2019年05月01日

働くだけじゃ、涙がでちゃう。

先日読みましたコミックの感想です。
悪くはないです?
□ジャヒー様はくじけない!(4)
■昆布わかめさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『シンデレラガールズ』のコミカライズ版の一つや『制服のヴァンピレスロード』と同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『世界で一番おっぱいが好き!』などを描かれたかたとなります。
…下で触れるアニメ作品に通じるところのある作品でしたことから一緒に読んでみました(何)

内容としましては、魔界復興を目指すかたを描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き魔界復興を考えつつもなかなか進展のない、そうしているうちにずいぶん人間界にも順応してきたジャヒーさんと周囲の日常が描かれていきます。
先の巻に登場した魔法少女なかたの日常も少し垣間見えるのですけれども、あれは魔石がなくても普段からあそこまで不幸な状態なのでしょうか…本人がそれをよしとしていたりと、彼女は彼女でかなり危うい人物に見えます?

とはいえ基本的にはこれまでとそう変わらない日々…銭湯へ行くお話の次のお話では同じ場所、同じ時間で起こったとある悲劇が描かれており…?
大家さんは色々言いつつジャヒーさんのことをかなり気にかけている様子が見られたり、ジャヒーさんがドゥルジさんの前でまた自ら自らの首を絞める様なことをしたりしつつ、この巻の最後では魔王の存在についてほのめかされていましたけれど…?
…下で触れるアニメと何が通じるかというと、もちろんジャヒーさんとマオさんの境遇、ということになります(何)

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、登場人物は皆さん女の子のみですけれど…?
ということで、こちらは悪くないもので、第5巻は2019年夏発売予定とのことで引き続き見守りましょう。


その様な昨日は先日届いたアニメのうち『えんどろ〜!』の第2巻を観てみました。
こちらは1巻に3話収録となっています。

第4話は『海と水着と邪神討伐〜!』ということで、皆さんで孤島へ赴くお話…。
それは夏休みの宿題として何か一つクエストをこなすというもののためで、彼女たちはこの島に生息するモンスターの生態調査をすることにしたのでした。
半ばバカンス気分でモンスター調査をしていたのですけれど、ここへくるまでの船内でファイさんが食料を食べつくしていたため釣りを行うことに…この釣りで魚人が連れてしまいます。
そしてこの魚人が海底神殿に封印されていた邪神を復活させてしまい仲間がそこで強制労働させられているということで皆さんにたすけを求めてくることに…。
邪神は本当に邪神でして、戦いも結構しっかりしたものに…邪神は勇者にしか倒せないというのですけれどユーシャさんが勇者の剣でそれを撃破します。
…邪神は思念体として離脱していたのですけれど、人知れず皆さんのペットのドラゴンに食べられてしまいました(何)

第5話は『私の勇者様〜!』ということで、お姫さまが登場するお話…。
まず夏休みの課題として先の邪神討伐についてのレポートを提出するのですけれど、マオ先生は作り話と断じてしまわれました…。
その様な学校にローナさんというお姫さまがやってきます…彼女は勇者が現れたことを聞きつけやってきたといい、彼女の持つアイテムによりユーシャさんが本物の勇者であると認められるに至りました。
ただ、このローナさんはかなりの勇者マニアの様子で、他の皆さんがユーシャさんのことを敬っていないことを不満に思い、彼女の素晴らしさを知らしめるために勇者祭なる祭りを開催することにしました。
ローナさんは勇者と結婚することが夢なご様子で、ユーシャさんは女の子同士だと言うのですけれど、ローナさんは法律を変えてでもとおっしゃられたりして…この後のハプニングにより、ローナさんはユーシャさんを勇者としてではなく一人の人間として惹かれつつある様子が見受け、そして後日ローナさんは学校へ編入生としてやってくるのでした。
…このローナさん、マオさんの正体に気付いている節があると、少なくともマオさんは感じている様子ですけれど、果たして…?

第6話は『六畳一間、魔王付き〜!』ということで、マオさんが風邪をひくお話…。
このお話でマオさんが魔王として誕生してユーシャさんたちにより過去へ飛ばされる過程、それに学校で教師をするに至ったまでのことが結構詳細に描かれるのですけれど、結構切ない…そしてマオさんをかわいがる戦士な教師の素性が気になるのですが…(何)
ともかくその様なマオさんの元にユーシャさんたちが現れ、思いのほかしっかりとした看護をしてくださるのでした。

ということで日常系ファンタジーなこちら、今回も基本的にはゆるくて微笑ましい雰囲気だったのですけれど、邪神討伐など案外としっかりと勇者の戦いをしていたりもして…?
お姫さまが登場したり魔王の過去が見えたりもしましたけれど、マオさんには幸せになってもらいたいところで、果たして…その他、色々と伏線を想像させるところがあるのですけれど、本当に何かあるのかどうか…?
ともあれ、今のところこちらは個人的にはかなり好印象で大好きといえる作品になっており、続きも期待したいものです。
…BGMもファンタジーなゲームの趣でよい感じなのですけれど、今巻にはサントラがついておりこれもまた嬉しいところです。


『スパロボT』は部隊を分割、光子力研究所へ向かいます。
そこに攻撃を仕掛けてきたのはあしゅら男爵であり、第35話はまずはそれらとの戦い…マジンガーの他魔法騎士も強制出撃なのですけれど、先の戦いのことについて光さんはかなり自分自身を責めているご様子で危うい雰囲気…。

あしゅら男爵を撃破すると、けれど彼(彼女?)は陽動部隊でした模様で、ブロッケン伯爵により研究所が占拠されてしまいます。
さらにDr.ヘルが出現、マジンガーZを撃破し甲児さんを連れ去ろうとするのですけれどそこに鉄也さんが割って入り、彼が代わりに連れて行かれてしまいました。

入れ替わるかたちでセフィーロのものっぽい、けれどもこれまで見たことのない魔物が出現、その次のターンにはノヴァという異常に光さんに執着をする謎の少女が魔神に乗って出現、危機に陥りますけれど、そこに神官ザガートの魔神そっくりな機体が出現したすけてくださいます。
それにはランティスというイーグルさんの知り合い…まだここでは明かされてはいないものの神官ザガートの弟が乗っており、ともに戦うことになります。
また、海さんと風さんが光さんを守るべく新たな攻撃を発動…特に海さんの新たな攻撃はかなりかっこいいです。
最終勝利条件はノヴァなるかたの撃破…撃破するとやはり異常なレベルで光さんに執着しつつ去っていきます。

昨日はここまでといったところでしたけれど、『レイアース』は私の知らないシナリオに突入…あの少女が何者なのかなどなかなか謎なところで、引き続き見守りましょう。


こっそりしているゲームは金のサークル活動証が35個集まり、目標達成となりました。
金鉱石も500以上集まっていますし、これらと交換できるチケットはアサミーナさんではなくすみれさんで使うべきかもしれません?
…そして昨日は19:30からの私の採掘の他、22時からは他のかたによる宝石原岩採掘が行われ、何と一日に2周するというとんでもないことに…金鉱石がどんどん増えます。

先日で先の天皇陛下がご退位なされ歴史上久しぶりとなる上皇陛下となられ、先の皇太子殿下がご即位なさることになりそれに伴い今日から新元号になるわけですけれど、その今日から3日までの間でお祝いとしてゲームにログインするとアイテムがもらえるみたいで、さらに5日はエリア先輩のお誕生日ですのでここでもまたログインするとアイテムがもらえるみたいです?(特にエリア先輩のお誕生日でもらえるアイテムはかなりかわいらしく、また背中装備で春の衣装のセットの邪魔をしないのでぜひ入手したいところです)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想