2014年07月03日

茶道部だって、花より団子!?

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□さくらティーブレイク!(2)
■都桜和さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.9)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なものとともに購入をしてまいりましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
作者のかたは以前読んでおります『うらバン!』と同じかたとなります。

内容としましては、とある高校の茶道部を描いた4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でも茶道部の皆さんの愉快な日常が描かれておりまして、まずは夏休みの合宿などが描かれていきますけれど、顧問の先生の出番も結構増えてまいりまして、なかなかかわいらしいかた…大企業の社長令嬢ということで常にガードマンの女性がそばにいるのでございますけれど、このかたが百合的にもなかなかよい感じのかたで…?
百合的によいといえば、生徒会役員さんに菊華さんへかなり想いを寄せているかたもいらしたりして…?

その様な茶道部には、第1巻では登場しておりませんでした部員さんがもうお一人いらっしゃいました。
それがコレットさんというフランスからの留学生な女の子…ちみっこでかわいらしい雰囲気ながらなかなか気の強い、そして本当は中学生な年齢ながら飛び級で高校に通っているという子になります。
菊華さんとはかなり対立していてライバル関係といったところなのでございますけれど、漫画やアニメ好きという共通点がございまして、終盤では菊華さんの同人誌制作を手伝ってあげている一幕もあって…?

お話のほうは、その様な新キャラさんも加えてますます楽しい皆さんの日常…夏から秋、冬から巡って再び春が訪れるまでが描かれております。
終盤では部長さんの卒業が比較的あっさり描かれたりいたしまして、そして新学期…新たな部員さんを迎え入れたところでお話は終わります。
そう、この作品はこの巻で最終巻、完結してしまいます…こうした、新入生を迎えたところで完結という作品は結構よく見かけるのでございますけれど、その新入部員さんがよいキャラであることも多く、非常に惜しく思えてしまいます。
1年で終わるのはさみしく、もう少し皆さんの日常を見ていきたかったでしょうか…。

イラストは悪くございません。
百合的には色々とそこはかとなく感じられるかと思われ…?
ということで、こちらは楽しくよい作品でございまして、それだけにこれで完結なのはさみしい…。


とっても大好きでご無事を願うとともに日々想いを寄せておりますあのかたもお好きなシリーズな『その花』はひとまずお休みをして、引き続き『リリウム×トライアングル』…先日で優奈さんルートを終えましたので、引き続き紗奈さんルートを目指します。
選択肢はやはりとても簡単…そう、お二人のルートへ入るのは簡単でございますけれど、この選択肢を八方美人な答えで進むとどうなるのか気になってしまいますので、紗奈さんルートが終わったらやってみましょう(バッドエンドの可能性があって少し嫌ではございますけれど…)

紗奈さんは物語の冒頭で告白してきたこともあり、気持ちはもう固まっているわけでございますけれど、ただ彼女の性格上ちょっと素直になれないところがあり…そういうところがかわいらしゅうございます。
それでも昨日は晴れて両想いになりまして、家では優奈さんがいらっしゃいますので放課後、学校の教室で熱いひとときを過ごされまして…?
優奈さんルートを見ると、この先はもうラブラブなシーンしかないはずでございますけれど、どうなるでしょうか…引き続き見守りましょう。

ゲームのほう、そろそろRPG系のゲームを再開しようかな、という気持ちになってまいりまして、まずは中断中の『サモンナイト5』を再開するのが筋でございましょうか。
その後は『サモンナイト』シリーズを突き進むか、アサミーナさんやかなさま、すみれさんと里緒菜さん分を補充するために『ととモノ。』をしたいところなのでございますけれど、不意に『アトリエ』シリーズをやってみたい気持ちになってまいりましたり…?
とはいえ最近のシリーズはもう何もチェックしていなくってする気もなくって(何かアニメ化している作品もあるみたいですけれど全く解りません…その他、『アーランド』シリーズはもういいです/何)、したいと感じるのはシリーズ最良のものと個人的には今でも感じる『グラムナート』シリーズでございます(『ザールブルグ』シリーズもよろしゅうございますけれども調合に特化しすぎかも…?)
以前リメイク版をしております『ユーディー』は登場人物など色々よろしい上に(そもそもラステルさんやエスメラルダさん、ヘルミーナさんたちにお会いしたいという気持ちが不意にわいてきてこの様なことを考えはじめたのでございましたりして…/何)期限もございませんし、以前しております『ヴィオラート』は確かに1周するのは非常に、ものすごくしんどいもののそれでもその厳しい時間制限を除けばシリーズ最良のシステムなどを誇っていると思いますしアイゼルさんも素敵ですし、それにこの作品、リメイク版を購入しているのに手をつけていないうえに、あのかたがそのリメイク版を購入されてお店で苦しんでいらしたということもあったりして、その責任を取るために(?)私もきちんとプレイしたほうがいいのかも、と思いましたりして…?
アサミーナさんたち分補充については、現状ではしなくっても物語はそこそこ書けておりますので大丈夫かもしれず、やはり『グラムナート』をしてみますか…でも『サモンナイト5』を放置し続けるのはよくなく、やっぱりまずはこれを終わらせます?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101082014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック