2015年05月09日

リメインズ・JC

先日読みましたコミックの感想です。
謎の世界…?
□リメインズ・JC(1)
■クマノイさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.8)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.6)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.2)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、何となくよさそうに感じられましたことから購入をしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、学校で共同生活を送る中学生な女の子たちの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
物語の舞台は現代日本なのですけれど、彼女たちの暮らす町はそう遠くない過去に何かあったらしく彼女たちを残し誰もいなくなっており、町もほぼ廃墟となっていました。
これがどうしてこうなっているのかはまだ明示されておりませんけれど、作中の皆さんの台詞から大火事があったっぽい…でもそれだけで誰もいなくなるとは考えづらく、また九州からわざわざ(関東地方っぽい物語の舞台)他の人を求めてやってきた子がいたり、他の地域も同じ様な状況っぽいです?
さらに海外から流れ着いてきたっぽいクルーズ客船も無人でしたし、これは本格的に人類滅亡の何かがあったかと思われます…?

その様な中で3人の中学生な女の子が学校の校舎で共同生活を送っていました。
ひまりさんとるいさんはどちらも賑々しく騒ぐちょっとおバカで元気な子、といったところ…桐島さんは真面目で料理など日常生活に必要なことをこなす皆さんのまとめ役といったところです。
食料は町のお店に残されたものを持ってきたり、また学校内に畑を作ってまかなっているみたいです?

当初はその3人での生活でしたけれど、中盤でもうお一人中学生な女の子が加わります。
それがはるばる九州から自転車に乗って他の人に会えるまで旅をしてきた宮田さんという、エアガン好きでまたちょっと食い意地の張った女の子でした。
その他、犬のポチも一緒に生活をしています。

お話のほうは、その様な世界崩壊後の様な世界で暮らす皆さんを描いたもの…。
これは本当に何があったのかよく解らなくって、以前第2作をしています『七竜2020』の様に得体の知れないものが世界を滅ぼしたのかとも感じますけれど、ただ物語自体はその様な世界でのんびり暮らす女の子を描いていますので、そう深刻な雰囲気ではありませんし、ひとまずどうしてこうなったのかは深く考えなくってもよいのかなとも思えます。
謎の現象により滅びた世界にある学校で共同生活を送る、というと以前読んでいますものの途中で切りました『がっこうぐらし!』という作品を思い出してしまいますけれど、こちらの作品にはゾンビなんてものは存在いたしませんのでそのあたりは安心です。
とりあえず、滅びた世界でのんびりと、でもたくましく生きる女の子たちの日常のお話、ということで楽しめばよいかと思います…謎もおいおい明らかになっていく、かもしれません?

イラストは悪くありません。
百合的には特にはありませんけれど、登場人物は皆さん女の子ですのでそのあたりは安心です。
ということで、こちらは色々謎の多い作品ではありますけれども悪くはありませんし、引き続き見守ってみましょう。


『艦隊これくしょん』は新たなかたとして、リットリオさんに次ぐ二人めの海外からのかたな潜水艦のU-511さんをお迎えすることができました…彼女はちょっとよく解らないものを装備しておりました(何)
また、遠征で頑張っていらした霰さんがレベル20となり改仕様となることができましたので、遠征へは代わって朝雲さんを出します。
これであとは霰さんの近代化改装を施せば霞さんと陽炎さんと不知火さんを含んだ艦隊で3-1へ挑む、という出撃任務を全うできる…はず、です。

戦いは引き続きイベントでして、まずは先日に引き続いてイベント海域その5への挑戦を行います。
はじめの出撃は南ルートへ回ってしまい初戦は戦艦を含む艦隊と遭遇しますけれど、山城さんが早々に戦艦を撃沈してくださったこともあり大きな損害はなく切り抜けます。
航空戦を経ての夜戦は相手が攻撃を外してくださったこともあり何とか完全勝利で切り抜けます。
そしてボス戦なのですけれど、泊地水鬼さんの姿が変化していてHPも430に上昇し、航空戦で高雄さんが中破し非常な苦戦が予想されたのですけれど、支援砲撃でボスと要塞1以外の、戦艦を含む4人が一挙に撃沈され、昼戦で瑞鶴さんが中破、夜戦で由良さんが中破しましたものの無事にボスを撃破、敵の全滅に成功しました。
そして今回でゲージの破壊にも成功したのですけれど、やはり泊地水鬼さんの最後の台詞が追加されていて非常に切ない…。

これで丙作戦ながら海域その5をクリアすることができました。
クリア特典としましてはリットリオさんの主砲1つと応急修理女神なるこれまで見たことのなかったアイテム…とはいえ、応急修理要員すら今まで一度も使ったことはないのですが…。

次はいよいよ最後の海域となるその6…こちらは特に出撃制限はなくって、どの難易度でも全員を出すことができます。
ただ、前の海域を丙にてクリアした場合は甲は選択できなくなります…とはいえ、ここまで4まで乙できた身としては、まさか最後の海域でいきなり甲を選択する勇気も実力もありません。
そしてその5で結構苦戦したことも思い、はじめてのイベントを確実にクリアすることを目指し、難易度丙にて挑むこととしました。

最後の海域6はその2やその4同様に連合艦隊での出撃となっており、過去二回の連合艦隊出撃で安定して進行できました機動部隊編成にてここも進むことにし、この様な編成としました。
-----
○第1艦隊(機動部隊主力):隼鷹さん(72)・瑞鶴さん(55)・飛龍さん(40)・蒼龍さん(39)・山城さん(81)・扶桑さん(77)
○第2艦隊(随伴護衛艦隊):五月雨さん(93)・夕立さん(79)・比叡さん(78)・榛名さん(72)・高雄さん(77)・由良さん(78)
○第3艦隊(前衛支援艦隊):伊勢さん(30)・日向さん(30)・葛城さん(31)・翔鶴さん(27)・陽炎さん(38)・曙さん(38)
○第4艦隊(決戦支援艦隊):飛鷹さん(52)・赤城さん(31)・金剛さん(42)・リットリオさん(24)・弥生さん(76)・潮さん(38)
-----
…支援艦隊の編成はちょっと、航空支援より砲撃支援のほうが強力な傾向があって戦艦と空母を半々にすると砲撃支援確定っぽい印象ですのでそういう編成にしたものの、メインとなる連合艦隊の基本的な編成は以前の日誌で触れてます海域その2へ出撃した際の編成と同となっています。
ただ、全体的に皆さんレベルが少なからず上がっている印象…高レベルになるとそう簡単には上がらないのですけれど、イベントは何度も反復しての出撃になりますから上がりやすいといえるのでしょう(ここに出せない鬼怒さんや鈴谷さんとの差が…/何)

そのイベント海域その6、スタート直後は3つにルートが分岐しており、中央のルートへ進行…敵影を見ずを経て能動分岐が発生しますけれど、どちらへ進んでもボスまでのマス数は同じでしたので上を選んでみます。
するとなんと初戦となる戦いは先に戦ったばかりの泊地水鬼さん…緊張が走りますけれど、航空戦+支援攻撃で泊地水鬼さん以外全滅しまた彼女もなぜか何もしてこなかったので全滅こそできませんでしたものの無傷で切り抜けられました。
その先は戦艦を含む艦隊でしたけれど、相手の攻撃が外れたこともあり完全勝利で切り抜けられました。
その先はHP350を誇る空母棲姫さんというかたが率いる艦隊との戦いとなりましたけれど、第2艦隊の攻撃で彼女が中破したためか以降攻撃をしてこなくなりましたので彼女の撃沈こそできませんでしたけれども無傷で切り抜けることができました。
その先はいよいよボス戦となり、HP415の戦艦水鬼さん率いる艦隊との戦いでして、やはり戦闘前には彼女の台詞があります…そして航空戦+支援攻撃で敵4人を全滅させられその後の昼戦でボスを大破、その他全滅を行えましたけれどさすが相手も強力で瑞鶴さんと飛龍さんが中破、比叡さんが小破に追い込まれます。
さらに夜戦では相手が大破状態でしたため攻撃はされませんでしたものの五月雨さん、夕立さん、比叡さん、榛名さんまで微少ダメージ続きでこれはダメかもと思ってしまいましたけれど、高雄さんでクリティカルが出て何とかぎりぎりで無事撃破に成功したのでした…今回のボスの台詞は今までのボスに較べますと切なさよりも怖さが前面にきています?
…初戦は何とボスへたどり着くまで全くの無傷で進行、というあまりに運のよい展開で、これはかえって以降の出撃は大丈夫か不安になるのでした。

こうして何とかボスも倒せることが解りましたけれど、今回のボスは陸上タイプではない模様…てっきり今回もそうかと思って三式弾をできる限り装備していたのですけれど、あまり必要はなさそうです。
道中にはこれまでに遭遇した強力な陸上タイプのかたがたがいますけれど、彼女たちから勝利を奪う必要はなく、夜戦も行わずただ無事に過ぎ去ることができればいいだけですから、徹甲弾を優先しておきましょう。
空母には戦闘機1+流星(改もあり)3という陸上攻撃仕様にしていたのですけれど、こちらは道中で陸上タイプの敵も出ることもありひとまずそのままに

2度めの出撃もはじめと同じルート…過去の連合艦隊出撃の際も機動部隊と水上部隊とでルートが固定となっていましたから今回もそういうことなのかもしれません(ただスタート直後の分岐は3つありますが…)
能動分岐の別のルートも気にはなりますけれど、あまり冒険はしたくありませんのでさっきと同じルートを選択します。
初戦は泊地水鬼さんとの戦いとなり、さすがに無傷とはいかず航空戦で微少なダメージを受けましたけれど、昼戦で敵の全滅に成功しました。
第2戦は航空戦で4人撃沈に成功したこともあり無傷で切り抜けられました。
第3戦は昼戦で空母棲姫さん以外の全滅には成功したもののその空母棲姫さんに飛龍さんを2連続攻撃されて大破してしまいここで終了…終了ということで夜戦へ持ち込んで敵を全滅させておきました(でも何も得られませんでしたけれど…)
…第3戦はどのルートを進んでもたどり着く場所ですので回避不能…ですので今後もここまでは無事にたどり着けるこのルートを選ぼうと思います?

3度めの出撃もやっぱり同じルートとなりまして、初戦の泊地水鬼さんとの戦いではやくも瑞鶴さんが中破してしまい、続く第2戦では夕立さんが中破と前途多難な様相を呈します。
第3戦ではさらに比叡さんまで中破となってしまいますけれど、戦い自体は昼戦で空母棲姫さんも含め全滅に成功し、ぼろぼろではありますけれども一応先へ進む権利は得られました。
ボス戦は何と支援艦隊が来たらずという悲劇に見舞われましたけれど、第2艦隊の全員が奮起してくださり第2艦隊攻撃終了の時点で戦艦水鬼さん中破、その他全員撃沈というところまできましたので、その後は瑞鶴さんが大破しましたものの昼戦で敵の全滅に成功したのでした。
戦闘終了後には上で触れました様に新たなかたとしてU-511さんをお迎えすることができました。
…支援艦隊がこなくっても何とかなるのですか…でも今回の第2艦隊の皆さんの奮起は今までの経験からして奇跡としか感じられず(五月雨さんや夕立さん、由良さんも含め全員が昼戦でボスに50程度のダメージを与えてくださるなんて…)、この様なことはそう度々あるとは思えませんからやっぱり今後も支援に期待して一応出すことにしましょう。

昨日はそこまででしたけれど、イベント海域最後のエリア、難易度丙ながら3度出撃して2度勝利を収められましたので、何とかなりそう…このまま完走を目指しましょう。
ただ、海域その2などもそうだったのですけれど、あそこまで全力で出撃させますと燃料と弾薬の消費が大変…順調にいけば枯渇することはないかとは思いますけれども…。
あと、昨日のU-511さんでこのイベントにて新規の潜水艦なかたが3人加わりまして、また今までずっと遠征に出していました伊168さんや伊58さんのレベルも30程度まで上がっておりましたので、ひとまずそのお二人は外して遠征の3艦隊全てに新規加入な潜水艦を一人ずつつけてのんびりレベル上げを行うこととしました。


『FLOWERS』夏編は引き続きフックマン騒動について…バスキア教諭と調査をした翌日は沙沙貴姉妹と調査をするのですけれど、その中で突如空き教室から悲鳴が聞こえてきてしまいます。
そこへ急行するとバスキア教諭が倒れており…どうやらフックマンらしき人影を見て気絶をしてしまった、とのことなのですけれど、えりかさんは彼女に対しかなり憧れの念を抱いている様子で、この出来事によりよりフックマン騒動の解決に本腰を入れることにしたのでした。

その夜、えりかさんは千鳥さんと眠る前に会話をするのですけれど、そこで千鳥さんが過去にあった悲しい出来事を話してくださいました。
やはり過去にバレエのことで悲しいことがあり、立花さんとその過去の子とを重ね合わせてしまっていたみたい…その上でえりかさんは千鳥さんを励まし、それに対して千鳥さんはえりかさんへ対し騒動調査の協力をするとおっしゃってくださいました。
お二人の関係がよりよくなってまいりましたけれど、そういえばこのシーンに入るときのみアイキャッチがちょっと違うものになっておりました…これは一体…?

翌日、千鳥さんを伴って三度調査をし、譲葉さんとまたお会いして3人で調査をする中、美術室でマユリさんが描いたという絵を発見しました。
それを見ているうちにえりかさんはどうも今回の事件について目星がついたみたい…?

そうしてバスキア教諭のお誕生日会の中、えりかさんは事件について話そうとされるのですけれど、彼女は以前PC版をしています春編の蘇芳さんとは違い、皆さんに対しては真相ではなく当たり障りのない推論を公表し波風立てずに事件を収束させるスタンスを取っていて、今回も皆さんが納得する推論にするにはどうすればよいか、なんて選択肢になります。
昨日はそれを選ぶところまでで、となると無難な選択肢を選んでいけばよいのでしょうけれど、真相は私にも何となく見えてきた気がします…この事件を引き起こしたのは私かもしれないと感じたえりかさんの気持ち、美術室にあったマユリさんの絵、そしてえりかさんはマユリさんがいなくなった真相を調べてみるといいと蘇芳さんに言った過去があり蘇芳さんは実際精力的にそれを調べるべく動いている、となるとフックマンの正体はおそらく…。
この記事へのコメント
U-511をお迎え出来おめでとうございます。U-511は前回の報酬キャラで改造を2回行うと呂500という、容姿や性格、名前まで変化する方です。今回手に入るの確率は甲乙丙合わせて1%ととも言われています!そんな方をお迎え出来るとは、素晴らしいヒキをお持ちですね。私は昨日E-6をクリア出来ましたが資材の都合上周回は厳しいのでE-2のJマス(うずしおを踏むルート)で雲龍さんに会えるという事で、そちらを頑張ります。

また長々と怪文書を書いてしまい失礼しました
それでは、E-6クリアとRomaさんなどをお迎え出来る事を微力ながら祈っております。
Posted by 湊 at 2015年05月09日 18:32
湊さまへ>
コメント、それにお祝いの言葉もありがとうございます…今回のイベントでは他にも伊8さんや伊19さんといった今まで艦隊にいなかった潜水艦なかたをお迎えできていますし、私にとっては潜水艦と縁があるイベントなのかもしれません。
呂500さんは演習で結構見かけますけれど、確かに外見が完全な別人ですね…あれでしたら改造はしないほうがよいのでは、とも感じてしまいかねませんかも…?

湊さまはイベントを完走されたご様子で、お疲れさまでした…♪
私のほうも資材がかなり怪しい感じになってきまして、イベント完走ができるか不安にもなってしまいますけれど、初イベントですのでダメで元々、という気持ちで何とか頑張ってみようと思います。
Posted by 桜乃彩葉 at 2015年05月09日 22:52
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/128237663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック