2009年08月10日

IDOL no TAMAGO

こちらの【ふぐり屋】さまの公式サイトによると、私が先日購入した『その花びらにくちづけを 番外総集編』のほうで落丁…つまり1ページ分ページが飛んでしまっていたみたいでございます。
といっても私はまだ最後の『バックステージ☆キス』しか読めておりませんのでそのページが飛んでいる部分には気づかなかったわけですけれど、ともあれ公式サイトにて飛んでいるページの画像も出ておりますので、読んでいらっしゃるかたはそちらで…。


では、先日読んだコミックの感想です。
相変わらずの…?
□あいたま(3)
■師走冬子さま
 ○イラスト評価:★★☆☆☆(2.3)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.0)

これは過日色々なコミックとともに購入をしたもので、これまでに既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
コミックスとしては『にじぷり』や『つぶらら』などと同じものとなりますけれど、『あいたま』に関しては大判コミックで4コマとなりますね。
と、4コマな作品はこうして大判コミックとなることが多い気がいたしますけれど、これはやはり普通のコミックサイズにするとコマが小さくなって読みづらくなってしまう、という配慮でございましょうか(まんがタイムきららコミックスも大判は4コマ(例外は『最後の制服』)で普通の作品は普通サイズですものね)
…もっとも、『スケッチブック』は普通のサイズですけれども。

内容のほうは、アイドル養成学校らしい『天使の卵学園』に通うアイドルのたまご…というよりもその時点ですでに十分アイドルな生徒たちに囲まれて日々貧血の…いえ、幸せな日々を送るアイドルおたくの生徒さん、あいさんを中心とした日常のお話、というところでしょうか。
…と、説明が以前読んだ第2巻の感想と同じになってしまいました。

登場人物の皆さまの説明について、その第2巻の感想では簡単にしかしていなくて、またさらに以前に読んだ第1巻の感想でも特には触れられておりませんでしたね…。
主人公のあいさんはアイドルおたくの女の子で、日々アイドルな皆さんに囲まれて鼻血を出したりしてしまう日々…これは第1巻からずっと変わらない日常風景ですね。
でも、そんな変態に見えるあいさんですが、どうやらその性格以外は完璧なかたらしいです…成績もよく、お料理も上手らしいですね。
また、アイドルは大好きなあいさんですけれど、自分の興味のないジャンルの知識は皆無…野球の知識は本当にひどいものでございました。
また、いわゆるイロモノは大嫌いみたいで、クラスメイトのイロモノ芸人な子へは結構容赦ありません(私もそういうのは好きでないですけれども…)

そんな変態なあいさんのことを、どうしてか好きになってしまっているのが樹里さんでございますね…このかたはあいさんのクラスメイトで、天使と呼ばれるくらいきれいな子なのですけれど、内面はかなり黒いかたで、またツンデレに近いかたでもありますね。
この第3巻の最後のクリスマス前のお話など、ずいぶん健気でかわいらしい姿を見せてくださっておりました♪
その最後の最後で、あいさんの携帯電話についていた、あいさんの元彼とお揃いのストラップを見事に引きちぎってくださったのは素晴らしいです。

そんな樹里さんだけでもなかなかよい作品なのですけれど、他のクラスメイトで有名人なかたがたも皆さまよい感じ…歌姫さんやちみっこ子役さんやグラビアアイドルさんに芸人さんなどがいらっしゃり、担任はよく台詞をかむアナウンサーですね。
この巻ではそんな仲のよい皆さまと夏休みに泊りがけの旅行へ行ったりと、引き続き皆さんの愉快な日常が描かれております。
…ところで、久米さまはどういうお仕事をなさっていらっしゃるのでしたっけ(何)

イラストのほうは普通です。
百合的には、樹里さんのあいさんへの想いが、でございますね…この巻では邪魔な男なども全く存在しませんでしたし、なかなかよい感じでした。
ともあれ、なかなか楽しい作品で、またまだまだ続くみたいですので、第4巻を楽しみにいたしましょう。
…夏休みの別荘のお話の次がもう師走のお話だったり、作中の皆さんの台詞ではありませんけれど、本当に時間の流れがはやい…『スケッチブック』や『ふおんコネクト!』みたいに時間がずっとループしているのでしたら、それはそれでよいことです。