2007年11月07日

天獄パラダイス

データが消えたため現在はじめからやり直している『シャンテリーゼ』を制作されたEasyGameStationさまが冬のイベントで発売する期待の新作…
期待の作品…♪
…『ルセッティア 〜アイテム屋さんのはじめ方〜』の体験版がこちらで公開されました♪
これは『リトル・ウィッチ パルフェ』みたいに作ったアイテムをお店で売っていく作品となります。
アイテム製作の材料蒐集の際に戦闘もありますし、『アトリエ』シリーズに近い感じかも?

実は夏以来この作品を一番期待していたりしますので(『アオイシロ』や『ソルフェージュ』よりですか?/何)、いよいよ楽しみになってまいりました♪
ただ、製品版を楽しみにするために、体験版はやらないでおこうと思いますけれど…(ぇ)


そんな昨日は、物語のほうから『鳥籠の姫とリセリアと(仮)』の第8章を完成させることができました。
エリノアさまたちのお話のほうは、本当にずいぶん久しぶりとなる更新な感じ…あまりの遅さにもう読んでくださっていらっしゃるかたもいない様な気もいたしますけれど、今はこちらの調子がいい感じですので、引き続き第9章も書き進めていこうと思います♪
気が変わって、途中で『fairy princess(仮)』の新装版のほうを更新するかもですけれど…。

昨日は何だか物語制作の調子がいつになくよい感じでしたので、つばささまのリレー小説の続きを書いたり、桜花さまへ例の物語を送ったりもしてしまいました♪
あ、相変わらずの駄文ですけれど、何とかお気に召してくだされば幸いです…。


では、先日読んだコミックのレビューをば♪
悪魔と天使の…?
□天獄パラダイス(1)
 ○イラスト評価:★★☆☆☆(2.0)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.0)
 ○百合度評価:★★☆☆☆(2.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(2.5)

これは先日『なのはStrikerS』のDVDなどと一緒に購入をしてきた作品で、何となく購入をしてみた作品です。
毎度おなじみのまんがタイムきららコミックス…このコミックスは何となく購入をしたものが一番多いのですけれど、『スズナリ!』や『ひだまりスケッチ』『となりのカワンチャさん』みたいな当たりな作品がたくさんあった一方で、『雅さんちの戦闘事情』や『魔法のじゅもん』など外れな作品もあったりと、なかなか難しいところ…それでも、まだ致命的な外れ(男が主人公とか)を引いていないだけよいのかも?
ちなみに、外れというのはあくまで私の視点で言うと外れという意味で、もちろんこれらの作品を好きなかたもいらっしゃると思いますし、そうしたかたがたからすれば私の感想などは非常にお気を害してしまわれるものかもしれませんけれど、そのあたりはそういう(偏った)一意見もあるのですね、と感情的にならず生温かく受け流していただければ幸いです…逆に受け流せなかったりするかたは、この日誌は見ないほうが無難かと思います〜。

ともかく、この作品の内容のほうは、かわいいもの好きの高校生な女の子で妹がほしいと思っている猪熊美愛さんのもとに、クリスマスの日に悪魔と天使の子が突然やってきて一緒に暮らすことになる…というお話となります。
やってきた経緯は、魔界からやってきた魔王の娘であるウニちゃんは退屈な日々が嫌でみたいで、天界からやってきたナルニアちゃんのほうは、どうやら魔界と天界とは天秤で釣り合っている状態でどちらかの世界の悪魔や天使の力が増減して天秤の釣り合いが破られると世界が崩壊してしまうために、それを防ぐため自ら人間界に行ってその釣り合いを保った…と、何だか解りづらいですね。
ともかくかわいいもの好きの美愛さんはそのお二人を受け入れてかわいがる日々…二人の子も美愛さんのことが好きで、それに二人も仲のよい感じで、幸せに暮らしていくわけです♪
途中、ウニちゃんを連れ戻しにきた魔界猫(?)のルルラさんが現れて、美愛さんのことを好きになってしまって告白までしてしまうのですけれど…猫ですし、大丈夫ですよね。
この巻の最後に、ルルラさんの許婚という猫耳の少女が現れたことですし…。

イラスト的には普通、といったところです。
百合的には美愛さんをおねえちゃんと慕う二人のかわいいちみっこがよい感じですので、ほのかに…といったところで♪
上に書いたとおりルルラさんがやや不穏ですけれど、猫ですし大丈夫と信じたいものです。
基本的に微笑ましく、悪くないお話だったと思います…何となく買った作品にしては一安心です♪


昨日の『私立天姫学園』のほうは一昨日に続いて体育祭イベント第2弾…何とか無事に終了しましたけれど、時間が厳しくて最後はちょっと強引になってしまいました…。
いちごさんのほうも中途半端になってしまいましたし、申し訳ございません…。
でも、日をまたいでしまったのは久しぶりなことで…眠いです…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想