2015年03月26日

劇場版 ヤセン・ニンジャ -sendai urusai-

こちらの『その花』商業版公式サイト(その2?)によりますと、『その花びらにくちづけを にゅーじぇね!』の発売日が6月26日に決定したみたいでございます。
予約は明日から行えるとのことで、これは忘れずに予約をいたしましょう。


では、先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(7)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『悪魔のリドル』や『なのはViVid』『マテリアル娘。』などと同じものとなります。
こちらは元はゲームとなり以前読んでおりますものなどコミカライズ版や以前読んでおりますものなど別のアンソロジーも多々出ておりまして今期にアニメ化もしている作品となります。

内容としましては、『艦隊これくしょん』のアンソロジーとなります。
と、説明がやはり以前読みました第6巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
参加していらっしゃる作家さまで私がコミックなどを持っているかたといたしましては、以前読んでおります『姉は小学5年生とらいアル!』などを描かれました月島マコトさまがいらっしゃいました。
また、巻頭のカラーイラストを描かれたかたには以前読んでおります『ファンタジスタドールMix』の漫画を担当されたAnmiさまがいらっしゃいました。

お話のほうは、ということでアンソロジーでございまして、やっぱり例によってコメディで楽しいお話が中心でしたかと思います。
『舞鶴鎮守府編』には特にこれといった特徴はないのでございますけれど、でも安定してよい感じのお話が多い、といえるのではないかと思います…今回も楽しい作品が多くって全般的に満足できました。
特にこの巻は姉妹の関係を描いたお話が目立ちまして、姉妹関係メインのお話は全体の1/3、「なかったこと」にしている要素が1/3、その他で1/3、といった割合になっていた印象がございます。
「なかったこと」にしている要素のお話は特に気にしないでおくことにいたしまして、姉妹な関係を描いたお話はもちろん百合的にもよろしいもの…そうでなくっても、五月雨さんと涼風さんのお二人のカレーのお話などとっても微笑ましく、(私自身が五月雨さん大好きなこともあり)よきものでございました。
…今日の日誌のタイトルは収録作品の一つに出てきました謎の映画のタイトル…よく見るとサブタイトルがひどいです(何)

イラストはアンソロジーでございますので玉石混淆ではございますけれど悪いものではございません。
百合的にはお話によってはよい感じ…姉妹愛、という方向で結構強めでしたかと思います。
ということで、私自身が原作ゲームをはじめたこともあり、キャラクターが深く解ってきたりしてより楽しめる様になってきた印象…なかなかよきものでございましたかと思います。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもアンソロジー…
□艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(9)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.0)

こちらは先日『百合姫』などとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『ネプテューヌ』『閃乱カグラ』の一部の作品などと同じものとなります。
タイトルから解ります様に上と同じ作品のアンソロジー…ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、『艦隊これくしょん』のアンソロジーとなります。
と、説明がやはり上の作品や以前読んでおります第8巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
参加していらっしゃる作家さまで私がコミックなどを持っているかたといたしましては、作品の掲載順に以前読んでおります『ひろなex.』のすかさま、以前読んでおります『ひめくり倶楽部』の智さまがいらっしゃいました。

お話のほうは、ということでやっぱりその作品のアンソロジー…作品の傾向も上の作品同様でございますけれど、こちらは特に前半を中心に「なかったこと」にしている要素が多くって、上の作品ほどの楽しさは個人的にはございませんでした…。
ただ、カバー下の恒例な原田将太郎さまの『虚報!鎮守府通信』が今回はいつも以上に面白かったのでそこは非常によろしく、また今回は巻末に『発令?鎮守府通信』なる五月雨さんと涼風さんメインの同じ作者さまによるお話がございまして、それもよきものでしたので、この2作品だけでも個人的には満足でしたかもしれません?
とはいいましてももちろん個々のお話もお話によっては個人的にもよい感じの作品もございますから、悪くないアンソロジーではございますよ?(恒例、といえばノブヨシ侍さまの老提督な4コマももちろんございまして、今回は扶桑さんと山城さんが改二を巡ってドタバタ…)

イラストはやっぱりアンソロジーでございますので玉石混淆ではございますけれども悪いものではございません。
百合的にもやっぱりお話によっては、というところ…カバー下の作品が一番高いかもしれません?
ということで、こちらももう第9巻ということで、『鎮守府編』アンソロジーの中では一番出ているものとなってきたのではないかと思われます?


『艦隊これくしょん』のほうは恒例の建造結果からでございますけれど、すでにいらっしゃる羽黒さんということで残念…。
ただ、戦闘後に得られましたかたとして、空母の加賀さんが登場…はじめて得られたかたで、そしてこれで南雲機動部隊編成に必要なかたが蒼龍さんを残すのみ、ということにもなりました。
その他、日々の建造でできたかたの中に、こちらも初登場となります駆逐艦の白露さんがいらっしゃいました…元気で明るくよい感じの子で、余裕があれば育てたいかなと思います?
さらに昨日は潮さんのレベルが20となりましたので改仕様とできましたけれど、魚雷が酸素魚雷どころか4連装ですらなかったのがさみしい…むぅ。

演習のほう、昨日は何と5艦隊中4艦隊も旗艦が明石さん、という事態…これ、先日読みました『艦々日和』でネタにされていたことそのまま、ということでございますよね?
残り1艦隊は練習巡洋艦な香取さんが旗艦、というこれも私にとっては目新しい艦隊…そういえば24時間かかる演習は練習巡洋艦を旗艦にしよう、となっておりましたけれど、その香取さんにしろ明石さんにしろ、今の私にはどう仲間にすればよいのかも解らないかたがたなのでございました…。
その他、開発では特に目新しいものはできませんでしたけれど、零戦五二型と彗星ができましたので、飛龍さんにそちらを装備をしたのでございました…やっぱり航空機に関してはこれだという配合を見つけられた気がいたします。

戦いのほうは、もう少し2-3で榛名さんを得るために頑張ってみようかな、ということで…結果的に彼女は出てくださいませんでしたけれど上で触れました様に加賀さんが出てくださいまして、これはもう少しここで粘って榛名さんだけでなく伊勢さんや蒼龍さんも出てくださることを期待してしまうかもしれません?
昨日の羅針盤さんはかなり悪意を感じましたけれど、それでも南西諸島沖制海権掌握→潜水艦撃沈に至る一連の任務をこなすことができました。

その様な昨日で私が『艦これ』をはじめてちょうど1ヶ月がたちましたので、ここで一度私の艦隊の現状を見てみようかなと思います。
ちなみにキスカ島撤退作戦でおなじみな幌筵泊地所属なアサミーナ提督はレベル55で少将となっております…では、そんなアサミーナさんのところにいらしてくださった皆さんをレベルつきで書いてみます。
-----
○第1天姫艦隊:五月雨さん(52)・山城さん(43)・扶桑さん(41)・高雄さん(38)・由良さん(42)・隼鷹さん(37)
○第2天姫艦隊:夕立さん(44)・比叡さん(39)・金剛さん(34)・鈴谷さん(21)・鬼怒さん(34)・飛鷹さん(34)
-----
○戦艦:(以下全員レベル1)日向さん・霧島さん
○正規空母:赤城さん(12)・飛龍さん(12)・(以下全員レベル1)加賀さん
○軽空母:千歳さん(23)・千代田さん(23)・祥鳳さん(8)・(以下全員レベル1)鳳翔さん・龍驤さん
○重巡洋艦:摩耶さん(22)・加古さん(18)・鳥海さん(18)・古鷹さん(17)・青葉さん(14)・最上さん(14)・衣笠さん(13)・愛宕さん(12)・利根さん(12)・羽黒さん(2)・(以下全員レベル1)妙高さん・那智さん・足柄さん・筑摩さん
○軽巡洋艦:天龍さん(23)・球磨さん(22)・五十鈴さん(20)・木曾さん(18)・龍田さん(5)・川内さん(4)・神通さん(3)・那珂さん(3)・(以下全員レベル1)北上さん・多摩さん・長良さん・名取さん
○駆逐艦:弥生さん(38)・陽炎さん(28)・時雨さん(28)・曙さん(27)・如月さん(27)・初霜さん(24)・満潮さん(21)・漣さん(20)・潮さん(20)・子日さん(20)・涼風さん(20)・霞さん(19)・敷波さん(17)・不知火さん(14)・若葉さん(10)・睦月さん(9)・暁さん(6)・電さん(5)・雷さん(3)・(以下全員レベル1)島風さん・吹雪さん・白雪さん・初雪さん・深雪さん・叢雲さん・磯波さん・綾波さん・皐月さん・文月さん・長月さん・菊月さん・三日月さん・望月さん・朧さん・初春さん・白露さん・村雨さん・大潮さん・荒潮さん・霰さん・黒潮さん・巻雲さん
○潜水艦:伊168さん(19)・伊58さん(17)
-----
…今のところこの様な皆さんに集まっていただいておりまして、母港を拡張したこともあり、きてくださったかたはお一人は確実に母港にい続けていただける様になっております。

艦隊編成を書きました第1・第2天姫艦隊につきましては主力として現状一番進んでいる海域へ出撃をしていただくかたがた…今後特殊事情がない限りはこの駆逐艦1・戦艦2・重巡洋艦1・軽巡洋艦1・空母1という編成でいこうかなと思っております。
また個々のメンバーもほぼ確定といっていいくらいなのですけれど、第2天姫艦隊の金剛さんと鈴谷さんと飛鷹さんについては、他に気になるかたが出てまいりましたら交代となるかもしれません(榛名さんとか熊野さんとか翔鶴さんとか瑞鶴さんとか…飛龍さんや赤城さんも気になるのでございますけれども…?)
その他のかたがたについては、必要に応じて弥生さんを中心にして第3艦隊を編成する、といったところ…ちなみに現状では三川艦隊+飛龍さんのレベル上げに使用することが多いでしょうか。

皆さん素敵なかたがたばかりなのですけれど、個人的に特にお気に入りなかたがたとしましては、登場していらっしゃるかたで艦種別に…
-----
○戦艦:比叡さん・山城さん
○正規空母:飛龍さん
○軽空母:千代田さん・千歳さん
○重巡洋艦:高雄さん・鈴谷さん
○軽巡洋艦:由良さん・鬼怒さん
○駆逐艦:五月雨さん・弥生さん・夕立さん・陽炎さん・曙さん・潮さん・子日さん
○潜水艦:伊58さん
-----
…こんな感じでございまして、この中でももう特に大好きで仕方ない、となると五月雨さんと由良さんと弥生さんあたりでございまして、さらにはじめから一緒に頑張ってきている、ということで五月雨さんに対する愛着がやっぱりとっても強くって、やっぱりこのまま彼女が第1艦隊の旗艦を務め続けそうな気がします?(ちょうど上で触れました『艦々日和』の吹雪さんと全く同じ、ということに…)
とはいえ、まだまだ仲間になっていないかたがたの中にも素敵なかたがたくさんいるでしょうし、それにすでにいらっしゃるかたでもレベル1で全然使えていないかたの中にまだ魅力に気づけていないかたが眠っているかもしれませんので、どうなるでしょうか。
史実上で好きな軍艦、あるいは性能重視、などもありますけれど、今作はやっぱりキャラクターとしての愛着が第一かと思いますし、これからもそういう面を大切にして使っていきたいものでございます(ならキャラクターとして好きな千代田さんと千歳さんをメインで使いたかったところながら、ちょっとさすがに性能面で苦しすぎまして…でもサブでちょくちょく使っておりますよ?)
…今のところ、駆逐艦なかたに惹かれるかたが多いかも…単純に人数が多いからかもですけれど…?

最後の恒例の建造なのでございますけれど、建造時間が1時間になってしまっておりましたので高速化して結果を見てしまいまして、五十鈴さんでございました…戦艦を建造する資材を投入してその結果でございますので、やっぱり悲しい…。
最近建造で戦艦すら出ておりませんし、やっぱり榛名さんを諦められない…ですので、今日も引き続き2-3で粘ろうかなと思ってしまいます?(最後の建造がこんな結果にならなければ先へ進んでもいいかな、と思ったのでございますけれども…)
…燃料が他の物資に較べてなかなか在庫が同等にまで回復いたしません…むぅ。


『百合霊さん』リプレイのほうは10月までのアナザーストーリーを一通り見終えましたら、また4月からいくつかの新しいアナザーストーリーが現れました。
いつの間にか今月がもうすぐ終わろうとしていて、目標としておりました『FLOWERS』春編ヴィータさん版のプレイは難しくなってきた気がしてしまいますけれど、『百合霊さん』の皆さんを見ていたらその様なことは別に構わなくなってまいります…引き続き、あの子たちをここで見守りましょう(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115712147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック