2019年10月09日

初めて抱くこの気持ちは一体―…

先日読みましたコミックの感想です。
なかなかよき…?
□百合と声と風纏い(1)
■蓮冥さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できそうなことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。

内容としましては、人を好きになったことのないかたが人を好きになったお話、となるでしょうか。
お話の主人公は埜下纏さんという高校3年生の、中性的な容姿をした女の子…歌うことが好きで将来は声のお仕事に就きたいと思っている、田舎の高校に通いつつ春には都会の専門学校へ行くことになっているかたです。
この纏さんは恋愛というものに一切興味がなく、誰かを好きになるという気持ちも理解できない、というかたで、妹さんや同級生の恋愛話にうんざりしたりしていました。

その纏さんは自動車の教習所に通っているのですけれど、あるにわか雨の日、田舎では見かけたことのない美人なかたに帰り道をバイクで送ってもらいました。
そのかたは百合子さんといい以前この街に住んでいたものの東京へ引っ越し、けれども最近また戻ってきたというかたで、纏さんは彼女のことが気になり距離を縮めていくことになります。
この百合子さんも恋愛には興味がないとおっしゃるかたで、彼女がそう言うのは純粋にそういうのに興味がないということ以外にもある理由がある様子で…?

お話のほうは、その様なお二人の関係を描いたもの…。
纏さんは百合子さんと一緒にいるうちに誰かに惹かれるというものの幸せ、そして苦しさを感じていくことになり、そのさまが読んでいてよきものとなっています。
纏さんは高校卒業後にこの街を離れることになっており、第1巻終了時点で残された時間は3ヶ月…その間たくさん一緒にすごそうと思うわけですけれど、果たして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的には百合子さんへ惹かれていく纏さんがよろしく…。
ということで、こちらはなかなかよきもので、続きも見守りましょう。


『PSO2』は色々得られていたアイテムを使ったところ、ほとんどダンジョンに赴いていないにも関わらずレベルが30になってしまいました。
初期状態ではレベル30が上限というかなり低い設定になっていて、かなり経験値を得られるアイテムを使ってしまいましたので、かなりの経験値が無駄に消滅したものと思われます?
ここからレベル上限を解放するにはクエストクリアが必要な様子…?

他にもかなり色々なクエストが発生したりしていて、昨日は街の中を色々回って色々なかたとお話しをして街の中で達成可能なクエストを行うだけで終わりました。
実のところ説明の半分も理解できていなかったりするのですけれども、こっそりしているゲームなど少し複雑な説明やシステムのRPGはだいたいはじめはそうながらそのうち理解できる様になってきていますので、こちらも多分大丈夫、と思いたいです?

その他、ゲームの画質を6段階から選択できるのですけれど、最大の6にしても特に問題はなさそうです?
こっそりしているゲームは画質を「上」に設定すると落ちることがあるのですけれど、これはどちらかというと通信環境の問題な気がします?
…と、画質を上げるとやはり通信量は増えるのでしょうか(背景のアニメが普通に流れていたりしますし…これ、普通にアニメですよね?)…制限解除後にどれくらい通信で消費しているか確認しないとダメかもです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想