2019年10月14日

諸君!アンツィオは弱くない!…じゃなかった、強い!!

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…?
□ガールズ&パンツァー アバンティ!アンツィオ高校(1)
■梵辛さま(著者)/ガールズ&パンツァー製作委員会さま(原作)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、気になるシリーズの作品ということもあり購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『勇者部所属』や『ぷちます!』『びびおぺ』などと同じものとなります。
著者のかたは以前読んでいる『ローリング☆ガールズ』の作画担当をされたかたとなります。
タイトルから解る様にこちらは以前劇場版を観ていたり現在最終章が進行中な、その他ゲーム化もされており以前読んでいるものなど別のコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも出ているものとなります。

内容としましては、アンツィオ高校の皆さんを描いた4コマ、となるでしょうか。
ということで今作のおは話の主役はアンチョビさん率いるアンツィオ高校のかたがた…イタリアをモチーフにしたアンツィオ高校は以前観ましたTVアニメでの扱いは悪かったもののその後以前『これが本当のアンツィオ戦です!』という作品が作られたりとメインの学校の一つとしてしっかり扱われてきており、今回ついに主役のお話も、ということになったわけでした。

お話は上で触れた劇場版の後を描いたものとなっており、留学へ行くという黒森峰の西住まほさんを見送るため最後に戦車勝負をしようとしたものの燃料弾薬の不足でそれができなかったアンチョビさんが皆さんを引き連れ格好を回り勝負を挑み、それで資金を稼ごうということになっていきます。
燃料弾薬の資金を稼ぐため、ですので勝負は料理勝負を基本としているのですけれども…?

アンツィオ高校の皆さんはアンチョビさんを中心に上で触れた『これが本当のアンツィオ戦です!』にも登場したお二人、それに1年生にも目立つかたがたがおり、この1年生のかたがたは少々喧嘩っ早い様子で…?
その面白いかたがたの織り成すコメディなお話となっており、やはりキャラクターの魅力もあいまって楽しく面白いものとなっています。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、特にはないかとも思いますけれども…?
ということで、こちらは楽しい作品で続きも見守りましょう。


『PSO2』はのんびり、火山地帯の自由探索まで終了…これで次のエリアへの移動が可能となりました。
自由探索は採取や釣りができるのはよいのですけれど、フィールドが広く時間がかかる上にアイテム所持数がすぐ上限に達してその整理が面倒になってしまう、というつらいところがあります(武器防具は売却、それ以外は全て倉庫送りにしていますけれど、この様なことをしていてはいずれいっぱいになりそう…)
ただ、ここまでで実施できる色々なかたから受けるクエストが結構残存していますので、それらをのんびりこなしてみましょう…ひとまずブレイバー関連のクエストは行いました。

ちなみにティナさんの外見は…
ひとまずは…?
…ひとまずこの様な感じに落ち着きました。
肌の色がかなり白く見えるのは夜だから…もあるのですけれど、種族がヒューマンなのにヒューマンでないベースをしようしてしまったから、というのもあります(いえ、肌色が強いと遠目から見た際どうしても微妙に感じられてしまって…)
目の大きさや釣り目度合い、あと身長(175cm)は変更の余地があると思うのですけれど、それらはチケットがないと調整不能ですのでひとまずはもうできることは髪型変更くらいしかありません。

ちなみのちなみに、こっそりしているゲームをすることになったきっかけなとあるかた、この『PSO2』もされていらしたみたいで…?
とっても大好きなあのかたと、この2作品のいずれか、特にこっそりしているもののほうでお会いできればとっても嬉しいところですけれど…い、、いえ、それよりも台風の被害などを受けていらっしゃらないことを願います…!(何)

その他、エリア内で流れているアニメが普通にアニメで気になるのですけれど、あれって『銀河英雄伝説』という作品ですよね、ね…?
もちろん百合とはかけ離れたものではあるものの、ああいう作品も結構気になるのですけれど…劇場版などあれば購入してみたいかも、と思うくらいには…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想