2022年01月26日

単行本『ゆりづくしの教室で(3)』紹介

【単行本紹介】
『ゆりづくしの教室で(3)』
□ゆりづくしの教室で(3/百合姫コミックス)
■しーめさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
とある高校の2年1組な皆さんの日常を描いたお話です。
この巻でも1話ごとにそのクラスの中の特定のかたがたに焦点を当てたお話が描かれていきますけれど、この巻では夏休み中のお話がメインになっていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっています。
最後は夏休みが終わって2学期を迎える中で皆さんの日常はこれからも、といったかたちとなっていますけれど、お話の形式上なかなか個々が深く掘り下げられる前に終わってしまった印象があったりと、少々終わるのがはやすぎるのではないかという、さみしい、もったいない印象…お話自体はよいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介