2018年09月17日

いつまでも、貴女と一緒に。

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□ブラックリリィと白百合ちゃん(4)
■鳳まひろさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★★★(5.0)
 ○総合評価:★★★★★(4.7)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしてきたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『とどのつまりの有頂天や『遠藤靖子は夜迷町に隠れてる』『ダムマンガ』などと同じものとなります。

内容としましては、勢いで女の子とお付き合いをすることになってしまった女の子のお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではクリスマスを迎えたお二人の様子から…ここでお二人は完全に結ばれることになって…?

そのお二人、年末に優凛さんの実家のある島へ一緒に行くことに…家族にもお二人の関係は秘密にしていたのですけれど、母親はかなり寛大に認めてくださいました。
けれど、父親はお二人の関係を認めず…その原因はその島にある古くからの慣習にあり、お二人がそれに巻き込まれることになってしまいました。
この巻での波乱はそれに関するもので、お二人ともかなり悩み、苦しむことに…一時は生命を断とうとしたりするほどですので、相当つらく難しい問題です。
けれど、もちろんこれも最後は無事に解決し一安心…。

その様な今作はこの巻で完結、最終巻となっています。
最後はかなりきれいな終わりかたをしており、それまでの積み重ねもありかなりよいものといえるのではないでしょうか。
しかも、今作は女性同士の恋愛について、結構深いところまで踏み込んでいて…第1巻の印象ではそこまで深く描くとは思っていませんでしたので、その点でも少し驚いたかもしれません?

イラストは悪くありません。
百合的には申し分のないものといえるでしょう。
ということで、こちらはこの巻で完結となりましたけれど、多少過激な描写はあれどかなりよい百合な作品、といえるかと思います。


『世界樹の迷宮X』は12個めのダンジョンの探索、地下5階まで探索しましたけれど、扉の奥に明らかに怪しい気配がするところまでやってきて、その奥にボスがいるっぽいです。
ですのでそれは後回しとし、ここまで後回しにしていた小迷宮の探索を行うことに…昨日はそこまで、といったところです。
ただ、その12個めのダンジョンの地下5階で、冒険者の行く手を遮る犬を退治するクエストを受領したのですけれど、そんな新人っぽい冒険者がこんな難関ダンジョンの最奥にまでこれているというのが不思議でならないのですけれども…?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
零戦52型、失敗、20cm連装砲、7mm機銃
-----
…先日でイベントが完了しましたので、昨日からはいつも通りに…のんびり新しいかたのレベル上げをします。
イベントについては、あとは長くお会いできない状態が続きさみしく心配ですけれども陰ながら日々ご無事をお祈りしている、とっても大好きなあのかたが参加をされていらっしゃる場合順調に進められていらっしゃれば、もう思い残すことはなくなります?

今日は月曜日ということで、また各種週間任務を消化します?