2018年08月30日

どんな汚れも「洗濯屋鬼桐」にお任せ!!

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□鬼桐さんの洗濯(1)
■ふかさくえみさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.3)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしてきたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『今日のノルマさん』や『晴れのちシンデレラ』『なぎさ食堂』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読みました『今日のノルマさん』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、洗濯屋さんで働くことになった女のかたの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
お話の主人公は柊木茶子さんという大学生の女のかた…長い黒髪におっとりとした、ちょっとどこか抜けているというか、天然の雰囲気を感じる様なかたでしょうか。
その彼女、大学入学を機に状況をしたのですけれど、住むことになったアパートが早々に取り壊しとなり途方に暮れていたところあるアルバイトを発見、それが住み込み可となっていたのでそこで働くことにしたのでした。

そこが洗濯屋鬼桐なる古風なたたずまいのクリーニング店だったのですけれど、そのお店は普通のクリーニング店とは少々違うところがありました。
それが、お客さんは人間以外のかた…妖怪でしたり吸血鬼でしたり人魚でしたりと、つまりそういうかたがたの利用するお店だったのです。
どうやら普通の人間には見えないお店みたいですけれど、茶子さんは見えるかただったというわけ…店先に貼られたアルバイト募集の張り紙は同様に見えるかたでした101歳で大往生したかつてのアルバイトのかたが店主さんの先を心配して貼っていたのでした。

そのお店の店主は鬼桐シオ子さんなるやや背の低めでつり目で常に白衣を着た、やや尊大な口調のかた…やや解りづらいものの二本の角が生えている鬼なかたです。
彼女がわざわざここでクリーニング店をしている理由は終盤で語られましたけれど…?

その他登場人物としましては、そのお店にやってくるお客さんたち…以前読んでいる『鳩子のあやかし郵便屋さん』の如く様々な、もちろん人間でないかたがたが出てきます。

お話のほうは、その様なちょっと特殊なクリーニング店で働くことになった人間のかたなお話…。
基本的に人でないかたがメインで、一部の人間にしか見えない様なお店が舞台…といえば以前読んでいる『ヴァン子さんは無職』あたりを思い出しますけれど、そういえば今作も魔王なかたが人間界にかなりなじんでいます(今作では農業で財を成している様子…)
基本的には楽しく微笑ましいコメディ作品で、そのあたりを楽しんでいけばよいもの…鬼桐さんに少し謎があるみたいですけれど、そう気にしなくてもよいのではないかと思います?
また、カバー下に参考文献が書かれれるくらい、クリーニングに関しては意外と詳しく書かれたりしています?
その他、巻末には茶子さんが鬼桐さんと出会うまでのお話が収録されています。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、茶子さんに想いを寄せる魔王がいますけれど、中学生ですのでそう気にしなくて良いのではないかと…?(何)
ということで、こちらは楽しくよい作品…続きも楽しみにしましょう。


『世界樹の迷宮X』は9つめのダンジョンの地下5階に到達したところまで…そこを少しだけ探索して脱出したところ、久しぶりにオリバーさんとマルコさんが現れ、新たに見つかった小迷宮の探索へ一緒に行こうと誘ってきました。
けれど、これまでの経験上おそらく9つめのダンジョンも地下5階で終わりかと思われますし、そこのボス直前までは探索してからその新たな小迷宮へ赴こうと思います?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm3連装機銃、失敗、25mm連装機銃、水偵
-----
【輸送船3撃沈任務/ろ号作戦(2-2)】
(ろ号作戦達成)
-----
…ようやく12.7cm連装砲B型改二改修maxを用意できましたので、それを夕立さんに装備させたうえで10cm連装高角砲5つ及び94式高射装置を廃棄、という任務を実施してみました。
すると12.7cm連装砲B型改四(戦時改修)+高射装置なる装備が得られましたけれど、よく見るとすでに1つ持っていました…それはともかく、類似任務の様に同じことをする季間任務、といったものは出現せず一安心です。

ろ号作戦は達成となりましたけれど、今週は土曜日で9月になりますので、1-5の任務はその際に消化しましょう。