2014年09月05日

末永く爆発します。

先日はこの様なものが届きました。
-----
ようやく届き…
○桜Trick(6)
-----
…こちらはDVDとなりまして、これまで既刊を購入しておりますアニメの最新巻となります。
これ、それに下で触れます同人誌も本来でしたら半月程度前に出ていたものなのでございますけれど、予約をしていた虎穴通販の発送が恐ろしく遅くって今になってようやく届きました…無事に届いたのでよし、としておきますか?
はやく『ご注文はうさぎですか?』と『ラブライブ!』第2期のDVDも届いていただきたいものでございますけれど、これではさらに当分待つことになりそう…本来でしたら、その2つがこのタイミングで届くのでちょうどかそれでも少し遅いくらいでございますのに…。

ともかくこちらはこの巻で最終巻となりますので、また今日にでも観て最終的な感想を書こうと思います。
また、特典としまして楓さんとゆずさん編のコミックと、全巻購入特典のタペストリーがついてまいりました。


その様なDVDとともにこの様なものも同時に届いておりました。
-----
同人ゲームも…
○サクラメントの十二宮 乱れる仔ひつじと手懐く狼
○からすとうさぎ
○ずっといっしょ
○ハッピーサマーホームワーク
○栗ちゃんと虫とスケッチブック(9)
○motomatome 2012-2013
○禁断でもイイかも!?(4)
○月夜のことだま(2)
○cerise(2)
○襟懐ランバス
○さよならトリップ
○彼女 の 彼女に なってみた
○彼女たちの情事
○MELANCHOLILY
-----
…一番上は同人ゲーム、その他は同人誌となりまして、これらは全て夏のイベントにて出ましたものとなります。
ようやく夏のイベントのアイテムの予約品が届くとか、やっぱりちょっと遅すぎで悲しい…。

同人ゲームのほうは百合な作品ということで購入をいたしましたものとなりまして、年齢制限がございますのでご注意くださいまし。
今現在ノベル系ゲームは『クオリア』をしておりますのでこちらはそれを終えた後、となりますけれど、『クオリア』が微妙にやる気がなくって遅々とした進みとなっておりますので、こちらに手をつけるのはちょっと先になりそう…3作品同時にゲームを進行しようとしておりますのでなおさらでございます。
実はさらにもう1作品同人な百合ゲームを注文したりしておりまして、それも含めて何とか以前しております『FLOWERS』のPSP版が届くまでに終えたいところなのでございますけれど…でも『FLOWERS』もPC版をクリアしている作品でございますので急ぐ必要はないでしょうか。
…でも、同人な百合ゲームが2作品も出ますなんて、最近にしましてはかなり恵まれておりますかも…以前しております『その花』を別格にいたしましたら、同人ゲームは以前しております『COLOR OF WHITE』以来となるみたいでございますから(そしてその前となると以前しております『孤独に効く百合』にまで遡るっぽいのでやっぱり恵まれている感覚を受けます…これであとはこの『アルプトラウムの黒蝶』が無事に出てくだされば…?)

では、同人誌につきましては以前購入をしておりますものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○からすとうさぎ《【あーすらいざー】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ご注文はうさぎですか?』の二次創作作品となりまして、好きなジャンルの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、前半はチノさんとココアさんの関係を描いたもの、後半はちょっとおバカな4コマとなっております。
4コマは普通におバカで面白いものでございまして、また前半のお話はココアさんの存在がチノちゃんの中で大きくなってきていることの解るよいお話でございましたかと思います。

○ずっといっしょ《【橘庵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは『キルミーベイベー』の二次創作作品となりまして、好きなジャンルの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、専攻学科を決めることになったお二人…それをきっかけに将来について考える、というものとなっております。
ちょっとだけシリアスなお話なのでございますけれど、そこはやすなさんでございますのでやっぱりちょっとおバカな感じもし、またどうしてもソーニャさんと一緒にいたいご様子で百合的にもよきものでございました。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしております『やちゅなとそーなたん』などを描かれたかたでございました。

○ハッピーサマーホームワーク《【橘庵】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも『キルミー』の二次創作作品となりまして、上の作品と同じサークルさまの作品となります。
内容としましては、夏休みのお二人の様子を描いた4コマとなります。
やすなさんとソーニャさんは夏休みの宿題をどちらがはやく終わらせるかで競争をすることになったのでございますけれど、ソーニャさんにはたくさんお仕事が入ってきてしまい…ともあれ、こちらもお二人の関係のよいよきものでございました。
…そういえば、この作品でソーニャさんはロシア国籍になっておりましたけれど、やはりロシア人なのでございましたっけ…確かに「やすな」という単語はロシア語にもなりますけれど…?(「了解」という意味…)

○栗ちゃんと虫とスケッチブック(9)《【むぎネコ屋】さま/百合度評価:★★☆☆☆(2.0)/★》
こちらは『スケッチブック』の二次創作作品となりまして、以前既刊を購入しておりますこともあり購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、栗原先輩を中心としました皆さんを描いた4コマ…これまでの既刊とそのあたりは同じ、となるでしょう。
やっぱりゲストさまも多く参加しておられまして、内容のほうも良くも悪くも既刊同様…ゲストさまの作品の中にはやや微妙なものもございますけれど、そこには目をつぶります?
…と、説明が完全に第8巻の感想と同じとなってしまいました…(何)

○motomatome 2012-2013《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここから下は全てオリジナルな作品となりまして、また全て百合な作品でもあるということで購入をいたしましたものとなりまして、またこちらの作品は以前購入をしております『茜色の記憶』などを描かれたかたということもあり購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、タイトルどおりこちらのサークルさまが過去に出されました4つの同人誌の総集編となっております。
収録されておりますのは以前購入しております『女の子どうし』収録の『宝石のようなもの』に以前購入をしております『エッちゃんとマイちゃんの恋模様 -prologue-』に以前購入をしております『エッちゃんとマイちゃんの恋模様』、それに以前購入をしております『Sカノ』収録の『危険帯彼女』となっております。
要するに全て過去に読んだことのある作品となっているわけでございますけれど、お話自体はどれもよきものでございました。

○禁断でもイイかも!?(4)《【luciole】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらは以前に既刊を購入しておりますこともあり購入をいたしましたものとなります。
内容としましては既刊の続きとなりまして、お二人が演劇に出ることになったり、高校2年生の冬を迎え、そして春に至るあたりを描いております。
もう順調かと思われたお二人の関係なのでございますけれど、終盤に大きな波乱がありそのために大変なことになってしまいます…次巻で完結予定らしいながらどうなりますでしょうか、見守ってみましょう。
巻末にはおまけとして『美樹谷はるかの悪夢』というはるかさん視点が収録されておりますけれど、はるかさんは本当に不憫で…(何)

○月夜のことだま(2)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらは以前に既刊を購入しておりますこともあり購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、その第1巻の続きとなりまして、同級生に告白する勇気がなかなか出せない女の子のお話でございます。
なかなかじれったいのでございますけれど、そこもまた微笑ましくよきもの…そして、この作品はこの巻で完結しておりますことからも解ります様にその葛藤にも決着、ハッピーエンドとなっておりよきものでございます。
…今日の日誌のタイトルは何となくこちらの作品の巻末収録のおまけ漫画から取ってみました(何)

○cerise(2)《【chico*】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらは以前に既刊を購入しておりますこともあり購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、アイドルをしている女の子と、その同級生のかたのお話となります。
その同級生は八方美人なかたかと思われたのでございますけれど、実はなかなか黒い性格をしておりまして…アイドルなかたはそのかたに振り回され、その挙句にその子は勝手にいなくなるという…。
なかなか面白いお話ではございますけれど…?

○襟懐ランバス《【ハイパーケトルイエスタデイ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★★》
こちらは上で触れました『月夜のことだま』第1巻などとともに作品を購入しておりましたりと好きなサークルさまの作品ということもあり購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、通勤・通学の電車をテーマに3つの作品を収録したものとなります。
どのお話も百合的にも含めよきものだったのでございますけれど、個人的には2番めの『対角線×対角線÷2』が特に好みでしたでしょうか…切ないままに終わってもそれはそれでよかったのでございますけれど、最後の最後で救われましてそれがなおよろしく…。

○さよならトリップ《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★》
こちらは上で触れました『茜色の記憶』などとともに作品を購入しておりましたりと好きなサークルさまの作品ということもあり購入をいたしましたものとなります。
なお、こちらの作品は年齢制限ありの作品となりますので、ご注意くださいまし。
内容としましては、ひょんなことからお付き合いをされることになりました、元はお友達でした二人の女の子のお話となります。
友達同士でしたら特に何も感じなかったことが、恋人と意識するとどきどきする様になりましたり…年齢制限ありな作品ということで過激なシーンもございますけれど、なかなかよいお話でしたかと思います。

○彼女 の 彼女に なってみた《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、公園で告白の練習をしている女の子に偶然遭遇し、その子の練習に付き合ってあげることにした女の子のお話…。
練習に付き合ってあげることにした子は次第にその子に惹かれていく様になったのでございますけれど…これは続きを読みたい気もする、なかなか微笑ましいお話でございましたかと思います。
…と、こちらのサークルさま、上で触れました『栗ちゃんと虫とスケッチブック』第8巻などとともに購入をしております『放課後はふたりで』などを描かれたかたでございました。

○彼女たちの情事《【少女2乗】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★》
こちらの内容としましては、タイトルどおりのものをテーマといたしました3つのお話を収録したものとなっております。
ただし年齢制限は特になし…2つめのお話は年齢制限をつけないといけない様なものの気がいたしますけれども…?
その2つめのお話は個人的には微妙でございましたけれど、でもどのお話も百合的には高めでございまして、特に最後のお話は色々と独特なもの…内容としてもこれが一番よかったのではないでしょうか。
…と、こちらのサークルさま、上で触れました『月夜のことだま』第1巻などとともに購入をしております『いけないひと』などを描かれたかたでございました。

○MELANCHOLILY《【眼帯少女中毒】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらの内容としましては、カジノバーで働く女の子たちとその中のお一人とお付き合いをしている学生さんを描いた4コマ、となるでしょうか。
設定は色々深めにされておりますけれど、とりあえずそのあたりは気にしないといたしましても4コマということもありなかなか面白いお話になっております…百合的にはそこそこ、といったところとなります?

ということで、ようやく虎穴通販で予約をしておりました夏のイベントのアイテムが届きましたけれど、なかなかよきものが多くって満足でございます。
あとは虎穴通販で通常注文をしている分を待つことに…(何)


とっても大好きでお会いできない状態が続いたりと不安になったりもしてしまいますけれども陰ながら日々ご無事を祈らせていただいておりますあのかたもお好きなシリーズな『サモンナイト』は『クラフトソード物語』で先へ進みますことに…そういうこともあり昨日も『クオリア』は、上で触れました様に次のゲームが待っているにも関わらずお休みしてしまいました(何)
大渦巻きの発生している海へ出ますと、船がそれに巻き込まれる…護衛獣の真綾さんはこの機に主人公の幸菜さんへ口づけを迫ってまいりまして、幸菜さんも無事にいられたらしてあげると約束をされてしまわれます。
ここでボスとの戦いになりますけれど、そう苦戦することなく勝利…普通の敵相手ならナックルがいいですけれど、ボス相手ですとやはり剣あたりでないと厳しくなるでしょうか。
戦い終わると船はどこかの村にたどり着き、そして幸菜さんは真綾さんとの約束を誤魔化されるのでございました。

その村は以前しております『2』も登場いたしましたデグレアに占領されている模様で、裏から入ることに…そこには怪我をしたヴァリラさんがおりました。
これからどうしようか考えようとすると、港へ向かう人影を発見…デグレア兵と一緒にいたのは鍛聖の一人だといい、何か裏の繋がりがある模様でございました。
さらに、サナレさんとラジィさんが捕らえられていることも知り、それをたすけに行くことに…ヴァリラさんは怪我をしているため彼を介抱していた女性にこの場は止められるのでございますけれど…?
…その女性はヴァリラさんに惹かれているご様子で下ながら、同時にヴァリラさんが幸菜さんのことを好きだと感じている様子で…?

途中、その女性の父親だという変わり者な人ともお会いしましたけれど、ダンジョンのほうへ…今作はじめての地下迷宮以外のダンジョンになりまして、BGMがなかなかよい感じでございます。
敵の強さはやはり現状進める地下迷宮の最下層よりも弱くなっており、やはり地下迷宮のほうが後に行く場所だったのかと思われます…ですのでここはレベル上げの必要もなくあっさり通り抜けていけばよいかなと思います。
奥へ進みますとヴァリラさんが追ってきて、二手に分かれてサナレさんとラジィさんをたすけることになりまして、どちらをたすけるか選択肢が出ます…ここはサナレさんにしておきます。
するとさらに奥のほうでメイドさんの服を着てデグレア兵の給仕をさせられているサナレさんを発見…とはいえサナレさんもまんざらでもない様子に見えまたデグレア兵も妙にフレンドリーでして、このデグレア兵はまだ鬼にされていないと思われ…(何)
幸菜さんが飛び出しますと、同時にサナレさんの料理の結果だという魚のボスも現れそれを倒すことに…その過程でデグレア兵は四散した模様でございます。
…ちょっとこのあたり、サナレさんがかなりかわいいかも…?

ラジィさんをたすけたヴァリラさんとも合流、そして大渦巻きの原因がこの奥にいる召喚獣の仕業だと解りまして、それを倒しに行くことに…皆さん見事にばらばらに行動してしまいます(何)
最奥でボスとの戦いになりますけれど、こちらは拍子抜けするほど弱い…そのくせ経験値はものすごく多く、何と13,000も得られました。

ボスを倒すとデグレア兵も島から去り、そして彼らが何を目的にしていたのかも解ります。
デグレア兵はこの島にあるという剣を探していたのであり、そして村長さんの持っていたその剣はかつて幸菜さんの父親が鍛えたものだということ…その剣を預かってワイスタァンへ帰ります。
剣は例によって母親に預かってもらうことに…夜会話で幸菜さんは真綾さんにその剣についてなど聞こうとしますけれど、どうもとても重い話になるみたいで、心の準備をすることにするのでございました。

お話は変わりまして、サナレさんが準決勝に挑戦するにあたり見学にきてと言ってまいりますけれど、その様な中で地震が発生します。
最近どうも地震が多く、また鍛聖は何もしていないのか疑問になった幸菜さんは、真綾さんの勧めもありリンドウ師へ話を聞きに行くことにいたしました。
けれど昨日はその前に町の人たちに話を聞いて終わり…例によって新たな秘伝を得たりすることができました。
また、町の人たちの会話の節々に火山の話が出てまいりまして、どうやら次は火山が舞台になりそう…その他、サナレさんに何かありそうでございましたり、それにサイジェントに勇者がいるという話を聞けましたけれどこれって以前しております無印の…。
…ケノンさんからは仲間の大切を説かれまして、やはり彼は普通にいい人…そういえば過去に対戦した人々、眼鏡姉妹とは会う機会が全くないのでございますけれど…?


『バズー!魔法世界』は何とか主人公のラティーナさんでも一番弱い敵は一撃で倒せる程度になりましたので、先へ進んでみますことに…この作品、フィールドマップは町の周辺しかなくって、長距離移動は一つ大きなマップへ移行して自動で敵も出ない状態での移動となります。
ハイブレスという町へやってきて、そしてそこまでついてきてくれたフェールさんと別れて伯爵に会いにいきますけれど、今まで何も修行などしていないのに魔術師なんて目指せるのか、と厳しく言われてしまいました。
けれどそこへラティーナさんの従兄弟になるらしいロマールという騎士見習いの人が仲立ちをしてくださいまして、彼に剣を習ったりすることになりました。

そうして数ヶ月を過ごしておりますと、塔にあるアイテムを取ってきたら伯爵に認めてもらえる、ということでその塔へ向かうことになりました。
その塔へ向かう途中、その塔に捕らえられているという奴隷を救うために行動をしている男女に出会いまして、行動をともにしますことに…4人パーティとなりましたけれど、何と敵から得られる経験値が激減いたしました。
どうやらこの作品、パーティ人数によって得られる経験値が増減する模様…となると、ラティーナさん一人で戦うのが一番効率がよいということになり、彼女が一人で行動できる機会を探しましょう。

ともかくお話は進めることにいたしまして、その塔には確かに奴隷として捕らえられている人々がおり、その人々を解放し、またアイテムも回収できました。
その帰り道、突如謎の勢力に襲われましたけれど、それも撃退…一体何だったのでございましょうか。

町へ戻りますとその一緒に戦ってくださった男女は去り、また一時町に滞在しておりましたフェールさんもどこかへ旅立ったという話を聞けます。
アイテムを伯爵へ見せますとようやく認めていただけ、魔法学校への紹介文を書いてくださいました…この際、魔術師になるより跡継ぎにならないかと言われたり、伯爵がラティーナさんに厳しくしていたのは彼女の身を案じて、ということが解ります。
こうしてラティーナさんは魔法学校のある町へ向かうことになり、またロマールさんもその町の騎士になるそうでそこまで一緒に行くことに…昨日はここまででございましたけれど、魔法学校に入るなんて展開を聞きますと以前最新作をしております『ととモノ。』あたりを思い出します?


先日読みまして日誌に書きました『アリノスワンダーランド』なのでございますけれど、よくコミックを見ますとタイトルは『アリノス☆ワンダーランド』でございました…ということで修正しておきました。
以前購入をしました際にはきちんと☆を入れておりましたのに、困ったものでございます(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103218031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック