2015年05月01日

私たち結婚します!

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□青春過剰Sisters(2)
■ぼるぴっかさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★★★(4.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、七草家の姉妹の日常を描いた4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でも七草家の5人姉妹の日常が描かれていくのでございますけれど、主人公の桔梗さんの運命の人といえる芹菜さんの家、川崎家も実は5人姉妹の家庭だということが判明…この巻ではその川崎家の姉妹もどんどん物語に入り込んでまいります。
ちょっと登場人物が多いので紹介は省略をいたしますけれど、七草家と川崎家のそれぞれ同い年なかたがたがカップリングになっている感じとなるでしょうか。

とはいいますもののメインはやっぱり桔梗さんと芹菜さんでございまして、このお二人はもう完全にお互いを意識しております。
ですのでこの巻はそのお二人の関係の進展がメインといったところでございまして、終盤ではついに告白まで至りまして…?
最終話では夢というかたちで桔梗さんが大学生になったときのことが見られますけれど、そこでのお二人の関係は結婚はもちろんその先のことまで至っておりましたりして…あくまで夢とはいいますけれど、でも結局七草家の両親の性別もよく解らないままに終わりましたし、この世界観は女のかた同士、というのが可能なのかもしれません(何)
…はい、この作品はこの巻で完結、最終巻でございました。

イラストは悪くございません。
百合的にはメインのお二人の関係はもう申し分のないものとなりまして、他の皆さんも結構感じられましたりして…?
ということで、こちらは基本的にはおバカなコメディ作品なのでございますけれど、百合的にも高いことになったなかなかよきものでございましたかと思います。
…今日の日誌のタイトルはこの作品の帯から取ったのでございますけれど、どこかで聞いたことのあるフレーズ…かと思いましたら以前全く同じタイトルの同人誌を購入しておりました(何)


また、その様な先日はこの様なものが届いておりました。
-----
百合な作品…
○白衣性愛情依存症
-----
…こちらはゲームとなりまして、百合な作品ということから購入をいたしましたものとなります。
機種といたしましてはヴィータさん…この作品のために以前本体を迎えていたのでございました(ただまだ未開封でございますけれども)

こちらはタイトルから解ります様に以前完全版をしております『白衣性恋愛症候群』と同じメーカーさまの制作された、シリーズといっていいかもしれないものとなります。
特典としましてテレフォンカードがついてまいりましたほか、パッケージ内には臓器提供カードもついておりました。

その様なこちらなのでございますけれど…下で触れます様に今現在『FLOWERS』夏編を進行中でございまして、同時進行は同じく下で触れます『艦これ』もありますことからちょっと無理でございますので、『FLOWERS』夏編が終わったらこちらをすることにいたします。
…そして『白愛』が終わる頃には6月になって『その花』の新作に続くことになりそう…?


『艦隊これくしょん』のほうは赤城さんがレベル30となり改仕様となることができました…空母は3-2でのレベル上げで活躍しやすいのでレベルの上がりもはやめでございます?
演習ではレベル130な五月雨さんが旗艦な艦隊と戦ったのでございますけれど、その艦隊のコメントが「五月雨教徒elite」で艦隊名が「教祖様を見守り隊」…そ、その様な宗教がある、とでもいうのでございましょうか。
でしたら私も五月雨教というものに入ることになりますけれど…でも私の五月雨さんはまだレベル88ですのでeliteはつきませんか…(何)
…演習といえば、先日は演習終了時にお相手が撃沈扱いになることがあったのでございますけれど、昨日はそれは特に見られず普通に大破扱いとなっておりました…何だったのでございましょうか…。

戦いのほうは期間限定イベント、先日ではじめの海域はクリアいたしましたので、次へ進むことに…はじめの海域は難易度乙でクリアしたのでございますけれど、多少の余裕はあったということで次の海域は一応甲からはじめてみて無理そうなら下げていく、というかたちにすることにいたしました。
その2つめの海域、難易度を示す星の数は8ということで、2-5と同じ…その2-5は一応クリアはできますものの毎回ボスで複数のかたが大破させられていたりしまして多大な苦戦が予想されますけれど…?

そして出撃を行おうといたしますと、空母機動部隊または水上打撃部隊による連合艦隊を編成、という説明が出てまいりまして、連合艦隊でないと出撃できない、とされてしまいます。
あのかたに連合艦隊についての解説をしていただけましたので、さっそく編成を行ってみますことに…編成を行うには編成画面上部の第2艦隊なアイコンを第1艦隊に重ねることで編成ができるとのことでそれを行ってみますと、機動部隊か水上部隊かの選択肢が出てまいりまして、それを選びますとそれぞれを編成するのに必要な説明が出てまいりました。

制空権が不安でございますのでひとまず機動部隊を組んでみますことにいたしまして、第1艦隊とされる機動部隊本隊には空母2が最低必要といわれましたので、隼鷹さん+瑞鶴さん+飛龍さん+蒼龍さんの空母4人と山城さん・扶桑さんを加えてみましたところ問題なしとなってくださいました。
随伴護衛艦隊と表記されます第2艦隊には軽巡洋艦1・駆逐艦2が必要とのことでございましたので、五月雨さんを旗艦として夕立さん・比叡さん・榛名さん・高雄さん・由良さんという編成にしてみましたところこれで問題なしとなってくださいました。
その2つを合体させて連合艦隊の編成が成ってくださいました。

そしていよいよ出撃を行いますことに…編成によってルートが変わるそうで、機動部隊なこの艦隊は左へ進みまして、はじめのマスは敵影を見ず(気のせいだった、ではない…)となりましてその先のマスで能動分岐が発生いたします。
そこはもちろんボスへ近づくルートを選びまして、その先では何とHP160もあるヲ級改という初登場の敵に普通のヲ級さんに戦艦を含む艦隊との戦いになります。
ここで陣形を選択するのでございますけれど、連合艦隊ですとここも特殊となっておりまして、第一警戒航行序列から第四警戒航行序列までの4つでの選択…ただ、薄字でそれぞれの陣形が単独艦隊の際の何に相当するか、ということが表示されておりましたのでそこは安心でございました。
ここまで基本的に全て単縦陣で進んできたのでございますけれど、今回は空母メインの艦隊ということで輪形陣相当の陣形を選択いたします。
戦闘がはじまりますと、第1艦隊の前面に第2艦隊が展開、16人での戦いが繰り広げられます…それなら楽勝なのでは、とも感じますけれど、ただ敵味方双方妙に攻撃が命中しなくって、どちらもほぼ損害がないままに昼戦が終了いたしました。
もちろんここで無理をする必要はございませんので夜戦をすることなく終了…戦術的勝利を得られました。
…ちなみに経験値は第1・第2どちらの皆さんにも入るみたいでございました。

その先は北へ向かいまして軽空母と金色の戦艦2人を含む艦隊と遭遇、やはり輪形陣相当の陣形を組みます。
こちらもやっぱり同航戦ながらあまり攻撃が命中しなかったのでございますけれど、敵戦艦の攻撃で飛龍さんが大破してしまい、戦術的勝利は得られましたもののここで撤退することになりました…。

帰港いたしますと当然燃料弾薬は2艦隊分消費しておりまして、また敵の攻撃は第1・第2どちらの艦隊にも降り注ぎますから修理を要する人も多くなってしまうわけで、これは相当大変…資源や高速修復材がいくらあっても足りなさそう、という気配を感じまして、これはイベント完走は無理かも、という不安感に襲われてしまいます。
ただ、その初戦は支援艦隊を出しておりませんでしたので、ここは思い切って前衛、決戦のどちらにも支援艦隊を出してみました…とはいいますものの、私の艦隊ってメインのかたがた以外の層が相当薄いので、先日ほど強力な艦隊は組めなかったわけでございますけれども…。

2度めの出撃では初戦ではやくも由良さんが小破してしまわれまして、第2戦では瑞鶴さんが大破、飛龍さんと隼鷹さんと扶桑さんが中破という大損害を受けてしまい戦術的敗北…。
結局決戦用の支援艦隊は燃料を無駄に消費するだけに終わりましたし、2度の出撃でこれでは水上部隊に変更しても結果は変わらなさそうでございますので、難易度甲は諦めて乙にすることにいたしました…。

ところが、難易度乙にした初戦でいきなり瑞鶴さんが大破、山城さんが中破、蒼龍さんが小破というかえって今までで最大の損害を受けて初戦で撤退することになってしまいました…。
…この3度に及ぶ無為な出撃だけで資源が全て約3,000も吹き飛んでしまったのでございますけれど…。

ですのでここで機動部隊は諦め、水上部隊編成にして見ますことに…第1艦隊は山城さん・扶桑さん・比叡さん・榛名さん・高雄さん・瑞鶴さんで問題なくいけました。
ただ、第2艦隊の編成が難航…軽巡洋艦は2人入れてはいけない、とか軽空母は2人入れてはいけない、とか制限が相当多くって…でも航空巡洋艦2人は問題なかった模様で、ですので五月雨さん・夕立さん・鈴谷さん・熊野さん・由良さん・隼鷹さんという編成としてみました。
空母が一人、そして今回は通常海域以上に制空権に気をつけたいと思いますので、瑞鶴さんへ現状手持ちの中で一番対空値の高い戦闘機、つまり烈風2つと紫電改二1つを装備させておきます…残り1つは一応攻撃力を持たせるということで流星改といたします。

水上部隊編成にいたしますとルートが変更、スタート後に上へ向かうことになりましてまずは水雷戦隊との戦いとなったのでございますけれど、ここではやくも由良さんが小破してしまいます。
その先は能動分岐点になっておりまして、片方は機動部隊で出撃した際の第1戦と同じとなっておりましたので、北へ向かいますことに…するとHP130な戦艦を含む戦艦3との戦いとなりました。
全体的に損害は少なかったものの、ここではやくも扶桑さんが大破してしまいましたので、夜戦を行って敵を全滅させてから撤退…あと、第2艦隊に空母を入れる意味はあまりなさそうにも見えますかも?

もう一度、最後の挑戦ということで、今度は少々考えかたを変えて水上部隊で挑戦をしてみますことに…。
まずは陣形でございまして、ここまでずっと道中は防御優先ということで輪形陣相当な第三警戒航行序列を選択していたのでございますけれど、でも今まで対潜水艦戦以外は基本的に全て攻撃は最大の防御という考えから単縦陣でやってきておりましたから、今回も戦闘隊形らしい第四警戒航行序列を選択してみます。
また、先の戦いより夜戦は第2艦隊しか行わないということが解り、また第2艦隊の空母ははじめの空襲に参加していないっぽい雰囲気が見られましたので、夜戦戦力を増やしますことに…とはいえ軽巡洋艦は2人は入れられず重巡洋艦も3人は入れられないとのことでございましたので朝潮さんを入れます。

これでダメなら難易度を丙に落とす覚悟で出撃をしたのでございますけれど、何と初戦はノーダメージで敵の全滅に成功いたしました。
問題の第2戦も敵の全滅はできませんでしたもののこちらはノーダメージで乗り切ることができ、機動部隊で挑みました際の第2戦と同じ場所での第3戦へ…すると何と敵の全滅に成功しつつこちらの損害はほぼ皆無、という状態になりました。
そうして次はボスなのでございますけれど、2-5やはじめの海域の様に索敵描写が発動…ここまできて索敵値が不足していたら大変なことになりますけれど、無事にボスへ挑めまして一安心でございました。

ボスは何とHP200超という今までに出会ったことのない強大すぎる相手…これまでHP100超の空母や戦艦が道中で現れましたからこれは当然といえばそうなのかもですけれど、でも今までの苦戦振りを思うとこれは絶望を覚えます…さらに軽空母や戦艦も一緒に出てまいります。
一応支援艦隊はやってまいりましたけれどほとんどダメージを与えられず、しかもT字不利になってしまいこちらの損害は小破すら出ませんけれど相手も駆逐艦が沈んだ程度で昼戦が終わってしまいます。
ただ、夜戦で第2艦隊の皆さんが奮起、特に熊野さんが一撃でボスを撃沈してくださいましたりして、何とか敵の全滅に成功いたしました…最後のお一人な朝潮さんまで攻撃順が回ってきてしまいましたし、やはり空母を外して彼女を入れた選択は正しかった模様でございます。

幾度かの試行錯誤が嘘でしたみたいな損害の少なさの勝利…これは一体どういうことなのでございましょう…(でも双方とも妙に攻撃が当たりづらいのはどちらの陣形でも同じ…)
陣形が悪かったのか、運が悪かったのか…とりあえず陣形はもう第四警戒航行序列でよさそうで、第三警戒航行序列で損害多数でした機動部隊もこちらの陣形で挑めばどうなるか少し気になりますし、今日にやってみますか?(本当は昨日の最後に挑戦してみようとしたのでございますけれど、にわかにエラー画面ばかりになってまいりまして戦闘途中に出てきたりいたしますと大変なことになりますので、出せないともったいない遠征を出して終わっておきました…)
難易度ももしかすると、という気持ちが出てきてしまいますけれど、でも甲で押し通すことはどの道不可能でしたかと思いますし、ゲージも減りましたからこのまま乙で挑戦してまいりましょう。

ということで昨日は何とか2つめの海域も突破できそうな手ごたえを、本当に何とか得たところ、というところ…ここを突破すれば葛城さんを得られるとのことでございますし、何とか突破をいたしましょう。
完全クリアはちょっと自信がなくなってまいりましたけれども、せめてリットリオさんだけは迎えたいところ…個人的に史実上で一番好きな戦艦はヴィットリオ・ヴェネトクラスでございますから…。
…あのかたのお話では、葛城さんの外見は駆逐艦なかたっぽいそう…これはやっぱり史実上の葛城の機関を陽炎型駆逐艦のもので代用していることを反映しているからなのかどうか…?


『FLOWERS』夏編は台本紛失事件の推理パートからでございますけれど、やはりこの作品には悪意を持つ人はいない、ということを前提に考えますと特に問題なく進めます。
…というより、あの以前PC版をしております春編の推理パートの難解さは何だったのか、というほど普通の選択肢となっております。

ともあれ無事に台本も戻ってまいりまして、いよいよ朗読劇の当日…朗読劇は特殊な演出できちんと朗読されて進んでいきます。
物語は『ラプンツェル』なのでございますけれど、終盤は蘇芳さんのアレンジで少々違った結末…蘇芳さんが自身とアミティエたちを登場人物に重ね、そして望んだ結末が重ねられていきます。
これは普通によいお話でちょっと泣けてしまったのでございますけれど、えりかさんも涙を流し…これはまた別の何かを思い浮かべたからっぽい…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/125273943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック