2008年10月20日

クローバー

先日読んだコミックのレビューを。
よきものでした
□クローバー
■乙ひよりさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

これは先日『百合姫』などとともに購入をしたもので、それと同日に発売した百合姫コミックスです。
作者は毎回その『百合姫』でよい作品を描いていらして、そして以前『かわいいあなた』というよいコミックを出していらっしゃる乙ひよりさまです。

内容のほうは、『百合姫』で連載されていた4つのお話に描きおろし作品を1つ加えた5つのお話…橘家の4姉妹のお話で、1つずつ一人の姉妹の作品となっております。
4姉妹のお話とはいっても、1つ1つのお話は全く繋がっておらず、オムニバス形式と本の帯にも書かれておりましたし、読み切りの作品としてみることもできるかもしれません。
個人的には第1話の卯月さんのお話が一番好きでしょうか…卯月さんは4姉妹の末の妹でそのお話『彼女の隣』のときは16歳なのですけれど、他の姉たちのお話ではまだ小学生だったりそれ以下だったりします(か、かわいい…)
そう、お話ごとに年代さえ変わってしまっているわけで、それがさらに読み切りの作品だと感じさせるでしょうか…基本的に、最後の描きおろし作品以外は皆さんの学生時代のお話となっております。

最後に収録されている描きおろし作品『Happy Days』は第2話『bitter girl』の美鳥さんのその後のお話となります…4年半後のお話となるみたいです。
こうして、その後のお話が読めるというのは個人的にはなかなか好きです…お二人は幸せになりそうでございますし。
他の3人の姉妹のその後も、少し気になるところです。
…と、、帯に「四姉妹の青春、友情、恋、失恋―。」と書いてあったみたいに、第3話の『春よ恋』は明らかな失恋ですし、第4話の『夢心』もやや微妙ですから、全員のその後は難しいですね…(どちらもよいお話なのですけれど)

イラストはよいものです。
百合的にも申し分ありませんけれど、多少淡い雰囲気かもしれません。
ともあれ、よい作品でございました…百合好きさんでしたら買って損はない作品です。
…ちなみに、私には「百合」と「ガールズラブ」の言葉の違いがよく解りません(何)