2019年04月19日

マカロン アイドル百合アンソロジー

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□マカロン アイドル百合アンソロジー
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、百合が期待できることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ゆりこん』や『いとしこいし』『月が綺麗ですね』などと同じものとなります。

内容としましては、百合なアンソロジーとなります。
こちらはタイトルから解る通りアイドルを主題としたものとなります。
そして例によって(?)タイトルがお菓子や食べ物関係を思い起こさせる単語になっているという以前読んでいるものなど最近の百合アンソロジーでよくある印象のあるものになっています…出版社が同じ、というわけではないのですけれども…?

参加していらっしゃる作家さまで私が単行本を持っているかたとしては、作品の収録順に以前読みました『ちょこメイト』の山田あこさま、以前読みました『羽山先生と寺野先生は付き合っている』などの黄井ぴかちさま、以前読みました『しおりを探すページたち』のくもすずめさまがいらっしゃいました。
また、表紙イラストは以前読みました『推しが武道館いってくれたら死ぬ』のなど平尾アウリさまが描かれています。

お話のほうは、ということでアイドルなかたな百合のお話なアンソロジーとなります。
主題がそうですので主人公さんはアイドルなかたとなり、お相手なかたは同じユニットのかたでしたりファンでしたりと…?
前半のお話は結構淡い感じなものが多めだったのですけれど、後半のものは結構深い関係になっているものもあったりして…基本的にはどのお話もハッピーエンドなものになっていますので安心して読めるのではないかと思います。
最後の2作品をはじめ、個人的に好みなシチュエーションなお話が多めでしたのも嬉しいところでしょうか。

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ですけれどもなかなかよきものです。
百合的には百合なアンソロジーですのでもちろんよきものです。
ということで、こちらはなかなかよきアンソロジーでしたかと…。


『スパロボT』はついに社内で主人公の真綾さんたちの部署の開発するティラネードかライバル部署の開発するゲシュペンストのどちらを正式採用するかを決定するコンペが開かれることになりました。
ただ、ラミィさんは諸々のことが重なりかなり思い悩んでいる様子で、真綾さんも戦いが嫌いな彼女をここまで戦わせてきてしまったことについて後悔に近い思いを持っていたりと、やや危うい状態…。
その様な中でティラネードとゲシュペンストは実戦形式で対戦することになる…のですけれど、そこに無人機が襲来してきてしまい、この2機で対処することになりました。

第25話、まずはその無人機の撃破…これは問題なく終えられます。
するとこれまでカンパニーと名乗ってきた集団が出現するのですけれど、彼らは星間企業らしく、以降普通の機体にもその社員が乗り込んできます…その戦闘台詞を見るにかなりブラックな企業の様子ですけれども、そこが妙に面白く…?
この企業はティラネードに搭載されている機関を求めているらしく、ラミィさんには心当たりがある様子…その迷いを突かれティラネードは撃破されてしまいつつ、何とかその場を離脱します。
あとは残った皆さんで敵を全滅させるのみとなります。

戦い終わり、相手が異星人の企業体だということが判明しますます前途多難な様相を見せる中、ティラネードは破壊されたということでコンペの勝者はゲシュペンストとなり、真綾さんの部署は解散とされてしまう様子…。
その真綾さんは結構な大怪我を負ったご様子なのですけれども…?
…このお話、戦闘中はタイトルが伏せられており、最後の最後でタイトルが音楽なしで出てくるという、少し絶望感を持たせたものになっています?

昨日はここまでといったところで、そういえば話数としてはちょうど中盤になっていますので、このあたりで一度主人公さんまわりの山場を出しておこうということになりそうです?


こっそりしているゲームは洞窟なダンジョンの最奥の初級までクリアしたことによりそこのハーフレイドへ挑める様になった…のですけれども、ボスが強すぎてどうにもなりませんでした。
これまでのブリーズガーデン、レッドファームのハーフレイドもかなり厳しかったもののそれでも勝てないことはなかったわけですけれど、今回はちょっと…勝ち筋が全く見えません。
どうもボスはHPが回復していってしまっている雰囲気すら見られ…これ、どうにもなりそうにもありません?

実は一応、お金がものすごくあった時期に…
まだ装備できない…
…お金の力でレベル50以上で装備できる(現在はまだ44…)一つ上の装備を全て、最高段階まで改造したものを用意しており、これを装備できればあるいはもう少しまともな戦いができるかもしれないものの、これは何とレベル50にならないと装備できず、現状44ですので無理でしたり…。
大人しくレベルを上げるべきか、諦めるべきか、ハーフレイドは無視して先へ進んでみるべきか…魔力結晶浄化の際に他のかたに相談してみてもよさそうではありますけれども、特に焦る必要はありませんので、ひとまず放置します?

そう、装備をお金の力で整えたのですけれど、このカートゥースという装備以外に時空とつくものがあり、それもレベル50から装備できかつ能力値はそちらのほうが上でしたものの、製錬に要するアイテム数がおかしいことになっていましたので、ひとまずはこのカートゥースのほうを整えたのでした。
ところが、昨日のメンテナンスではじまったイベントで装備をもらえるアイテムが入手でき、レベル50まで上げるとこのカートゥースの最大改造されたもの一式が入手できる雰囲気が強そう(オニキス・テセラ・テルニの各最大改造な一式が得られましたので…)…ま、まぁ、気にしないでおきましょうか…(とあるかたがかつてイベントで装備を整えられた、とおっしゃられていたのはこれと同じ様なことでした、ということかも…?)
…と思ったら、この装備を受け取れるの、どうやら不具合らしくって…?

イベント…いわゆる黄金週間のイベントがはやくも発動した模様で、ただ昨日はまだその一部のみで、大部分は25日に発動する模様です。
ひとまずホットタイムがまた出てきたのはよいのですけれど、これは25日でまた何か集めるイベントが発生しそう…いわゆる黄金週間といわれてもプレイできる時間は何も変わりませんので、できればそこまできつくないものにしていただきたいところで…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想