2020年02月07日

単行本『ももいろジャンキー(2)』紹介

【単行本紹介】
『ももいろジャンキー』
□ももいろジャンキー(2/まんがタイムKRコミックス)
■おにぎりさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『さかさまロリポップ』:今作と同時に出た同じレーベルかつ子供が主役の一翼を担う作品
 『私に天使が舞い降りた!』:今作と同時に購入をし『さかさまロリポップ』ともども似た傾向のある作品
 『笑って!外村さん』:主人公のかたに似た傾向のある作品

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
小さな子と仲良くなりたい高校生の女のかたを描いた4コマです。
この巻でもその皆さんの日常が描かれていき、楽しく微笑ましい、そしておバカさも結構強い作品で、安心して読むことのできる作品になっていいます。

今巻で最終巻ということになっていますけれど、お話としては全然完結していなかったりします…終わりかた自体は結構きれいではありましたけれど、ちょっと消化不良感が残ってしまいます、かも…?
百合的にはそこはかとなく以上はあるもののあくまでそれはおまけといったところで、メインは元気な子供との交流を描いた楽しいお話といえます…これで上で触れた『私に天使が舞い降りた!』『さかさまロリポップ』に続いて、単行本の紹介としては3連続で子供メインな微笑ましいお話を読んだことになり、それもまたとてもよいものです。
…そしてやはり第1巻でも感じたとおり、何となく雰囲気がまんがタイムきららではなくまんがタイム、な印象を受ける様な…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介