2023年02月16日

単行本『忘れえぬ魔女の物語(2)』紹介

【単行本紹介】
『忘れえぬ魔女の物語(2)』
□忘れえぬ魔女の物語(2/ガンガンコミックスUP!)
■宇佐楢春さま(原作)/やまだしゅらさま(漫画)/かも仮面さま(キャラクター原案)
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★☆☆
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○原作はノベル、そのコミカライズ版

(作品について)
1日を5日繰り返し、さらに一度得た記憶は絶対に忘れないという特性を持ったかたのお話です。
この巻でも引き続きその様なややこしい特性を持った人の日常を描いていくことになり、そういうことですのでお話も読んでいて少々ややこしく、疲れてしまうところがあります。
まずは前巻の続き、悲劇を回避できるかというものの顛末が描かれ、中盤では仲の悪いかたが登場するのですけれど、こちらは普通に不快なお話…。

その不快なお話は呼んでいるこちらだけでなく綾香さん自身にもダメージがあった様子で自業自得とはいえ寝込んでしまうのですけれども…?
そうした中で未散さんとの仲直りがやはり5つのルートで流れていったりするのですけれども…ともかく読んでいてなかなかしんどい作品ではありますが、まだ耐えられるレベルではありますので引き続き見守ってみます?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:56 | Comment(0) | 作品紹介