2019年01月03日

Dreaming!

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(4)
■稲山覚也さま(漫画)/バンダイナムコエンターテイメントさま(原作)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(5.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★★(4.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『鎮守府目安箱』や『新米姉妹のふたりごはん』『つむじ風の少女』などと同じものとなります。
こちらは以前別のコミカライズ版を読んでいたり以前アンソロジーを読んでいる『ミリオンライブ!』のコミカライズ版の一つとなります。

内容としましては、一人前のアイドルを目指す女の子を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続きファーストライブへ向けた皆さんの様子が描かれるのですけれど、危惧された通り志保さんがどんどん追い込まれていってしまい、そしてアイドルを辞めるという決断を下してしまいそうなほどまでになってしまいます。
それを食い止めたのはもちろん他の三人の皆さんであり、彼女の家庭環境を知った皆さんが取った行動は…?

ライブまで残り数日となったところで行われたその行動により、皆さんの関係はより深まったといえ、星梨花さんも迷いを吹っ切ることができたご様子…。
ただ志保さんにはまだ少しの迷いが見られ、この巻の最後では彼女の引っかかりの一つであり静香さんと直接お会いすることになったみたいですけれど、果たして…?
その他、巻末にはトライスタービジョンの三人のお話が収録…これは結構大ごとになってしまったお話ですけれども…?

その様な今巻も限定版となっており、やはりこれまで同様にCDがついてきました。
収録されているのはトライスタービジョンの三人の曲と作中で志保さんへ対して他の三人が歌った今日の日誌のタイトルにした曲、星梨花さんと亜利沙さんの曲、それとドラマCDとなります。
ドラマCDは野球をするかたがたのお話なのですけれど、時系列としては巻末にあった遭難のお話の翌日ということになります?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、やはりよい友情のお話なのは間違いありません。
ということで、こちらは内容も登場人物も素晴らしくやはり個人的には非常に大好きな作品で、続きも楽しみにしたいものです…帯によると次巻は6月27日発売予定とのことです?


こっそりとしているゲームははじめようとしたら突然の緊急メンテナンスが行われていて実施不能…それは19:30というあまり影響のない範囲で終わったので問題ありません?
それはよいのですけれど、フィールド移動中に唐突にフリーズしてフリーズしている間も移動が継続され回復したらあらぬ場所にいる、という現象は何とかならないものでしょうか…巨大なものを採取後に出現する盗賊を追っている最中にこれが発生するとかなり悲しいです?(ときどき妙な場所へ突進していくかたを見かけるのですけれど、これはそのかたに同じ現象が発生しているということなのかも…?)
…でも、もっと悲しいのは普通に移動している途中で唐突に画面が閉じて強制終了したりするという事象でしょうか…最近はネットワーク状況はかなり安定していますので、ゲームそのものが重いのでしょうか…。

リーシャさんをベースにしているすみれさんにはアサミーナさんにはない期間限定の業績が発動していまして、戦闘関連はほぼ無理ではじめから諦めていますけれど、できるものはやってみています。
それは例えばセロリを100個伐採することとか…巨大な亜麻5つ伐採もありますので、通常巨大な何かはアサミーナさんが採取しているのですけれど、巨大な亜麻のみはすみれさんに行ってもらっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想