2021年10月08日

単行本『吸血鬼と呼ばれたい!(2)』紹介 / その他

【単行本紹介】
『吸血鬼と呼ばれたい!(2)』
□吸血鬼と呼ばれたい!(2/電撃コミックスNEXT)
■ぴゃあさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
吸血鬼の学校に通うことになった人間の女の子を描いたお話です。
この巻でも引き続き人間であることを隠して吸血鬼の学校へ通う女の子の日常が描かれていき、基本的には楽しいコメディなお話となっています。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、終盤では完結ということでやはりあおいさんの正体が周囲に知られることになるわけですけれど、そこへ至るまでの流れがよかったのでお話ももちろん問題なくハッピーエンドとなっており一安心です。
ということで今作はこの巻で完結となりましたけれど、終盤の展開などよきものでしたかと…。


【その他】
昨日は先日届いたDVDたちのうち『ワールドウィッチーズ発進しますっ!』は最終巻ですので最後に回し、先に『プリンセス・プリンシパル』劇場版第1巻…の特典を観てみました。
なぜ特典を先に観て本編を観ていないのかというと、その特典の1つが『1分くらいでだいたいわかる「プリンセス・プリンシパル」その1〜12』という、TVアニメ版を全12話を1話1分くらいで紹介したものとなっており、TVアニメ版を観ていない身としてはこれで少しでも知っておこうということなのでした。

このダイジェスト版は基本的にはかなりお気楽、おバカにまとめているのですけれど、映像などから見る限り本編はそんなおバカなものではなくかなりシリアスな雰囲気を感じ、また百合的にもよさそうなもの…これで知ったかぶりはできませんけれど、でもよい雰囲気の作品だということは感じられました。

特典としては他に『BUSY EASY MONEY』というひょんなことから大金を入手してしまうお話を描いたOVAが収録されており、こちらはおバカで楽しいお話となっています。
ダイジェスト版とこのOVAを観た範囲で登場人物の皆さんはよい感じだと思えましたので、本編も楽しみにしておきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介