2009年09月08日

まずは…やっぱり温泉よね!!

昨日はお仕事はお休みをいただいて、この様なものを購入してまいりました。
-----
DVDのみ…
○咲 -Saki-(3)
-----
…今回は思いのほか購入する作品がなく、結局予約していたDVDのみでございました。
でも、夏のイベントの出費がかなり激しいですので、買うものが少ないのでしたらそれはそれでよいかもしれません…。

購入したものはこれだけなのですけれど、予約を少々してまいりました。
まずは10月14日発売予定の霜月はるかさまのNewアルバム『グリオットの眠り姫』…水樹奈々さまのNewシングルの予約もございましたけれど、シングルなら予約する必要もないかな、と考えまして…。
もう1つは来年の1月21日に発売予定の『なのはA's』なゲーム…上の『グリオットの眠り姫』もそうですけれど、こちらももちろん限定版です。
ただ、CDの限定版は別にそれほど高価にはなりませんけれど、ゲームの限定版はやはり高価…『なのはA's』の限定版は13,629円でした。

そういえば、9月9日の18時より、夏のイベントで出た『アカイイト』の桂さん抱き枕カバーが通販で購入できる様になるみたいです。
詳細はこちらですけれど、価格は10,000円でございますか…さすがに購入できません。
…といっても、ガストさま通販の『ロロナ』等身大タオル(合計30,000円)を勢いで注文してしまっておりますけれども…。


ということで、昨日はさっそくその『咲』の第3巻を観てみました。
第2巻までは2話収録だったのですけれど、この第3巻は3話収録となっております。

第5話は『合宿』ということで、タイトルどおり、県大会の前に皆さんで合宿をするお話となります。
皆さんがいらしたのは学校の合宿所とのことですけれど、温泉もあったりしてなかなか普通の旅館の趣でございます。
あのちみっこはかわいくてよい子なのですけれど、あの男との絡みが多いのが悲しいところでございます…。
そのちみっこさん、数学ではなく算数ドリルをやらされることになり…見た目は小学生ながら、高校生のはずですのに…。
麻雀の合宿ですので、皆さん弱点を克服したりするために色々挑戦…咲さんはネット麻雀、ちみっこさんは算数ドリルに非常に苦戦中…。
温泉シーンなどは一種のサービスカット?(『ストライクウィッチーズ』みたいに胸が完全なかたちで描かれたりはしておりませんでしたけれど/何)

第6話は『開幕』ということで、いよいよ県大会の開始です。
ちみっこさんとあの男は完全にコメディ要素でございますよね…男はそのままコメディ要員で終わってしまえば、まだ問題ないのですけれど。
いよいよ強豪校も本格登場といったところ…風越女子の人たちなどは原作から印象はよいのですけれど、逆にコスプレ軍団の龍門渕の人たちは原作からいい印象はないのでした…(正直にいって、嫌いのほうに傾き…お嬢さまは悪くありませんけれど)
個人的に好きな鶴賀学園の人々はまだ出番0…注目されているのは上2校ですし、まずは仕方ないでしょうか。
その龍門渕の人たちが咲さんとすれ違った瞬間にオーラを感じてあれが原村和かと一瞬思うものの、胸の差から別人と判断されたのでした…。
しかし、ただの県大会にしては、会場もずいぶん豪華ですし設備もすごくマスコミも多い…普通のスポーツな県大会よりずっとすごい感じで、50校以上参加しておりますし、この時代はどれだけ麻雀が繁栄しているのでしょう。
第1回戦の先鋒戦がはじまりちみっこさんが活躍されますけれど、相手がかなり小物のにおいをかもし出しておりました…次鋒戦は1分もかからず終了し、中堅戦は映像すらなしという…。
…しかし、解説者はやる気なさすぎです。

第7話は『伝統』ということで、第6話ではじまった県大会第1回戦の続きからです。
いよいよ副将戦ということで、会場の皆さんも注目する和さんの試合です…相手のうち2名が薄ら笑いのずいぶん悪人面をしていたのですけれど…。
その和さんはペンギンのぬいぐるみ、エドペンを持ってきてさらに一種の注目の的…一方の観戦する清澄の皆さん、やはりちみっこさんがとてもよいものです。
ともあれ、試合のほうは和さんの圧勝で、相手の皆さんはぐったりしすぎでかわいそうになるくらい…。
そしていよいよ大将戦の咲さんなのですけれど、何と映像なしで顔もない人たちの噂話だけで終了…まだまだ咲さんの実力は映像では見せてくださらないのですね。
2回戦はシード校の風越女子及び龍門渕が登場し、順当に、圧倒的な力を見せつけ勝利をした模様です。
その2回戦はいずれの試合も映像になることなく終わり、決勝は別の日となりますのでこの日はそれで終了です…鶴賀学園は決勝に上った事実のみが語られやはり誰も登場しませんでした(衣氏も登場しませんでしたものね)
しかし、風越女子のコーチのあれは体罰、パワーハラスメント…問題になるかと思うのですけれど。
…エンディングテーマが7話にしてはやくも変わった?

そうそう、この第3巻からは、以前観た『スケッチブック』DVDの様にピクチャードラマが収録されておりました。
この第3巻からは3話収録になっておりますし、内容がずいぶんパワーアップしております。
内容としては第5話の温泉の物語から、流れ星を見るために温泉に長くつかった和さんとタコス少女のお話でございました。
温泉につかってそのお二人が色々会話…お二人が麻雀をはじめたきっかけが語られますけれど、タコス少女のほうは完全なギャグでございました。
その後は和さんの胸について色々…危うく年齢制限がついてしまいそうなことになりそうでしたけれど、寸前で咲さんがやってきてそれは阻止されました。

やはり麻雀要素は解らないものなのですけれど、いよいよ県大会もはじまりましたし、これからの展開に注目です…次からはステルスモモさんも登場するみたいでございますし。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴