2008年10月25日

極上ドロップス

先日読んだコミックのレビューをば♪
やはりあちらの方向の作品…
□極上ドロップス(1)
■三国ハヂメさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.2)
 ○百合度評価:★★★★★(5.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

これは先日『百合姫』などとともに購入をしたもので、それと同日に発売した百合姫コミックスでございますね。
こちらも先日の『半熟女子』同様に本来は8月発売予定だったもののなぜか2ヶ月も発売が延期された作品ですね。

内容としては、寮生活でないと一人暮らしが許されないということで入った学校の寮が手違いで埋まってしまって、特別な人しか入ることのできない通称「はらいそ館」という寮に入ることになった前園小鞠さんのお話…彼女がどうして家を出たかったのかは、よく解らなかったはず?
その寮はお嬢さまばかりが入っていて、しかも誰かの推薦がなければ入ることができないということで、小鞠さんは名前の通り困ってしまうわけですけれど、偶然出会った姫宮雪緒さんの下僕となることで入ることが許されたのでした。
お二人とも高校一年生で、小鞠さんは普通の女の子という感じですけれど、通称が姫様の雪緒さんはかなり美しいかた…学校での人気もかなり高いかたですね。
その人気のために、小鞠さんは姫様のそばにいる目障りな奴ということでその他の生徒のいじめにあうこともあり…。
雪緒さんは小鞠さんを下僕にしているということでそっけない態度ではあるのですけれど、小鞠さんのことが好きみたいで、この巻の最後でそれがはっきりいたしますね…♪
一方の小鞠さんも雪緒さんに惹かれていき…第1巻の最後では一応相思相愛になれたのでしょうか♪

お二人の入っている寮には他にも次期生徒会長候補や文化部会トップ、図書館の主やら一見仲の悪い双子といった個性的な面々がいらっしゃるのですけれど、いずれもかなり手がはやい…ちょっと、この作品も先日の『半熟女子』同様に最近の『百合姫』に見られる傾向、つまり「最近、露骨にエロが入ってきたのが気になります」な作品になります(こちらの作品のほうがよりその傾向が強いでしょうか)
この点については先日の『半熟女子』の感想に書きましたからこちらではこれ以上は書きませんけれども…。
また、こちらもそれと同様に『百合姫』『百合姫S』では連載されておらず、どうやら携帯電話での配信となっているみたい…そもそもこの作者さまはこのコミックではじめて目にした気も…?

ちなみに、小鞠さんには過去に大好きな人と引越しで引き裂かれた過去がありますけれど、そのお相手というのが…このお話の一つの鍵になりそうな気も?
個人的な感じではそのお相手は雪緒さんで、雪緒さんはそれに気づいていて小鞠さんをそばへ…という様な予感がいたします♪

イラストのほうはなかなかよいものかと思います♪
百合的には申し分ありません♪
やっぱりちょっと過激な作品になっておりますけれど、悪い作品ではないかと思われます。


『クラフトソード物語2』のほうは猫の武器を鍛えているうちに時間が99時間オーバーになったのですけれど、表示される時間がおかしい感じ…。
99:50:50で再開したのに、次にセーブをしたときには99:24:16になっていました…99:59:99とかにはならず、何だかループしてしまうみたい?

…と、はやくも『マナ・ケミア2』のベスト版が登場するそうですけれど、もうどちらでも…(何)