2019年04月29日

占星少女都市 ラック&シスター

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□こみっくがーるず(5)
■はんざわかおりさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは以前観ている通りアニメ化されまた以前読んでいる様にアンソロジーも出ている作品となります。

内容としましては、寮に入って共同生活を送る漫画家さんたちの日常を描いた4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では薫子さんが夏のイベントへ赴くお話から…翼さんも興味を持ってついてくることになったのですけれど、そこでは薫子さんの好きなコスプレイヤーのかたに遭遇します。
そして何と後日、そのコスプレイヤーさんがエッセイ漫画家として入寮することに…そのかたは私部くりすさんというかなり賑々しいかたで、同期となった美姫さんをかなり振り回しています。

その様なかたが加わりさらに賑やかになる中、小夢さんの担当編集さんが変更になるという出来事をきっかけに薫子さんが今までよりも連載を持ちたいという気持ちを大きくしていきます。
その様なとき、薫子さんの好きなキャラクターのスピンオフ企画のコンペが行われることになり、彼女もそれに参加すべく作品を描くことになるのですけれども…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、やはりそこはかとなく…?
ということで、こちらは薫子さんに大きな変化が訪れる巻となりましたけれど、どうなるでしょうか…続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
悪くはないです?
□あーとかうーしか言えない(1)
■近藤笑真さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『付き合ってあげてもいいかな』と同じものとなります。
…上の作品同様に漫画家のかたを描いた作品、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、編集のかたと漫画家のかたの関係を描いたお話、となるでしょうか。
主人公のタナカカツミさん(なぜかカタカナ表記…)は成年向けな漫画雑誌の編集者をしている女のかた…経験はまだ浅めです。
その彼女、かかってきた電話の応対をするのですけれど、相手は「あー」とか「うー」としか言わず意味不明、それでも原稿の持ち込みをしにきたとなぜか理解し、半分こないだろうという気持ちで住所を教えてあげました。
すると、その電話をしてきたかたが実際に原稿の持ち込みをしてきまして…?

そのかたは戸田聖子さんという眼鏡をかけた大人しそうな雰囲気な、そしてしゃべるのが苦手なかた…しゃべれないわけではなくただ言葉にするまでにかなり考えてしまい時間がかかってしまうらしく、また人見知りであることもあり基本的にはタイトル通りの様なことしか言えないのでした。
しかも不退転の決意か家庭の問題かは解りませんけれどもお金のない状態で上京してきたため行くところがなく帰ることもできず、仕方なしにタナカさんは彼女を自分の家に置いてあげることにしたのでした。
その様な戸田さんですけれども漫画の実力は確かであり持ち込み原稿は早々に賞を取るにいたったのですけれど、その後もお二人の同居生活は続き、戸田さんの編集担当がタナカさんになりその点でも便利、また戸田さんはかなり放っておけない雰囲気を放っていることもあってかその後も同居生活は続きタナカさんは特に疑問を持たない様子…?

その他登場人物としましては出版社の社員さんや他の漫画家さんたちなのですけれど、いずれもかなり濃い面々…後半では他の編集のかたの思惑もあり、人気上位の漫画家なかたと戸田さんとで人気登場対決を行うことになったりしてしまいます。

お話のほうは、ということで編集のかたと漫画家のかたの関係を描いたもの…。
この様なお二人の関係を描いたものといえば、最近だけでも以前読みました『人気マンガ家になるための15の法則』や以前読みました『少女巡礼』あたりが思い浮かび、また上で触れた作品も今回の巻ではそういう要素がなかなかあったのですけれど、今作は同居しているという点、そして戸田さんがかなり個性的な人物であるという点で特色が出ています。
また、年齢制限ありな雑誌に掲載するお話を描いていらっしゃる、というのもよくも悪くも特色であり…私は苦手なところですけれども、独特な雰囲気のお話を出すのに一役買っているのは確かです。
その漫画編集の事情はかなり詳しく描かれている印象…その中でどの様に戸田さんが漫画家として進んでいくか、そしてタナカさんがそれを支えていくか、まだまだ道半ばであり今後も見守ってみましょう。
…今日の日誌のタイトルは、この巻の最後に人気投票対決をしたお相手の漫画家のかたから教えてもらったアニメのタイトルから…。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、お二人の関係が悪くはなく…?
ということで、こちらはなかなか特殊な題材ながら悪くはなく、続きも見守ってみましょう。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
DVDが…
○えんどろ〜!(2)
○私に天使が舞い降りた!(2)
○うちのメイドがウザすぎる!(4)
-----
…こちらは全て一連で予約をしているアニメなDVDとなります。
『メイド』はこの巻で最終巻となり、特典として布ポスター(タペストリーではない)がついてきました。

昨日は届いた時間が遅めでしたり時間がなかったりしてどれにも手をつけず…今日から観ていきます。
ただ、これらに手をつける間は何かを諦めなくてはならず…『スパロボT』は気になりますので極力やっていきたく、ですので特に急いでいない『クダンノフォークロア』を休むことになります?


『スパロボT』は南極にセフィーロと繋がっている地点が確認されたためそこへ向かうことになります。
その前に北の賢者と神官ザガートとの会話から神官ザガートがどうして地球に攻撃をしてきているのかの真意が聞けましたけれど、どうやらセフィーロの住人を移住させるつもりだったみたいで…?

第34話は南極で待ち受けていた黒騎士との戦い…2ターンめには機械獣が出現しそれとも戦うことになります。
さらに敵を少し撃破していくと魔物も出現するのですけれど、魔物は以前よりも明らかに強くなっており、それは人々の不安な心を力の糧にしているっぽく…?
ともかくここで神官ザガートもついに魔神に乗って出現、彼の撃破が勝利条件となりますけれど、最終勝利条件ではなく…。

黒騎士は撃破するとまだ諦めずに撤退、一方の神官ザガートは撃破するとどうしてエメロード姫がセフィーロのために祈らなければならないのかということを言った後、彼女の身を案じつつ消滅してしまいます。
これでめでたしめでたし、危機は去ったという雰囲気が流れるのですけれど、もちろんそうはならず…大人になったエメロード
姫が出現、こちらに攻撃をかけてくることになり、わけの解らないままに戦うことになってしまいます。

そのエメロード姫なのですけれども、何と3回行動つき…過去作でも3回行動はよほどの存在しか持っていませんでしたので、やはり相当な存在だといえます。
そのエメロード姫は撃破するまで特にイベントは発生しないのですけれど、撃破すると一度HPを半分ほど回復させ魔法騎士への敵意を募らせてきます。
けれどそこに憎しみに取り込まれていない状態のエメロード姫が語りかけてきて、魔法騎士の真実について説明されます…その末に魔法騎士は三人の合体攻撃な光の螺旋にてエメロード姫を撃破するのでした。
撃破後、エメロード姫と神官ザガートに一枚絵が用意されていましたけれど、ともかくやはりこれは切ない展開…。

戦い終わり、皆さんの反応はうかがい知ることができないのですけれども、北の賢者ともう一つの謎の影がセフィーロの柱が消えたことにより暗躍を開始した模様…?
昨日はここまでといったところでしたけれど、実のところ『レイアース』は原作とアニメ第1期(エメロード姫のお話)しか覚えておらず、原作と全く展開が異なったアニメ第2期はどの様なものなのか本当に、一切解りませんのでここからどうなるのか想像もつかず…それもまた楽しみの一つとして見守ってみます?


『クダンノフォークロア』は少しだけ進行しましたけれど、今作は選択肢で登場人物のルートに沿った選択肢を選択するとそのかたのアイコンが表示されるという、選択肢を選ぶ時点で表示されていた『メモオフ』ほどではないながらも解りやすい仕様となっていました。
バッドエンドなどを避けて物語を進めたい身としてはありがたい仕様…とはいえこれでバッドエンドまで避けられるのかは不明ですので油断はできませんけれども…?