2012年10月04日

けいおん!college

先日読みましたコミックの感想です。
1巻完結?
□けいおん!college
■かきふらいさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.3)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.2)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたもので、過去に既刊(の様なもの/何)を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは以前DVDを観ております様にアニメが2期放送されましたうえに劇場版まで公開された作品のシリーズとなりまして、以前読んでおります様に色々アンソロジーも出ておりますものとなります。

内容としましては、以前読みました『けいおん!』のその後を、大学へ進学された4人をメインにして描かれた4コマとなります。
メインの登場人物はその完結しております高校生編と基本的には同じ…唯さんと律さんと澪さんと紬さんの4人でございまして、1年年下の梓さんはこの作品には一切登場いたしません。
ですのでそのあたりのかたがたの登場人物の紹介は省略をいたしますけれど、しいて書きますと唯さんはさすがにしっかりしてきた様な気もします様な、でもそうでもない様なきがいたしまして、また紬さんがずいぶん庶民的になってきてしまわれました。

その様な4人は同じ大学へ通うことになったのでございますけれど、同じ学生寮に入っておりまして、さらにこれはもちろんなことでございますけれど、皆さんご一緒に大学にあった軽音部へ入部もいたします。
と、その学生寮や軽音部でも一緒になったかたがたがおられまして、そのかたがたととても仲良くなっていく、というのがこの作品の見所の一つでございましょうか…バンドとしては一応ライバルとして学園祭で対決もいたしましたし。
恩那組なるバンド名をつけたそのかたがた(メインの皆さんのバンド名はは放課後ティータイム…)、一番目立つのはギター担当の和田晶さんという短髪の、ちょっと怖い雰囲気もあるかたでございましょうか…こちらは言葉遣いもちょっと荒々しいのですけれども根はかわいい人で、また唯さんなどによく絡まれて疲れてしまっております(何)
ベース担当の林幸さんはちょっとほんわかした雰囲気のよいお姉さん、といった感じのかたでございますけれど、背の高いことをずいぶん気にしていらっしゃるご様子でございます。
ドラム担当の吉田菖さんは律さんタイプの元気なかた、となるでしょうか…その他、先輩となる軽音部の部長さんにそのかたと一緒にバンドを組んでいるかたがいらしたりいたします(部長さんは少しさわ子先生の気がございます?)

お話のほうは、その様な皆さんの大学生活を描いたもの…基本的にはやはりゆったりまったりした雰囲気のもの、となるでしょうか。
ですので悪いものではない、のではございますけれど…個人的には、それ以上の評価にはならないかな、と感じたりもいたしました…。
高校編であれだけきれいに完結しましたのに続きを描く必要があるのか、という疑問ももちろんございますし(もちろん人生は先があるわけでございますけれど、これはあくまでお話でございますから…)、唯さんと憂さん及び梓さんの仲睦まじい様子を見ておりますからその皆さんが離れ離れになっているお話、というのも非常に切ない…(唯さんは全く気にしておりませんけれど…)
あと、この作品はこの1冊で完結のはずなのでございますけれど、終わりかたが全然その様な雰囲気に感じられなかった、というのも個人的に残念に感じられたところかな、と…これが完結といたしますとあの終わりかたはいくら何でもひどいでしょう(完結でないなら問題はございませんけれど…)
…そうそう、この作品におきましてもこれまで続いておりました大沖さまとのコラボレーションは健在…学園祭の看板に以前読みました『はるみねーしょん』の影が…(何)

イラストは悪くございません。
百合的にはいかがでございましょう、何ともいえないところがございますかも…しいて言えば部長さんとそのパートナーさんが悪くない?
ということで、こちらは悪くはないものながらあえて描く必要はなかったのではないかな、と個人的には感じる作品で、あの終わりかたといい作者さまの本意だったのかなとまで邪推してしまいますかも…少なくとも、アニメはあのまま非常にきれいなかたちで終わらせておいたほうがよろしいでしょう。
…ここまで厳しい書きかたをしてしまったり、それに私の過去の言動からも(特にアニメの)『けいおん!』が嫌いなのでは、と思われてしまいかねませんけれど、過去の言動は謝るしかないほど、アニメの『けいおん!』は高校生の学園ものあるいは部活ものとしては最高ランクに位置するといっていいほどの良作と思っておりますよ?(あと、梓さん編にはちょっと期待しておりますかも…)


とっても大好きなあのかたもしていらっしゃいます『新・ととモノ。』は錬成に必要な素材を集める長い旅…引き続き聖域でございます。
禁断精錬された金を10個以上集めなければならない、という苦行でございまして、昨日は何とか3つ得られました…でもそのうち1つはレアアイテムとしての入手でございましたし、やはり相当に入手しづらいです…。
でも、その他、レアアイテムとしましてこれまで入手していなかった武器を入手できましたので、まずはよしといたしましょうか(ただ、弱い武器でございましたけれど…)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想