2015年05月03日

もうひとつのユリトピア

先日読みましたコミックの感想です。
1冊完結…
□屋上の百合霊さん SIDE-A もうひとつのユリトピア
■伊藤ハチさま
 ○イラスト評価:★★★★★(4.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.4)
 ○総合評価:★★★★★(4.7)

こちらは先日『メバエ』とともに購入をいたしましたものとなりまして、百合が確実な作品ということから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『加瀬さん。』や『終電にはかえします』『星をふたりで』などと同じもの…ひらり、コミックスとなります。
こちらは原作は以前しておりますゲームとなりまして、その他以前購入しております様にドラマCDも出ている作品のコミカライズ版となります。
作者のかたは以前読みました『小百合さんの妹は天使』を描かれたかたとなります。

内容としましては、幼馴染に告白をされた女の子を描いたお話…。
物語の舞台はその原作ゲームと同じ学校となりまして、時系列といたしましてはゲーム本編の1年後のお話となっております。
物語の主人公は椎名栞さんという2年生の女の子…ちょっと背が低めで内向的なところも感じる、基本的にはかわいらしくちょっと天然さんなところも見られる気のする、美術部に所属するかたでございます。
その栞さんには幼馴染がいるのでございますけれど、中学校の卒業式の際にその幼馴染から告白をされまして、でも彼女は突然のことに戸惑いその場から逃げ出してしまって、それ以来その子とは疎遠となってしまっていたのでございました…。

その幼馴染さんは神田真子さんという少し背の高めでクールな雰囲気をされた、陸上部に所属する、栞さんとは同い年ながらクラスは違う女の子…。
お二人はその告白以来お会いしていなかったみたいなのでございますけれど、高校2年生になった2学期、ひょんなことからまたお話をする機会が生じまして…?

その他の登場人物といたしましては、栞さんのクラスメイトで友人、そして学園祭の準備を一緒にすることになったお二人な比奈さんと聖苗さんがいらっしゃいます。
特に比奈さんは陸上部でございますから真子さんにも絡んでくるわけでございまして…そしてゲームをすれば解ることでございますけれど、比奈さんも聖苗さんもゲームに登場するかたがたとなります(栞さんと真子さんはこちらのオリジナルキャラ…)
ゲームに登場する他の皆さん…百合霊なサチさんと恵さんも含め、全員多かれ少なかれ登場をしたりいたします。

お話は、その様な一度疎遠となったお二人が再び関係を縮めていくさまを描いたもの…。
物語は1学期の終わりから2学期の学園祭にかけてでございまして、お二人の関係はまさに百合の正統派路線を歩むよきもの…もちろんクライマックスは学園祭でございまして、この作品はこの1冊で完結となります。
お二人の関係やキャラクターもよいのでございますけれど、ゲーム本編をしていて、そしてそのゲームが大好きな身といたしましてはそのゲーム本編の皆さんが物語に絡んでくるのも嬉しいもの…本編の1年後、ドラマCDでも特に触れられていない時期のお話ということで、そういう意味でも興味深く面白いのでございました。
その他、巻末にはちょっとしたおまけ漫画も収録されております。

イラストはよきものでございます。
百合的にはもちろんメインのお二人の関係がよろしゅうございます。
ということでこちらは『百合霊さん』大好きな身としましてはとても嬉しい作品でございましたけれど、単体でも十分によい作品になっておりましたかと思います。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも…
□屋上の百合霊さん SIDE-B 仲良しクイズ
■文尾文さま/とい天津さま(話)
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.4)
 ○総合評価:★★★★★(4.6)

こちらも上の作品とともに購入をいたしましたものとなりまして、百合が確実な作品ということから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましても上と同じもの…さらにいえばタイトルからも解ります様に上と同じ原作のコミカライズ版、ということもあって一緒に読んでみました。

内容としましては、クイズ研究部に入部した女の子を描いたお話となります。
物語の舞台はもちろん上の作品と同じなのでございますけれど、こちらは上の作品よりもさらに先の時系列…少なくともゲームで2年生のかたがた、つまり結奈さんたちまではすでに卒業をしているのではないかと思われるあたりのお話となっております(もしかするとゲームで1年生な比奈さんたちも卒業しているかも…そのあたりは描写がございませんのでよく解りません)
主人公は長谷千英さんという新1年生の女の子…明るく元気でちょっとほわんとした女の子かと思いますけれど、その彼女は仲良しな女の子たちを見るのが大好き、という好みがございました。
ですのでこの学校に入ってとっても幸せで、さらに部活紹介の際にとっても仲のよい先輩お二人を見てそれに一目惚れ、そのお二人の部に入ろうと決意をされたのでございました。

その部がクイズ研究部でございまして、上級生な部員はお二人のみ…巴七津希さんはほんわかした雰囲気な、笹木里香さんは長い黒髪のクールな雰囲気のかたでございまして、千英さんが感じられたとおりとっても仲がよろしゅうございます。
そして新入生は千英さんの他にもうお一人、伊地山時乃さんという背が高くて長い黒髪をされたこちらもクールな雰囲気のかたが入ったのでございますけれど、実は彼女もまた仲良しな女の子を見るのが大好きでございまして、ですので千英さんと全く同じ理由でクイズ研究部に入ったのでございました。
それを知ったお二人はその様な(ちょっと特殊な?)共通の趣味もありすぐに仲良くなっていくのでございました。

お話のほうは、その様なクイズ研究部の皆さんのお話でございまして、こちらはゲームの登場人物はときどき月代先生が登場されるくらいで、あとは背景で少し出るかどうか、というところ…ただ、七津希さんと愛来さんが従姉妹同士、という意外な繋がりもあったりいたします。
そしてこちらは主人公さんとそれに百合作品でしたらそのまま恋人さんになっていく同級生の部員さんがどちらも百合を見ているのが好き、ということで、お二人はむしろ原作ゲームにおける結奈さんの立ち位置となっていきます。
つまりはお二人が先輩さんお二人の関係を応援していく、というもの…ですので百合としてのお話のメインは先輩さんお二人になっていくわけでございました。
でもそんなお話ももちろんよろしいもので、それにその千英さんと時乃さんの関係も最後に先輩さんお二人に突っ込まれて意識する様になったのではないかなという終わりかたになっておりまして、最後のイラストを提供しておりました原作ゲームイラスト担当のPegさまのコメントどおりこの先のお二人の関係が気になります…でも、こちらもひとまずこの1冊で完結となるのでございました。
その他、こちらも巻末にはちょっとしたおまけ漫画も収録されておりまして、千英さんと時乃さんが街中でゲーム本編のカップリングの皆さんを見て、というお話となっております。

イラストはなかなかよろしゅうございます。
百合的には先輩さんお二人の関係がよろしゅうございまして、メインのお二人も…?
ということで、こちらはどちらかというとオリジナル色の強い作品ではございましたけれども、そのオリジナルな登場人物も魅力的で、上の作品同様にとてもよきものでございましたかと思います…『百合霊さん』は本当によい作品で、これからもさらなる展開があれば嬉しいのでございますけれど、ドラマCDももう終わりっぽいですし、さすがにもう難しいです?(でも百合ゲームでコミカライズ版が2つも出た、というだけでも幸せかもしれません…以前廉価版をしております『アオイシロ』も以前読みましたものと以前読みましたものの2冊が出ておりますけれど、他は以前完全版をしております『ソルフェージュ』にこのコミカライズ版が出たくらいな気がいたしますから…)


その様な先日は上で触れました2作品を購入をしました日と同日に届きました作品のうち『りりくる』の第6巻『Beside You』を聴いてみました。
『シンデレラガールズ』アニメは最後のお楽しみ、ということで…。

こちらは以前に第5巻を購入しておりますシリーズとなりまして、第4巻から今巻までが第2シリーズということで登場人物が共通しておりまして、この巻で一応3カップリング全てが登場してシリーズとしては完結、ということになります。
その様なこの巻のカップリングは幼馴染なお二人…ほんわかほわほわした世話好きな子とやる気のない某杏さんや某望月さんを思い浮かべるお二人のお話となります。
幼馴染ゆえにその距離感について悩んだりされる、という百合のお話としまして正統派な路線のお話となりますけれど、それもやっぱりよろしく、登場人物も微笑ましくやっぱりよきものでございます。
もちろん最後はハッピーエンドでございますから、そこもまた安心でございます。
最後にはボーナストラックとして恒例となりますキャストのフリートークがございます…ちなみに今回はほんわかしたかたを赤崎千夏さま、やる気のないかたを金元寿子さまが演じていらっしゃいます。

これで第2シリーズ完結、ということで第1シリーズ全3巻購入時同様に特典CDがついてまいりました。
今回は虎穴通販で購入をいたしましたということで、そちらの特典CD『みんなでいちゃいちゃボイス♪』がついてまいりまして、こちらは皆さんの賑々しい日常を短編にしていくつか収録したもの…本編を楽しんだ後に聴けば皆さんの日常をより楽しめるかと思います。

『りりくる』もこれでひとまずは一段落となりますけれど、第1シリーズも第3巻まで出た後にキャラクターソングやEXモードCD(何)が出たりいたしましたし、この第2シリーズも今後の展開があるかもしれません…そちらを楽しみにいたしましょう。


『艦隊これくしょん』のほう、比叡さんが先日の時点でレベル75となっておりまして、その先日の戦いで近代化改装に使えるかたがたもある程度揃っていたこともあり、夕立さんに次ぐ私の艦隊における改二仕様といたしました…ただ、さすがに鋼材が2,000以上消費されまして、イベントで消費が激しい中でのこれはちょっと厳しかったかもしれません?
比叡さんは改二仕様となられた際に電探と三式弾を持ってきてくださいましたけれど、外見の雰囲気が相当に変わってしまいました…でもどちらも(すみれさんっぽい/何)快活な雰囲気は保たれておりますしこれはどちらもいい感じ、ということで済ませればいいくらいかなとも思いますけれども。
また、近代化改装は案外と火力と装甲はmaxとなりましたけれど、さすがに対空はおいそれとはmaxにはならなくって星も4つ止まりになっております…空母なかたが得られるのを待ちましょう(先日は瑞鶴さんや蒼龍さんなど、結構豊富といえる感じでございましたけれども)
同時に遠征で頑張ってくださっておりました皐月さんもレベル20となり改仕様となることができました…彼女の代わりには中途半端なレベルで止まっておりました響さんを入れておきます。
…皐月さんに装備させる分の10cm連装高角砲の在庫がもうございません…下で触れます様に2個「消滅」してしまいましたから…。

開発ではその改二仕様となりました比叡さんを旗艦としまして、偶然からか改二記念からか、3つめとなります46cm3連装砲ができてくださいました…これで試製46cm連装砲とあわせて46cm砲が4つとなりましたので主力の戦艦なかたがたに全て行き渡りましたけれど、ただ合っていない装備でございましょうから命中率が心配となります?(というより下で触れます様に実際に比叡さんが攻撃を全く当てなくなりましたので結局元に戻すことに…山城さんや扶桑さんは今まで46cm砲で運用してきておりますのでそのままにしておきますけれども…)
さらに航空機では烈風、とまではいきませんものの2つめの紫電改二ができてくださいましたので、これで烈風2、紫電改二2の数となりまして連合艦隊で機動部隊へ配属する4空母全ての戦闘機が零戦以上のスペックのものとできました…最近の実績からしますと昨日は開発が大当たり、といえるでしょう。
装備改修では改修maxとなっておりました91式高射装置のランクアップができまして94式高射装置となりましたけれど、ただその際にただでさえ数が不足しております10cm連装高角砲を2つも消費させられてしまいました…これは結構痛かったかもしれません?

演習ではすでに秋津洲さんがいらしたり葛城さんがレベル90でしたりする艦隊に遭遇…イベント開始からまだ数日ですのに葛城さんをそんなレベルにできるって、一体どういうことなのでございましょう…(私はようやく五月雨さんだけレベル90にできた状態ですのに…)
そこではじめてそのお二人のことを見られたのでございますけれど、どちらもよい感じのかたがたでございましてお迎えしたいですけれど、秋津洲さんはイベントを完走しないとお迎えできないわけで、かなり難しそう…?(葛城さんについては下で触れますとおり…)

戦いのほうはイベント…の前に、式の準備!(最終)なる出撃任務、つまりレベル90〜99のキャラを第1艦隊旗艦として2-3をクリアする、というものをすることにいたしました。
何度かボスをそれましたけれど、それはそれで輸送船3撃沈任務が達成されますのでよしといたしまして、それでボスを撃破いたしますと書類一式なる謎のアイテムが得られました。
謎のアイテムはケッコンカッコッカリに必要な書類一式と指輪、とのことでこちらは改装で使えるらしいながら現状では何も起こりません…やはりレベル99でないと発動しない模様で、ですので発動するのは当分先ということになります。
そしてまた新たに新たなる旅立ち!なる編成任務が現れまして、こちらは第1艦隊旗艦に強い絆を結んだレベル100以上のかたを配備した6人の艦隊を編成、ということでこの様なものは書類一式も発動しない現状ではもちろん達成不能でございますので置いておきますことに…。

そして先日のリベンジ、という意味も込めまして46cm3連装砲を装備した比叡さんを含む艦隊で2-5へ挑んでみたのでございますけれど、何とボスどころか第2戦めでぼこぼこにされてしまいました…。
昼戦終了時点で比叡さんと高雄さんが大破、隼鷹さんと五月雨さんが中破という、いくら何でも今まででもここまでぼこぼこにされたことはない、というほど…しかも夜戦の末でも敵の全滅は不可能で終了してしまいました…。
これは明らかに比叡さんの命中率がひどいことになっていたのが原因でございましたので、上で触れました様に結局今までどおり41cm連装砲35.6cm連装砲に戻しておいたのでございました…榛名さんも元に戻します。
…でも先日までの比叡さんは試製46cm連装砲を装備していたのでございますよね…こちらの装備は同じ46cm砲でも3連装のものより命中率低下が緩和されたりしているのでございましょうか…?(それとも他の皆さんの活躍が目立って命中率の悪化に目がいかなかった、のかも…?)

元に戻した仕様で再び2-5へ挑んでみますと、何と今度は無傷で第2戦を終えられました…これはちょっと極端すぎるのでは…。
第3戦で五月雨さんが中破、そしてボス戦では鈴谷さんが大破、隼鷹さんが中破、高雄さんが小破してしまいましたものの夜戦の末に敵の全滅に成功…得られましたのは榛名さんでございましたけれど、ひとまず2-5の敵を普通に全滅させることができて安堵できました。

調子に乗ってもう一度2-5へ挑んでみたのでございますけれど、初戦で軽空母が出てきまして見事に旗艦の五月雨さんに一撃大破な空襲を行ってまいりまして、他の皆さんは無傷のままに敵を全滅させられましたもののそこで終了となってしまったのでございました…。
ですのでそこはその程度にいたしまして、1-5を開放…やはり初戦を謎の陣形な悌形陣にいたしますと以前と比較してかなり被害が軽減されましたりいたしますので軽くゲージ破壊を行え1-6も開放されました。
1-6は得るものが少ないですし、機会のある際にのんびりと…でよろしゅうございましょう。

イベントへの出撃は引き続き2つめの海域で機動部隊による連合艦隊出撃を行います。
1度めの出撃、問題の初戦はこちらの被害は軽微かつ昼戦の時点で敵の全滅に成功し幸先のよいスタートとなりまして、第2戦もこちらの被害は軽微かつ昼戦の時点で敵の全滅に成功いたしました。
そしてボス戦ははじめての同航戦となりましたものの由良さんが小破したのみでこちらも昼戦で敵の全滅に成功…ちなみにこの3戦の第2艦隊MVPは全て比叡さんとなっておりまして、やはり46cm砲をやめて正解でした模様でございます。
…ちなみに支援艦隊でしたら大丈夫かな、ということで金剛さんに46cm砲を装備させてみたのでございますけれど、ボスの際にやってきたその支援砲撃は敵駆逐艦に3のダメージを与えただけ…やはり支援艦隊でもダメみたいで、となると46cm砲の存在価値って一体…。

2度めの出撃は初戦で蒼龍さんが大破、山城さんと高雄さんが小破してしまいまして敵の全滅には成功いたしましたけれどそこで撤退…先の演習でお一人でしたかたを撃破した後に出撃をいたしましたので結構なかたが光っていらしたのでございますけれど、やっぱりここの突破は運の要素が非常に強そうでございます(次の結果といい…)

3度めの出撃では初戦が何と昼戦で完全勝利…第2戦では山城さんが中破してしまいますものの何とか昼戦での敵の全滅に成功いたしました。
そうして迎えましたボス戦では敵の編成が今まで軽空母がいたのに対し今回はヲ級さんになっておりさらにそのヲ級さんが何やら見慣れぬ…以前最新作をしております『サモンナイト』のタケシーの様な謎の物体を飛ばしてきましたけれど、その後の金剛さんたちの支援砲撃によりいきなりそのヲ級さんは中破してしまいました…支援砲撃ではその他駆逐艦1も撃沈となり、やっぱり金剛さんの主砲を元に戻したのがよかったのかもしれません?
そのボス戦では蒼龍さんと五月雨さんが中破、瑞鶴さんが小破いたしましたものの何とかボスを含め昼戦で全滅させることができました。

その戦いでゲージの破壊に成功、この海域をクリアとなりました、
乙難易度でのクリア特典は艦上爆撃機の彗星(六〇一空)なる通常の彗星や彗星一二型甲よりもさらに強力なもの、そして正規空母の葛城さんでございました。
六〇一空は隼鷹さんへ装備させまして、余りました一二型甲は新たに仲間になりました葛城さんへさっそく装備…彼女は多少搭載機数は少ないもののなかなか素敵なかたで、翔鶴さんがいない現状、第1艦隊の主力空母にすることも検討して育てようと思います。

今日はイベント海域のさらに先へ進むことになるかと思いますけれど、この先は出撃制限がかかってくるっぽい…戦力層の相当薄い私はどうしましょうか、ここは乙で挑みつつ次の海域以降は丙で挑んで結果的に全員を使える様にするのもよいのかも…?
ともかく、最低でもリットリオさんが入手できるところまではクリアしたいものでございます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/126013314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック