2014年12月31日

夏の女の子は全員がヒロインなんですっ!

先日読みましたコミックの感想です。
来期にアニメ化します…?
□THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS あんさんぶる!(2)
■バンダイナムコゲームスさま(原作)/千葉サドルさま(漫画)/樫葉ハルキさま(脚本)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『咲』や『夏色キセキ』『暁月のメモリア』と同じものとなります。
こちらは元は(『アイマス』から派生した?)ゲームとなりまして以前アニメ化記念的なDVDが出ました様に来期にアニメ化が決定しておりまして、以前読んでおりますものなど別のコミカライズ版や以前読んでおりますものなどアンソロジーなども出ている作品となります。
漫画担当のかたは以前読んでおりますものの途中で切ってしまいました『がっこうぐらし!』という作品を描かれたかたとなります。

内容としましては、アイドルの皆さんの日常などを描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明が以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でも第1巻同様の体裁で1話につき何人かの特定のキャラクターにスポットを当ててお話が描かれていきます…第1巻では仁奈さんなどの姿が見られませんでしたけれど、この巻ではその仁奈さんなど第1巻では登場しなかったかたがたも登場いたしまして、さらに賑々しくなっております。

お話としましては、ということで第1巻同様に様々なアイドルさんの日常などを描いた4コマでございまして、個性的な皆さんの姿を見ていくのは楽しくよいものでございます。
個人的に「なかったこと」にしている要素につきましては、姿はないので一安心ながら、名前は(個人的にはあまり嬉しくない方向でも)出てきてしまいますけれど、それは仕方のないところなのでございましょうか。
最後には4コマではないお話としまして皆さんが運動会を行うお話がその打ち上げまで含めて収録されたりもしております。

イラストはなかなかよろしゅうございます。
百合的にはいかがでございましょう、ロックなお二人の関係がやっぱりよいですよね、って見えるのでございますけれど…?
ということで、こちらはやはり楽しいものでよろしゅうございました…『シンデレラガールズ』については上でも触れました様に来期にアニメ化いたしまして、現状では下の作品ともどもDVD購入予定の2作品のうちの1つ、としているのでございますけれど、あの要素次第では考え直すことになるかもですし、そのあたりはどうなのか…?


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも来期に…
□幸腹グラフティ(4)
■川井マコトさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.9)

こちらも上の作品とともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは来期にアニメが放送されるという作品…上の作品もそうでございますから、そういう繋がりで同時に読んでみました。

内容としましては、高校生の女の子たちの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻では、春休みに皆さんで旅行をされた後、高校2年生へ進級されて1学期にあったことが描かれていきます。
旅行のお話では露子さんも一緒にいらっしゃいまして、彼女や椎名さんを巡るお話も色々と微笑ましくってよろしいものでございます。

皆さんの通う高校ではちょっと珍しいことに1学期に学園祭がございまして、後半ではそちらの準備や本番の日の様子が描かれていきます。
学園祭当日には皆さんの母親が全員訪れましたりと、こちらも賑々しい様子…。
また、2年生ということでそろそろ進路について悩む姿も描かれまして、学園祭のときに久しぶりにお会いできましたリョウさんと彼女の母親とで翌日にそのお話をされたりいたしまして…?
この作品の主題を見ておりますとときどき忘れてしまいそうながらここは美術系の高校で、皆さんもそれ志望…リョウさんも料理人になりたいわけではなく美術系の大学を目指すわけで、最後のお話ではそのオープンキャンパスに行くのでございますけれど、そこでちょっと意外な出会いもありましたりして…?

そうした皆さんの進路模様や関係がさらに深まる様子も描かれますけれど、こちらの作品の主題といえばやはり以前読んでおります『なぎさ食堂』や『みくり学園スイーツ部』などの様に何かを食べる描写なわけでございまして、この巻でもそれは健在でございます。
やっぱり皆さんが食べる様子は他の人から見ると少し普通とは違う…あまりにおいしそうでまた饒舌すぎるということで、グルメリポーターなのかと思われたり、旅館では仲居さんなどに感動されたりもしておりました。
そしてリョウさんの作るお料理は学校でも色々評判になるほど有名らしくって…これを見ていると、やっぱりリョウさんは料理人になったほうがよいのでは、とも感じてしまいましたりもして…?
…その他、お話の合間にはユキさんの夢の描写がございましたり、カバー下にも彼女に関するおまけ4コマが収録されております。

イラストはなかなかよきものでございます。
百合的にはやっぱりリョウさんときりんさんの関係がなかなかよろしい感じに見えます。
ということで、こちらもやはりなかなかよきお話でございまして、またこちらには上の作品で「なかったこと」にしている様な不安要素もないのでアニメのDVD購入は確定、といってよろしいでしょう。


とっても大好きで長くお会いできない状態が続いてしまいますけれども陰ながら日々ご無事をお祈りして想いを寄せておりますあのかたもお好きなシリーズな『サモンナイト』などゲームは全てお休み…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109260743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック