2013年10月02日

おじゃりやれ!八丈島

先日読みましたコミックの感想です。
今期アニメ化します?
□のんのんびより(6)
■あっとさま
 ○イラスト評価:★★★★★(4.6)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『ささめきこと』や『ひまわりさん』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでおります『こあくまメレンゲ』と同じかたとなります。
こちらの作品は今期よりアニメが放送されることになっております。

内容としましては、田舎にあります旭丘分校に通う女の子たちの日常を描いた作品となります。
と、説明がやはり以前読みました第5巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でも既刊同様に皆さんの微笑ましい日常を描いておりまして、前巻が春のお話でございましたので今回は夏…天体観測をされたり、1学期末の大掃除をされたりするお話などございました。
…そういえばこの作品、季節が2周めに入っておりますけれど、皆さんは進級しておりませんでした、はず…ループということでよろしゅうございます、よね?

その様なよい意味で変わらぬ微笑ましい日常…蛍さんはやっぱり小鞠さんのことがお好きでございますし、れんげさんはやっぱり相変わらずかわいらしゅうございます。
蛍さんの意外ともいえる一面が結構見られたりするこの巻でございますけれど、終盤には少し大きなイベントがあったりも…越谷家の兄が福引で沖縄旅行を引き当てまして、それ+足りない人数分はお金を出して皆さんで沖縄旅行へ行くことになるのでございました。
この巻では飛行機が離陸するところまでしか描かれておりませんけれど、その飛行機に対する夏海さんとひかげさん(れんげさんの姉)の反応が面白いのでございました。

その他、アニメがもうすぐ放送されるということで、巻末にはアフレコレポートも収録…描かれたのは作者さまとは別のかたのご様子です?
…あとがきで作者さまが引っ越した場所はテレビが映らないためアニメを観ることができないとございましたけれど、本当でございましょうか…(何)

イラストはよきものでございます。
百合的にはやはり蛍さんの小鞠さんへの想いがよろしい感じでございましょう。
ということで、こちらはやはり個人的には大好きな作品…アニメが放送されるとのことで、こちらの作品ですと本当に何の波乱もないのんびりまったりした作品になると思いますけれどそういうものもよろしゅうございますし、DVD購入確定でお待ちしようかと思います。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも田舎のお話…
□しままん(1)
■bomiさま/木瓜庵さま(原作)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★☆(3.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたもので、何となくよさそうに感じられましたことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『JA』や『いつか天魔を斬る魔女』などと同じものとなります。
…上の作品を読みました際、こちらもどうやら田舎を舞台にした作品っぽかったことから同時に読んでみました。

内容としましては、島で暮らすことになった女の子の日常を描いたもの、となるでしょうか。
物語の舞台は東京都は八丈島…ここはそう明記されており、また巻末には取材協力としてその島のお店などの名があげられております。
お話の主人公は神湊晴さんという中学2年生の女の子…長い髪をされちょっと冷めた印象を受ける、実際ちょっと冷めているというか、人間とかかわることをどうでもいいと、解りあう必要などないと考えてしまう子でございました。
基本的には引きこもりのゲーム好きで面倒くさがりやさん、といったところ…でも頭の回転ははやい様子で…?
その様な彼女は元々都会育ちなのでございますけれど、両親の仕事の都合で一人で八丈島に引っ越すことになってしまいます…親の実家で暮らすことになったのでございますけれど、今はそこは誰も暮らしておらず一人暮らし、ということに…。

その様な彼女の家に、突如女の子たちが乱入してまいりまして、それをきっかけにその子たちとお知り合いになることになります。
まずは名古浬さんでございまして、こちらは元気いっぱいのボクっ子…とにかく元気で、よい意味でおバカな子といったところになるでしょうか。
もうお一人は宇喜多咲耶さんで、こちらはおっとりほんわかした雰囲気の子で、浬さんのことが大好き…後に晴さんのことをお姉さま、と呼ぶ様にもなるご様子でございますけれど…?
そしてもうお一人、晴さんの従姉妹となる赤碕まあゆさんという、こちらは晴さんにちょっと似たタイプ、つまり人付き合いの苦手なクールなツンデレさんも登場…コスプレが趣味なところが見受けられますけれど…?
ちなみに皆さんは同い年で、また学校もクラスも同じでございます。

お話のほうは、都会からやってきた晴さんが田舎で暮らすことになって、というゆるい雰囲気のお話でございます。
こうしたお話は結構よく見る様な気がいたしますけれど、ふと思い出しただけでも上で読んでおります『のんのんびより』に以前読んでおります『トモダチログイン』と『JA』などが思い浮かびます。
いずれも良作でございますけれど、こちらはそれらと何か違うよさがあるのかといえばもちろんございまして、大きく2つあるといえるのかなと思います。
まずは1話ごとに小さな謎が生じまして、それを晴さんを中心に解いていくという軽いミステリ要素がある、ということ…もちろんゆるい作品でございますのでそう深刻な事件などではなくって、あくまで微笑ましいものでございますけれど。
もう1つは『トモダチログイン』あたりにも通じるかもですけれど、皆さんと接したりしているうちに晴さんの他人へ対する考えかたに変化が生じる、というところでございましょう。
ともあれ、基本的には上であげました田舎を舞台にした作品同様に微笑ましいもの…ちなみに第1巻は全て夏休みのお話となっております。

イラストは悪くございません。
百合的には咲耶さんの浬さんへの想いがなかなかよろしい感じ…多少危うさも感じられますけれど(何)
ということで、こちらもなかなかよき田舎を舞台にした作品でございましたかと思います。


とっても大好きで少しお会いできなくってさみしく心配でございますけれどご無事を願っておりますあのかたもお好きなシリーズな『サモンナイト』は『3』を進行し、先へ進みますことに…第4話、海賊船にマルルゥさんがやってまいりました。
マルルゥさんのお話では相互理解のためにこちら側の人に島を案内する、とのことなのでございますけれど、結局誘いに乗ったのはティアさんだけ…ソノラさんすらついてまいりませんでした。
警戒しているのはあちら側も同じ模様ながら、マルルゥさんは仲良くする気満々のご様子で一安心…ともあれ、集いの泉でアルディラさんとファルゼンさんのお二人とお会いした後、それぞれの世界のかたがたの暮らす集落を回ることになりました。

まずはロレイラルの集落でございますけれど、こちらにはクノンさんの姿があり…まだ(?)ちょっと機械的な反応しかしてくださいません。
シルターンの集落には護人のキュウマさんとミスミさまの姿…こちらは普通に歓迎してくださいました。
メイトルパの集落には護人のヤッファさんの姿がございましたけれど、ティアさんから見て彼はやる気がなさそうらしい…その他、鬼の子と犬の子にもお会いいたしました。
サプレスの集落には天使フレイズさんの姿…その他、ミニゲームとしてものまねが発生いたしましたけれど、これが私には全くダメで、やっぱりミニゲーム嫌い…(釣りは簡単になっておりますのに…)
…ちなみに集いの泉へ向かうと、なにやら亡霊の集まる遺跡があることが確認できます?

全ての集落を回った後に集いの泉へ戻りますと、何やら集落で略奪を働く、それもティアさんたちがこの島へやってきた以前からいるっぽい人間の話が出て、それを何とかするのに協力をしてもらいたい、と言われます。
それに協力することになりますけれど、ベルフラウさんはお部屋から飛び出していってしまい、少し気まずいことに…。
ともかく海賊の皆さんやアルディラさんとファルゼンさんを伴ってその人間のところへ行きますと、そこには船を破壊され漂着した海賊一味がおり、それが何と海賊ジャキーニ…以前しております『2』でファナンを襲った海賊と全くの同一人物でございました。
まさかこの様なところで『2』と共通するキャラクターを目撃できるとは思いませんでしたけれど、彼らはヤードさんが剣の力を使った際に起きた嵐に巻き込まれてしまったらしく、それは完全な被害者…でも略奪行為はよくないので止めようといたしますけれど、向こうは問答無用で襲い掛かってまいりました。
戦いのほうは、ブレイブクリア条件もジャキーニさんの兄弟分っぽいオウキーニさん(名前のとおり関西弁の人…/何)を倒す、という楽なものになっておりますので大丈夫でございました。

戦い終わり、ティアさんの計らいでジャキーニさんたちは畑仕事をするということのみで済むことになりました。
さらにはこの戦いの後、アルディラさんとファルゼンさんが仲間に加わりました…アルディラさんは3人めの女性キャラということで使用キャラに加えておきましょう。
それはよろしゅうございましたけれど、やはりベルフラウさんとの関係が微妙…夜会話を見ますと、原因はティアさんの鈍感さにある様子に見えましたけれど…?

第5話、ティアさんは集落へ行こうといたしますけれど、その様な彼女を見たベルフラウさんが自分の授業はどうなっているのか、と怒られます…やはり彼女の機嫌が悪かったのはティアさんの鈍感さにある模様で、これで反省してくださいましたでしょうか。
授業のほうではベルフラウさんがオニビさんを護衛獣にいたしましたり…その際に料理によってユニット召喚獣を成長させることができる、ということについても教えていただけました。
オニビさんはベルフラウさん専用のユニット召喚獣になったのでございましょうか、現時点では確認できません…その他のユニット召喚獣は特に使っていないのでございますけれど、過去作でも使ってきませんでしたし、別に構いません、よね?

そこから自由行動になりまして、ソノラさんがメイメイさんに銃を売ってもらえず怒っておりました…ぶーぶー!
その他、ジャキーニさんからは島の周りを嵐が取り巻いており脱出できないことが聞けたり、その様な島に流れ着いていた謎の人物を救助したり…あと、スバルくんたちがミニゲームに誘ってまいりまして、こちらはものまねよりは簡単で失敗せずに終わることができましたけれど、賞品がにぼし5つってちょっとさみしい…(スバルくんが「まあまあ」なんて言ってきたということはもっとはやくすればよいのかも…でも何度挑戦しても28秒2あたりが限界でございます)
サプレスの集落ではメインではないっぽいイベントマークが見られましたけれど、それはひとまず後回し…新しく仲間になりましたアルディラさんを鍛えましょう。

ということで、昨日の残りはアルディラさんのレベル上げを中心に行いました。
アルディラさんは主人公のティアさんに続く2人め(ヤードさんを入れると3人め)の召喚術タイプのかた…彼女はもちろん機属性の召喚術を使用でき、ヤードさんは霊属性、では残る鬼属性と獣属性を担当する召喚術タイプのかたってどなたになるのです?(ティアさんを鬼属性にしておりますけれど、でも主人公さんを数に入れてはいけないはず…)
今のところ見受けられない様な気がしてしまい、そうなりますと召喚術タイプのかたってその3人だけになってしまいかねない…過去作に較べて恐ろしく人数が少ないのでございますけれど、本当にこれだけ…?(アリーゼさんがいれば数に入ったでしょう…けれど、アリーゼさんって霊属性のはずでございますから結局ヤードさんとかぶってます…)
あと、女性キャラを数えてみますと、現在いらっしゃるティアさんとソノラさんとアルディラさんで3人、あとベルフラウさんとミスミさまとマルルゥさんは加入確定が解っておりますのでこれで6人、クノンさんは仲間になってくださるか怪しいですけれど仲間にすること自体は可能らしいのでこれで7人、あとはアズリアさんが仲間になるのかどうかでこれで8人と、他にまだ把握できていないかたがいるかもしれないながら、現状ですとこれでぎりぎり最大出撃人数に届くかどうか、というところみたいです?
ですので『2』でパーティ全員を女性キャラにしましたにも関わらずルウさんとカイナさんが余ってしまった様にどなたを使おうか迷う様なことはなさそう…女性キャラが仲間になったら迷わず全員を育ててよさそうでございます。
…ベルフラウさんは弓使い、ソノラさんは銃使い…こうなりますと、もしも召喚術タイプのかたがティアさんとアルディラさんの二人しかいないとなると、確か弓使いで万能でした記憶のあるマルルゥさんを獣属性の術使いに育ててしまうのもあり、なのかもしれません?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想