2019年01月18日

Lilium Terraroum

先日読みましたコミックの感想です。
サイズが特殊…
□Lilium Terraroum リリウム・テラリウム
■EDさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.6)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できそうなことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ゆりこん』や『月と世界とエトワール』などと同じものとなるのですが、前者がコミックサイズ、後者が大判サイズなのに対し、今作は雑誌サイズというかなり特殊形式となっています。

内容としましては、16の短編を収録した短編集、となるでしょうか。
とはいえ数話で1組のカップリングのお話を描いている、というかたちになっていますので、実質的には5つのお話を収録した、といってよいかと思います?
お話はどれも学生な女の子お二人の関係を描いた百合の正統派といえるものとなっており、雰囲気もその正統派のとおりやや淡い感じのものとなっています。

収録作品はやや数も多いので、個々について触れるのは控えておきましょう(何)
少しさみしい終わりかたをしてしまったお話もありますけれどもでもそちらも悲恋というわけではなくこの先関係に変化が訪れるかもしれない、悪くない終わりかたで、読後感はどれもよいものといえます。
また、上でも少し触れたとおり今作は雑誌サイズという単行本としてはかなり珍しい形状となっており、中身も白黒ではなく色付き(フルカラー、とは言いづらい?)なものとなっています…その分(?)厚みは普通の単行本と比較すると薄めになっています。

イラストはよきものです。
百合的にはどのお話もよきものです。
ということで、こちらは特殊形式のものでしたけれどもなかなかよきものでしたかと…。


こっそりしているゲームはメンテナンスが行われ、デンジャー先生という危険そうなお名前の、実際にはむしろ適当な性格の先生のお誕生日ということでアイテムがもらえました。
アサミーナさんやすみれさんはこのデンジャー先生の班に所属しているのですけれど、ゲームストーリーとしてはアサミーナさんはソノラ先生が担当になっています…すみれさんはこちらもデンジャー先生になっています?
…あとベント先生とワカナ先生のお二人も班の区分けでいらっしゃり、キャラクターによってはこちらのお二人がストーリーでメインとして絡んでくることもありそうです?

そしてやはり先のメンテナンス延長に対するお詫びとしてのアイテムをもらえました…でも、チョコレートは私には使いどころが…。
…また新キャラクター登場かと思ったら、新たなボスでしたご様子…ひとまずレッドファームの後半までしか到達していない私には関係のないお話の様子です?(武器一つでコアランク2500以上とか何事…)

その様な昨日で必要日数の出席簿を埋めることができ、すみれさんに合いそうな髪型を入手できたのですけれど…
初期の…
…これが初期設定に対し…
新たに入手した…
…こちらがその入手できた髪型となり、これは初期設定のままのほうが違和感が少ない気がし、結局そのままにしようかなと思います?(何)


…『いつかのメモラージョ』を予約している通信販売から、今作が全年齢対象なのに年齢制限ありの追加料金540円を余分に請求していた、というお詫びメールがきましたけれど、年齢制限ありだと追加料金が発生するのですか…(何)