2020年02月12日

単行本『百合ドリル 自由研究編』紹介

【単行本紹介】
『百合ドリル 自由研究編』
□百合ドリル 自由研究編(MFCコミックスキューンシリーズ)
■アンソロジー
前巻(応用編/難問編)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(参加者で日誌に記載のある作品作者さま(※最新1作品のみ取上))
 みかん氏さま:『不揃いの連理』など
 昆布わかめさま:『夢見るプリマ・ガール!』
 伊藤ハチさま:『月が綺麗ですね』など
 雪子さま:『ふたりべや』など
 春日沙生さま:『さかさまロリポップ』など
 黄井ぴかちさま:『□羽山先生と寺野先生は付き合っている』など
 ツナミノユウさま:『ふたりモノローグ』
 むくさま:『今日も女の子を攻略した。』など
 河合朗さま:『ギャルとオタクはわかりあえない。』など
 ゆりかごさま:『百合な片想いちゃん』
 東河みそさま:『突然の百合』
 雪尾ゆきさま:『へんたいよくできました』など
 天野しゅにんたさま:『あやめ14』など
 奥たまむしさま(※原案):『明るい記憶喪失』など

(特記事項)
 ○ナンバリングのない、タイトルを少し変更することで巻数を重ねている作品、今作で通巻第4巻相当

(作品について)
少し特殊な形式の百合なアンソロジーです。
こちらは上で触れた通り過去に既刊に当たる作品が3冊ほど出ているのですけれど、それらのいずれも普通のアンソロジーとは少し違った形式のものとなっていました。
とはいえ今回は「自由研究編」となっているとおりある程度参加されている皆さんの思った通りのことを描いているというかたちになっているでしょうか。

参加されているかたはかなり多いですけれど、その分お一人当たりのページ数は4ページほどとなっておりボリュームは普通の単行本程度です。
ただ、その4ページでいかにお話としてよきものになっているか、ということを見たりできますのでこれはこれで面白いものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介