2022年10月19日

単行本『大科学少女(上)』紹介

【単行本紹介】
『大科学少女(上)』
□大科学少女(上/ハルタコミックス)
■渋谷圭一郎さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『瑠璃の宝石』:同一作者さまの単行本
 『大科学少女』:オリジナル版
 『恋する小惑星』:今作と似た設定の部を舞台とした作品

(作品について)
大科学部の活動を描いた作品です。
大科学部というのは部員数の少なかった4つの部、すなわち物理・化学・生物・地学部の4つを統合した部活のことで、そこへ入部した1年生を主人公にしそうした部の活動を描いていきます。

今作は上で触れた通り、かつて読んでいる作品の新装版となっています。
私は過去に読んだことのある作品の新装版というのは基本的に購入しないことに今現在はしているのですけれど、今作はなかなか面白い作品ながらちょっと存在を忘れていたこと、それに同時に『瑠璃の宝石』という同一作者さまの単行本の新刊も出ていたこともあり購入をしてみました。
改めて読んでみるとやはりなかなか面白い作品で、上巻ということで次の下巻で終わりとなりますけれども引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | 作品紹介