2009年09月07日

GIRLS LOVE LIFE

先日読んだコミックの感想です。
総集編です
□GIRLS LOVE LIFE
■竹宮ジンさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

これは先日色々な同人誌などとともに購入をしたもので、好きなサークルさまの作品ということもあり購入をしたものです。
ということで、こちらは先日読んだもの同様にコミックサイズの同人誌となります…といってもこちらはその先日読んだ『スキっ!キライっ!』同様に表紙カバーがついておりません。

内容としては、先日購入をした同人誌『マニハニ』のサークル【Junk-lab】さまの過去作品の総集編となります。
このかたは最近『百合姫』でも作品を掲載していらっしゃる竹宮ジンさまでございます…このまま作品を掲載していっていずれは百合姫コミックスとして出てくださればよいのですけれども。
総集編といってもこのかたが出された過去の作品全てが収録されているわけではなくって、3つの作品が収録されておりましたけれど、私の持っている作品は1つしか収録されておりませんでした。
私がこのサークルさまを知ったのは以前『百合部』という企画で出た百合サークルカタログを参考にして購入をした『マニハニ(1)』でしたから、これに収録された(最後の作品を除いた)ものはそれ以前に出たものなのでしょう。
もちろん、これまで読めていなかったものが読めたということで、そのほうがよろしゅうございます。

収録されている作品は『BACK LASH』『GIRLISH BEAST』『loves/lost』の3つ…このうち最後の作品は以前読んでおりました。
いずれの作品も多少男絡みな部分もございますけれど、ハッピーエンドにはなりますしよろしゅうございます…っと、最後の作品は、実はハッピーエンドにはならないのですけれども…。
『GIRLISH BEAST』はこのかたがはじめて描かれた作品みたいですけれど、これまで読んだ作品の中でもかなりよかったと感じるものではなかったかと思います。

イラストのほうはよいものかと思います。
百合的にはなかなか信頼のおけるサークルさまですので大丈夫です。
ともあれ、総集編を出してくださるというのはありがたいことです…『マニハニ』も最終的にはこうして1冊の本となるのでしょうか。


また、同時にこちらも読みましたので…。
登場人物が増えていき…?
□二丁目路地裏探偵奇譚(3)
■コバヤシテツヤさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★☆☆(2.8)
 ○百合度評価:★★☆☆☆(2.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(2.6)

これは過日『GA』などとともに購入をしたもので、過去に既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
コミックスとしてはおなじみとなりつつある、けれど最近は第1巻の作品に不作ばかり続き購入する気すら起こらない作品ばかりのまんがタイムきららコミックスとなります。

内容のほうは、(自称)吸血鬼の女の子のアリスさんと(敏腕?)探偵の助手をしているショコラさんの日常のお話、といったところでしょうか。
と、説明が以前読んでいる第2巻の感想と同じとなってしまいましたのはいつものことでございます。
第2巻では人造人間のエミリアさんが新キャラとして登場しておりましたけれど、この第3巻でも新キャラが登場いたします。
それは、アリスさんのことを吸血鬼として討伐しにやってきたシスターのガーネットさんというかた…この巻ではガーネットさんが現れ、そして最終的にはアリスさんと和解するまでの流れが描かれているでしょうか。
もちろん、この作品ですので刺客といってもそう重い内容ではなく、ガーネットさんはエミリアさんと仲良くなったりと次第に皆さんに溶け込んでいきますね…そして最終的には先輩のシスターさんが現れて事の真相が明らかになってめでたしめでたし、というところです。
その先輩のシスターさんはヴァニラさんといい、出番は後半にほんの少しだけだったのですけれど、実はショコラさんの姉…ずいぶんほんわかとした天然な雰囲気のかたです。
ショコラさんの姉というキャラをあれだけの出番で終わらせてしまうのかどうか…第4巻でどうなるのか楽しみです。

物語としてはガーネットさんとエミリアさんの友情がなかなか中心になっておりましたけれど、もちろん他の皆さまも普通に活躍なさります。
アリスさんもショコラさんも、それにあのかたがたも相変わらずでございますね…よくも悪くも、これまでどおりの雰囲気です(悪くも、って何?)

イラストのほうは、評価を第2巻より上げてみました…いえ、イラスト自体は第2巻と変わっておりませんけれど、なかなか独特な雰囲気でよいものですよね、と思い直しましたから。
百合的には、エミリアさんとガーネットさんのお二人がなかなか…友情ではあると思うのですけれど、そう見えなくもありません。
ともあれ、アリスさんは相変わらずあの男の人が好きだったりと百合な雰囲気は薄い作品ですけれど、悪い作品ではなかったかと思います…上の作品よりは楽しく読めたかと…。


私も参加をしている、フィンさまがこちらにファンサイトを作ってくださっている『私立天姫学園』のほうでこちらに特設ページを作っている、私が企画しているらしいイベントのほうなのですけれども、紅さまがご都合のよい日程を書いてくださいました…ありがとうございます。
他の参加者のかたがたも、ご都合のよい日時を書いてくださるとありがたいです…と、ここに書いても意味がないのですけれども…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想