2015年03月30日

君とのごはんが、一番楽しい。

先日読みましたコミックの感想です。
アニメ化しました…
□幸腹グラフィティ(5)
■川井マコトさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは今年の冬期にアニメ化しておりましてDVDをすでに予約している作品…そしてなぜか、最近のきらら系アニメ化作品では唯一アンソロジーが出ていない作品ともなります…。

内容としましては、高校生の女の子たちの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻では、皆さんが高校2年生になった夏から秋にかけてのことが描かれておりまして、きらら系な日常4コマにしては珍しく、2年生の時点で進路について真剣に悩む様子が見られます。
この巻の主題の一つはきりんさんと椎名さんの進路問題、といえるところ…焦る二人をリョウさんや椎名さんの母親などが色々気遣う様子が見られます。

その他、お盆のお話などではリョウさんとおばあさんのお話も見られまして、こちらはやっぱりちょっと切なくなってしまいます…特に後々まで後悔してしまう、けれどもうその気持ちは伝えられないというものでございましたからなおさら…。
そしてその様なこの巻で印象強かったのは、露子さんのこと…巻頭のカラーページでは幼少時の椎名さんと露子さんのお話、巻末の短編『露子の旅日記』は彼女が椎名さんの家で働くことになったきっかけが描かれておりまして、カバー下のおまけ4コマも椎名さんと露子さんのお話となっておりましたり、やっぱりこの巻は露子さんについてのことが多かった感じでございましょうか。
露子さんの椎名さんへ対する想いもよろしく、また彼女が椎名さんの家で働くことになったきっかけ、というのもちょっと面白いものでしたり…とにかくよいかたでございますよね。
…と、ストーリー面にばかり目がいってちょっと忘れそうにもなりますけれど、1話ごとにかならず何かをおいしそうに食べる描写がある、というスタンスはもちろん健在…以前読んでおります『なぎさ食堂』に以前読んでおります『満腹百合』などもそういう趣な作品でさらには以前読んでおります『ガールフード』というそういうことをテーマにしたアンソロジーまで出ておりますけれど、何気に流行っているのでございます?

イラストはよきものでございます。
百合的にはやっぱりリョウさんときりんさんの関係がなかなかよろしいもので、それにこの巻では椎名さんへ対する露子さんもなかなかよろしくって…?
ということで、こちらは案外物語の進みがはやくって、元は高校入学前からのお話でしたはずがいつの間にか大学進学を悩むところまでやってきたりしておりまして…アニメ版はどこまで描かれているのか気になるところでございますけれど、そちらも楽しみにしつつ本編の続きも楽しみにいたしましょう(今作、普通のきらら系作品よりも単行本の発売間隔が短い気がするのでございますけれど…?)
…ごめんなさいごめんなさい、今作にについて、第4巻まで『幸腹グラフィティ』というタイトルを『幸腹グラフティ』と誤記しておりました…あえて既刊の表記は変えませんけれど、以後気をつけます。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもアニメ化している…
□Aチャンネル(6)
■黒田bbさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.3)

こちらも上の作品とともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますものとなります。
コミックスとしましては上と同じものとなります。
こちらもアニメ化をしておりまた以前にはそのOVA版を観ておりまして、また以前読んでおります様にアンソロジーも出ている作品となります。
…上の作品同様にきらら系でアニメ化をした作品の原作、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、高校生の女の子4人の日常を描いた学園ものな4コマとなります。
と、説明がやはり以前読んでおります第5巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でも皆さんの相変わらずな日常が描かれておりまして、るんさんの親戚の子が登場したりもいたしましたけれど、基本的にはいつもと変わらない様子でございます。

この作品は特に時の流れもなくループをしている、ストーリーのない日常系4コマということもあって、この巻までまいりますと特筆すべきことはなかったり…良くも悪くも、いつも通りといえるのではないかと思います。
何気にトオルさん以外のメインの3人については家族関係もおぼろげに見えたりしておりますけれど、るんさんの兄はどうやら隠れオタクさんでした模様…るんさんも全然気づいていなかったみたいですけれど…?
巻頭のカラーページは先生がたのお話になっておりまして、作中でもそれなりにお話がございましたけれど、やっぱり個人的には…いえ、何でもございません(何)

イラストは悪くございません。
百合的にはいかがでございましょう、トオルさんが告白を断ったことを知ったるんさんがほっとされるお話がありましたりと、やはりこのお二人がそこはかとなく…?
ということで、こちらは安定の長期連載作品、といったところ…のんびり見守ってみましょう。


『艦隊これくしょん』はまずは恒例の建造結果からでございまして、カレンさん…いえ、金剛さんでございまして、同じクラスな榛名さんでしたらよかったのでございますけれど、残念…。
また、日々の建造では軽巡洋艦の夕張さんと阿武隈さんが登場…まさか日々の建造で一気にお二人も新規のかたがいらしてくださるなんて思いもよらず、これは嬉しい驚きでございました。
そして鳥海さんのレベルが25、敷波さんのレベルが20になりまして改仕様になれましたけれど、敷波さんのほうはやっぱり(?)魚雷が酸素魚雷どころか4連装ですらないという…鳥海さんは三川艦隊の任務関連でレベルを上げているわけでございますけれど、古鷹さんと加古さんと青葉さんと衣笠さんのレベルも25になって改仕様になれましたときには一度2-3へ挑んでみるのもよいかもしれません?
その他、由良さんが近代化改装による改装maxとなりました…他の皆さんも対空以外はmaxになっているかたが多いのですけれど、対空はちょっと上げづらいです?

演習ではレベル1の駆逐艦3人、という組み合わせが登場しておりまして、取得経験値が旗艦は3、その他の皆さんは1という事態…レベル1〜5のそれなりに弱いかたがたを出したのでございますけれども…。
一方では旗艦ともうお一人はレベル130で他の4人はレベル99で戦艦と空母で編成された艦隊、とか…こちらはどうすれば勝てるのか解らないレベルでございます(潜水艦を、とも思いましたけれど、潜水艦は遠征に出ておりましたので…)

開発では2機めの烈風が出てまいりまして、現状出ている戦闘機ではこちらが一番強い能力値となっておりまして、そもそも史実を考えますと計画のみで終わったものも含めましてもこれ以上強い艦上戦闘機はないのかもしれません?(陸上用戦闘機を含めますと震電とか橘花とかないこともございませんけれど、あくまで艦上戦闘機となりますとやはり…?)
さっそく隼鷹さんに続けて飛鷹さんにも装備させましたけれど、隼鷹さんは烈風+彗星+流星なのに対しまして飛鷹さんは烈風+彗星+天山ですのでちょっと弱い…とはいえ、これでも十分大戦後期以上の水準といえるわけでございますけれども。
ちなみに、現状お二人とも4つめのスロットには使い道のあまり思い浮かばない零戦六二型を装備させたりしておりますけれど、ちょうど2機ある彩雲にしてもよいのかもしれません?
また、2つめとなります三式爆雷投射機も出てくださり、やはり戦闘機と対潜装備の配合のみは確かなものを得られたみたい…ただ、例によって他は散々なわけでございますけれど…(駆逐艦なかたがたのために10cm連装高角砲や高射装置、酸素魚雷を量産したいのですが…)

上で触れました様に阿武隈さんがきてくださいましたので、彼女を待っていた編成任務がこれで完了いたしました。
代わって南方海域への東京急行任務を成功させよう、なんてルンガ沖夜戦の様なものが出てまいりましたけれど、こちらは遠征任務でございまして、そして遠征は今のところ南西諸島の艦隊決戦援護作戦、北方海域の鼠輸送作戦、西方海域の遠洋練習航海で止まっていて南方海域の遠征は何も出ていないのでこれは達成不能なのでございました…。
艦隊決戦援護作戦は15時間かかるということでちょっと敬遠気味、遠洋練習航海は24時間かかる上に練習巡洋艦がおりませんので不可能、鼠輸送作戦は難易度がSになっておりますので不安、ということで今のところ避けているのでございました…第4艦隊が開放されれば、艦隊決戦援護作戦から順次していこうとは思っているのでございますけれども…?
…ちなみに遠征、やっぱり高速修復材の回収率が最近ちょっと悪くって悲しい…それに鉄鋼が一番不足しているのですけれどもこれをたくさん回収できる遠征もあまりない感じで…?

ちなみに阿武隈さんはなかなかよい感じのかたでございまして、レベル上げをしたいかたの中に入れておきます…軽巡洋艦では彼女の他、川内さんと名取さんのレベルを上げていきたいと思います?(夕張さんも悪くないのですけれど…って、彼女はHPなど駆逐艦並ながら何と初期段階から装備スロットが3つあります?)
一方の駆逐艦のかたがたは今まで育ててきたかたが概ねレベル20に達しましたので、すでにレベル17な不知火さんやレベル10な暁さんと睦月さんとともに、白露さんや深雪さん、白雪さんに叢雲さんといったかたがたを次のレベル上げの対象に…ひとまずは遠征のメンバーに組み込んでのんびり上げてみましょう。

戦いのほうはひそかにろ号作戦の達成を目標にして2-3などへ挑んでいたのでございますけれど、80%以上達成がついてくださったところで羅針盤さんが敵に回ってしまいまして、2-2や2-3へいくら挑んでもボスへしか流されなくなって輸送船撃沈が不可能となってしまいました…。
あまり向きになって挑み続けましても資材が無駄に消費されるだけでございますし、それにボスにばかり流された副産物として南西諸島沖の敵を撃滅→潜水艦撃沈の一連の任務が果たせましたのでよしとしておきまして、ろ号作戦は諦めることにいたしました…達成すると不足している鉄鋼が800も得られるみたいで魅力的だったのですけれども、仕方ございません…。

最後の恒例となります建造は4時間30分ということで戦艦が期待できそうながら金剛クラスは4時間固定っぽいので榛名さんは期待できません…これが伊勢さんでしたらそれはそれで、伊勢クラスの戦艦が揃うことになりますのでよいわけでございますけれども。
そして目標にしておりました建造or戦闘終了後問わずに新しいかたが仲間になる、ということについて阿武隈さんと夕張さんが仲間になりましたので果たされてしまいまして、これはもう榛名さんの登場を待たずして先へ進むしかないみたいでございます?


『百合霊さん』リプレイはゲーム本編が終わりましたのでドラマCDのほうへ…まずは第1作となります『恋人ごっこ』からでございました。
こちらは名脇役といえる阿野さんと音七さんが大活躍されるお話…そしてゲーム本編からもう1年がたっているっぽい設定みたいで、聖苗さんが生徒会長の立ち位置になっておりましたりと、彼女が目標を達成したことが解ります。
結奈さんが下級生から結構憧れの目で見られているらしいことも解りましたりして面白いわけでございますけれど、『百合霊さん』ドラマCDはこの様にしてどんどんゲーム本編より先の時系列へ流れていくのでございました…それは興味深くもあり、そしてさみしさを覚えることでもあって…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115913549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック