敵さんが現れましたけれど、さすがにこちらはレベル97なのでほぼ余裕です♪
竜の砂時計をアイテムとして使用すると、敵さんが時空の彼方へ消滅することに、ここで気づき…結構恐ろしいアイテムだったのですね。
塔の最上階には魔王ザウゼンという敵さんが何の音もなく現れました…ユーディーさん、エスメラルダさんはともかく、もう一人のメンバーがラステルさんだったのが少し不安でしたけれど、意外と余裕に…3ターンほどで倒すことができました♪
エスメラルダさんがレベル95で覚えた必殺技の威力は絶大でした…ラステルさんの歌の力もあったかもしれません♪
…よく見たら、レベル60のラステルさんの能力値が、レベル98になったユーディーさんと大差ない…思ったよりラステルさんは強かったのですね。
魔王さんは、何の音もなく消滅してしまいました…ちょっとさみしいかも。

ここでヴェルンへ戻ってエンディングへ進むと、ラステルさんがユーディーさんを「過去に帰らないで!」と引きとめてきて、帰るか帰らないか選択肢が出現しました♪
やっぱり、私だけでなくユーディーさんご自身も、本当に帰る必要があるのか悩んでいらしたみたい…♪
もちろんこちらの世界へ戻るを選択して、メインキャラの皆さんでユーディーさんのアトリエを建設するというエンディングへ進むことができました♪
非常にあっさりしたエンディングでしたけれど、ユーディーさんとラステルさんが別れずにすんだりと、やっと納得の行く展開だったと思います♪

というわけで、『ユーディーのアトリエ』は武器防具図鑑以外は全て埋めた状態でクリアができました♪
途中、なかなか難しかったりもしましたけれど、まず満足の行く…これの前にやった『まなびストレート!』のゲームなんて問題にならないくらいの良作だったと思います♪
まだ『リリー』みたいにアイテムの威力を最強化などはしていませんけれど、もうこのあたりでいいかな…なんて。
いえ、『リリー』でギガフラムを最強化したのは理由があったのですけれど(黒の乗手というものすごく強い敵さんを倒すため…さすがに20000のダメージを与えたら倒せました)、『ユーディー』は魔王さんも倒してしまいましたから…。
…そういえば、『ユーディー』にはギガフラムどころか『リーズ』にあったメガフラムすらありませんでしたね…冷気属性のレヘルンもありませんでしたし(レヘルンはアイスクリームになっていましたね…/ぇ)

と、終了した総括を…まず、登場人物は主人公のユーディーさんがかなり魅力的なかたでしたし、仲間になるかたもラステルさんやエスメラルダさんをはじめとして、女のかたについてはとっても素敵なかたばかりで素晴らしゅうございました♪
男のかたについても、悪いと感じるかたはいなくって(いまいちと感じたのはコンラッドさんだけですし)…登場人物に関してはかなりよかったと表現して大丈夫だと思います♪
若き日のヘルミーナさんがいらしたのも、かなりよいところだと思いますし…♪

ストーリーのほうは、過去にやった『リリー』みたいにクリアの目的が明確でなくて、私などは過去に帰る必要なんてないと感じていましたから、そのあたりは微妙なところですけれど、そこはユーディーさんや皆さまの魅力で補われております♪
『アトリエ』シリーズで唯一、のんびりと進めるところがのんびり屋の私にとってはよかったです♪

BGM、それにキャラクターイラストもよく、総じて満足のいく作品でしたけれど…声優さんは解らない人が多かったかもしれません。
私の知っている声優さんは、ユーディーさん役の神田理江さん、パメラさん役の利田優子さんのお二人しかいらっしゃいませんでしたから…(ラステルさん役の高橋美紀さんというかたは、お名前はどこかで聞いたことがある気がするのですけれど…)
…エンディングテーマはかつてtiarawayを組んでいた千葉紗子さんが歌っていましたけれど、ゲーム中に出演していないのに歌だけというのも珍しい気が…。

無事に『ユーディー』を終えることができましたし、次はどれに手を出すかを考えないといけませんね♪
やっぱり『ユーディー』と同じ『グラムナートの錬金術士』シリーズである『ヴィオラート』にするべきか、それとも原点回帰で『マリー+エリー』にするべきか、あるいは最近ずっと止まってしまっている『リーズ』にするべきか…難しい問題です。
…と、ちなみに今は連続で『アトリエ』シリーズをする元気がありませんので、全く違うゲームをしていたりしますけれど、これがする価値のある作品なのかはまだ見極められていませんので、もう少し…このゲームが悪いというわけではないのですけれど、今はなかなか気が乗りませんし…。


私立天姫学園』のほうは、学園のtopページに書かれているとおり、規約の強化についてのご意見の募集がされております。
新しい規約は入園案内のページに書いてあって、ご意見は生徒会掲示板に書き込める様になっていますので、学園へ行っていらっしゃるかたは一度目を通して、ご意見を言っていただけると副管理人らしい私も、そして管理人の桜花さまも嬉しゅうございます…♪
ちなみに、私はこの案で大丈夫かなと…私の気になっていたことは全て入っておりますし♪
7月1日までみたいですので、それまでに何か一言だけでもご意見をいただければ…。

と、ついになずなちゃんのお姉さまになった五十鈴先生は骨董屋さまのキャラなのですけれど、その骨董屋さまに百合かもしれないという作品を教えていただけました。
『狐とアトリ』という短編集とのことなのですけれど、作者の武田日向というお名前にどこかで聞き覚えがあった気がして…。
なかなか思い出せなかったのですけれど、ずっと以前アニ○イトの店頭で見かけて気になった『やえかのカルテ』という作品の作者さまが、確かそういうお名前だったはずでした。
見かけたのはもう一年以上前になると思いますけれど、その『やえかのカルテ』という作品の表紙絵がとてもかわいらしくて気になったのでした…そのときは百合系かどうか不明確ということで買わなかったのですけれど、同じ作者さまの短編集ということは、そちらも期待できたのかも?
う〜ん、見つかるかは解りませんけれど、あれば両方買ってみようかな…?
posted by 桜乃 彩葉 at 05:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月26日

もう歌うしかない

〜拍手のお返事〜
17:54(昨日)>
うゅ、『ララナギはりけ〜ん』と同じ作者さまの『チャームエンジェル』という作品が百合かもしれない、ですか…これは面白い情報、ありがとうございます♪
また、そのうちに探してみます♪


昨日は昨日の日誌に書いた様に、桜花さまが主催されたお茶会(チャットのことですね)へ参加してまいりました。
私立天姫学園』の規約などについての意見を集約したりしようという場にしようとされたのですけれど、さすがに学園にいらっしゃるかたの参加者が桜花さまと私とラビキャットさまの三人だけでは決めることは難しく、追加する規約の案を作ったうえで、それを公開して皆さまのご意見を聞くことになりました。
その追加の規約については近いうちに学園のほうへ掲示されるはずですので、ご意見などありましたら掲示板も設置される予定ですのでお聞かせくださると嬉しいです…と、副管理人らしいことを言ってみたり(何)

でも、学園みたいな掲示板を利用したものではなくて、専用の場所でのチャットに参加したのはあのかたの場所以外でははじめてだったりしましたけれど、やっぱり慣れないものでし。
…そのあのかたについては、今は静かにお帰りを待つのが一番なのですよね…。

ただ、慣れないものではありましたけれど会話そのものは楽しくて、ついついものすごい夜更かしをしてしまいました…うゅ、お相手してくださってありがとうございました♪
色々と、興味深いお話なども聞けましたし…♪
ただ、ものすごい寝不足ですけれど…うゅ〜。
ちなみに、今日の日誌のタイトルはそこへ行きながら聴いていた『花詠束』の中の一曲…どぶウサギさまの曲でし♪

昨日はそういうことがありましたので学園へは行けませんでしたけれど、学園にはあのかたがいらしていらっしゃったみたいで…安堵いたしました…♪
私の言えたことではないかもしれませんけれど、よろしければこれからもよろしくお願いいたしたいです…あのかたもおっしゃっておりましたけれど、いなくなられてしまうなんて私もとてもさみしいですし、なずなちゃんやクレアさんもお待ちしておりますし…♪

…『あのかた』という表現ばかりで混乱しそうですけれど、そのあたりはご了承くださいまし。


そういえば、そのチャットの行われた場所にて第3回の蒼華艶月杯の公開及び投票が開始されたみたいです…桜花さまの作品も間に合ってよろしゅうございました♪
そのうちに読ませていただきます♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・その他

2007年06月25日

明日天気に...

先日購入したCDたちの中に『Memories Off 2nd』のボーカルコレクションがあったのですけれど、それに収録されている一曲…オープニングの曲でもある『明日天気に...』が、最近よく脳裏をよぎります。

―目の前に降りそそぐ、この雨は天気雨…?
あがるように、おまじない…

―雨はいつあがる…?

…雨で思い出しましたけれど、最近はやや雨が降っているながら、それでも全国的には水不足が非常に心配されておりますね。
気づけば6月ももう後半…天気予報では、また雨の少ない日々が続くみたいですし…むぅ。
…『メモオフ1st』は雨のシーンやあの名言が印象に残っているので梅雨の時期のお話かなという間違った記憶が…確か10月くらいのお話でしたっけ。
同じく『2nd』も掃晴娘人形のエピソードが印象に残っているのでまた梅雨の時期のお話かなという間違った記憶が…こちらは夏休みのお話でしたよね(昔あんなに好きだったのに、こんなに記憶が曖昧に…)

『メモオフ』といえば、水樹奈々さまがライブで歌っていらした曲の一つ『リプレイマシン』は『想い出にかわる君』の主題歌だったそうですね。
私の『メモオフ』歴はささきむつみさまが『メモオフ』を去ったのと同じところで止まってしまいましたので、それ以降も水樹奈々さまが主題歌を歌っていたことに少しびっくりいたしました(『2nd』は主題歌ではなくエンディングですけれど)

ともかく、昨日はそんな懐かしの『メモオフ』な曲ではなくって、昨日の日誌にも書いた豪華仕様東方アレンジアルバム『花詠束』の2枚め以降を聴いてみました♪
非常に、とまではいかないながらもまずまずなアレンジですね…全体的には静かな感じでまとめられているのでしょうか♪
…もちろん、色々なかたが参加されていらっしゃるCDですので、いまいちなものなどもありますけれど、そのあたりはアンソロジーコミックみたいなものですね(何)
ボーカル曲は女のかたに歌っていただきたかったかもしれません…。


私立天姫学園』を運営なさっていらっしゃる桜花さまが今日と28日の二日間、茶会の開催を予定されております♪(詳細は桜花さまのサイトの日誌へ…)
茶会では学園についてのお話が中心になるかもしれないとのことですので、学園にいらっしゃるかたでご都合のつくかたは参加をなさってみてはいかがでしょうか…♪
個人的には、皆さまのご参加を希望いたします…♪
…あの日以降、あのかたのお姿を見ないのが、心配です…先日の件のことは、何も気にすることなんてありませんから…♪
私は参加予定ですので、その二日間は学園のほうへは多分行けないと思います…。

…茶会を開催というと、私はどうしても抹茶を点じる会を行うほうを思い浮かべてしまいます…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・その他

2007年06月24日

花詠束

何だか、最近私のまわりで胸の痛むことや不安になることがたくさん起きてしまっております…。
昨日の日誌のこと、それにお姉さまのことなど…。
私の私生活自体はお仕事のほうもあのかたとの関係も、何も問題なく順調ではあるのですけれど…やはり、心が晴れません。
私には、事がよい方向へ向かう様に祈ることしかできないのでしょうか…何か、お力になれることがありましたら…。
…昨日の日誌のことについては、私にもかなりの責任がありますけれど…今後、さらに気をつけますのでお許しください。

と、私が思い悩んでいてもあまりよい方向へ事が向くとは思えませんし、それに何よりそれでは今思い悩んでいらっしゃるかたをさらに思い悩ませてしまいかねませんから…今日からは、また普通にまいります♪
今、思い悩んでしまっていらっしゃるかたがたの心が、どうか晴れますように…♪

えと、昨日はお休みしてしまった『私立天姫学園』のほうへも今日は行きますので、お相手してくださるかたがいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いいたします…♪
今日は、演劇部の舞台の第二夜が行われるはずですし…♪(あのかたがお休みなのはさみしいですけれど…)
叡那さまに、祝福を皆さまへ届けてもらおうかな、と考えていたり…♪
…そういえば、その学園や、私のサイトとリンクしてくださっているかたがたが愛用していらっしゃるフォレストページというサーバが来週一週間サーバ移動の予定だったみたいですけれど、直前で延期されたみたいですね…。


そんな昨日は、虎穴通販からこんなものが届きました♪
豪華仕様?
これは博麗神社例大祭で発売した東方アレンジCDの一枚で、予約をしていた一品…『花詠束(ハナタバ)』というものです♪
何となく予約をしたものだったのですけれど、届いてびっくり…CD4枚組というかなり豪華な一品でした♪
しかも、どうやらたくさんのアレンジ制作者さまが曲を提供したものらしくって、私の知っている好きな制作者さまも何人か見受けられました♪
これは、期待できそうです…♪

昨日は時間の関係で4枚のうちの1枚めしか聴けませんでしたけれど、なかなかよいものでした…♪
今日以降も、ちゃんと聴いていこうと思います…dj TAKAさまのCDが届くまでには聴き終えたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・その他

2007年06月23日

声が届くなら

〜拍手のお返事〜
22:15(昨日)>
えと、『私立天姫学園』でお世話になっているかたからのコメントで「流石にあれは節度を欠きすぎていました。ご不快な思いをさせてしまいまして本当にすみません。」と言われました。
そして、同時に大変お世話になっているかたが謝罪とともに学園を退茶するとおっしゃられました…。
お二人とも同じことについておっしゃっているみたいながら寝耳に水のことでびっくりいたしましたけれど、どうやら私の学園での会話が勘違いを生じさせたみたいなのです…。

昨日、私は学園で桜花さまとちょっと雑談をしていて、その中で確かに私が不快になったことについてのお話をしていました。
コメントをくださったかたはおそらくそれを見て寮で行われていることについて言っていると思ったみたいで、私のサイトの拍手と寮のほうへ謝罪を書かれて、そしてあのかたは寮の謝罪を見て退茶を考えてしまったみたいです。
けれど、それは勘違いなのです…。
私が桜花さまにお話していたのはそれとは全く別の、学園とは関係のない場所でのことなのです。
けっしてそのお二人の寮での会話のことを言っていたわけではありませんので、お二人ともあまりお気になさらないでください…。
特に、退茶だなんて、あのかたがいなくなるととってもさみしいですし、そんなこと…。
…他のかたに不快な思いをさせているのでは、迷惑をかけているのではと不安になるお気持ちは、解りますけれど…私もよくそんなことを考えてしまうことがありますから…。
今のところ、そのかたは退茶は思いなおしてくださいましたけれど、しばらく謹慎という意味で休茶を考えていらっしゃるみたいです…。

勘違いが生じる原因となった寮のほうを少し見たのですけれど、確かに…むぅ…な内容でした。
けれど、私はお二人が謝罪のコメントなどをなさるまでそこは全く見ておりませんでしたから、もちろん不快な思いにはなっていません。
そもそも、もしも私一人が不快な思いをしただけで退茶をなさるなんてことにまでなったら、悲しいです…。

えと、それと…私が年齢制限のつく様なことを不快と感じてしまう、それにそうしたことは規約で禁じられているのは確かに事実です。
けれど、これは以前の日誌にも書いた気がしますけれど、寮ならばある程度の行為はよいのではないかな、とも考えています。
寮のほうは学園の茶室とは違って、完全に愛し合うお二人だけの世界となっておりますから…。
それに、(少なくとも私は)人の寮の中を見るなんて野暮なことは(副管理人権限を放出して以降は)しておりませんし…。
愛し合うお二人である以上、どうしてもそういう行為に及ぶこともあるかと思いますし、寮に関してだけは規約を緩めるのもよいのかもしれない…と、考えたりもしています。
その上で、その先どこまで行くかについては、当事者のお二人が線引きすれば…あと、茶室では控えてくだされば、大丈夫かなと思います。
もちろん、そんなことは私の決めることではなくて管理人さまである桜花さま、それに学園にいらっしゃる皆さまが決めることなのですけれど…いかがでしょうか。

ともかく、昨日の私が不快に感じたと言っていたのはそのお二人が気になさったこととは全く別のことですので、どうか思い悩んだりなさらないでください。
私も、勘違いを生じさせる様な会話は控えたほうがいいのかもです…不安な思いをいだかせてしまって、申し訳ございません…。
えと、今日からまた、元気にそのお二人や皆さまとお会いできることを、楽しみにしております…♪(こつり先生に最近お会いしないですね…/何)

…えっ、では一体何について不快だと言っていたのか、ですか?
はわわ、それはここでは言えません…!(何)
言えないながら、そう大したことではありませんよ?(どうしても気になるというかたは、メールででも…いないとは思いますけれど)


は、拍手のお返事が長くなりましたけれど、その学園では昨日フィリアさんが恋人さんに久しぶりにお会いできて喜んでいた陰で、こっそり例の精霊さんがこちらの世界へとやってまいりました♪
物語中には出ていない、フロイデちゃんに続く学園オリジナルのかたですけれど、今後の展開次第では物語に出すことも考えてみてもいいかも…琴音さんとフィリアさん関連で。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・その他

2007年06月22日

泡沫

ほんまPさまの一言コーナーによると、こちらにて『アオイシロ』の声優さんオーディション最終選考のオンライン投票ができてしまうみたいです♪
最終選考に残った10名のかたのサンプルボイスを聴いて決めるみたいですね…PCをお持ちのかたは投票してみてはいかがでしょう♪

また、6月24日までこちらで参加希望の募集が行われているその最終選考の公開オーディションですけれど、行くと一足先に『アカイイト』のボーカルCD『いつかのひかり』が聴けてしまうみたいです♪
しかも、歌い手さまは霜月はるかさまとのことで…素晴らしいことなのです♪
『アオイシロ』の主題歌も、この調子でシモツキンさまになることを願います…♪
今日の日誌のタイトルは『いつかのひかり』のカップリング曲になるあの曲ですけれど、こちらもシモツキンさまが歌ってくださるのでしょうか…♪

シモツキンさまといえば、『VOLKSLIED2』という『アトリエ』シリーズのボーカルコレクションのCDを買おうかちょっと悩んでいますけれど、お高いものですしシモツキンさまの曲は4つだけといいますし、見送りかなです…すっかり発売日を忘れてしまっていた、dj TAKAさまなどのCDもありますし。
う〜んっ、シモツキンさまは大好きですけれど、今は先日『ユラグソラ』と『エデンの分かれ道』を買うことができましたから、それで満足することにしましょう…♪
ただ、この先…余裕が出たりしたら、改めてまだ購入できていないシモツキンさんCDを購入するかもしれません♪
…水樹奈々さまのアルバムも購入したかったりするのですけれど、やや厳しいかも…?
アリプロさまのアルバムが夏あたりに出るみたいですし、Sound HorizonさまのCDも気にはなるのですけれど、現状ではシモツキンさまと水樹奈々さまのお二方のみしか眼中にないかもしれません…あとは東方ですね♪
パーキさまやSanaさま、TЁЯRAさまといったポップン関連のかたのCDが出たらそれはもちろん買いますけれど、そういえばそちらはあさきさま以来買っていない気もします…BeForUさまも手を出さずじまいですし。
…どなたかBeForUさまの3rdアルバムを聴いたかたはいらっしゃるでしょうか…?

そういえば、幸せの空を買ったときについてきた弐寺DVD、visual emotionsの6が弐寺のCS13と同時発売みたいですね。
単品で購入することもできるみたいですけれど、さすがにそこまでは…ですね。

ともかく、ずいぶんお話がそれましたけれど、ほんまPさまの一言コーナーには来月発売の『百合姫』で新連載される『アオイシロ -青い城の円舞曲-』のイラストも公開されています…こちらも楽しみです♪
イラストはよい感じですよ♪




…昨日のあれは本当に申し訳のないことで…ごめんなさい。
その昨日に限らず、最近…いえ、自分のことを悪く見てしまうのは私の悪い癖ですよね…それで済ませては、いけませんけれど…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月21日

乙女ケーキ

昨日のおやつは…
じゃんけんができる?
メイドさんのクッキーでした♪
クッキーの絵柄でじゃんけんができるのですね♪

…こんなことばかり書いているから、最近日誌へのコメントがなくなってきたのでは…うゅ〜。
と、ともかく味は普通のクッキーで…ねころさんの焼くクッキーとは比較になりませんね!(だからそんなことばかり書くから…むぅ)


と、ともかく、先日の日誌に書いた期待のゲーム『ソルフェージュ』のファンディスクについては、『リトル・ウィッチ パルフェ』のときと同様、先輩が通販を利用して購入してくださることになりました…ご迷惑をおかけします、そしてありがとうございます…♪

今年のこれからの期待のゲームはまず『アオイシロ』、それにこの『ソルフェージュ』、同人だと『東方風神録』と『ルセッティア』となります…CSポップンもありますけれど、これは百合とは別次元の作品ですので…♪
ちょっと、この4つの作品についてはどれも期待ができてとっても楽しみになってまいります…待ち遠しいことです♪


では、先日読んだコミックのレビューをば♪
良作でした♪
□乙女ケーキ
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

これは先日『百合姫S』とともに購入した、同日に発売した百合姫コミックス…タカハシマコさまの作品となります♪
このコミックは外装からして他の百合姫コミックスとは全く違います…ずいぶんと豪華仕様です♪

内容のほうは、タカハシマコさまが『百合姉妹/百合姫』にて描かれた作品たちに描きおろしが1つ加わったものが収録されております♪
このかたの作品は森永みるくさまの『くちびる ためいき さくらいろ』みたいに全て読み切りとなっております。

イラストは悪くなく…いえ、よい感じです♪
私の一番の好みは藤枝雅さまのイラストで、あとギャルゲーな雰囲気のイラストや、『アトリエ』『サモンナイト』シリーズに『シャンテリーゼ』みたいな雰囲気のイラストも大好物ですけれど、この作品みたいな少女マンガ風のイラストもよいのです♪(『学園アリス』の原作に近い雰囲気のイラスト、と言えば解りやすいでしょうか)
でも、上にあげたいずれにも該当しさなそうな『ARIA』のイラストも好きですし…基本的に美麗なものでしたら…♪

内容のほうは、一部微妙な作品(『彼女の隣り』あたり)もあるのですけれど、基本的にはよい内容のものが多いです…少女マンガな雰囲気の作品がお好きなかたでしたら、購入するのをお勧めいたします♪
…ここだけの話、過去にこのかたのコミックを一冊買って「なかったこと」にしてしまっていましたので(『魔法のじゅもん』すら収めてあるここに入れていません…)少し不安だったのですけれど、これは百合姫コミックスだったのでさすがに杞憂でしたね♪


昨日は日頃の睡眠不足に負けてお休みしてしまった『私立天姫学園』ですけれど、眠る前にフィリアさんに関するサブキャラさんを追加してみました。
月の精霊さんですけれど、どうやらフィリアさんたちの世界と学園の世界とでは月の力が少なからず違うみたいで、彼女は体調を崩すかも…?
こちらの世界で誰とはじめてお会いするのか、そして奈々穂さんとお会いしたときにどうなるのか、楽しみなことでし♪

…昨日は私が眠った後にその奈々穂さんが公園にいらしていたみたいで…最近お会いできていなかったのでフィリアさんがお会いしたがっていたのですけれど、どうしてそんな日に限ってはやく眠ってしまったのでしょう…うぅ、残念ですし激しく後悔です…。
他にも気になるかたが眠る前の時点でいらっしゃいましたし、起きていればよかったです…。
なかなか、お会いしたいかたと日が合うことが…むぅ。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2007年06月20日

東方金管伍重奏

昨日は虎穴通販からこんなものが届きました♪
予想とは少し違いましたけれど…
これは私の好きな東方アレンジ制作者さまである趣味工房にんじんわいんさまの『東方金管伍重奏 Brass Ensemble Force』です♪
博麗神社例大祭のアイテムですけれど、委託販売がやや遅くて今になって届きました…実はもう一枚博麗神社例大祭のCDが予約されていたりするのは秘密です。

さて、今回のこのCDですけれど、今までの流れからして今回は『永夜抄』の一連の曲のアレンジがくるかと想像していたのですけれど、そうではなくて…『紅魔郷』と『妖々夢』のブラスアンサンブルアレンジとなっておりました。
『永夜抄』の音楽ってあまり一連のアレンジをしてくださるかたを見ない気がいたします…私の持っているものではどぶウサギさまの『弾奏結界 夢幻夜想曲』くらいしかありませんし…さみしいことです。
で、でも、このサークルさまでしたらきっと夏のコミックマーケットの新作でそれを出してくださることを期待いたします…!

さて、曲自体のほうは、同じ博麗神社例大祭で購入した『東方ブラスバンド』に似た感じです…金管なのですから、当然といえばそうなのですけれど。
ブックレットを見ると、どうやら超短期間で制作なさったCDらしいのですけれど、でもよろしゅうございました♪


と、その『東方金管伍重奏』は30分程度のものだったので、その後は先日霜月はるかさまのCDなどと一緒に購入してきた『メモオフ2nd』のボーカルコレクションを聴きました♪
うゅ、やっぱり『オルゴールとピアノと』はよろしいですし、水樹奈々さまの歌う『遠いこの空から』もよろしゅうございました…けれど、この曲は過去にどこかで聴いた気がするのです…『雪蛍』のエンディングでしたっけ?

その他収録されていたのはメインキャラの声優さんの歌う歌ですけれど、香菜さん役の松来未佑さんと信くん役の間島淳司さんの歌まで収録されておりました…これはよいことです♪
そういえば、『メモオフ2nd』はオープニングの『明日天気に...』もよい曲でしたね…♪
水樹奈々さまの歌だけが目的だったりしたのですけれど、他のものもよくてまず満足でし♪

あと、おまけCDには『メモオフ2nd』のイベントCGや壁紙、スクリーンセーバーなどが収録されていて…久しぶりに懐かしいものを見ました♪(思わず迷惑なことをしてしまいました…)
10曲収録の上にこのおまけで普通のアルバムより安かったのですから、お買い得な一品だったのかもしれません♪
二枚のシモツキンさんCDともども、今日の日誌に書いた二枚も買って正解でした♪


昨日の『私立天姫学園』では、十六夜さん…の人形が大変だったみたい?(元ネタ?は相変わらずさっぱり解りませんけれど…)
もうすぐ夏なので、学園にいらっしゃる私の持ちキャラの皆さまも水着になるのかもです…けれど、私のキャラは性格上自分から水着になったりする人はあまりいなさそうです。
自分からなりそうなのは、咲夜さんと葉月先生にティセちゃん、あともしかしたら美紗さんと、このくらい?
他の皆さまは、よほどのことがないか好きなかたに勧められない限りは難しいかも?(前者はクレアさん、後者は特に叡那さまやフィリアさん?)

クレアさん、なずなちゃんのイベントもいよいよ大詰め…昨日の様子からしてもねころさんはあのお二人と一緒に幸せにですし、千歌音さんと咲夜さんも…♪
あとは春華さんとジャンヌさんがどうなるのか、ですね(フロイデちゃんがどうなるのかについては、おいおい明らかに…)
と…もしかすると、綾瀬姉妹以外にもう一人だけ、サブキャラが増えるかもしれません…。

あと、世界征服部と正義の味方部の生徒のみを対象にした昇格試験の受付を開始してみました。
さっそくカティアちゃんが申し込んでくださいましたけれど、千歌音先生の試験は結構厳しいかもしれませんので、その覚悟があるかたのみ…でし♪
実施は演劇部の舞台が終わって以降になると思います…慰安旅行のほうはこの昇格試験が終わった後に考えてみようと思います。

…葉月先生が他の先生たちを本当にかわいがってしまっていらっしゃるのですけれど…さぁやお姉さまはもちろん、こつり先生や流夏先生、さらにはちみっこではない一檎先生やエイプリル先生なども…♪
みしゃ先生とお会いしたら、きっとなでなでしてしまうことでしょう…猫さんでも♪(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月19日

エデンの分かれ道

昨日はお仕事をお休みしてお買い物へ…こんなものを買ってまいりました♪
2Dの恋人さん…
これはメイドさんのクッキーで2Dの恋人だそうですけれど、こんなものを買ってしまう私って…結構まずいでしょうか?
え、えと、以前とあるかたがメイドさんの缶飲料を買っていらっしゃった気がいたしまして…め、メイドさんは好きですし!(何)


…い、いえ、メイドさんクッキーはもちろんおまけで、本当はこんなものを探してまいりました♪
『学園アリス』が結構よかったです♪
○コミック百合姫S vol.1
○乙女ケーキ
○Diamond9!
○学園アリス イラストファンブック
…そう、昨日は『百合姫』の姉妹誌である『百合姫S』の創刊号の発売日だったのです♪
どうやら『百合姫S』は3・6・9・12月の18日に発売するみたいで、1・4・7・10月の18日に発売する『百合姫』と合わせて、忙しいことになります♪
中身についての詳しい感想は後ほど…♪

『乙女ケーキ』は百合姫コミックの新刊…タカハシマコさまの作品となります♪
来月の18日には『百合姫』とともに期待の乙ひよりさまの『かわいいあなた』だけでなく、南方純さまの『南波と海鈴』、袴田めらさまの『夜空の王子と朝焼けの姫』、城之内寧々さまの『アップル・デイ・ドリーム』と4つも同時に出ますし、忘れない様にしないといけません♪

『Diamond9!』は拍手で百合系かもしれないと教えていただいて購入した作品ですけれど、どうやら野球をする女の子たちの4コマみたいです♪
ただ、このイラストや本全体から流れてくる雰囲気が、かつて購入した『学園Like Love Life』に非常に似て…と思ったら、やっぱり同じコミックでした(作者は別の人です)
拍手に「お気に召すか…」と書かれていたのは、こういう意味だったのでしょうか…。

最後のものはタイトルのとおりのものですけれど、原作のファンブックとなります…アニメやアニメを元にしたゲームは知っているものの原作には手を出したことがないので、どういう雰囲気なのかということを知ろうかなという意味もこめて買ってみました♪
うゅ、なかなかよい感じですし、最後に書かれていた登場人物の皆さまへの「○○さんに9つの質問」がかなり面白かったです…蛍さんへの質問が「百合好きさんに」だったり、棗くんへは「ツンデレさんに」だったりルカぴょんへは「乙女系男子に」、神野先生へは「めがねっ娘さんに」だったり…アニメで登場しなかったかたのものも含め、皆さん面白い回答でした♪
…やっぱり翼先輩は美咲先輩へ完全な片想いだったのですね…。


その他、こんなものも同時購入です♪
シモツキンさんCDです♪
○ユラグソラ
○エデンの分かれ道
○蒼い空のネオスフィア ドラマCD『ナノカとスツーカのラジオdeネオスフィア!!』
○メモリーズオフ2nd ボーカルコレクション
…上二つは同人のほうで制作された霜月はるかさまのCDとなります♪
まさかずっと探していた『ユラグソラ』が売っていたなんて…購入できたのがとっても嬉しいですし、もちろん迷うことなく購入です♪
『エデンの分かれ道』のジャケットイラストはしろさまですね…シモツキンさん関連以外では東方のアレンジCDでイラストを見ましたけれど、かわいらしいイラストですよね♪
さっそく両方とも聴いてみましたけれど、やっぱりよろしゅうございますね♪
『エデンの分かれ道』のほうはボーカル曲は2つしかありませんでしたけれど、他の曲もピアノの旋律がよろしゅうございました♪

『ネオスフィア』ドラマCDはエリンシエさまファンなので、『メモオフ2nd』は水樹奈々さまの『オルゴールとピアノと』目当てでそれぞれ購入です♪
…本当は水樹奈々さまの古いライブDVDかアルバムも買おうと思ったのですけれど、お金が厳しいのでこのあたりで打ち止めました。
こちらはまだどちらも聴けていませんけれど…。


そして…
『百合姫』の姉妹誌となります♪
…『百合姫S』の創刊号をさっそく読んでみました♪
まずすぐに気づく違いは、価格は同程度なのに『百合姫』よりも表紙の紙の質が悪くなっているところでしょうか(どうでもいい?)
ここでの情報によると、どうも虎穴で購入すると藤枝雅さまを含む描きおろしメッセージペーパー集がもらえるみたいですが…。
…いつの間にか『MooNPhase』に藤枝さまと源さま以外にもう一人、珠月まやさまという作家さんが増えておりました…知りませんでした…。

こちらは『百合姫』とは違ってマンガのみみたいですけれど、巻頭に百合系ゲームが3つ紹介されておりました♪
PS2なゲームは『アオイシロ』に『シムーン』と私がすでに見知ったもの…ですけれど、『シムーン』の発売日は6月21日にまで延びていたのですね…購入するのも悪くありませんけれど、ここはやっぱり『アオイシロ』を待とうと思います。
もう一つはPCなゲームで『ソルフェージュ』というものでしたけれど、どうやら全年齢対象のミュージックアドベンチャーらしく、また発売元は『トリスティア/ネオスフィア』や『リトル・ウィッチ パルフェ』でおなじみの工画堂スタジオとのことで…イラストもよいですし、これは買いです♪
発売は今年の冬予定らしいながら、ファンディスクが6月29日に発売するみたいで、まずはこちらをチェキです♪
素敵なゲームの情報は得られましたけれど、『ストパニ』以降百合百合なアニメの情報がないのがさみしい…本当に何もないのでしょうか…。

巻頭を飾るのは『ピクシーゲイル』の宮下未紀さまの『マイナスりてらしー』…マイナス金運のお嬢さまとメイドさんのお話ですけれど、やはりよいイラストです♪
表紙のイラストを飾った椿あすさまの作品『ハニークラッシュ』は途中まではよかったのですけれど、最後の最後が最低な落ちになって残念です…が、どうやら次号に続くみたいですね。
柏原麻美さまの『フォーチュン・リング』は、やっぱり切ない片想いだったのかしら…よい作品ではあります♪
問題のあらきかなおという人の『ポエムに恋して』は…やっぱり品に欠けるところが大いにあり、やはりいないほうが…はぁ。
まだ読んでいないながら短編集を所持している吉冨昭仁さまの『SUIKA』は転校することになった女の子が…というお話で、悪くはありません♪
南方純さまの『南波と海鈴』は『百合姫』でおなじみですよね…コミックも出ますし、相変わらずという感じなのです♪
『少女セクト』でおなじみ(?)の玄鉄絢さまの『interface』は切なくもよいお話でした…この作者さまは別にわざわざ年齢制限のつくものを描く必要はないかと…♪
絶大な期待の藤枝雅さまの『乙女色Stay Tune』は声優さんのお話で、5ページしかなかったのですけれどよい雰囲気…次回に期待です♪
すどおかおるさまの『オトメキカン グレーテル』は砂糖を奪う魔物と学園組織との戦いのお話…何だか『マギーペール』に似たお話かもしれません♪
城之内寧々さまの『アップル・デイ・ドリーム』も『百合姫』でおなじみですよね…こちらもコミックも出ますし、相変わらずという感じで…♪
『最後の制服』などでおなじみの袴田めらさまの『愛しのメイド様』は学園祭のお話ですけれど、ちょっと微妙かも…。
『スズナリ!』でおなじみの石見翔子さまの『flower*flower』はとある国の王族の結婚のお話ですけれど、これもちょっと微妙かも…。
新人らしい柚葉せいろさまの『約束の指』は非常に切ないお話でしたけれど、今回の収録作品では一番好きな作品でした…確かに期待の新人さんです♪
巻末カラーは『マギーペール』などを最近発売された高木信孝さまの『カシオペア・ドルチェ』…ドールハウスのお話ですけれど、やっぱり服装が『ココロ図書館』に見えます…♪

ついつい全ての作品の感想を書いてしまいましたけれど、ごく一部の作品をのぞいては、まず期待通りの内容でまずまず満足です♪
柚葉せいろさま、それに柏原麻美さまと、新人さんや今まで私の知らなかった作者さまの作品によいものが見つけられたのは、新しい発見でしたし…♪
ただ、次号予告にそのお二人のお名前がなかったのが残念…あらき何とかという人を削除して、このお二人をお願いいたします。
ともあれ、百合的には問題ありませんし、次号以降も購入していこうと思います♪

…それにしても、『ソルフェージュ』が非常に楽しみなことで…♪(何)


昨日の『私立天姫学園』では叡那さまが五穀豊穣を願い早乙女の神事を行っていましたけれど、エリスさんのことを心配なさるあまりちょっと本調子ではないみたい…?
梅雨なのに雨が少ないのはそのためかも?(ぇ)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2007年06月18日

ヴァイゼフラウ

先日読んだコミックのレビューをば♪
ゴシックファンタジーです♪
□ヴァイゼフラウ(1)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.0)

これは先日水樹奈々さまのライブDVDとともに購入をしてきた作品…拍手で百合系かもしれないと教えていただいた作品です♪
ジャンルとしてはゴシックファンタジーとなるみたい…?(よく解らないジャンルではありますけれど…)

内容としては、ヴァイゼフラウと呼ばれる一種の魔女と、それに対立する教会との抗争のお話、となるでしょうか。
ちなみにヴァイゼフラウは当然全員女のかたのみで、対立する教会は全員男の人です。
と、ここだけを話すと何だか中世か何かが舞台に思えますけれど、舞台は現代日本です…ヴァイゼフラウたちも敵さんたちも、普段は普通に生活しているのでし。
ちなみに、どちらかが正義でどちらかが悪というわけでもなさそう…このあたりは、読んでいただければ解るかもでし。

主人公は12歳の女の子…基本は彼女がヴァイゼフラウとして成長していく姿を描いた作品です♪
内容はちょっと重めで、悲しい場面ややや痛い(出血などが多い)シーンが多くて、私には不向きな作品ではありましたけれど、面白い作品ではあると思いました♪
内容評価は3.0にしましたけれど、重い作品が大丈夫なかたでしたらもう少し上になるかも…他のかたが読んだほうが、この作品については正当な評価をしてくださいそうです(何)

百合的には誰と誰とが百合な感じということは言えないのですけれど、でも確かに百合な香りがほのかにするのですよね…♪
イラストのほうはなかなかよい感じでした♪

うゅ、何だかうまくまとまっていない感想ですけれど、ともかくなかなかよい作品だったと思います♪
拍手で教えてくださったかたに感謝ですし、第2巻が出たら購入ですね♪


『ユーディーのアトリエ』のほうは、今現在ユーディーさんとエスメラルダさんの冒険者レベルが93ですので、こうなったら最大まで上げてしまおうと思い、色々なところを放浪してレベル上げをしています。
さすがに現在62の錬金術士レベルを最大にするのは無理だと思いますけれど…。

と、神殿の奥のほうで、竜の砂時計を作るのに必須となる竜の角を拾ってしまいました。
これ以外のアイテムは全て普通に手に入れたり作れたりしますけれど、まさかこれが手に入るなんて…竜の砂時計って、何個も作っても大丈夫なアイテムだったのですね…(オリジナルの竜の砂時計は氷室に送ってしまいましたし/ぇ)

そんな結果、今現在ユーディーさんとエスメラルダさんの冒険者レベルが95にまで上がりました♪(ラステルさん、ヘルミーナさん、パメラさん、クリスタさんは60程度です)
…と、エスメラルダさんがレベル95で新しい技を覚えました♪
LPを99消費するながら(装備品のおかげで40にまで抑えられましたけれど)ものすごく強いです…けれど、こんなレベルで何かを覚えるなんて、ちょっとびっくりいたしました…。


昨日の『私立天姫学園』では演劇部の舞台の第一夜が無事に公演されたみたいで…お疲れ様でした♪
フィリアさんも陰から見守らせていただきました…♪

…イラスト…公開する場所がなければ、ここの掲示板を使っていただいても…(何の話?)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2007年06月17日

ナノカの華麗なる一日

先日読んだコミックのレビューをば♪
なかなかよかったです♪
□蒼い海のトリスティア アンソロジーコミック
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.5)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.0)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.0)

これは先日水樹奈々さまのライブDVDと一緒に購入してきたコミックの一つで、タイトルのとおり『トリスティア』のアンソロジーコミックですね♪
元のイラストを描いたかたを含む数人のかたのイラストに、小説が一つ、あと漫画が15作品収録されております♪

こういうアンソロジーには私の知っている作家さまも毎回何人かはいるもので、今回のものにも数人見かけました♪
『百合姉妹』や『[es]』にいらっしゃった内村かなめさまに、『氏神様といっしょ』のちざきゃさま、『[es]』の第2巻にいらっしゃったきむるさまの三人ですね♪
…内村かなめさまは『百合姉妹』や『[es]』で結構好きな作家さんで、今回久しぶりに作品を見てやっぱりよかったのですけれど、『百合姫』になってから全く姿を見なくなってしまったのが残念…アンソロジー系によく作品を描いているみたいですので、『百合姫S』にいてもおかしくないと思ったのですけれど…。

さてさて、内容のほうはアンソロジーですしナノカさんの特別でないただの一日、といった感じですけれど、百合度は本編よりもかなり高かった気がいたします♪
ネネちゃんの活躍するお話が結構たくさん見受けられたのが、その原因でしょうか…♪
あっ、でも、私が『トリスティア』で一番好きなフォーリィさんの活躍するお話もちゃんとありました♪
ナノカさんとのカップリングとしてはフォーリィさん、ネネちゃん、そしてラファルーさんという三つのパターンが考えられると思いますけれど、そのいずれのパターンも見受けられましたし…♪
…あっ、ちなみにゲーム本編でちゃんとナノカさんに告白をした上で唇まで奪うのはラファルーさんだったり…♪

作品の質も、全体的に満足できるレベルだったかなと思います…特にSASさまというかたの描かれた『笑顔』はイラストも内容も私好みでよろしゅうございました♪
イラストはアンソロジーなので玉石入り混じった感じではありますけれど、よいもののほうが多かったと思います♪
『[es]』みたいなアンソロジーではなく、『ひだまりスケッチ』や今回のものの様な二次創作となるアンソロジーは原作のイメージを破壊していないか読むときにちょっと不安になってしまったりもするのですけれど、これに関してはそういった心配は杞憂でした…『トリスティア』がお好きなかたでしたら読んでも損はしないと思います♪
エリンシエさまファンの私としては、『ネオスフィア』のアンソロジーを出してもらいたい様な…いえ、でも…(何)
アンソロジーが出るというのは、人気のある証左ですよね…『Kanon』や『月姫』あたりは大量繁殖していますし…『マリみて』のアンソロジーは結局(上に書いた理由で)手を出さず仕舞いだったのですけれど、どうだったのでしょう…?
…『ストパニ』がないのは…いえ、何でもありません〜(でも『シスプリ』なども見かけませんし、元が家庭用ゲームな作品だから?)

…あと、実はずっと以前に購入した『トリスティア』のアンソロジーでないコミックはいまだに読んでいなかったり…(それに限らず、買ったのに読んでいない作品が結構ありますね…はわわ)


ということで、その後読んだコミックのレビューをば♪
ちょっと微妙でした…
□蒼い海のトリスティア 〜ナノカの発明工房日記
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★☆☆(2.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(2.5)

はい、ずっと放置していたこちらもさっそく読んでみました♪

さてさて、こちらの内容はこれまた先日読んだ『ネオスフィア』のコミック同様、町おこしをするナノカさんの奮闘する姿を描いたものです。
こちらも『ネオスフィア』同様にオリジナルな展開でしたけれど、『ネオスフィア』が一応ナノカさんがネオスフィアへやってきてから去るまで完結させるかたちで描いていたのに対して、こちらは完全に特別でないただの一日を描いた、という感じになっております。
メインキャラを削るなんてことをしないためには、こういう描きかたのほうがよいかもしれませんね…どちらの描きかたでもよいと思われます♪

そして、内容のほうは…ちょっと、微妙かもしれません。
面白くないことはないのですけれど…個人的には『ネオスフィア』コミックの様なほのぼのとした雰囲気のお話のほうが好きです。
ただ、OVA『トリスティア』のオリジナルキャラであるパナビア先輩が出てきたのは非常によいことだと思います…パナビア先輩はPS2版『ネオスフィア』にも出ましたし、何だか主役のゲームもあるみたいで、やっぱりいいキャラなのです♪

ちなみに、イラストは悪くなく、百合度に関してはアンソロジー版と同じくらいかやや低いくらい、でしょうか。


私立天姫学園』のほうでは、今日は演劇部の演劇の第一日めのはずですね♪(多分…)
前回同様にフィリアさんがあのかたのご活躍を陰から見守るかも…♪
あと、これは他の皆さまの入室状況を見ながらですけれど、皆さまがステージへ集中なさる陰で、ジャンヌさんをこっそりと使うかもしれません…ジャンヌさんの行動は一人イベントになっても大丈夫ですし…♪

本当は昨日は叡那さまでニナさんに会いに行こうとも思ったのですけれど…ともかく、これ以上月が消えていったらニナさんはどうなってしまうのかしら…♪
十六夜さんはどんな服を作っていただけるのか、これまた楽しみなことです…もちろん、叡那さまとエリスさんのことも♪


昨日の『みるち〜ものがたり講座』なのですけれど、おまけの話題はともかくとして、本題はやっぱり解りづらかったのでしょうか…。
かくいう美紗さん(私?)自身にも難しくて、あの企画を一回行う苦労は結構なもので…その割に反響はありませんし、昨日の講座の最後に書いた様に私の物語中に出てくる二次創作の元の作品の解説という企画にしようかなとも考えています。
どうしようか、まだ悩んでいるところですし、どちらにしてもあまり変わらない気もいたしますけれど…ともかく、次回の『みるち〜』はゲストさんをお迎えしてあの二人が質問をしていく、という企画になるはずです♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2007年06月16日

みるち〜ものがたり講座8

(み:藤枝美紗さん、ふ:逢坂蕗さん、あ:鴬谷菖蒲さんです)

み&ふ:みるち〜ものがたり講座〜♪

み:わぁい、ものがたり講座の時間だよ〜♪

ふ:よろしくお願いします♪

み:梅雨なのに全然雨が降らなさそうで、ほんとに水不足が心配になってきちゃったよ…天気予報はどうしていつも晴れはいいことで雨は悪人みたいに言うのか、おかしいよ〜。

ふ:これからの季節、晴れたらものすごく暑くなったり紫外線が強かったりで、嫌いな人も多いのにね…それに、葉月先生は恵みの雨を待ちわびてるのに。

み:うんうん…そういえば、昨日は『私立天姫学園』でその葉月先生で五十鈴先生の悩みを聞いたりフィリアさんであの名曲を歌ったりねころさんであの人にお会いしたりしながら、『天空の城ラピュタ』っていう映画を観てたんだけどね…みーさ、実はあの制作者さまの映画を見るの、はじめてだったりしたんだよ〜。

ふ:えっ、うそっ?

み:うん、みんなそんなふうに驚くけど、ほんとのことなんだよ…みーさ、高校の頃までは全然アニメとか観なくって、『シスプリ』以降にアニメとかも観はじめた感じだから…。

ふ:そ、そうだったんだ…意外だよ。

み:うん、とにかくあやのさんの先輩とかを含めてみんないいって言うからいつかは見てみたくって、昨日テレビでやってたからいい機会だってことで見てみたんだよ〜♪

ふ:うんうん、それでどうだったのかな♪

み:うん、もちろん百合じゃないけど古さをあんまり感じさせないいい作品だったよ…『マハーバーラタ』や先史文明についても考えられたし、同じ空中都市のネオスフィアのこととかも…♪
  …とあるかたがバトンで言ってたお勧めの映画って、もしかしてこの映画のことなのかな…これに出てきたものすごい悪人さんの名前だったし。

あ:みーさちゃん、ちょっと泣いちゃったみたいですよね…うふふっ♪

み:は、はわわ、そ、それより、この映画を観てちょっと気になるところがあったんだよ〜。

ふ:何かな?

み:えっとね、二つあって、まず一つは最後のキャストのシーンであの林原めぐみさんが端役でいたのを見つけたことだよ〜。

ふ:わっ、それは今のアニメで水樹奈々さんが端役でいるのと同じくらいびっくりかも…。

み:あとね、あの映画のいくつかのシーンが、みーさが最近やった『GUNNERS HEART』っていう『シャンテリーゼ』でおなじみで新作の『ルセッティア』が楽しみなEasyGameStationさまのゲームに似てたんだよ〜♪

ふ:わぁ、そうだったんだ…どんなところがかな♪

み:うん、例えば女の子の持ってる石が光って空を指すシーンがあったんだけど…
  空中都市の位置を示してる?
  …ゲームのほうにも、こんなシーンがあったんだよ〜♪

ふ:う〜ん、確かに…石のかたちまでそっくりだね。

み:あと、空の上に浮かんでた遺跡みたいな島だけど…
  空中都市…
  何となく、映画の島に似てるよね?

ふ:うん、そうかも…他にも、空中戦艦みたいなものとかもゲームに出てきたし、確かにこの映画の影響を受けていそうだね♪

み:あやのさんの先輩のお話では、『シャンテリーゼ』の風の遺跡にある瘴気の森から蟲の通り道にかけて…
  大きな蟲の抜け殻?
  …こういう場所なんだけど、この場所もこの制作者さまの映画に影響を受けてるかもって話だし…機会があったら、他の作品も観てみようかな〜って思うよ〜♪

ふ:そうだね、ちょっと気になるし、それもいいかもしれないよ♪

あ:うふふっ、それで『みるち〜』のほうでは現在二つの企画が行われていますけれど、今日はどちらをするのでしょう…♪

み:うんっ、今日は物語に出てくる歴史上の実在人物についての解説だよ〜♪

ふ:私もみーさちゃんも専門外のことだけど、頑張るよ♪

あ:あらあら…お二人とも、応援しております♪

み:わぁいっ、あーやちゃん、ありがとうだよ〜♪

ふ:それで、この企画…前回は『想いは時を越えて(仮)』に登場する九条叡さんの実家についてだったけど、今日は?

み:うん、えっとね、それと同じ物語に出てきた十河琴さんの実家についてだよ〜♪

ふ:十河琴さん…確か物語中に父親の名前が出てきてたはずだけど、何だっけ?

み:えっと、十河存保さんっていうんだよ〜。

ふ:あっ、そうだったね…危うく保存と書き間違えるところだったけど、十河ってことは『そごう』と何か関係あるのかな?

み:えっと、それは全然関係ないと思うよ〜。

ふ:う〜ん、そっか…で、その人は豊臣秀吉の部下の無謀な作戦のせいで生命を落とした、って物語中に書かれてたけど、これは本当なの?

み:うん、ほんとだよ…九州の島津氏っていう大名との戦いのときに、その十河さんって人やあと長宗我部氏っていった四国の大名が先鋒になったんだけど、それを率いた人の無謀な作戦のせいで大敗しちゃったんだよ〜。

ふ:う〜ん、なるほど…どうやらその二つの大名は仲が悪かったみたいだから、どちらも戦上手みたいだからそのあたりは関係ないかな。

あ:その戸次川の戦いでは、かつて四国を統一しかけた長宗我部氏の嫡子も戦死していますし、その戦いを率いた仙石という人は逃げ帰って後に処分を受けていますから、大敗したのは間違いありませんね。

み:わっ、あーやちゃん、詳しいね…やっぱりすごいよ〜♪

あ:あら、ありがとうございます…♪

み:それでね、その十河氏っていうのは香川県の名家の一つだったんだけど、琴さんのお父さんとかはお隣の県の徳島県にあった名家の出身だったんだよ〜♪

ふ:う〜ん、そうなんだ…どこかな?

み:うん、織田信長登場以前に京都や近畿地方一帯を治めていた三好氏っていう大名だよ〜♪

あ:三好氏といえば、天下人といわれた三好長慶という人が有名ですね。

み:わぁ、あーやちゃんはやっぱりすごいよ〜♪

ふ:あっ、そのあたりは私も今日に備えて予習をしてきたよ…確かかなりの文化人であり、そして優秀な弟さんたちに支えてもらったりしていたみたいだね。

み:そのあたりは前回紹介した北条氏政さんに似てるかもだね♪

ふ:でも、私の予習した資料だと最後は家臣の松永って人の謀略で弟さんたちや子供を次々に亡くして失意のうちに病死したみたいだね…しかも、その後三好氏はその松永って人に乗っ取られたみたいだし…。

あ:松永弾正久秀ですね…主家を乗っ取っただけでなく、時の将軍を殺めたり、奈良の大仏を焼き払ったりした大悪人として後世に名が伝わっていますけれど…。

み:う〜ん、確かにあーやちゃんの言ったことをした人なんだけど、みーさはこの松永さんが悪人になっちゃったのは長慶さんが死んだ後になってからじゃないのかな〜、って思うんだよ〜。

ふ:どういうこと?

み:みーさの調べた限りじゃこの人は長慶さんに対してはちゃんと忠臣って言っても大丈夫な感じで仕えてるし、弟さんたちのことについても松永さんが何かしたっていうのはあくまで仮説に過ぎないみたいなんだよ〜。

ふ:う〜ん、それじゃどうしてその人は悪人になったの?

み:みーさの予想じゃ、生命を賭けて仕えたいと考えてた長慶さんが結構はやくに亡くなっちゃって絶望して…って感じだと思うんだけど、どうかな〜?

ふ:みーさちゃん…BL小説が書けちゃうね。

み:わっ、な、何言ってるの、みーさは百合なお話しか書かないよ〜(あたふた)

あ:あらあら…♪

ふ:と、それは冗談だけど、今回のお話で解ったことがあるよ♪

み:えっ、何かな〜?

ふ:十河琴さんのモデル…九条叡さんが叡那さんみたいに、こっちは琴音さんだったんだね♪

み:あっ、うん、そうだよ…叡さんの物語を書くときに使えそうな設定を探してたら琴音さんと同じ苗字の三好氏の一族の十河氏のことがあったから、使ってみたんだよ〜♪

ふ:うん、今回の講座も難しかったけど、そのあたりは参考になった、かな?

み:うん、難しかったよね…みーさにも難しかったし、こんな講座を読んでて楽しんでくれてる人はいるのかな〜?

あ:あらあら…では、次回以降のこの企画はどうしましょう?

み:う〜ん、豊臣秀吉の解説をする気はないんだけど、一応解説できる人として木曽義高さんと大姫さんとか、源氏の人たちとかいるんだけど…読んでみたい人とか、いるのかな〜?

ふ:う〜ん、解らないね…。

み:あとね、ちょっと違う企画として、ものがたりに登場してきた二次創作の元の作品についての解説、っていうのも考えてみたよ〜。

ふ:うん、それはどんなのなのかな?

み:えっとね、例えばこのお話にはいおの様が登場してるから『いおの様ファナティクス』についての解説をしてみるとか、このお話には『ありかる』のみんなが登場してるから『AliceQuartet』についての解説をしてみるとか、そんな感じだよ〜。

ふ:うんうん、なるほど…でも、次回の『みるち〜』は前回からはじまったゲストさんを呼ぶ企画だから、そんな急いで決めることはないかな♪

み:うん、よかったらみんなのご意見も聞かせてもらいたいよ〜♪

ふ:それじゃ、今日のものがたり講座はここまでかな♪

み:あっ、最後にね、藤枝雅さまの『百合姫S』での作品のページ数は…5ページらしいよ〜。

ふ:『ティンクルセイバーNOVA』の3巻も、発売日が7月25日に延期になったみたいだね…。

み:藤枝雅さまの日記によると、作画の調子が悪いみたいで…心配だよ〜。

ふ:そうだね…みーさちゃんも私もゆっくりでも大丈夫だって思うから、無理はしないでもらいたいよね。

み:うんうん、正直なことをいうといっぱい読みたいけど、でもご本人が納得できる作品を描かなきゃだしねっ♪
  それじゃ、また次回だね…ばいばいだよ〜♪


あ:うふふっ、今日もお疲れ様でした…♪
  蕗さんのおっしゃったとおり、次回の『みるち〜』はお客さまをお呼びしてみーさちゃんたちが質問をしていく企画ですから、お客さまや質問のご希望がありましたら、よろしくお願いいたします…♪
  ちなみに、ここで行われている歴史上の解説ですけれど、なにぶんにも専門外のことですので、正確性は期待しないでくださいね…もし明らかな事実誤認がありましたら、ご指摘くださるとありがたいです…♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2007年06月15日

ミラクル☆フライト

〜拍手のお返事〜
23:15(昨日)>
『Diamond9!』という作品が百合系かもしれない、ですか…「気に入るかは別にして」という一文が気になりますけれど、ともかく情報ありがとうございます♪
よほど危険そうなものでない限りは大丈夫だと思いますし、来週の月曜日に『百合姫S』を買いに行くときに一緒に探してみます♪


少し前にサーバのメンテナンスでこの日誌が丸一日開かなくなった日がありましたけれど、その日以降私や先輩の使っている携帯…ではなくてPHSでこの日誌を開くと、日誌が携帯モードになっている、ということに気がつきました。
うゅ、今まではPCと同じ画面で開いていたのでし。
PHSは利用者が少ないからか、サーバによって携帯モードにならないところが結構あるのです…私が以前借りていた魔法のiらんどというサーバも最近までそうでしたし…。

携帯モードで表示される様になって表示が軽くなったのはいいことなのですけれど、一つ気づいたことがあります。
日誌を書くときも、そしてPCで見たときも普通に全角で表示されているカタカナ文字が、携帯モードで見ると半角にされています…。
半角カタカナはなんだか見苦しくて好きではなくて使わないのですけれど、こんなことになっているなんて…うぅ、携帯でここを見てくださっているかた、本当はちゃんとカタカナ文字も全角で書いているのですよ〜。
もう、どうしてこんな余計な変換を…むぅ。

ちなみに、どうやら現在コメントなどの承認が遅れるという不具合が発生しているみたい…?


水不足が非常に心配な中やっと入梅した昨日も、引き続き水樹奈々さまのライブDVDをば…昨日は先日前半を観た『LIVE UNIVERSE』の後半です♪
屋外ライブもすっかり日が暮れて周囲が暗くなったあたりからですね♪
でも、さすがに夏の屋外ライブですから、服装も涼しげなものが多く…けれど暑そうですけれど(何)

さすがに4日連続で見るとおなかいっぱいな感じですね…満足なのでし♪
水樹奈々さまは声も歌も、それにお姿も素敵ということで…♪
そういえば、先日の日誌でお客さまが男の人ばかりに見えると書きましたけれど、ちゃんと女の人の声援も結構ありました…機会があれば私も行ってみようかな、なんて♪(何)
…む、無理ですけれど、ね?(ぇ)

そういえば、あのかたは水樹奈々さまのファンクラブには入っていらっしゃるのかしら、と少し気になったり…。


『ユーディーのアトリエ』のほうは、先日迷った神殿のほうのさらなる探索を行った以外は、特に進展はなく…。
神殿の奥のほうはほとんど何も落ちていないのですね…宝箱の中身も、結局何もよいものはありませんでしたし…むぅ。

と、どこにいても一瞬で氷室へアイテムを転送できるというとんでもないアイテムを手に入れました♪
これでしたら痛みやすいアイテムも最小限の痛みですませることができます…こうなると、工房は氷室のあるアルテノルトへ移動したほうがいいのかも?
ちなみに、現在の工房は結局ヴェルンに落ち着きました…やっぱり住み慣れた場所が一番かな、ということで♪(ここの森には月晶石をはじめ、結構色々なものが落ちていますし…♪)


そういえば、ほんまPさまのお話では『アオイシロ』の声優オーディションの最終選考を公開オーディションにて行うそうです♪
こちらで見学の応募ができるみたいですので、興味のあるかたは応募してみてはいかがでしょう♪
…場所はもちろん東京ですので、私はとても手が(足が?)出ませんけれど…。

一方、EasyGameStationさまの新作、『ルセッティア』の声優募集が締め切られたみたいでし。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・その他

2007年06月14日

NANA色のように

先日読んだコミックのレビューをば♪
なかなかよかったです♪
□蒼い空のネオスフィア
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

これは先日水樹奈々さまのライブDVDとともに購入してきたコミックの中の一冊で、タイトルのとおり『蒼い空のネオスフィア』のコミック版です♪
『ネオスフィア』…ことにエリンシエさまが大好きな私なのですけれど、それなのにこのコミックを今まで購入してこなかったのは、このコミックはストーリーをかなり削っていてさらにメインキャラまで削っているという情報を得たからなのでし…。

そして、実際に読んでみたのですけれど…これはストーリーを削ったのではなく、ストーリーを完全にオリジナルなものへ変えた、という表現が正解ですね。
エリンシエさま、そしてノキさんとの出会いやその後の展開も原作とは全く違いますし、原作に沿ったエピソードは一つも見られなかったかと…。
メインキャラ…フェアリさんは確かに登場しませんでしたけれど、元老院のこと自体が完全になかったことにされていますし、そうなると必然的にフェアリさんの出番はなくなるのでそれは仕方ないかなと…。
さらに『トリスティア』のメンバー…フォーリィさんやネネちゃんなども登場せず、登場するのはナノカさんとエリンシエさまとノキさん、そしてスツーカさんとテンザンだけ(あとほんの少しマドラスさん)、というかたちになっています。
一冊のコミックに全てを収めるのは厳しいので、はじめから完全オリジナルにしてキャラを絞った感じ…?

というわけで原作どおりのストーリーを期待するかたには確かに不向きなこの作品ですけれど、私は…読んでみてよかったと感じました♪
原作のストーリーとは全く違ったながら内容自体は悪くありませんでしたし、それに何より…エリンシエさまが大活躍でしたから♪
全てがエリンシエさま中心に描かれた作品で、これはエリンシエさまファンのために書かれた作品かもしれません…やっぱりエリンシエさまは素敵なのでし♪
逆に言えばエリンシエさま以外のかたは活躍していないわけで(そもそもノキさん、スツーカさん、テンザン以外は削除されていますし)、エリンシエさまがお好きなかた以外の『ネオスフィア』ファンのかたには、確かに不満の出る内容かもです。

イラストも悪くなく、ネネちゃんがいないのでエリンシエさまのライバルとなるかたもおらず、元老院もないのでエリンシエさまの女王の座も全く安泰で、波乱がないといえばそうなのですけれど、私には満足な作品でした♪
ただ、不満を言えば…最後があまりに唐突であっさりしすぎ、ということでしょうか。


『ユーディーのアトリエ』のほうは、クリア後もう一度ゲームを再開したら、ヘルミーナさんがマイバウムの塔というところにいる魔王の話を教えてくださいました。
もしかすると、これを倒しに行けということなのでしょうか…?

ということで塔のある場所に一番近い町へ行ってみたのですけれど、ラステルさんがユーディーさんを危険なめに遭わせたくないとおっしゃって止めてきたので、結局行けませんでした…。
けれど、神殿の奥へ行ける様になっておりましたので、昨日はそちらへ行ってまいりました♪
神殿の奥はいくらダメージを与えても崩れる心配がないみたいで、一安心なのです♪
けれど、道が解りづらくって、30分以上迷いに迷いました…でも、図鑑に載っていないバザルトドラゴンに遭えたのはよかったかなです♪
やっと下の階へ行けたかと思ったら、最強の敵さんである灰色のアークデーモンが現れましたし…!
以前これを退治したときは見えない鎖を使って何とか倒したのですけれど、今回は何とか実力で倒せました…さすがにレベル90にもなると、こんな敵さんすらも結構余裕で倒せてしまうのですね…♪
そんなこんなで神殿の最奥までやってきましたけれど、よく解らない現象が起きて外へ飛ばされてしまいました…あれは一体何だったのでしょう…。

…と、ユーディーさんのプロフィールを見ると、『何だか本来の目的を忘れてるような…。過去に帰るんだったっけ?』と書かれていました…もしかすると、帰らなくなるのでしょうか…。
私は、そちらのほうがいいと思うのですけれど…♪


そして、水樹奈々さまのライブDVDをまた…今回は2006年の夏に行われたという『LIVE UNIVERSE 2006〜summer〜』です♪
こちらは外で行われたのですね…日時は7月29日、場所は日比谷屋外大音楽堂となっておりますね。
屋外ライブを(DVDでとはいえ)観るのはこれがはじめてでし♪

やっぱり時間の関係で前半…1枚めのディスクしか観れていませんけれど、こちらは夏らしく、明るい感じの曲が多かった気がいたします♪
日が暮れてきた『残光のガイア』あたりからはかっこよいものが多くなってきた気がいたしますけれど…どちらもよいですね♪
このディスクの最後には、水樹奈々さまが出演されていたアニメの中からくじで主題歌を一つ歌う、という企画をしておりました♪
結果は『甲賀忍法帖』というものを歌うことになったのですけれど、解らないでし…。

ともあれ、やっぱり素敵な感じで…後半も楽しみなことでし♪
ちなみに、昨日の『私立天姫学園』でフィリアさんが歌っていたのは水樹奈々さんの歌で…本来でしたら奈々穂さんが歌うべきなのかも、ですね♪
…その昨日は、あのかたには大変申し訳ないことになってしまいました…ごめんなさいまし。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月13日

ひとつだけ誓えるなら

今日は昨日前半しか観ることのできなかった水樹奈々さまのライブDVD…『LIVE MUSEUM 2007』の後半を観てみました♪
後半…2枚めは『Heaven Knows』から再開でし♪
何曲入っているのか数えてみたら、何と合計27曲…ポップンなライブで全アーティストさまが歌った合計曲数より多いかも…。
そういえば、このライブへ実際に行った藤枝雅さまもずいぶん長いライブだとおっしゃっていた気がしますし、すごい体力でし(ぇ)

水樹奈々さまは27歳だったのですね…上の計27曲というのも、それに合わせたものなのかも?
途中、お母さまからのお手紙でデビュー7周年と言われていましたけれど…そうなると、1999年発売の『リトル・ウィッチ パルフェ』はかなり初期の作品、ということになるのでしょうか…♪

う〜んっ、それにしても、後半の曲もいずれも素晴らしかったです…♪
『SECRET AMBITION』もございましたし…どの曲もかっこよかったり、うゅ♪
途中、上に書いたお母さまからのお手紙ではちょっとしんみりとしてしまったり…奈々さまの過去のお話を知ることができたりしましたし…♪
…あっ、私は自分が観た作品の出演声優さんの名前と声のイメージは解ったりするのですけれど、個々の声優さんのエピソードなどについてはほぼ解らなかったりします…そういうお話を入手する術を持っていませんし…。
好きな声優さんについても、純粋に声のみを聞いて好きと言っている場合がほとんどですし…。
そんな中にあって、水樹奈々さまについてはこうしてライブDVDを買ったりしたのですけれど、これを観てさらに好きになったりしてしまったり…歌手さんとしての要素も強いですけれど、声優さんとしては水樹奈々さまが一番好きかな、なのでし♪
あっ、ちなみに水樹奈々さまの声をはじめて聞いたのは『シスプリ』の亞里亞ちゃんでしたけれど、この声はものすごく特殊でしたので特によい印象も悪い印象も受けませんでしたけれど、『メモオフ2nd』のほわちゃんやそのエンディングテーマ『オルゴールとピアノと…』で好きな声優さんのお一人になったのでし♪(『1st』の唯笑さん役の那須めぐみさんも好きでしたけれど、『リリーのアトリエ』のリリーさん以降姿を見ないでし…)
その後の作品でも、たとえば『Sakura 雪月華』での奈々さん役(同名でし!)やテーマ曲でまた好印象だったりでしたし…でも、ここまで好きになったのはやっぱり『なのは』のフェイトさんとその曲のせいでしょうか…♪
そして、あのかたの影響も少なからずあるかも、でし♪

ともあれ、よいライブでした…もう一つの『UNIVERSE』のほうも楽しみですね♪
…多分、また2日に分けて観ることになると思いますけれど…。


『ユーディーのアトリエ』のほうは、全ての調合可能なアイテムを制作できて、いよいよ最終段階…アルテノルトの氷室へ行ったら、何だかヴェルンの森にある不思議な空間が怪しいという感じの会話になりましたので、そこへ行ってみたら…やっぱり、そうだったみたいです。
そこで竜の砂時計を使って、過去へと帰る…そのとき仲間になっていたラステルさんやエスメラルダさんに見送ってもらいましたけれど、これは仲間になっている人によって内容が変わりそうですね…個人的にはヘルミーナさんが気になるかも?
でも、帰るシーンはアニメーションでしたけれど、ラステルさんのものでした…ラステルさんがいない場合、ここはどうなるのでしょう?
ともかく、本当にユーディーさんが過去に帰ってゲームは終了…ちょっと、あまりにもあっさりとしすぎで、しかもどちらかといえばバッドな終わりかた…。

と、そういえばsionさまにずっと以前に聞いたお話では、この作品にはクリア後にもう一つのエンディングが見られるとか…。
うゅ、それを目指して今日からまた『ユーディー』をやっていきたいと思います♪
…そろそろ『ユーディー』後のことを考えたほうがいいかも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月12日

Justice to Believe

昨日はお仕事のお休みをいただいて、お買い物へ…こんなものを買ってまいりました♪
初のポップン以外のライブDVDでし♪
○NANA MIZUKI LIVE MUSEUM×UNIVERSE
○バニラ A sweet partner
○ヴァイゼフラウ(1)
○ちょこっとヒメ(2)
○Dark Seed(2)
○蒼い空のネオスフィア
○蒼い海のトリスティア アンソロジーコミック

一番上のものは水樹奈々さまのライブDVDです…ライブDVDなんて(例の東方なものは除くと)パーキッツさまのもの以来となって、ポップン系のかた以外のものははじめてとなります♪
購入してみて気づいたのですけれど、これってDVD4枚組…2つのライブが収められているみたいで、かなり豪華な感じでし♪
そういえば、水樹奈々さまのこのライブDVD、さらにベストアルバムと『SECRET AMBITION』を持っていると特別なCDを入手できるみたいで…私は実は全て持っていますし、応募しようかな…?

『バニラ』は以前氷狩さまが百合系作品だとおっしゃっていらっしゃったのを思い出して購入してみた文庫です♪
表紙絵は素敵な二人の女のかたのものですし、確かに百合を期待できるものかもですね…♪
ただ、内容のほうは銃関係みたいで、これまた確かに氷狩さまのおっしゃったとおり私に合うかどうかは解らないかも…?
…文庫のほうは最近ほとんど読めていませんので、これも読むのはものすごく先になるかも…。

『ヴァイゼフラウ』は先日拍手で百合系かもしれないとお勧めされて購入してみたコミックです♪
表紙絵からして、イラストはなかなかよさそうです♪
ただ、内容のほうを見てみると、魔女と騎士の戦いみたいなのですけれど、なかなか血の多い作品みたい…私に読むことができるか、ちょっと不安かもです…。

『ちょこっとヒメ』と『Dark Seed』の2つは、第1巻のコミックを持っているので購入した作品です♪
実はこの2つはまだ第1巻を読んでいなかったりして…(ぇ)
ちなみに、前者は全く百合でなく、後者も微妙ということは解っているのですけれど、ね…。

下二つはおなじみ『トリスティア/ネオスフィア』の関連コミックです♪
『ネオスフィア』コミックはエリンシエさまが大好きなのにどうして今まで購入しなかったのかというと、どうもストーリーがかなりはしょられていてフェアリさんのエピソードは完全に削除されている、という噂を聞いたので手を出そうか悩んでいたのでし…。
それでも結局はエリンシエさまをコミックで見たくって購入してしまったわけでし♪
いきなり見開きでエリンシエさまの例の水着姿のカラーピンナップがあったのですが…♪(何)
『トリスティア』のアンソロジーコミックは目についたので何となく購入…『ネオスフィア』のアンソロジーがあればよろしゅうございましたのに…。
…『ネオスフィア』のドラマCDを見かけて、購入しようか非常に悩んだのは秘密です(何)


と、帰ってきてからさっそく(といっても結構遅い時間になってからですけれど…)水樹奈々さまのライブDVDを観てみました♪
まずは2007年の2月12日に横浜アリーナで行われたという『LIVE MUSEUM 2007』から…って、2006年に行われたもう一つのほうを先にしたほうがよかったのかも、と少し後悔したりも…だ、大丈夫ですよね?(向こうは『DISC3・4』でしたし)
確か、このライブには藤枝雅さまも行っていらしたのですよね…お客さまが男の人ばかりに見えましたけれど、確かパーキさんのライブもそんな感じだったかも?

と、ともかく…動く水樹奈々さまの姿はベストアルバム付属のDVDで見てはいたのですけれど、こうして改めて見てみますと…も、ものすごくと言っていいくらいお美しいですね…。
ライブ中に何度も服装が変わっていらっしゃいましたけれど、そのどれもがまたよかったですし…♪
もちろん、お姿だけでなく、歌声もとってもお美しく…うゅ〜、素敵です♪
特に『Justice to Believe』はもうものすごくかっこよくって…♪

…ただ、1枚めのDVDだけで1時間40分くらいの長さがありましたので、結局昨日は『MUSEUM』の前半しか観ることができませんでした…やっぱり、4枚もあると時間のほうが厳しいです(いよいよクリア目前の『ユーディーのアトリエ』へ手を出すことができませんでしたし…)
今日以降、また続きやもう一つのライブのほうを見ていこうと考えております…もちろん『ユーディー』のほうも。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2007年06月11日

は〜ちゅものがたり講座20

(み:藤枝美紗さん、しゃ:永折美紗さん、ふ:逢坂蕗さん、あ:鴬谷菖蒲さんです)

み&しゃ:は〜ちゅものがたり講座〜♪

み:わぁいっ、今日も元気にものがたり講座の時間だよ〜♪

しゃ:前回は『みるち〜』だったから久しぶりだよぅ♪

ふ:これからは『は〜ちゅ』と『みるち〜』を交互にしていくんだっけ…♪

あ:うふふっ、どちらも楽しみですね…♪

ふ:それはそうと、みしゃさん、今日は人間の姿なんですね…『私立天姫学園』では猫になっていた気がしましたけど…。

み:わっ、蕗さん、それは言っちゃ…!

しゃ:そうなんだよぅ、せっかくみーさちゃんをかわいい猫さんにしてあげようと思ったのに…。

み:は、はわわわわ…み、みしゃさんの猫さん姿もすっごくかわいいと思うよ〜?

しゃ:でも、みしゃはいつまで猫なのかなぁ…みーさちゃん、はやく元に戻してよぅ。

み:え、えっと、どうやって元に戻すか忘れちゃったし…それに、みしゃさん結構楽しそうだからあのままでも…。

しゃ:よくないよぅ…ぷんぷんっ!

み:わっ、そ、そうだよね、みしゃさんがいなくなっちゃって心配してた子もいたし…何とかして思い出してみるよ〜。

しゃ:うん、お願いするよぅ。

ふ:そういえば、その学園では昨日ジャンヌさんがヴォルケンリッターみたいなことをしようとしてた気が…。

み:うん、ジャンヌさんはこれから魔導書に魔力を蒐集してくことになるから、今までより敵さんな感じになってきちゃうんだよ〜。

しゃ:クレアちゃんはどうなってくのかなぁ…それに、ジャンヌさんの連れてた子が気になるよぅ♪

み:そうだね、クレアちゃんもちゃんと使ってかないとだよ…あと、叡那さんにまた波乱の予感かもだよ〜。

ふ:そうみたいだね…私はてっきり、フィリアさんがあのアルジュナって人に似てて間違われたものかと思っちゃったけど…。

しゃ:色々どうなるかなわくわくだよぅ…だけど、まずはみしゃを人間に戻してよぅ。

み:はわわ…そ、そうだね〜?

あ:あらあら…♪

ふ:えと、それじゃ、『は〜ちゅ』のほうでの企画、あやのさんが過去にやったゲームの紹介をするけれど…そういえば、ギャルゲーは前回紹介した『W Wish』で終わりなんだよね?

み:うん、そうなんだよ〜。

しゃ:それじゃ、今回からはどんな作品が出てくるのかなぁ…楽しみだよぅ♪

ふ:うん、それじゃ、今回の作品は何かな、みーさちゃん?

み:うん、えっとね、今回は『アカイイト』だよ〜♪

しゃ:あれっ、それって一種のギャルゲーじゃないのかなぁ?

み:う〜ん、そうかもだけど、これは主人公が女の子で相手も女の子っていう、すっごく素敵なゲームなんだよ〜♪

ふ:百合な世界に一つの伝説を残した作品、だね♪

しゃ:わぁ、それは素敵だよぅ♪

み:これまで『ポップン』以外はずっと男の人が主人公なゲームばっかりやってきたあやのさんにとって、このゲームとの出会いはすっごく衝撃的だったみたいだよ〜♪

しゃ:これまでみたいに男の主人公に女の子の名前をつけて脳内変換…なんてことをしなくってもよくなったんだぁ♪

み:これと同じ時期に観た『マリみて』アニメと並んで、あやのさんにすっごい影響を与えた作品だよ〜♪

ふ:百合好きなみーさちゃんや私にとっては今さらだけど…内容はどんな感じかな?

み:うんっ、内容は一応『和風伝奇ホラー』になってるんだよ〜。

しゃ:わぁ、ホラーって確かみーさちゃんすっごく苦手だったよね?

み:う、うん、確かにそうなんだけど、このゲームは血を吸われたりして血のシーンは多いかもだけど、そんなに怖くない…っていうより、百合なゲームだから大丈夫なんだよ〜♪

ふ:日本神話などに由来するエピソードとかがあるのも、興味深いところだね♪

しゃ:登場人物のほうは…(説明書を見て)わぁ、みんな魅力的だね♪

み:あやのさんはやっぱり長い黒髪の凛としたかた、烏月さまが一番好きみたいだけど、他にもユメイさんとかサクヤさんとか、あと主人公の桂さんも、ほんとに素敵な人ばっかりなんだよ〜♪

ふ:声優さんも豪華だし、霜月はるかさんの歌も入っているし、それに何より百合なゲームだし…何にも文句のないゲームだね♪

しゃ:一つ注文があるとしたら、口づけのシーンがないところかもだよぅ。

ふ:それじゃみーさちゃん、このゲームの評価はどんな感じかな?

み:うん、えっとね…
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○グラフィック評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○音楽評価:★★★★★(4.5)
 ○声優評価:★★★★★(4.5)
 ○難易度:★★★☆☆(3.0)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○付加要素(おまけなど):★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)
  …このゲームはおまけでアンソロジーコミックがついてきたんだよ〜♪

しゃ:あと、ドラマCDや小説も出てるし…続編の『アオイシロ』は二つの雑誌で漫画化してるんだよぅ♪

み:うんうんっ、『アオイシロ』はまだ発売日は未定だけど、こっちも百合なゲームみたいだし、今年はこのゲームに一番期待だよ〜♪

ふ:去年の『ストパニ』ゲーム以降、百合なゲームの世界はちょっとさみしい感じだけど、これなら…だね♪

み:それじゃ、今日はここまでだけど…そういえば、『ユーディーのアトリエ』のほうは、いよいよ過去に戻るためのアイテム、竜の砂時計を完成させたよ〜。

しゃ:わぁ、それじゃいよいよクリアなのかなぁ?

み:う〜ん、それがね、完成させただけじゃダメみたいなんだ…何か特別なことをしないといけないみたいだけど、これはちょっと心当たりがあって、アルテノルトの氷室あたりが怪しいかな〜って思うんだよ〜。

ふ:でも、ユーディーさんが過去に帰ってゲームが終わるなんて、ちょっと切ないかも…。

み:そうなんだよ、竜の砂時計を完成させたらラステルさんが帰らないでって泣きついてきたし、ヘルミーナさんやクリスタさんあたりも喜んでなかったし…エスメラルダさんは前向きだったけど。

しゃ:うん、そうだよね…。

み:とにかく、マップの音楽も切ない感じに変わってたしクリアは目前ってあたりで、今日のものがたり講座はおしまいだよ〜♪

ふ:うゅ、また次回だね♪

しゃ:にゃ〜♪

み:もきゅもきゅ…って、みしゃさんが猫さんになっちゃったよ〜♪


あ:あらあら、うふふっ…♪
  次回は『みるち〜』になる予定ですけれど、どちらの企画にするかは現在検討中ですので、もう少し待ってあげてくださいね…♪
  あと、『東方百合同盟』のPC向けtop絵が変更されて、ギャラリーにも収録されましたので、よろしければご覧になってくださいね…♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2007年06月10日

im@sのほん Rookies

昨日は虎穴通販からアイテムが届き…といっても、東方なアイテムではありません。
そういえばアニメの『アイマス』はどうなのでしょう?
これは『im@sのほん Rookies』といって、藤枝雅さまと源久也さまが合同で描かれた『アイドルマスター』の同人誌ですね♪
私は基本的に東方以外の同人誌は買わ(え)ないのですけれど、藤枝雅さまのものは例外です♪(『ネギま!』だけは買う気分になれないのは不思議)

ただし、今回の作品は藤枝さまの調子が悪いときに描かれたこともあって、藤枝さまの作品の内容は…失礼ながら、かなり薄いです。
ページのほとんどは源さまの作品ですし…。
藤枝さまファンの私はそれでも買いますけれど(もう買ってますし)、お金に余裕のないかたなどは他の藤枝さま同人誌を買ったほうがいい、かも?

源さまがXな箱の『アイマス』ゲームを激しくお勧めしていらっしゃいますけれど、私にはそんな本体を買う余裕はさすがに…。
確かに『アイマス』自体は気になるのですけれど、ね…むぅ〜。

その藤枝さまの『百合姫S』での作品は『乙女色StayTune』といって、声優さんの漫画になるそうです♪
今回はあまり長くないそうですけれど、連載になるそうで…楽しみなことです♪
…藤枝さまは水樹奈々さまのライブDVDを購入されたみたいですけれど、私も明日お休みを取れましたので買いに行こうかと思っています♪


物語のほうは調子が悪いながらもエリノアさまの作品を書いていたのですけれど、ふと思い立ってこんな物語を書きはじめました。
これは草鹿瑞葉さんが彩菜さんとお別れして音楽学校へ留学している間に何があったかを書くお話…視点は同級生の南波紗々さんのものとなります。
南波紗々さんはこちらで桜花さまに提供したかたのお一人ですけれど…い、いいですよね?(何)
登場人物紹介のほうにも紗々さんを追加しておきましたけれど、こんな感じで趣味などが全て未定だったりします…もしよろしければ、考えてくださるかたがいらっしゃれば嬉しいです♪
ちなみに、紗々さんは上にあげた日誌にも書きましたけれど、『ストパニ』の夜々さんに似た雰囲気のかたです。

あと、昨日はどこに入室しようか30分程度悩んでなかなか入室できなかった『私立天姫学園』のほうで、サブキャラを一人登録いたしました。
ずっと以前からジャンヌさんの魔導書に関する設定を考えていたのですけれど、その設定が固まってこんな感じになった…というわけです。
昨日の学園で綾瀬千歌音さんが「紛失した」と言って探しはじめたのはこの魔導書のことを言っていたのです…もともと学園の魔法図書館の地下深くに封印されていたのをジャンヌさんが持ち出したわけです。
この子を成長させる方法は基本的に『なのはA's』の夜天の魔導書と同じですので、ジャンヌさんはヴォルケンリッターと同じことをしていくことになります。
どうしてジャンヌさんがこの魔導書を完成させようとしているのか…については、おいおい解ることになるかと…?
今日あたりから、使用人数に余裕があったら(まずは一般人相手から?)魔力の蒐集を開始しようかと思います…これでジャンヌさんは敵さんらしい敵さんになりそう?(反学園組織の総帥さんに相談をしないあたりは完全に個人的な行動だから、ということ?)
…べ、別にリインちゃんに影響を受けたわけではありませんよ?(何)

…昨日の学園は、私のせいであのかたに不快な思いをさせてしまった気が…申し訳ございません…。


そして『ユーディーのアトリエ』のほうは、錬金術士レベル60、冒険者レベル84にして久しぶりにストーリーが進みました♪
でも、まさか全てのキャラの中で一番どうでもいいコンラッドさんを、男キャラとしてはじめて仲間にさせられることになろうとは、思ってもいませんでした…一度も戦闘をせず、そして目的を果たしたら即座に解雇しましたけれど。
それからは何だか今までの停滞が嘘みたいに次々にストーリーが進んでいきます…ヘルミーナさんに助言をもらったりして。
ヴェルンにてそのヘルミーナさんのイベントがたくさん発生する様になりましたけれど、やっぱりヘルミーナさんは怖いです…そして、イングリドさんとは仲が悪いのですね…いつかイングリドさんにとどめを刺してやる、とか言っておりましたし。

その他、ポストさんが割れた石版を持ってきてくれとおっしゃっておりましたけれど、これはもう10個以上敵さんから得ておりましたので、あっさりと…。
さらに、神殿の古代竜の存在を教えてもらえましたので、それに会いに神殿へ…今までオウムさんが「引き返そう!」と言って通れなかった場所の先に古代竜がいました。
さすがに冒険者レベルが87(さらに上がりました)は高すぎたのか、ずいぶんあっさりと倒すことができました♪
その後はポストさんから古代の石版の複製をもらって、今まで調合できなかった残り数種のアイテムが調合可能に…これで、調合できるアイテムは全て揃ったみたいな感じです♪
モンスター図鑑も、古代竜を倒した時点で不明は残り2つだけになりましたし…ここまできて会えていない敵さんがいるということは、埋めるのはかなり難しいかも…?
ともかく、不幸にもアイテムが足りなくて全てを作ることは不可能でしたので、今日以降足りないアイテムを回収しようと思っております♪

竜の砂時計完成も目前で、クリアまでもうあと一歩みたいな感じ…今まで全然停滞していましたのにこんな急激に…sionさまのおかげですし、大感謝です♪
でも、ユーディーさんは本当に過去に帰ってしまわれるのですね…個人的には、帰らなくていいと思ってしまうのですけれど…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月09日

出張・機動六課!! 〜緊急捜索任務 in 海鳴市〜

〜拍手のお返事〜
1:43>
うゅ、『ヴァイゼフラウ』という作品が百合かもしれません、ですか…情報、ありがとうございます♪
そのうち水樹奈々さまのライブDVDを買いに行くはずですので、そのときに探してみます♪

そういえば、『Dark Seed』や『ちょこっとヒメ』の2巻も出ているはず…どちらも1巻をまだ読んでいなかったりしますけれど(ぇ)、一応一緒に探してまいりましょう♪
さらに、再来週の月曜日には『百合姫S』があるのですよね…。
ちなみに、『百合ミシュラン』の発売日は7月25日とのこと…当初は3月、次は6月、最新では初夏発売予定とのことでしたけれど、7月末ではもう真夏ですよね?


昨日はいよいよどきどき緊張しながら、『魔法少女リリカルなのはStrikerS』のサウンドステージ第1巻を聴いてみました。
今回のサウンドステージは第6.5話でタイトルは『出張・機動六課!! 〜緊急捜索任務 in 海鳴市〜』とのことで、はやてさん率いる機動六課がロストロギア探索のために海鳴市のほうへ出張するお話でした♪
はっきり言うと新規登場人物がまだ完全に把握できていない中で声だけの作品、そしてコミックは読んだもののアニメを全く観ずの中でというのは、なかなか解りづらいものがありますけれど…むぅ(レリック、というのが何を指すのかよく解りませんし…)
でも、『StrikerS』の皆さまの声をはじめて聴くことになって…なかなか、皆さまよい感じですね♪
小さくなったアルフさん以外(ぇ)、どの声も違和感はなく…♪
スバルさんの声、斎藤千和さんは『ココロ図書館』のこころん役で知ったのですけれど、その後の作品を見ると『学園アリス』のスミレさんや『ARIA』の藍華さん、そして今回のスバルさんとどちらかといえば活発な雰囲気のキャラの声をしていらっしゃることのほうが多いのですね…私にはこころんのかわいらしい声の印象のほうが強かったり…。

と、いきなりリインさんが普通の子供の大きさになったりしていました…映像を見てみたいところかも?
そして、その後すぐにアリサさんやすずかさんが登場…アリサさんは大学生をしていらっしゃるのですね♪
なのはさんのご両親たちも登場…相変わらず喫茶翠屋をしているみたいですけれど、なのはさんの生徒さんたち…つまりスバルさんたちはご両親たちにお会いするのははじめてということで、ずいぶん張り切っておりました♪
なのはさんのお兄さんたちは、お仕事でドイツのほうへ行っているみたい…?
アリサさんもすずかさんも、ご両親たちも、なのはさんたちのお仕事の件についてちゃんと解っていらっしゃるのですね…高校などで就職先はどう説明をしたのか、気になるところです。
その後はエイミィさんやアルフさんも登場…エイミィさんにはもうお子さまがお二人もいらっしゃるのですね。
アルフさんが誰の使い魔なのかスバルさんたちは全くご存じなかったみたいですけれど、そのアルフさんはずいぶんとかわいらしくなってしまって…あらあら♪
皆さまの自己紹介があったのは、皆さまの過去から現状までの状況を知りたい私としてはありがたいことでした♪(新キャラさんの紹介が省略されたのはちょっと残念かも?)
こんな一連の出来事に、スバルさんたちはびっくりし続けでしたね…「なのはさんたちが普通の女の子に見える…」とか言っておりましたし。

後半は銭湯へ行くことになり…キャロちゃんはエリオくんを追って男湯へ行ったりして、やっぱりずいぶんと仲がよろしいみたいでし。
エリオくんはともかく、キャロちゃんはずいぶんかわいらしゅうございます♪
それにしても、あの錚々たるメンバーが揃って銭湯に入って…も、ものすごい光景ですよね。
はやてさんが皆さんのバスとアップに貢献していらっしゃったのですか…はわわ〜(何)

あっ、肝心のロストロギア回収のほうは、おまけみたいなものですので、新人4人の活躍で無事任務完了…でし♪
三つの挿入歌も悪くなく…♪(水樹奈々さまのものがないのはちょっと残念ですけれど)
次回は第14.5話とのことでし♪
…でも、この作品、主人公は誰なのかさっぱり解りませんね…(何)

ともあれ、サウンドステージは悪くなかったですし、こうなるといよいよアニメのほうが楽しみになってまいります♪
期待して、大丈夫ですよね♪


それにしても、どうやらsionさまのお話では、長らく進まなかった『ユーディー』のストーリーを進める鍵はコンラッドさんが持っているみたいでし。
コンラッドさんといえば、『ユーディー』で仲間になる数多いキャラの中でも一番どうでもいい感じがして、全く相手にしていなかったのですけれど…まさか、そんな重要キャラだったなんて…全く思いもよりませんでしたし、sionさまには感謝です♪
とにかく、今日あたり久しぶりにストーリーが進むかも?


昨日ははやめに退室してしまった『私立天姫学園』ですけれど、最近ちょっととあることを考えることが多くなりまして…。
参加者のかたがたが一度は目を通していらっしゃる規約に『ただ、健全に♪ 年齢制限ありませんので♪』という一文があるのですけれど、どこまでが健全なのかな、と…ごくごく稀に、ちょっとこれはというものが…ごにょごにょ…。
いえ、学生寮の中でのことまでは何も言うつもりはありません…あそこは愛し合う二人だけの世界なのですし、ある程度のことは許されると思います♪
ただ、そうでない場所の場合…と、私の判断でこういうことを考えるとかなり厳しめになってしまいそうですので、やめておきましょう。
…と、これはただの独り言ですので、あまりお気になさらないでくださいまし、です。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月08日

東方バイオリン

昨日は先日届いた2枚の東方なCD…『東方バイオリン4』と『東方ブラスバンド』を聴いてみましたけれど、なかなかよろしゅうございました♪
両方ともタイトルのとおりな感じのアレンジですけれど、こういうものは好きですし…♪
でも、控えようとは思っていながらも結局今回の博麗神社例大祭でもかなりのアイテムを買ってしまって、お金が…。
かなりの名作である『モノクロンド』に出会えたのは非常に嬉しいことでしたけれど、次回からはもっと控えないと…少なくとも音楽は好きな制作者さまのものだけにしても大丈夫かも?

…『魔法少女リリカルなのはStrikerS』のなのはさん、フェイトさん、はやてさんの三人を見て、ふと『ARIA』の水の三大妖精のことが思い浮かび…(何)
その『なのはStrikerS』のサウンドステージを聴きたいのですけれど、時間がなかったり緊張したりしてなかなか聴けません…(ぇ)
今日こそは聴こうと思うのですけれど、心の準備が…はわわ。


毎日少しずつ進めている『ユーディーのアトリエ』も、気づけば冒険者レベルが80以上にまで上がって…だいたいの敵さんは軽く倒せる様になりました♪
ただ、ストーリーのほうが本当に全く進まなくなってしまいました…全ての町へ行ける様になって以降、何の進展も見られていないかも?
遺跡のほうも、途中でオウムさんが「引き返そう!」と言ってくる場所以降はいつまでたっても全く進めませんし…うぅ、どうしたらいいのか全く解りません〜。

立ち往生気味ですので、ヘルミーナさん、ラステルさん、パメラさんに続く女のかた…
シュルツェ一家の…
…クリスタさんを仲間にして使ってみたりしています(エスメラルダさんは完全に固定です/画像提供:(C)GUST CO.,LTD.)
第一印象は他の女のかたたちに較べてそれほどでもなかったクリスタさんなのですけれど、使ってみると結構好きになってきたり…ユーディーさんともやり取りがよい感じなのです♪
盗賊団の娘ということで周囲から変な目で見られてしまうクリスタさんに、何の偏見もいだかずお友達になるユーディーさん…ユーディーさんは本当にいいかたなのでし♪
と、そのクリスタさんを連れて遺跡へ行くと、今まで開けられなかった宝箱が開けられる様になった…のですけれど、別に特によいものは入っていないのですね。

うゅ、ともかくストーリーが全く進まなくなったのは困りましたけれど、冒険者レベルが90くらいになるまでは焦らずアイテムの採取などに精を出そうかなと思います…幸い『ユーディー』にはクリアまでの期限がないことですし♪
…そのレベルになっても全く進展のないときは…禁じ手として、攻略本を探そうかなです…。

こんな感じでずいぶんと手間取っていますけれど、調合に関しては『リリー』あたりより楽な感じです♪
だって、『リリー』では結局作り出せないままに終わってしまったアイテムが多数ありましたけれど、こちらではそこまでの事態にはならなさそうですから…。
昨日は古代の仮面というものを作っていたら、MPと攻撃力交換という効果のアイテムができて…ユーディーさんの攻撃力がとんでもないことになりました!
さらにMPの高いヘルミーナさんに装備させたら…お、怖ろしゅうございますね…。

なかなか『ユーディー』が終わらない上に『リーズ』が放置気味になってしまっていますので、他の『アトリエ』たち…『ヴィオラート』や『マリー/エリー』にいつ手を出せるのかは全く解りません〜。
過去に一度クリアした『リリー』については、とりあえず一番最後に回すことにしました…このままやらない可能性が高いかも?
せめて『ユーディー』は『東方風神録』や『アオイシロ』…いえ、『ポップン14』発売までにはクリアをしたいですけれど、厳しいかもです…。

と、RPGのお好きな後輩がいますので、私の買った『アトリエ』シリーズのことを話してみたのですけれど、そうしたらPS2の『マリー/エリー』を買ったのは失敗かもしれませんよ、と言われました。
その後輩の話によると、PS2の『マリー/エリー』にはクリアしたときにおまけが現れないそうで…おまけの出ない『マリー/エリー』は魅力が1/3くらい減少するかも、というのですが…うゅ、稀沙さま、そうなのでしょうか?(ぇ)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:28 | Comment(13) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月07日

おウチへ帰ろう

〜拍手のお返事〜
20:58(昨日)>
あっ、わざわざご忠告ありがとうございます…削除しておきました。


一昨日から昨日にかけて色々とあって、日誌やお返事を書くことができませんでした…申し訳ございません。
昨日の夜に日誌を書いてもよかったのですけれど、日誌は朝の日課になっていますから…(何)

ちなみに、色々といってもお仕事の関係でちょっと遠くへ小旅行(?)へ行ってきただけですので、何の心配もいりません…心配をしてくださったかた、ありがとうございます♪
ただ、あまりに急に予定が入ったもので、出発時に見事に携帯を家へ忘れてしまいました…ミュージックプレイヤーやDSは持ちましたのに(これらは鞄の中だったので、ですけれど)
ですので、お返事も全くできなくって…うぅ。
携帯電話を持たずに外出、しかも外泊つきの遠出なんて携帯を持って以降なかったことの気がいたしますし、不安になってしまいました…。
…駅で公衆電話を使いましたけれど、ものすごく久しぶりの気がします。
あと、先輩の電話番号を忘れていなくてよかったです…。

と、あのかたが日誌でミュージックプレイヤーのことを書いていましたけれど、今回私もこれにお世話になりました♪
移動の電車内ではDS…『リーズのアトリエ』をしようと思っていたのですけれど、はじめて見る様な景色の場所ではどうしても外へ目が行って…結局、音楽を聴きながら外を見ていました(結局『リーズ』は一度もせず…あちらへ着いてからはそれどころではありませんでしたし)
私の使っているものは先輩が買ってくださった、そしてお揃いのもので、30GB分の曲が入るみたい…お気に入りのCDは全て収めてあるのですけれど、まだ入りそう…。
…何曲入っているかは解りませんけれど、聴くものはだいたい決まっていたり…。

…あっ、水樹奈々さまのライブDVDの発売日、そういえば昨日だった気が…!
昨日の帰り道に買ってこればよかったかもしれません…けれど、講義を終えた先輩が私のことを待ってくださっていましたし、それに何よりライブDVDは次のお休みの日に買いにいこうと決めていて発売日自体は完全に忘れてしまっていましたから、仕方ありませんね。


と、昨日は帰ってきたら、ちょっとひどいことが起こっていまして…。
詳細は控えますけれど、私が大変お世話になっているサイトさまに、私の名前を騙る人が中傷文を書き込んでいたのです…。
…かつて宇佐出雲から変えたこの名前をもう一度変えようかな、と本当に考えてしまいました…うぅ。
昨日は本当は『私立天姫学園』へ行こうと思っていたのですけれど、そのことで気分が沈んで行けなくってしまいましたし…。

あっ、でも、その問題はもうすでに解決済みですし、もう大丈夫です♪
お出かけ、そしてそのせいで二日連続でお休みしてしまった学園のほうも、今日はまた行こうと思っておりますのでよろしくお願いいたします…♪

ただ、その困った人は私のサイトから流れていった可能性があるみたいで…またこんなことが起こらないか不安ですので、これからはさらにひっそり運営に心がけようと思っています。
とりあえず、日誌の設定がおかしかったので修正しておきました(今までは日誌を書くごとに色々なところへ更新通知が流れていたみたい?)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・その他

2007年06月05日

『猫天然』って…

私立天姫学園』のほうでの演劇部のイベントの日程も決まったみたいで、フィリアさんが楽しみにしております♪(何)
それが終わった段階あたりで、私もいくつかイベントの告知をしようかな…なんて考えています。
いくつか考えていて、まずはこんなあたりでしょうか…♪

■教師の慰安旅行
この間生徒さんで遠足をしましたので、今度は先生たちだけで同じ様なことをしてみようかな、なんて考えてみました♪
遠足の企画をしたのは葉月先生でしたけれど、こちらも葉月先生になりそう…葉月先生は世話好きなのです♪
場所は飛泉さまから希望のあった温泉旅館などを考えています…この場合、入室する場所は海岸になるかも?(海の見える露天風呂?)
人数が多かった場合など、千歌音先生を使って旅行場所を二つに分けるかも?(温泉旅館は葉月先生、もう一つどこかを千歌音先生、という具合に)
…慰安旅行なんて実際にしたことがありませんので、温泉旅館以外に候補が思い浮かびませんけれど…むぅ。

■生徒の修学旅行
この間の遠足は初等部中心でしたので、こちらは高等部or中等部のかたを中心としたものとして考えてみました♪
別に遠足にしてもよいとは思うのですけれど、修学旅行もよいかななんて…♪
ただ、場所はまだ全く考えていません…実行するかも未定ですので(ぇ)
…慰安旅行も含め、葉月先生が引率の場合、場所は幻想郷でいいかも?(何)
これと上に書いた慰安旅行の場合、一日で終わるのは難しいイベントになるかも?

■昇格試験
以前私の持ち教師として葉月先生が行いましたけれど、今度は千歌音先生で行ってみようかな、なんて考えてみました♪
ただし、千歌音先生の場合は世界征服部所属のかた限定、ということになったりして。
世界征服部の生徒を保持していらっしゃるのは稀沙さまと桜花さまのみですので、このお二方のご意向次第になると思います。
…正義の味方部のかたを入れるのも、ありかも?

まずはこんなところでしょうか…♪
もうすぐ季節は夏ですので、個人的なイベントとしてはエリスさんに叡那さまの着る水着を選んでいただいたり、昨日大変なことになったなずなちゃんで涼んだりする…なんていうことをしてみたいかもでし♪(水着イベントはすでに始動しているかも?)
真夏になったら、夏祭りや肝試しなどのイベントを考えてみてもよいかも…ですね。
…最近停滞がちのクレアさんやジャンヌさんの件も進行しなくては、ですけれど…。
新しいサブキャラの登録については、もう少し先になりそう?

…えっ、ずっと放置されているこちらの真夏の物語はどうなっているのか、ですか?
え、えと…うゅ、申し訳ございません…!

その学園では…
学園のバナーでし♪
…こんなバナーができていましたけれど、これは実は私が作ったらしいでし…(何)
あっ、イラストは学園の美術室に投稿されたラビキャットさまのものを許可を得て使わせていただいたのでし…素敵なイラストだったので、つい…でし♪

それにしても、学園のサーバであるフォレストページがリニューアルをするということでサーバ移動を6月の後半に予定しているみたいなのですけれど、説明が解りづらいです…。
こちらの説明では、サーバ移動期間もサイトの閲覧のみはできる…はずではあるのですけれど、詳しい説明を見ると閲覧もできなくなる時間が生じるみたい…?
とりあえず、情報が日々小出しに公開されていますので、もう少し様子を見てさらなる詳細を待ったほうがよさそうな感じでし…。
学園がお休みになる予定の間、茶会が行われるみたいでそれに参加したいかもなのですけれど…♪(何)
でも、サーバのことは学園の中でお話しすることではなかったかもですよね…あのかたのご気分が悪くなったのはそのためかもですし…うぅ、ごめんなさいましです。
…それにしても、やっとブックが消えるバグを解消しようとしていらっしゃるのですね…そのバグがなければ、私もまだフォレストページを使っていたかもしれませんのに…(何)


と、稀沙さまに続いて桜花さままでついに『ねこもころ』をご購入なされたみたいですけれど、何とかお気に召していただけたみたいでまた安堵いたしました♪
あの作品は表紙はものずごく子供っぽい感じがして手が出しづらいかもですけれど、中は本当によい作品なのです…お勧めです♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 物語関連

2007年06月04日

おかしなふたり

昨日の日誌にコミック版の感想を書いた『魔法少女リリカルなのはStrikerS』ですけれど、男キャラは基本的に存在しないものと考えようかな…なんて思ったり。
いえ、ユーノくんなどは言うに及ばず、クロノくんの友人であるという新キャラの人なども第一印象は「邪魔そう…」としか感じませんでしたから…。

ただ、ザフィーラさんはやっぱりよいですし、もう一人…エリオくんも今のところは大丈夫かも?
フェイトさんの子供みたいですし(ぇ)、ユーノくんみたいな悪い印象は今のところありませんし…。
キャロ・ル・ルシエさんとずいぶん仲良くなるそうですけれど、ティアナさんとスバルさんの二人の邪魔にはならなさそうなら別にいいかも、なんて…『ARIA』の灯里さんとあかつきんさんや『学園アリス』の翼先輩と美咲先輩みたいに、百合好きな私でも本当にお似合いな男女カップルは好きになりますし(
キャロさんとエリオくんがこの先どんな感じになるのか、まだ全く解りませんけれど…)
…そういえば、現在行っているアンケートでエリオくんは現在第3位ですね…やっぱりユーノくんなどとは違って(ぇ)いい子なのでしょうか?


そんな昨日は虎穴通販から以下のものが…博麗神社例大祭のアイテム第3陣が届きました♪
約1冊はずれが…
○東方ブラスバンド
○東方バイオリン4
○幻想ノ宴ガイドブック&イラストレーションズ「Fiesta!」
○おかしなふたり
○ミカヅキコネクション
○水面西瓜
○SCARLET INVASION
○夜を越えて走り出そう
○ひだまり。
○Love-Girlds
…上二つはCD、その他は同人誌となります♪
CDのほうはまだ聴けていないのですけれど、どうやら偶然にもこの二枚はコラボレーションな作品だそうです♪

さて、同人誌のほうですけれど、『幻想ノ宴(以下略)Fiesta!』はタイトルのとおりです。
私はこのカードは持っていないのですし(お金の関係などで)これからも買うつもりはないのですけれど、どういうものか気になりましたのでこれだけは買ってみることにいたしました。
うゅ、なるほどです…イラストはよい感じです♪

『おかしなふたり』は以前『ホンネノネ』という作品で素晴らしいアリスさんと魔理沙さんのお話を書いていらしたパパンの小部屋さまの作品となります♪
今回もアリスさんと魔理沙さんのお話…お二人の何気ない日常を描いた作品でしょうか♪
今回はやや(ページ数が)薄かったですけれど、やっぱりアリスさんと魔理沙さんのお話はよろしゅうございますね♪

『ミカヅキコネクション』は先日『ROSE BUD』を買ったSilverStoneさまの作品となります…サブタイトルが『ウドンゲノヨセアツメホン』となっているとおり、過去にこのサークルさまが描いた鈴仙さんが主役の作品3つを収録したものとなっております♪
といっても、私も持っている『月下之茶宴』は確かに表紙は鈴仙さんだったのですけれど、中はアリスさんと魔理沙さんの内容…このお二人が好きな私としては、そのほうがよいのですけれど♪

『水面西瓜』は前回購入した『亡霊伝奇』という作品がかなりよかったので引き続き購入してみた箱詰みかんさまの作品です♪
内容としては萃香さんに振り回される魔理沙さんのお話、となるでしょうか…悪くはない作品ですけれど、前回ほどのものではありませんでした。
ただ、やっぱりイラストはよいですね…引き続き、次回に期待です♪
…よく見たら、この作品の発売日は5月13日…あれっ、博麗神社例大祭の一週間前?

『SCARLET INVASION』は気づけば毎回作品を買ってしまっているMysticmakerさまの作品となります♪
内容としてはどうして紅魔館が幻想郷へやってきたか、というあたりの真相についてのお話となりますね…このかたの作品のイラストの雰囲気は、毎回少しずつ違う気が…?

『夜を越えて走り出そう』はまたまた気づけば結構作品を買ってしまっている夢屋本舗さまの作品…上のMysticmakerさまやSilverStoneさまなどは狙って毎回買っていますけれど、こちらのかたは表紙に惹かれて気づけば偶然、という感じなのです。
内容としては、紅魔館の皆さまの日常のお話、となりますね…お嬢さまのために頑張る咲夜さんのお話、でもあります♪

『ひだまり。』は表紙の橙ちゃんに惹かれて購入してみた作品…けっしてタイトルから『ひだまりスケッチ』を連想して購入した作品ではありません。
内容は橙ちゃんの過去と現在のお話…少し涙ぐんでしまう、よいお話でした♪
でも、この作品のイラスト、どこかで見たことがある気がする…と思ったら、過去に購入したパチェさんと小悪魔さんのお話『little』と同じ作者さまの作品でした…うゅ、よいですね♪

最後の『Love-Girls』については、コメントを差し控えさせていただきます(ぇ)
ただ、この作品のサークルさま…ヤゴの穴さまについては、例の子供な3人のシリーズが終わってからの2作品ははずれ続きです…特に今回のは大失敗でしたし、このサークルさまについては、例のシリーズ以外は封印、ということにいたします。

これで博麗神社例大祭のアイテム購入は終了、となると思います(綾見ちはさまの同人誌と趣味工房にんじんわいんさまのCDがないのが引っかかりますが…その二つが販売されたら買いそうです)
今回は同人誌では『モノクロンド』というかなりの名作に出会えたことが非常に嬉しゅうございました…他の作品も(今日書いた例のもの以外は)だいたいよろしゅうございましたし…♪
とあるかたのサイトに書かれていたおすすめ作品も気になったのですけれど、委託販売されていないのでし(おそらく売り切れ?)…店頭へ行けばあるのかもですけれど、私にはそんな真似はできません(何)
CDのほうは、以前ほど衝撃的な感じのものに出会うことが少なくなってきているかも…?(今日買ったものはまだ聴けていませんけれど)
何はともあれ、次は夏…『東方風神録』に期待です♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記

2007年06月03日

魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS

あのかたに『ねこもころ』を気に入っていただけてほっとしている今日この頃です♪(いきなり何)
…いえ、私は大好きな作品で強くお勧めしたものなのですけれど、気に入っていただけるという確信のあった『ことゆいジャグリング』などと違って、他のかたに受け入れていただけるか少し心配だったのです…独特な感じの作品ですし。
…あとは『ココノカの魔女』あたりがお勧めです♪(何)

その『ねこもころ』のお魚のかたや、『ありかる』のゆきのんや『シャンテリーゼ』のアイラさんや『ARIA』のアリシアさん、はたまた『なのは』のリンディ提督(やシャマルさんも?)や『東方』の幽々子さまに『リーズのアトリエ』のヒルダさん…などなど、ほわほわしたお姉さんな雰囲気のかたは素敵ですよね♪


では、先日読んだコミックのレビューをば♪
リリカルマジカル…ではありません(何)
□魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS(1)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★☆☆☆(2.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

これは待望の『なのはStrikerS』のコミック版の作品となります♪
『A's』のコミックは1巻完結でしたけれど、『StrikerS』のほうはアニメのほうも『A's』の二倍の長さになりますのでコミックも2巻まで出るみたいです…楽しみなことです♪

今回のコミックは前半と後半でお話が分かれていました♪
前半は『A's』と『StrikerS』のお話の間になのはさんやフェイトさん、はやてさんたちの間であったできごとが描かれておりました♪
何だか、なのはさんは一度任務で大怪我をおってしまったらしく…ヴィータさんがかなり心配をしたりしていたみたいですね♪
フェイトさんとシグナムさん同様、こちらのお二人もよい関係かもしれません♪
時空管理局でのお話のみですので、アリサさんとすずかさんははじめのページに出てくるだけですけれど、ともかく『なのは』シリーズがお好きなかたには興味深く面白い内容になっていると思います♪
…少しだけ出てくるユーノくんが、やっぱりものすごく邪魔…消えていいと思うのは私だけでしょうか?(ぇ)

後半は『StrikerS』での新登場人物さん、スバルさんとティアナさんの出会いからの流れを描いております♪
サウンドステージも聴いていませんので、このかたがたがどういうかたなのかをちゃんと見るのはこれがはじめてになりますけれど…とってもよい感じですね♪
特に、ティアナさんのツンデレぶりがかなりよいです…気に入りました♪
このお二人はきっとよい組み合わせになることでしょう♪
その他のかたでいうと、魔法少年らしいエリオくんは…フェイトさんの子供みたいなものかもしれませんね♪(何)
今回少ししか出てこなかったキャロさんも気になるところ…♪
ともかく、これでしたらアニメも期待できそうです…サウンドステージも聴いてみよう、かな?

今回から登場のキャラが多数いて、リインちゃんあたりでしたらともかく、管理局の人たち皆さんを一度で覚えるのはかなり難しいです…。
『マリみて』や『ストパニ』のキャラもはじめは全員覚えるのは無理かもと感じながらも今ではちゃんと覚えていますけれど、こちらは本当に全員を把握するのは無理かもしれません…むぅ。
…男キャラは無理して覚えなくてもいいかな、なんて考えていますけれどどうでしょうか?(何)

作品のイラスト自体は普通程度かな、です。
タイトルは『魔法少女』なのですけれど、もう完全にリリカルマジカルでも魔法少女ではありませんね…私はこのシリーズの大ファンですので、それでもよいと思いますけれど♪
百合的には、新たにスバルさんとティアナさんに注目…かも?
『なのは』シリーズのファンでしたら購入すべき作品ですけれど、『なのは』シリーズを知らないかたがこれを読んでもあまり意味が解らなくて頭がこんがらがる…かも?(登場人物の多さとか世界観とか…)
ともあれ、ファンのかたにはお勧めです♪


と、『なのはStrikerS』のスターターブックに目を通してくださった先輩が、スバル・ナカジマという名前が引っかかる、と言いました。
先輩のお話では、昭和初期の日本には一実業家が興した『中島飛行機』という世界的な企業があったそうです。
大戦後になってその企業は解体されてしまったもののそこから分派した富士重工という企業がスバルというブランド名で自動車を生産しはじめた…と、そういうお話をされたら確かに引っかかりますし、スバルさんのお名前の由来はこれからきている感じがします♪
どうやら、他にも少なくとも『ヴィータ』『シグナム』『エリオ』は自動車の名前が由来になっている、みたい?
私も先輩も車の名前などはあまりよく解りませんのでこれ以上のことは解りませんでしたけれど、もしかすると『なのは』シリーズの他の人の中にもそんな由来の人がいる、かも?

そういえば、以前の日誌に『トリスティア/ネオスフィア』の登場人物などの名前は軍用機から取っている、と書きましたけれど、それに似た感じでしょうか。
…懐かしの『魔法騎士レイアース』の登場人物の名前も車から取っていると誰かが言っていた様な…。
う〜ん…ま、別にどちらでもよいですよね♪(ぇ)


私立天姫学園』のほうでは、昨日はカフェテリア攻防戦が行われました♪
裏でティセちゃんが魔法少女をしていましたけれど、ティセちゃんは雰囲気からしてなのはさんに近い…?
でも、昨日使った上級魔法『ミストルティン』ははやてさんの魔法…ティセちゃんは成長したら、最終的には『ラグナロク』まで使えるはずですので、魔法の進化ははやてさんに沿うのかも?
なのはさんの魔法『スターライトブレイカー』を使うのは叡那さまですけれど、『スターライトブレイカー』は学園の名簿によると☆一つのときの初期魔法ですので、昇格したら『アルカンシェル』が登録されるものかと…個人レベルの魔法ではありませんね(戦艦の艦載砲でし)

今日は、カフェテリアで十六夜さんがイベント終了のお片づけをしているかも…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2007年06月02日

特撰!ランチBOX

昨日は短編の物語から『eternal princess(外伝編)』を完成させることができました♪
これは綾瀬家の12人の姉妹の物語である『eternal princess(/)のおまけ的作品として、現在『私立天姫学園』に登場している十六夜さんの誕生の物語となっております♪
ちなみに、学園では十六夜さんを作ったのは鈴音さんではなく反学園組織ということになっていますけれど、咲夜さんたちと一緒になるまでの流れはだいたい同じと考えて大丈夫です♪(反学園組織が鈴音さんほどひどいことをするとはあまり考えられませんけれど…)

このエピソード、本当はずっと放置してしまっている『2』の中へ入れたかったのですけれど…むぅ。
『2』には他にも色々なエピソードが入る予定ですし、何とか書き進めたいのですけれど…やっぱり、最近は物語制作の調子がどうもよくありません。
とりあえず、次の更新はエリノアさまたちのお話にしようと思いますけれど、更新速度はやっぱりかなり遅くなるかもしれません…ご了承くださいまし〜。

物語制作の調子は悪いですけれど、少しずつ送らせていただいている例の物語は今日あたりにでもまた一段落つきそうな感じです♪


そんな昨日は、お仕事の合間をぬって本屋さんへ…こんなものを買ってまいりました♪
コミック版&文庫版です♪
○魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS(1)
○ねこきっさ 特撰!ランチBOX

上の本はいうまでもなく、ずっと楽しみにしていた『なのはStrikerS』のコミック版です♪
『1』とついているということは、2巻も出るのですね…無印の文庫も『A's』のコミックも1巻で終わりましたから、これは…楽しみなことです♪

下の本は『ねこきっさ』の文庫版…『ひだまりスケッチ』が文庫になっていましたけれど、その流れの作品です♪
まんがタイムきららコミックスの文庫版としては、もう一つ『かみさまのいうとおり!』という作品が出ていましたけれど、私はこれはスルーで…。
いえ、内容が私には不向きとかつて聞きましたので…あらき何とかという人の作品よりひどいのかは解りませんけれど、触らぬ神に何とやらの方向です〜。

ともあれ、『なのはStrikerS』ですね…どきどきしすぎてまだ読めていませんので(何)、今日じっくり読むことにいたします♪
そして、コミックを読んだら次はサウンドステージも…♪


と、そんな最近は学園にいる時間が長くなってきていますので、睡眠のほうが不足がちになっています。
稀沙さまなどもそうみたいですけれど、大丈夫でしょうか…桜花さまは、昨日はお疲れの中お相手をしてくださったみたいですし…。
目の下にくまができたりはしていませんので、お仕事のときに失礼な顔になっている…などということはありませんけれど、眠いことに違いはありません。
昔から朝にお風呂へ入って身を清めるとともに眠気も吹き飛ばしていたのですけれど、最近はそれでは足りなくなってきてしまいました。
そこで、最近は朝にコーヒーを飲むことにしています…私はコーヒーが苦手で、これを飲むと眠れなくなってしまうのですけれど、眠気を吹き飛ばすためですからそれでいいのでし。
おかげで眠さはなくなったのですけれど、もともと苦手な飲み物ですので気持ちが悪くなり…うぅ。
…私は本当にお茶と水以外あまり受け付けないのかも…炭酸飲料もダメですし、お酒なんて全く口にもできない感じですし、普通のジュースも好きというわけではありませんし…むぅ。

それはそうと、睡眠が少なくなってきましたので、今まで気にしていなかった肌荒れを気にしはじめ(何)
眠っている間は老化現象が遅くなりそうな気がしますし、睡眠が少なくなると肌以外も色々と老化がはやまるのかな…なんて考えたりして。
今のところは、先輩がおっしゃるには以前の私と較べて別に荒れている様子はないから大丈夫だけど心配ならちゃんとお手入れをしたほうがいい、とのことでした。
…私の肌を以前と較べることができるなんて…はわわ(何)

うゅ、それはともかく学園へは行きますけれど…ね♪
みしゃさんはどうなってしまうのかしら…♪
今日はカフェテリアの攻防戦がありますし…♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2007年06月01日

みるち〜ものがたり講座7

(み:藤枝美紗さん、ふ:逢坂蕗さん、あ:鴬谷菖蒲さん、叡:九条叡那さまです)

み&ふ:みるち〜ものがたり講座〜♪

み:わぁいっ、今日もものがたり講座の時間だよ〜♪

ふ:『シャンテリーゼ』を制作したEasyGameStationさまが新作の制作を発表したみたいだよ♪

み:あっ、ほんとだ…『ルセッティア』っていうみたいだけど、この感じは…あれれ、『アトリエ』か『リトル・ウィッチ パルフェ』みたいな雰囲気だよ〜♪

ふ:ダンジョンで収集したアイテムを使って新しいアイテムを作って、商品としてお店に並べて売って借金を返済…『リトル・ウィッチ』が一番近いかもしれないね。

み:いくつか映像が公開されてたけど…
  今回の妖精さんは借金取り…
  今回のタイトルは主人公のルセットさんと借金取りの妖精さん、ティアさんから取ってるみたいだよ〜♪

ふ:お店の様子は…
  作ったものを並べるみたい…♪
  …うん、確かに『リトル・ウィッチ』みたいかも♪

み:『アトリエ』みたいに冒険者を連れてアイテム採取ができるみたいだけど…
  雇った冒険者と一緒に?
  …やっぱり『シャンテリーゼ』みたいにアクションな感じだよ〜♪

ふ:お店ではやっぱりアイテムが売れて…
  値段設定も自由?
  これで借金を返していくんだから、やっぱり『リトル・ウィッチ』をイメージすればいいのかな…ということは、今回の作品には時間制限があるのかな?

み:出演声優さんを募集しているみたいだから、いつもお世話になっているあのかたとか…どうかな〜♪

ふ:今回は男キャラもいるみたいだからちょっと不安かもだけど、これは『アトリエ』シリーズみたいに冒険者を選べるっていう感じみたいだし、映像はやっぱりきれいそうだしとにかく楽しみだね…出演声優さん募集のページにキャラ紹介もあるね♪

み:うん、楽しみだよ…このサークルさまのゲームは『東方風神録』以上にPCのスペックが不安になっちゃうけど、それでも買っちゃうよ〜♪

ふ:と、これからはできれば『みるち〜』と『は〜ちゅ』を交互にやっていこうって考えているんだよね、みーさちゃん♪

み:うんっ、そうだよ〜♪

ふ:そして『みるち〜』のほうで前回行った、物語に出てくる実在の人物の解説をするコーナーと合わせて、今回からは新コーナーをはじめるんだよね♪

み:うんっ、ゲストの人を一人お呼びして、みーさと蕗さんが色々質問をしていこうってコーナーだよ〜♪

あ:あらあら…お二人とも、頑張ってくださいね♪

ふ:それじゃ、さっそく第一回のゲストをお呼びします…どうぞ♪

叡:…ごきげんよう、九条叡那よ。

み:叡那さん、今日はよろしくだよ〜♪

叡:ええ、けれど私などでよかったのかしら。

み:うんっ、やっぱり最初は叡那さんしかいないと思うよ…リクエストもあったし♪

ふ:そう、第一回は叡那さんにしてくださいって、森のストーリーテラーさんからお手紙があったんだ♪

叡:森の…そう、彼女が…♪

み:それで、叡那さんにはみーさたちの質問に答えていってもらうんだけど、叡那さんが出てるここの物語と桜花さまのサイトに載せてもらってる東方の世界の物語、そして天姫学園での物語と、全部の世界に対応した質問をしていくよ〜♪

ふ:それぞれの世界での叡那さんの設定については、それぞれのリンク先にある登場人物紹介を見てあげてください。

み:それじゃ、まず一つめの質問だけど、そうだね…いつも冷静で落ち着いた感じの叡那さんだけど、何か嫌いなものってないのかな〜?

叡:…男の人に人ごみ、目立つこと。

ふ:う〜ん、あまり面白くない答えだなぁ…これじゃ、ねころさんやエリスさんの参考にならないよ。

叡:…何か、おっしゃって?

ふ:う、ううん、何でも…じゃ、叡那さんは普段どんなことをしてすごしてるの?

み:お社のお仕事のときとか学校のときとかじゃなくって、完全にプライベートなときのことを教えてね〜♪

叡:そう、ね…こちらへ出させていただいたときにも答えさせていただいたけれど、だいたいの時間は社の仕事や茶華道や武道などの稽古に当てているから、それ以外のこととなると難しいわね。

ふ:う〜ん、さすがというか、何というか…。

叡:あとは、あちらで言った様にあの二人と少しお買い物へ出かけたり、少し読書をしたり…。

み:わぁ、読書ってみーさの本を読んでくれてるのかな〜♪

叡:いえ、私が読むのは主に古典や史書など…けれど、最近はねころやエリスに勧められたものも、少しだけ読んでいるわ。

み:そっか、残念だよ〜。

ふ:でも、ねころさんとエリスさんが勧めた本って…確か、童話と恋愛小説じゃなかったっけ。

叡:…次の質問は何かしら。

ふ:そんな、恥ずかしがらなくってもいいのに…意外とかわいいんですね。

み:うんうん、それならみーさの本も読んでくれたらいいのに〜♪

叡:…(鋭い視線で)

み:わわっ、え、えっと、それじゃ次は…好きな人と普通のお買い物以外でお出かけするなら、どこに行きたいかな〜?

叡:…その人がそばにいてくれるならば、私はそれで構わない。

ふ:うっ、またつまらないお返事…叡那さん、外出とかしない人?

叡:仕事での外出ならば多々あるけれど、それ以外ならばそうなるかしら。

み:う〜ん、でも確かに叡那さんがカラオケとかに行ったり、あとゲームとかしたりする姿も思い浮かばないよ…実際、そんなことしないよね?

叡:ええ、そういったところへは一度も行ったことはない…家にテレビなどもないわ。

ふ:す、すごい…やっぱり、普通の人とはかけ離れた生活をしてるんだね…。

み:そういえば、このお話でみーさが握手会をしたときも、叡那さんは近くの神社で待ってて、結局きてくれなかったんだよね。

叡:…人ごみは苦手、と言ったはず。

ふ:でも、そのときみーさちゃんが握手会をしたのって、秋葉原だよね…ねころさんとティセちゃんもいたんだし、叡那さんは二人と一緒に神社で待ってて正解だったと思うよ?

み:うゅ〜、とにかく好きな人と行く場所だけど、ねころさんとは遊園地や海とかに行ってるよね〜?

叡:ええ、一応…高校の遠足や、摩耶さんの別荘だけれど。

み:それなら、エリスさんともそういうところに言ってきたらどうかな〜?

ふ:うん、そうだね…特にこれから夏になるし、水着姿なんて見せちゃうと喜んでくれると思うよ♪

叡:な、何をおっしゃって…では、そろそろ失礼するわ。

み:わっ、待って、待って、まだ終わってないよ〜?

ふ:そうですよ、せっかくこのお二人にもきてもらっているんだし…ね?

ね:は、はい…♪

エ:ご、ごきげんよう…私たちのラジオにもきてもらったから、そのお礼に…ってね?

叡:…ええ、ねころ、それにエリスも、ごきげんよう♪

み:わっ、あんまり驚かないんだね…。

ふ:もしかして、はじめから気づいてたり?

叡:二人の気配、感じられないはずがないでしょう?

ね:あ、ありがとうございます…♪

み:それで、次の質問はお二人からしてもらおうと思うよ〜♪

叡:あら、何かしら…♪

ね:は、はい…その、エリスさまからどうぞ…♪

エ:えっ、ねころおねえちゃん…しょ、しょうがないわね…♪
  えと、じゃあいくわね…叡那は、その…私たちとどういう未来を築いていきたい、かな?

叡:あら、その様なこと…言うまでもないでしょう?

み:それをあえて言ってもらいたいんだよ〜♪

叡:そう…私は、ねころやエリスとずっと一緒に、幸せになる道を歩んでいきたいと思っているわ♪

み:うんうん♪

叡:そして、子供のほうは授かればありがたいことだけれど、ティセをそう考えても、よいかしら…♪

ね&エ:…(顔を赤くします)

叡:と、この様な感じね…ではねころ、エリス、行きましょうか♪(二人を連れて帰ります)

み:あっ、うん、今日はありがとうだよ〜♪

ふ:う〜ん、やっぱりいいなぁ…♪

み:うんうん…って、あっ、まだあーやちゃんの持ってるお手紙の質問に答えてもらっていなかったよ〜。

ふ:…行っちゃったね。

あ:あらあら、ではこれはみーさちゃんに答えてもらっちゃいましょうか…えーりんさんはあの場所でもう答えていらっしゃるみたいですし…♪

み:あっ、うん、何かな〜?

あ:はい、はじまりの天使さんからいただいたお便りで、『錬金術を使えたら、どんなことをいたしますか…♪』ということですけれど、いかがでしょう…♪

み:う〜ん、錬金術…みーさが今やってる『ユーディーのアトリエ』みたいなことができちゃうんだよね〜♪
  どうしようかな〜♪

ふ:私なら…やっぱり悩むところだけど、みーさちゃんはどうかな?

み:百合な恋が叶う薬…とも思ったんだけどやっぱり恋はそういうのに頼っちゃダメだと思うし、錬金術はおいしいお菓子とかも作れるみたいだからそれをできる様になってあーやちゃんと一緒にいっぱい食べたいかもだよ〜♪

あ:あらあら…みーさちゃん、ありがとうございます♪(ぎゅっ)

み:ううん、いいよ…きゃ〜、きゃ〜っ♪

ふ:やっぱりいいなぁ…お手紙をくれたはじまりの天使さん、どうもありがとうございました♪

み:きゃ〜、きゃ〜っ…あーやちゃん、すきすき〜♪(ぎゅぅ)

ふ:今回からはじまったこのコーナーでは、次回以降にお呼びするゲストの人や聞いてもらいたい質問のリクエストを募集しています♪
  何かご希望のあるかたは、よろしくお願いします…ご意見も大歓迎です♪

み:あっ、それじゃ、今日のものがたり講座はここまでだよ…ばいば〜いっ♪


あ:うふふっ、今回からはじまったこの企画は、いかがだったでしょうか…ちょっと長くなりすぎた気もしますけれど、今日のえーりんさんはどうだったのでしょう…♪
  ちなみに、解るとは思いますけれど『ね』はねころさん、『エ』はエリスさんです…えーりんさんだけ『叡』と漢字になっているのは、何となくです…♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio