2022年11月16日

単行本『社畜さんと家出少女(4)』紹介

【単行本紹介】
『社畜さんと家出少女(4)』
□社畜さんと家出少女(4/まんがタイムKRコミックス)
■タツノコッソさま
前巻(第3巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
タイトル通りのお二人が同居生活をする様子を描いた4コマです。
この巻でもお二人の同居生活を描いていき、年末年始や冬などの様子が描かれていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、終盤は作品の内容からして予想はできる、けれどもできればそうはなってもらいなくないという展開に…お二人の出会いから一緒に暮らすまでに至るまでの回想も見られますけれど、なかなか重いお話で…?
その終盤の波乱は思いのほかあっさりした描写でそのままエピローグへ飛びますけれど、終わりかた自体は百合的なことも含めよきものとなっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介