2012年03月16日

七森中♪りさいたる

〜拍手のお返事〜
11:18(昨日)/桜花さまへ>
わざわざのお気遣い、本当にありがとうございます…♪
以後、気をつけようと思います♪


先日はこの様なものが届きました。
-----
ライブDVD…
○TVアニメ「ゆるゆり」ライブイベント 七森中♪りさいたる
-----
…こちらはDVDとなりまして、以前観ております『ゆるゆり』な出演者さまたちによるライブな作品となっております。
ライブDVDといえば過去には水樹奈々さまやパーキッツさま、それに『ポップンミュージック』のアーティストさまによるライブなDVDをいくつか購入してまいりましたけれど、一つのアニメの出演者さまたちによるライブDVD、となりますとこの作品がはじめてでございます。

昨日はさっそく観てみましたけれど、皆さん楽しげな雰囲気で盛り上がっていらしてよろしい感じ…まさか『ゆるゆり』がアニメ化したりこうしてライブが行われたりするなんて、この頃には思いもよらず、ちょっと感慨深い気持ちにすらなってしまいますかも…?(それはこの作品のこの頃にもいえることでございますけれども…)
アニメの第2期が制作決定になったり、あるいはこうしてライブが行われたりするということは『ゆるゆり』は結構人気の高い作品、と受け取ってもよろしいのでございます…?
私は声優さんの顔出しについてはちょっと懐疑的なところもあったりするのでございますけれども、やっぱり作品や場合によりますかも…『ゆるゆり』の様な作品でございましたら十分ありなのかな、って思います(キャラソンも多いですし…『けいおん!』でしたらなおさらです?)
ライブの最後、ごらく部の皆さんは泣いてしまっておられました…やっぱりライブまでするなんて、感慨深いものでございますよね…。
…と、今更気づいたのでございますけれども、櫻子さんを演じていらっしゃるかたって下で触れます作品のインキュベーターの声だったのでございますね…あまりの雰囲気の違いに今まで全く気づきませんでしたけれど、ライブを見ます限り櫻子さんの雰囲気に近いかたでしたかも?(インキュベーターの雰囲気に近い人、なんてそんな人はおりませんか…/何)

ともあれなかなか楽しくよろしいものでございましたけれども、観ながら色々考えることもあったり…いえ、少なくてもこの私の物語なアサミーナさんはこういったことをされるのでしょうけれど大丈夫かな、なんて思いましたり…。
アサミーナさんはほんわかほわほわしたかたでございますけれど、ライブ特有のテンションには戸惑われてしまわれますかも…そこはかなさまが何とかしてくださったりいたしますでしょうか、といったことなどを考えてしまったのでございました(何)
…アサミーナさんやかなさまも参加されておりとっても大好きなあのかたが運営をしていらしてフィンさまがこちらにファンサイトを設置してくださっておりますこちらの『私立天姫学園』の新キャラさんな声優さんでちょっとこのラジオの子にも似た雰囲気のございますかもな里緒菜さんは、アサミーナさんたちの様なご関係を少し羨ましいと思っていらっしゃるご様子、です…?(何)


また、先日はこの様なものも届いておりました。
-----
する予定はなし?
○魔法少女まどか☆マギカ ポータブル
-----
…こちらはPSPなゲームでございまして、以前アニメを観ておりましたりと気になる作品『まどか』なゲーム化作品ということで購入をしましたものとなります。

ということでこちらは『まどか』のゲーム化作品となりまして、限定版での購入でございますので色々とついてまいりました。
まずはfigmaというフィギュアのまどかさん、それに映像特典blu-rayにインキュベーター型ポーチやハンカチ、クリアプレートと、ここまでがゲーム自体の内容となりますでしょうか。
その他、フィルムにテレカ、あとカードゲームのカードがついてまいりまして、こちらは予約特典となる模様でございます。

限定版で購入をいたしましたので結構お高かった作品になるわけでございますけれども、現在のところこちらはプレイをする予定はなくって、以前購入をしております同じく魔法少女な『なのは』のゲーム同様にコレクションアイテムと化す可能性が非常に高いです(何)
いえ、格闘ゲームな『なのは』と違ってこちらはRPGということでございますので『なのは』よりはプレイしやすい作品なのかなとは思いますし、説明書を読む限り意外とRPG部分もしっかりしている様子な、それにストーリーのほうもかなり分岐しそうな歯ごたえのある作品の様子でございますので、悪いものではなさそうでございます(インキュベーター視点、というのが少々アレでございますけれど…でもほむらさん視点もあるご様子?)
ただ、アニメ本編とは違う様々なルートがあるとのことで、それは構わないかと思うのですけれど、ジャケット裏のイベントシーンの画がよりにもよってさやかさんの件の人物ルートっぽいものでございましたので、ただでさえ重い作品な気がしたりしてやる気が薄かったのがさらに一気に萎えてしまいました…(下手をすれば本編では魔女にならなかった杏子さんやほむらさん、マミさんなども魔女になりそうで、それも嫌でございますし…)
百合的にとても強いルートが存在する、とかいうのでございましたら考えないこともございませんけれど、今のところは『まどか』分…特に杏子さん分は同人誌での補給だけで十分かな、と考えております。
…それに、現状は下で触れます作品が進行中で、これが楽しいものでございますので中断する気持ちは全くなく、いずれにしましても他の作品に移る気持ちはないのでございました。

その様な今後のゲームの購入予定でございますけれど、今月22日発売予定の『パルフェ』リメイク版といつ発売なのかいまいち解らなくなってまいりました『Fate/EXTRA CCC』はすでにお金を振り込んだ状態で予約済みでございますのでとりあえず一安心でございます…『パルフェ』は『まどか』と同じ運命をたどるかと思いますけれども(何)
今月末発売予定の『屋上の百合霊さん』については予約はしておりますけれどもお金は代引きでの購入でございますので、お金を持っておかなくては…ゲームではございませんけれども『Aチャンネル』のOVA版も代引きで予約しておりますので、こちらの分の余裕も持っておかなくってはいけません。
その他については今のところ予定はございませんけれども、下で触れます作品をクリアしました際にまだ『Fate/EXTRA CCC』が発売しそうになくまた何かよさげな主人公を設定できる(アサミーナさんとか…)RPG系の作品のお話が耳になど入りましたら、そちらを購入してみますかもしれません?
…でも、下の作品終了時にとっても大好きなあのかたがどうしても気になる、とおっしゃられたりいたしましたらこの『まどか』をすることになったりするかもしれません?(何)


上でも触れましたあのかたもお気にされておられます『ヒーローズファンタジア』のほうは、昨日は上のDVDなどもあって時間も中途半端になりましたのでストーリーの進行はなくって、今いるダンジョンで、彩菜さんお一人でのんびりレベル上げ…いえ、ここの敵は経験値が多めな割に彩菜さんお一人で余裕で勝ててしまいますから。
ですので特記すべきことは特になかったりいたしますけれども、上の『まどか』などを見てふと思いましたことが…もしも『まどか』や『なのは』といった作品がこのゲームに出ていた場合、どの様なパーティになるのかな、なんて…(強大な魔法を放っている『スレイヤーズ』などがいるのですからこれらも参加することは不可能ではないはず…)
条件は4人パーティ、前衛2人後衛2人(万能キャラでもありです)、できれば魅力特化の回復キャラが1人存在する、といったところ…これを魔法少女2作品で考えてみたりいたしました。

まず『まどか』は簡単…前衛を杏子さんとさやかさん、後衛をほむらさんとマミさんにすればよろしゅうございます。
まどかさんは、という点が引っかかってしまいますけれど、4人である以上、まどかさんは魔法少女にしないルートでよろしいでしょう…あるいは概念になってしまわれた?
このパーティでございましたら前衛後衛も完璧で、また回復もさやかさんがおりますので理想的なパーティなのかなと思います(さやかさんが魅力特化キャラ、というのは…おかしくございません、よね?/何)

悩ましいのは『なのは』のほうで、まずなのはさんとフェイトさんパーティを考えると、残り2人は誰になるの、というところ…前衛をフェイトさんとアルフさん、後衛をなのはさん(万能)ともうお一人は誰なのか、といったところでございます(クロノ氏あたりに落ち着くでしょうか…いずれにしましても回復役はいそうにございません?)
『StrikerS』の皆さんで考えますともちろん前衛はスバルさんとエリオくん、後衛はティアナさんとキャロさんになってバランスの取れたパーティにはなりますけれど、回復役が存在いたしません…。
となりますと一番よろしいのは前衛がヴィータさんとシグナムさん、後衛をはやてさんとシャマルさんという八神一家パーティかも…こうしますとシャマルさんが魅力特化の回復キャラになりますし、シャマルさんでしたらアメリアさんやメリッサさんという他の回復キャラにも何か通じるところがございますから(何)
…なんて、どうでもよろしゅうございます?(何)

あと、今戦っている場所に出てくる敵はオーファンという『舞-HiME』関係の敵みたいなのですけれど、この単語をこのゲームで他の場所でも聞いたことがあります様な…と思いましたら、『リウイ』の皆さんの出身国の名前でございました。
どちらも用語辞典に出ているのでよろしいのですけれど、やはり同じお名前の、でも全く別の意味な単語が出てまいりますと多少ややこしいかもしれません…?(この2つの単語が重なることはまずないでしょうから心配いりませんけれども)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)一般作品等購入履歴