2008年09月19日

お花畑でつかまえてっ

昨日はお仕事はお休みをいただいてお買い物などへ…この様なものを購入してまいりました。
-----
1冊のみ…
○百合姫S(6)
-----
…はい、昨日は『百合姫S』の発売日だったのですけれど、同時発売の百合姫コミックス2冊が来月に発売延期してしまいましたので購入するものがこの1冊しかなく、何だかさみしい事態となってしまいました。
そのコミック2冊と乙ひよりさまの『クローバー』は来月の『百合姫』と同日に発売ですけれど、12月の『百合姫S』の発売日と同日に『百合姫S』発の百合姫コミックスが4冊発売する予定となっています。
発売予定なのは毎回表紙も飾っている椿あすさまの『HONEY CRUSH』、高木信孝さまの『カシオペア・ドルチェ』、すどおかおるさまの『オトメキカン グレーテル』、そして先日読んだ『かなめも』の作者である石見翔子さまの『flower*flower』でございますね…いずれも第1巻となります。
同時に、ついに完結を迎える林家志弦さまの『ストロベリーシェイクSweet』第2巻も発売するみたいです。
個人的には、藤枝雅さまを別格とすると宮下未紀さまの『マイナスりてらしー』あたりのコミック化が一番楽しみなのですけれど…。

今回の『百合姫S』には『ソルフェージュ』PSP版の情報も掲載されておりましたけれど、その『ソルフェージュ』のコミカライズ版が『百合姫』にて連載される予定となっているみたいです。
詳細は10月発売の『百合姫』にて発表されるみたいですけれど、それは楽しみなことです♪
あと、以前購入をした一迅社文庫アイリスから出た百合な作品『ワイルドブーケ』『.(period)』の続刊も発売されるみたいですね…他の百合小説は出ないのでしょうか。

内容のほうは、まず残念なのは藤枝雅さまが今回はお休み、ということでございましょうか…。
でも、収録作品自体はどれも不満のないものだったかと思います。
特に、前号に続いて倉田嘘さまの作品にはかなり満足…このかたの作品はどうも私との相性がよいみたいですし、このまま毎回描いてくださってコミックになってくださればよいのですけれど♪
読み切りのかたでしたら、他には以前読んだ『鬼ごっこ』の黒柾志西さまや袴田めらさま、コミックを買っているのにまだ読めていない珠月まやさまなどいらっしゃいましたけれど、いずれもよきものでございましたし♪
ただ、巻頭を飾った『死神アリス』…いえ、よい作品なのですけれどこの作者のいづみやおとはさまって、以前読んだ『百合姫Wildrose』にいらした時津風おとはさまと確実に同一人物でございますよね…よきイラストですので印象に残っています。
どうして苗字を変えられたのでしょう…やはり、時津風部屋問題が影響して…?(何)
ともあれ、百合系の作品は上の『死神アリス』や、あるいは直江まりもさまの『The Nightmare aftre school』みたいな雰囲気の作品って結構見かけますね…『断罪者』『ヴァイゼフラウ』は確実にそうですし、『アカイイト/アオイシロ』やひそやかに進めている『AMARANTO』あたりもこちらの部類に入りそう…?

連載作品はやはり『マイナスりてらしー』が気になるところ…そういえば藤枝雅さまだけでなく『オトメキカン グレーテル』も休載でございましたね。
やはり、今回も『百合姫』『百合姫S』と両方でおなじみの『南波と海鈴』は健在…にわかに同系統の作品である『ゆるゆり』も目立ってまいりましたね♪
ともあれ、悪い作品はありませんし、次号も楽しみなことです…次号は藤枝雅さまがいらっしゃることを願って…。

今回のお買い物、百合関係のものは『百合姫S』1冊だけだというさみしい事態になりましたので、おまけ…
おまけの品…
…『百合姫S』購入時に、なぜかギャルゲーのしおりをいただきました。
こういうことって確か以前にもあった気が…。

あと、カレンダーの予約が開始されておりましたので、どの様なものがあるのか見てみたのですけれど、あまり惹かれるものはなかったかもしれません。
今年分が予約開始後すぐ発売中止になったからか、今回は水樹奈々さまなどははじめから見受けられませんでしたし…『ストライクウィッチーズ』など数作品はさっそく発売中止になっておりましたし。
去年、今年と選択していた『ARIA』も見受けられませんでしたし、何もなければ無理に購入をする必要はないかもしれませんね…藤枝雅さまが来年分のカレンダーを作ってくだされば何の問題もないのですけれど、ご無理はしていただきたくはありませんし、難しいところです。


『クラフトソード物語2』のほうは、とりあえずは槍のほうでおいもはいーもんのかたに貰った素材で武器を作ってみました。
でも、これはいずれ解体する運命にありますので、やはりまたしばらく武器を鍛える日々が続くことに…最終的には剣で最後の敵に挑める様に進めていこうかと思います。

村の人たちが門番さんとおばあさん、親方と長老以外の人が全員避難して消えてしまいました…門番さんとおばあさんの会話は少し泣きそうになりました。
…と思いきや、お店の人と釣りの人も居残っていました(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴