2022年10月30日

単行本『星屑テレパス(3)』紹介

【単行本紹介】
『星屑テレパス(3)』
□星屑テレパス(3/まんがタイムKRコミックス)
■大熊らすこさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○帯によるとアニメ化が決定しているとのこと

(作品について)
宇宙人のいる日常を描いた4コマです。
この巻では前巻にあった予選会の末の顛末の続きから…この予選会であった出来事は今作において相当大きなことでしたためかなり長く重く尾を引いてしまい、この件が完全に解決するにはこの巻の中盤まで要することになります。

中盤で何とかその崩壊状態を解消してからは改めて皆さんで頑張っていくことになり、ここまでは完全に真っ当な部活ものとなっており、そういえば今作って宇宙人のお話でしたっけということを完全に忘れてしまいます。
それはそれで特に問題はないのですけれど、終盤では少しそれについて思い悩むお話もあり…とはいえ今作は上でも触れた通りアニメ化が決定と、まだ長く続きそうではありますので宇宙人問題ひとまず置いておいてよいのではないかと思います?
…そう、前巻でアニメ化してもよいのではと触れたことが現実になったわけで、今作は今期アニメ化しているという『ぼっち・ざ・ろっく!』同様に主人公さんがかなりネガティブなかたで見ていてつらくなるところもあり(ネガティブ主人公さんが流行りだったりするのでしょうか?)、また相当重い展開もあるのですけれど、それでも全般としては好きなお話ですので購入する方向で考えています。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介