2008年03月09日

まじかるブリンガーころな

先日クリアしたゲームのレビューをば♪
劇場版まじかるブリンガーころな
□劇場版まじかるブリンガーころな ドキわく!魔界の夏休み
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○グラフィック評価:★★★★☆(3.5)
 ○システム評価:★★★★☆(4.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○音楽評価:★★★★★(5.0)
 ○難易度:★★★★★(4.9)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○付加要素(おまけなど):★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは去年の夏頃に購入をしてしばし眠らせてしまっていたものの、最近ノベルゲームの『潜雲艇のある風景』クリアとともに再開をしてみた作品です。
その『潜雲艇のある風景』と同様に同人なゲームとなります。

内容のほうは、魔剣を手に入れたことにより魔法少女となった佐倉頃奈さんが前作で戦った魔王ベルゼビュート…ノエルさんの魔界にあるお城へお友達とともに旅行へ行く、というものです。
ちなみに、前作は持っておりませんので、何があったのかは劇場版の作中でのやりとりから察するしかありませんでした…噂では年齢制限があるとのことですけれど、どういう年齢制限がついてしまうのか、劇場版をする限りでは全く想像ができません…。

お話は本編たる佐倉頃奈さん編、そして頃奈さん編をクリアすると魔法少女プレアこと良海昴さん編『プレアデスの翼』の2つがあります…劇場版ということで、二本立てなのですね(何)
先日までに昴さん編の最後の敵たるダークころなまでやってきていたのですけれど、昨日は…
ダークころなを撃破!
…それを何とか撃破をいたしました♪
確かにダークころなは攻撃速度が非常に速かったのですけれど(背景が変わるほどに)、攻撃そのものは本編最後のノエルさん(EXCEEDがつきます)ほど厳しいものではありませんでしたので、比較的楽に倒せました。
そして、感動のエンディング…こちらのエンディングも、非常に良いものでした♪

クリア後、ふとCGモードを開くと…
後日譚
…昴さんたちのその後を見る小さな物語がついておりました♪
それによると、昴さんはベリスちゃんと一緒に自宅で暮らしているみたいで、何よりなことです♪
この先、さらに人がくることになるのですけれど…昴さんはベリスちゃんはもちろんのこと、かつてあんなことがあったライムさんにも好かれていらっしゃる?

ともあれ、この作品ですね…基本的にはギャルゲーの様に物語を読み進めていくものなのですけれど、ときどき戦闘が入ります。
戦闘はポップンみたいにタイミングよくボタンを押して進めていくもので、お話が進むごとに難易度がアップしていきます…最後のほうなんてもう、ポップンでいうとレベル35オーバーではないでしょうか。
はじめのうちはちょっと面倒とも感じる戦闘ですけれど、後半はもうかなりの緊張感を味わえます…この作品の最大の魅力の一つ、といってよいのかもしれません♪

主人公キャラ…頃奈さんも昴さんもそれぞれよいかただと思います♪
どちらかといえば頃奈さんのほうが主人公向きでしょうか…一歩間違えるとダークころなになりますけれど(何)
でも、好きなのは昴さんのほうですけれど…ただ、それも本編があってこそなので、やはりシナリオ的には両方あってというところでしょうか♪
…最後の敵がダークころなだなんて、まるで『バーニングアリサ』のダークなのはみたい…はじめはギャグかと思ったのですけれど、いたって真面目だったのですね…。
その他のキャラもいずれも魅力的なかたがた…個人的には由香さんにベリスちゃん、レヴィアさんあたりが特に好きでしょうか♪
ベリスちゃんは本当にかわいくていい子ですね…これも昴さんのおかげでしょうか♪

イラストのほうはよい感じですけれど、私が過去にやってきたギャルゲーたちと較べると、やや重みに欠ける感じもします(うまく表現できませんけれど)
グラフィックのほうもなかなかよいのではないかと思います…戦闘の必殺技など、かっこよいですよ♪
はじめてゲームのレビューをつけたときには抜けていたシステム評価のほうは、戦闘などかなりよき感じです♪
内容のほうは個人的には満足です…CGが全て埋まったところを見ると、どうやらシナリオに分岐がないみたいで由香さんがただの脇役だったのが少々残念ですけれど。
音楽のほうは文句のつけどころのないもので大満足でしょうか…特に戦闘などの音楽は非常にかっこいいものですし、エンディングテーマもよいですよ♪
個人的には東方にも負けてはいないかと…♪
難易度は戦闘についての評価になりますけれど、個人的には非常に高いものかと思います(何とかクリアはできましたけれど)…ポップンみたいなものですので、ポップンレベルがEXクリア程度あるかたならば、結構楽に行けるのかもしれません(使うのは4ボタンだけですが…)
百合的には、本編では頃奈さんとノエルさん、昴さん編では昴さんとベリスちゃんがそんな感じでしょうか…頃奈さんとノエルさんのほうは最終的にどうなったのかは解りませんけれど、昴さんたちは上に触れた様に一緒に暮らすことになったり…♪
付加要素は、『プレアデスの翼』は本編クリアまでこんなものが現れることは全く予想していませんでしたので十分付加要素になります…そちらをクリアした後にその後の昴さんたちが見られたのもよいところでしょうか♪
アルバムがあるので使う機会はありませんけれど…
…あと、先日の『潜雲艇のある風景』に負けず劣らず、こちらもサウンドモードのデザインがよい感じです♪

総じて、かなりよい作品だったということができます…同人なゲームですので入手は少し厄介かもしれませんけれど、機会があればぜひお勧めしたい作品です♪
できれば、もう少し皆さまの活躍される姿を見てみたいかも…続編を希望?
劇音!
…購入の際は、サントラである『劇音』も購入してみてくださいまし…同じ同人ゲームである東方同様、音楽のほうも満足できるかと思いますので♪(同人なゲームでは『シャンテリーゼ』などもよい音楽でした)
ゲームが買えなくても、普段東方の激しいアレンジCDを購入なさっていらっしゃるあのかたなどには、特にこのCDは勧めたいかも…(何)
実のところ、最近はこのCDばかりを聴いています。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
シャッス…☆

みゅ☆
とうとう完全にクリアなされたみたいでっ♪

私も再開する日が近いかもです☆
明日から3日程バイトはお休みですし♪

イラストも良いですし、百合な感じもしますからオススメしましたけど…こんなに高評価になるなんて…☆
勧めた本人、途中で止まってますのに;

私は劇場版しか無いものと思ってましたけれど…無印はネタ扱いかと…(ぇ)

年齢制限付きって、嫌な予感がしますけど…気になります;

サントラ…今からでも買えるのでしょうか?(何)

本当に最近の同人ゲームって凄いですよね…と、思うのですっ☆

ではでは♪
Posted by 桜花 at 2008年03月09日 06:49
桜花さまへ>
シャッス!です♪
はい、何とかクリアをいたしました♪
うゅ、お休みとは何よりなことで…気が向いたらやってみるのもよいかと思います♪

百合度などはちょっと贔屓目も入っているかもですけれど、音楽評価などはあれで合っていると思いますし、よい作品です♪
お勧めしていただき、ありがとうございました♪

いえ、公式サイトにもありましたし、虎穴通販でもその姿を確認できましたのであるみたいです…そして公式サイトには何も書いてなかったのですけれど通販では年齢制限あり、と…。

う、う〜ん、売っていればいいのですけれど、やはり品切れの可能性のほうが高いのでしょうか…むぅ。

そうでございますね…もうすぐまた期待の同人ゲームが届きますし、楽しみなことなのです♪
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年03月09日 08:21
まじかるブリンガーを検索していたらたどり着きましたH・Sと申します。

まずはクリアおめでとうございます。
すでにお気付きかもしれませんが、
良海家をクリアした後に、もう一度CGモードを覗くと、更におまけが出ているはずですので、
引き続きころなワールドをお楽しみください。
こちらのおまけは、好みが分かれるかもしれませんが…

無印のまじかるブリンガーころなの年齢制限理由は、まんまえっちいからです。百合々々です。

ちなみに、
アルカナハートの稼働日は2006年12月22日。

劇場版の前作に当たる、無印のまじかるブリンガーころなの発売日は
2005年8月14日で一年以上も前だったりします。

こっそりと書き込んでみました。
それでは、失礼いたします。
Posted by H・S at 2008年03月09日 09:10
H・Sさまへ>
はじめまして…コメント、ありがとうございます♪
おまけというと、昴さんたちのその後ではなく…でしょうか。
そういえば、ダンジョンRPGが現れるとか現れないとか…そちらはまだ確認をしていませんし、ちょっと確認してみることにします。

う、う〜んっ、年齢制限のある作品は私には手が出せないですけれど、百合々々でしたらまずは一安心、というところですね…作品のイメージが壊される、というわけでもなさそうですから…。

わっ、なるほど、そうでございましたか…ということは、もしもあのお二人が似ているのがただの偶然でないとしたら、あちらが…かも、しれませんね♪
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年03月09日 12:57
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12101308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック