2023年01月14日

単行本『マグロちゃんは食べられたい!(1)』紹介

【単行本紹介】
『マグロちゃんは食べられたい!(1)』
□マグロちゃんは食べられたい!(1/まんがタイムKRコミックス)
■はもさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
人間になった魚と同居することになった女の子を描いた4コマです。
主人公のみさきさんは魚、特にマグロ(を食べること)が大好きな魚マニアの女の子で、夢であるマグロを丸ごと食べることを目指し、ほぼ釣れないことは解っていながら一縷の望みを託して堤防釣りをしていました。
その様な彼女、ついにマグロを釣り上げたのですけれど、少し目を離した間にそのマグロが人間の姿になってしまっており…?

お話のほうは、その様な不思議な人と同居することになった女の子を描いたお話…。
マグロの他にもカジキが人間となりみさきさんの幼馴染と同居することになったりしますけれど、なぜその様なことになったのかは謎…今のところ楽しくおバカなコメディ作品であり、そこまで深く考える必要はないかと思います?
まぐろさんは釣り上げたみさきさんを運命の存在だと認識し食べられることを望んでいるのですけれども、もちろん人間の姿の存在にそんなことはできませんし、仮に元の姿に戻ったとしてもすでに情が移っており食べることは難しいでしょうし、果たして…続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | 作品紹介