2019年07月11日

桜舞う季節、私達はひとめぼれをしてしまいました。

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…?
□ささやくように恋を唄う(1)
■竹嶋えくさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できそうでしたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ゆりこん』や『いとしこいし』『月が綺麗ですね』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『KAGEROU'S MEMORIAL!』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、一目惚れをした先輩さんと後輩さんの関係を描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公は木野ひまりさんという高校1年生の女の子…明るく元気な、ごくごく普通の女の子となるでしょうか。
その彼女、友人に誘われ新入生歓迎会のライブを観に行くのですけれど、そこで歌っていたボーカルのかたに一目惚れ…といっても憧れの感情ですけれど、ともかくそういう想いを抱き、その後ひょんなことからそのかたとお近づきになる機会を得て関係を深めていきます。

そのかたは朝凪依さんという3年生の、クールでかっこいい雰囲気に見える、かわいいもの好きなかた…ギターを演奏しまた歌うことも好きなものの人前に出たりするのは好きではないらしく一人で歌うのが好きだという、ですのでライブも頼まれて出ただけなのでした。
その依さんはひまりさんに一目惚れしたと告白され、それで依さんも彼女に一目惚れ…こちらは恋愛感情を抱くに至ってしまって…?

その他登場人物としましては、それぞれの友人なかたがた…ひまりさんの友人は依さんの友人のお一人の妹さんでしたりし、これがお二人が出会うきっかけを作ったといえます。

お話のほうは、その様なお二人の関係を描いたもの…。
こちらは後輩さんは純粋な憧れの感情で距離を縮めてくるのに対し先輩さんは恋愛感情で、というすれ違いが発生しており、そこを抜きにしても正統派なお話でよきものとなっています。
依さんはひまりさんがその様な感情で接しているということを知りつつも、でももしかしてという気持ちもあり、ですのでこの巻の最後である行動に出るのですけれど、でもその後のひまりさんの様子からしてそれはまだそこまでは至っていない様子が見られ、果たしてどうなるでしょうか…。

イラストはよきものです。
百合的にはお二人の関係が悪くなく…?
ということで、こちらは正統派のよきものでしたけれど、ここからどうなるでしょうか…引き続き見守りましょう。


こっそりしているゲームは迷った末に衣装コンテストに一応アサミーナさんの初期衣装とティナさんで参加してみました。
どちらもかなりひねりのないものですので入賞はあり得ませんけれど、思い出作りということで…と思ったのですけれど、どうやら応募要項で1つのテーマに対しアカウント内で1つしか提出できないというものがあった様子で、ですのでティナさんのほうを取り下げておくことにしました(とはいえ、思い出作りですので残しておいてもよかったのですけれども…)

…実は昨日、ゲームを終えた後にこっそりPCを変更しました。
変更後のPCですと、メモリが16GBありグラフィックボードもきちんとしたものを搭載、解像度2048×1152のフルスクリーンで品質を「上」にしても滑らかに動くことが確認できました…もっとも、それでも学園広場へ移動した際などには数秒フリーズしますし、混雑した場合どうなるかは解りませんけれども、せめて落ちる頻度が下がってくだされば…。
この大きめのディスプレイのフルスクリーン、そして品質「上」は思った以上にゲーム画面が鮮やかかつ広くなり、そして他の皆さんを雨合羽にしなくてもよくなりもしましたので、ものすごく新鮮です。
…フルスクリーンにするとチャットへ打つ定型文のコピーが難しくなる、という難点があったりもしますけれど…?(何)

…別のPCにこのゲームのダウンロードを行った結果、通信の使用量が10GBを越えてしまいました…いえ、私の使用しているWi-Fiは3日で10GBを越えるとしばらくの間夜間の通信速度が大幅に制限されてしまうのです。
確か1Mbpsにまで抑えられてしまうはず…何もない状態では250Mbpsくらい出ますので、これはつらいところ…ゲームに支障はないと思いたいですけれど、何日で解除されるのかがよく解りませんし、はやく解除されることを願いたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想