2019年08月14日

しあわせなおばけ

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…?
□成仏するにはまだ早い!(1)
■飴色みそさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『晴れのちシンデレラMagical』や『みのりと100人のお嬢様』『鳩子のあやかしっ郵便屋さん』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『カラフル・マキアート!』を描かれたかたとなります。

内容としましては、幽霊な女の子たちの日常を描いた4コマとなります。
お話の世界においては1年前に未知のウィルスが蔓延、少なくとも主人公の皆さんが認識している範囲においては人類は死に絶えてしまいました。
けれどその中から幽霊としてそのまま過ごすかたがたが少なからずおり、お話の主人公となる4人の皆さんも幽霊として日々を過ごしているのでした。

その皆さんは同じ高校に通っていた女の子たちで、うち3人は生前からの友人であり、晴海小春さんは天然気味なかた、月島夏希さんは快活で虫好きなかた、明知千秋さんはしっかり者でこちらは虫嫌いなかたとなります。
その後、地縛霊となっていた見弓美冬さんというおっとり天然なお嬢さまと知り合い、地縛の解けた彼女も皆さんと一緒に行動をともにすることになったのでした。
その他の(幽霊な)かたがたも結構登場…ちなみに成仏するのは結構簡単らしく、でも成仏しそうになったらリセットもできるみたいです?

お話のほうは、その様な皆さんの日常を描いたもの…。
人類絶滅までの経緯、あるいは動物に生えている謎の植物など謎があちこちに張られていますけれど、それでも基本的には皆さんの楽しい日常を描いた、それがメインの作品となっています。
廃墟と化した世界、その様な状況で危機感のない雰囲気のお話ということで、今現在進行していいる『じんるいのみなさまへ』に近しいものを感じます…とはいえあちらはまだ生きているかたがたのお話ですけれども。
終盤、皆さんは結構衝撃的ともいえる存在と遭遇したっぽいのですけれども、果たして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、美冬さんが小春さんにずいぶん懐いていますけれども…?
ということで、こちらはなかなか面白い作品…続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも幽霊のお話…
□社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(1)
■有田イマリさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては…何でしょう、ガンガン系になるのですけれど、他のその系統のものとは違い「GC」のみになっています?
…上の作品同様に幽霊の関わる作品、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、会社にいる幽霊とそこで働くかたを描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公は伏原さんという会社員な女のかた…毎日一人で深夜まで残業をしていたりと、以前読んでいる作品と同じ様な境遇、つまり社畜といってよいかたでした。
その彼女、疲れ切った状態で一人で残業をしていると、どこからともなく「タチサレ」という声が耳に届き…?

その声の主は会社で出ると噂になっていた幽霊だったのですけれど、この幽霊は幼くてかわいらしい女の子でした。
しかも彼女がその様なことを言うのは伏原さんのことを気遣ってのことでしたりし…伏原さんはその様な彼女に癒されていくことになり、彼女を自宅へ連れ帰るくらい仲良くなったりして…?

一緒に暮らす様になったある日の帰り道、お二人は捨て猫を拾うのですけれど、その猫…みゃーこさんは実は化け猫でして、人の姿になることができました。
その人の姿の状態がまたかわいらしい女の子で、彼女も一緒に暮らすことになり…お二人とも伏原さんにかなり懐いているのですけれど、伏原さんを巡って取り合いになることも…?

お話のほうは、その様なかたがたの日常を描いたもの…。
こちらはともかく幽霊さんとみゃーこさんがかわいいかたで、その微笑ましい日常を楽しむものとなっています。
くしくも同じ幽霊と一緒に暮らすというお話でした以前読んでいる『事故物件の幽霊ちゃん』と同じ様な趣の作品ですけれど、あちらに負けず劣らずこちらも非常に微笑ましくよきもので…。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、悪くはない印象も…?
ということで、こちらは微笑ましくよきもの…上で触れた『事故物件の幽霊ちゃん』と違いこちらはしっかりナンバリングが振ってあり2巻へ続くとも書かれていましたので、楽しみにし見守りましょう。


『新・世界樹』は何とか素材は落としてもらえましたけれど、やはり大変…しかも不意打ちを受けると壊滅的な事態に陥りかねません。
14階へ少し降りてみましたけれど、こちらは以前している『X』での桜ノ橋立や桜花天空楼の様な水上を蓮に乗って移動する場所になっていました…てっきり蓮移動のダンジョンはその2ダンジョンの使われていたBGMから『2』のものかと思っていたのですけれど、無印から登場したのですね…。
…この階層には前列モリヤンマが2に対し後列に混乱攻撃をするフォレストバットが2、という恐怖の編成が出現、これは本当に厄介な編成です…。

『じんるいのみなさまへ』はもうすぐ終わりそうな気配…このまま終わると、ゲームシステム的には一体何だったの、ということになりますけれど…?

こっそりしているゲームは、これまでフレンド登録をしてくださったかたが46人ほどいらしてくださったのですけれども…昨日はじめて、そこから登録解除になる、という事態になってしまいました。
少なからず私にも思うところなどはあるものの詳細は伏せますけれど…心苦しいところもありましたけれど、でも私にはそれには応えられません、と何度もお伝えした上でのことですので仕方ない、でしょうか…。
登録解除になってしまった人については、私と知り合う前からこのゲームを楽しんでいらしたはずですし、結構積極的に探索隊を組んだりされているかたですので、これからも私のことは気にせず楽しんでいってもらいたいものです(さすがにこの様な経緯のあった私が参加すると不愉快になるかと思いますので、そのかたが探索隊にいる採取などは遠慮させていただきますのでご安心をば…っと、ここに書いても無意味ですけれども)
…私はただ、このとっても大好きなあのかたが運営していらっしゃりとあるかたがファンサイトを設置してくださっている学園の様にその世界でアサミーナさんやすみれさん、ティナさんになってのんびり、他のかたがたと過度の干渉のない適度な距離を保って過ごしたいだけなのですけれども、難しいものです…(もちろん、とっても長いお付き合いになるあのかたやとあるかたは別、ですけれども…あのかたがいらしてくださったら飛んでいきます!/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想