2019年09月02日

大上さんとケルベロスゥ!

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□大上さんとケルベロスゥ!(2)
■ならばさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ろこどる』や『魔女とほうきと黒縁メガネ』『再生学校』などと同じものとなります。

内容としましては、獣耳をした人たちのいる日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもその様な少し不思議なかたがたのいる日常が描かれていきますけれど、獣耳やしっぽがあることについて特に意味はなく、かわいらしいということですませておきましょう(何)

その様な今巻では2学期からのことが描かれていくのですけれど、メインは大上さんとスゥさんの関係について…(主にスゥさんの性格により)お二人の関係はなかなか進展しないのですけれど、それでも徐々に距離が縮まっていき、この巻の最後には…?
そうしたお二人の関係を中心としつつも、基本はやはり皆さんの学校生活などを描いた楽しく賑々しいコメディなお話となっています。
そして今作はこの巻で完結、最終巻…最後は大上さんとスゥさんの関係が一歩進んでめでたしめでたし、というきれいな終わりかたとなっています。

イラストはなかなかよきものです。
百合的には大上さんとスゥさんの関係が最終的には…他にも気になるかたがいるのですけれど、あまり深くは描かれず…。
ということで、こちらはこれで最終巻となりましたけれど、百合的にもよき作品でしたかと…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想