2016年02月29日

道割草物語

先日読みましたコミックの感想です。
上下巻完結です
□道割草物語(上・下)
■武川慎さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.9)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『篠崎さん気をオタしかに!』や『邪神ちゃんドロップキック』『部長に威厳はありません』などと同じものとなります。

内容としましては、吸血鬼なかたがたの日常を描いたお話、となるでしょうか。
物語の舞台は、某機動戦士に出てくる指導者がよく考えている気のする、地球の人口を削減することにより地球環境を回復させる、という行為を実行に移した組織が出現した結果人類全てが絶滅し、それから20年程度がたった地球…武闘会が開かれた際に東海一、と言っているところがありましたので、東海地方が舞台になっているかと思われます?
人類は絶滅したものの他の動植物は健在で、また吸血鬼と呼ばれる種族も生き残っており、彼ら彼女たちが少ない人数ながら日々の生活を平穏に送る世界になっていました。
ちなみに吸血鬼は人類滅亡前から普通に存在はしており、子孫を残す方法の特殊さから概ね女性であり、また人間が吸血鬼になった場合は一度は赤ちゃんになるながらその後人間としての生を終えた年齢まで成長してそこで成長が止まり以降ずっと同じ外見になるといいます。

お話の主人公は、同じ館で暮らす4人の吸血鬼な女のかたがた…吸血鬼は本来血を吸うだけで生きていけるのですけれど、ここの皆さんは血を吸いつつも普通の食事なども楽しんでいらっしゃいます。
みさおさんは4人の中でおそらく一番以前から吸血鬼でした、第三姫籍と呼ばれる高貴な吸血鬼の血筋のかた…妹さんがいらっしゃるのですけれど、人類滅亡時の意見の相違などから現在はやや微妙な関係になっています。
みさおさんにより300年前に吸血鬼となった瑠奈さんは虫や不思議生物が大好きで元気で子供っぽい女の子で、みさおさんとの関係はかなり深いものとなります。
葵さんは長い黒髪をした、普段はちょっとやる気を感じないところがあるながら剣の実力は確かな、みさおさんの護衛を昔から務めるかたとなります。
久美子さんは眼鏡をかけた4人の中で一番お姉さん的存在に見えるながら実年齢は一番下な、葵さんにより吸血鬼になったかた…久美子さんは葵さんとの関係が深いものとなっています。

その他登場人物としましては、みさおさんの妹さんや彼女の護衛で葵さんの同僚でした蘭さんなど…みさおさんと妹さんとの関係が微妙になっている一番の原因は、みさおさんは全く気付いていないのですけれども瑠奈さんにあり、つまり姉が大好きすぎるために他の人と付き合っているのがいや、というわけです。

お話のほうは、その様な世界での吸血鬼なかたがたの日常を描いたもの…。
どうして人類が滅亡したのか、その際にどの様な悲劇があったのか、ということも断片的に語られその中でみさおさんと妹さん、あるいは葵さんと蘭さんが考えの違いから関係が悪くなってしまうのですけれど、そのかたがたの関係の変化も描きつつ、でもやっぱり基本的には皆さんの穏やかな日常を描いたもの、となるでしょうか。
吸血鬼を主題とした作品、というのは以前読みました『となりの吸血鬼さん』や以前読みました『制服のヴァンピレスロード』など最近結構見かける上に百合的にも高めな作品たちになっているのですけれど、今作はそれらと比較してもより百合的に高めな作品となっているかと思われます?
少し不思議な世界観における少し不思議な皆さんの日常、ということでなかなか面白く、またメインの4人や周囲のかたがたの人間(?)関係も見どころとなってきます。
上下巻ということでこの2冊で完結ということにはなりますけれど、皆さんの日常はこれからも続く、ということになっていくでしょうか…百合的にもなかなかよい締めでしたかと思います。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはメインの皆さんなどそれぞれによきものです。
ということで、こちらは同時に発売されたっぽいこの2冊で完結とはなりますけれど、なかなかよき作品でしたかと思います。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、3連装魚雷、14号対空電探、失敗となり、14号対空電探が出ましたので大当たりといえます。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施するために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの5回連続でボス前へ直行できたもののその先はあまり安定せずボス3回輸送船エリア2回となってしまいます…もっとも、昨日は輸送船5撃沈任務が発動していましたので1回は輸送船エリアへ行かなくてはならなかったのですけれども。
さすがにその後は北上が発生してしまったものの、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上1回輸送船エリアへはいずれも南下しての2回となり、輸送船3撃沈任務とあわせて20分程度で終了しましたしかなり順調に推移したといえます。

1-5への3回出撃任務があと1回残っていますので、満潮さんたちいつもの皆さんをそちらへ派遣します。
その絶望の初戦は五十鈴さんが狙われるものの雷撃は外れてくださり、第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は龍驤さんと日向さんが微少ダメージを受けるものの敵の全滅に成功しました。
これで先週分の1-5への3回出撃任務は無事完了となりました。

あとはのんびりイベント海域その1へレベル上げを…昨日は普通にたくさん出る状態な印象の強い清霜さんと朝霜さんはともかくとして瑞穂さんに矢矧さんや海風さん、江風さんに春雨さんや卯月さんといったなかなか入手できなかったかたがたが再度登場というある意味異常事態が発生するものの、結局酒匂さんは登場しませんでした。
今日のメンテナンスでイベントは終了ですので、結局新しいかたのお迎えについては終盤で尻すぼみにはなったものの、けれど最大目的でした天城さんはお迎えに成功、さらに突破報酬のザラさんと初月さん、そしてプリンツ・オイゲンさんと春雨さん、朝霜さん、沖波さん、あと副産物として武蔵さんもお迎えでき、初イベントでした昨年の春のイベント以来といえるほどたくさんの新しいかたをお迎えできましたので、今回のイベントは大満足の結果といえるでしょうか。