2018年07月04日

Avalon

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□Avalon 幸福を紡ぐ百合アンソロジー
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。

内容としましては、百合なアンソロジーとなります。
こちらのアンソロジーは以前読んでいる『あの娘と目が合うたび私は』などと同様大判サイズではないものとなっており、やはり時代の潮流というものなのでしょうか…以前読んでいる『百合+カノジョ』は大判サイズとはいえ表紙カバーがなかったりするものですし…?
厚みも普通の単行本よりも厚くなっており十分なボリュームといえます。

参加していらっしゃる作家さまで私が単行本を持っているかたとしましては、作品の掲載順に以前読んでいる『スモーキーゴッドエクスプレス』などの玄鉄絢さま、以前読んでいる『しおりを探すページたち』のくもすずめさまがいらっしゃいました。
また、巻頭のカラーイラストを描かれたかたには以前読んでいる『私は君を泣かせたい』などの文尾文さまがいらっしゃいました。

お話のほうは、ということで百合を主題としたアンソロジーとなります。
カップリングなどの傾向は様々で、社会人なかたが主役のお話がやや目立つ印象もありますけれど、学生さん同士のお話から、最後はかなりボリュームもある壮大なファンタジーなお話まであったりと、かなりバラエティ豊かなお話を楽しめます。
お話のほうも、単行本のサブタイトル通り(?)概ねハッピーエンドとなっているかなと思えます?
…表紙にアサミーナさんそっくりのかたがいらっしゃるのですけれど(何)、カバー下にはそのかたがたのノベルが収録されています。

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ですけれどもなかなかよきものです。
百合的にはもちろんそれを主題としたものですのでよきものです。
ということで、こちらはなかなかよき百合なアンソロジーでしたかと思います。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもアンソロジー…
□Avalon 〜bitter〜 幸福を望む百合アンソロジー
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、百合が期待できることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じもの…タイトル通りの理由から一緒に読んでみました。

内容としましては、百合なアンソロジーとなります。
こちらのアンソロジーはタイトルから解る通り上で触れたものの姉妹作といえる様なものといえるでしょうか…同時発売となっています。
コミックサイズ、分厚さともにそちらと同じといってよいものになっています。

参加していらっしゃる作家さまで私が単行本を持っているかたとしましては、作品の掲載順に以前読んでいる『Now Loading...!』のみかん氏さま、以前読んでいる『青天の碧眼』の滝島朝香さまがいらっしゃいました。
また、巻頭のカラーページを描かれたかたには以前読んでいる『さくらマイマイ』などのおしおしおさまがいらっしゃいました。

お話のほうは、ということで百合を主題としたアンソロジーとなります。
こちらも姉妹作同様にカップリング傾向などはバラエティ豊かになっており、SFなお話もあったり、姉妹作同様に最後に収録されたお話はファンタジーなものとなっています。
そして今作はタイトルにbitterとついている様に、ややほろ苦かったり重めの作品が多めといえるでしょうか…なかなか一筋縄ではいかないお話もあります?
とはいえ普通にハッピーエンドでしたり微笑ましいお話もあったりし…最後のファンタジーなお話は悲しいもののかなり好みでしょうか。
また、姉妹作同様にカバー下には表紙イラストのかたがたのノベルが収録されています。

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ですけれどもなかなかよきものです。
百合的にはもちろんそれを主題としたものですのでよきものです。
ということで、こちらは2冊同時刊行な姉妹作といえるアンソロジーの1冊でしたけれど、こちらはこちらでなかなかよきものでした。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm単装機銃、35cm連装砲、失敗、15cm3連装砲
-----
【西方海域任務/4-5ゲージ破壊】
(扶桑さん・蒼龍さん・イントレピッドさん・ザラさん・鈴谷さん・熊野さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・A判定→第3戦・完全勝利→ボス戦・鈴谷さん中破敵全滅
○2回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・T字不利敵全滅
○3回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・熊野さん中破敵全滅
○4回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・ザラさん大破蒼龍さん中破港湾棲姫さん損害その他撃沈・夜戦敵全滅
(前3人を山城さん・瑞鶴さん・サラトガさんへ変更)
○5回め:初戦・熊野さん小破敵全滅→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・熊野さん大破サラトガさんザラさん中破港湾棲姫さん混乱その他撃沈・夜戦瑞鶴さん中破敵全滅・ゲージ破壊
-----
【輸送船3撃沈任務/ろ号作戦/西方海域任務/機動部隊4-2出撃任務】
〇はじめの分岐南逸走:5(3連続:1・2連続:1)
〇道中大破終了:
○輸送船エリア到達:4(2連続:1)
〇ボス行き:7(総計:12・3連続:1・2連続:1)
-----
…昨日は残された最後の拡張海域である4-5のゲージ破壊を、西方海域任務を兼ねて実施することにしました。
これまで5-5と6-5という荒れやすい海域が順調でしたのに対し比較的安定する3-5が大荒れとなったためここも不安だったのですけれど、ゲージ破壊直前まではかなり順調…昼戦で敵の全滅を行えることも多々ありました。

ですので調子に乗ってゲージ破壊直前になっても重い編成に変更することなく、今月出番のなかった山城さんや装甲空母なかたがたに変更するのみで出撃を実施して…
4-5終了
…かなりぎりぎりですが敵の全滅に成功、ゲージ破壊を行えました。
ただ、今回は山城さんなど複数人のかたが昼戦でHP1のネ級さんへの攻撃を外し続けたりしたうえでのこの結果ですので、もう少し攻撃がかみ合えばもっと余裕なのかも…ひとまず、来月もゲージ破壊直前になっても重い編成ではなくまずはこの編成でやってみます、か?

あとはろ号作戦を兼ね4-2への出撃を行っていくことになりました。
先週は輸送船エリア到達が連発した結果ボス行き5回程度の時点でろ号作戦が完了したため西方海域任務は放棄したわけですけれど、今週は4-5でボス撃破5回がすでに加算されていますので、かえってろ号作戦完了が不安になってしまいます。
そして案の定というか、先週とは一転しボス行きが多くされてしまい、ろ号作戦が50%以上状態にすらならないままに西方海域任務が完了とされてしまいました。

これで残りのろ号作戦は、羅針盤とかいう邪悪な存在と南西諸島任務で戦わされて実施することになってしまい、はっきり言うとものすごく嫌で気が沈みますけれど、仕方ありません…。
4-4以降の出撃任務については、ろ号作戦が完了した後に実施することにします…また、4-2への出撃任務が達成されたため2-5への水上反撃任務が出現してしまい、こちらも実施しなければなりませんか…。

その他、これまでに得た二人め以降の海防艦なかたがたが全員改仕様となりましたので、五月雨さんへ近代化改修を行ったのですけれど…
HP上昇…
…35でした耐久が37と2上がり、そしてこれ以上は耐久が上がる組み合わせのかたを入れても矢印が出なくなりましたので限界っぽいです?
対潜値はまだ上がるみたいですので限界まで上げてみたいですけれど、手持ちの二人め以降の海防艦なかたが尽きてしまいました…。


以前1周めをしている『スパロボX』の2周めはビゾンさんの「渡瀬青葉ぁぁぁっ!」の結果(何)ヒナさんが仲間になり、彼女に覚えられる限りのスキルを覚えさせた結果、TacPが尽きてしまいました。
これまでにアサミーナさん、ヒルダさん、カレンさん、アーニャさん、サリアさん、サラマンディーネさん、ルーさんにこの処置をしており、またさやかさんとセシリーさんとラライヤさんとプルさんにはSP回復という結構TacPを消費するスキルを覚えさせていましたけれど、2周めではこれで限界ですか…。
できれば今後仲間になるダリーさんにも同じことをしたかったのですけれど、今後得られるTacPを使っても全てを覚えていただくことは難しそう…3周めをすることがあれば、よいのですけれども…?(もし3周めがあれば、次の候補はヴィヴィアンさんやプルツーさんなどですけれど、プルツーさんは仲間になるのが遅すぎという問題があり…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想