2006年10月06日

スズナリ!

『学園アリス』で甘夏ちゃんを観ながらSUCCESSさまのほんまPさまの一言をチェック…『アオイシロ』も順調に制作が進んでいるみたいですね♪
男キャラは渋いおじさまが出るみたい…そういう人は出てもよいと思います♪
さらに、バッドエンドが『アカイイト』よりも多いみたい…あわわ。


物語のほうは、先日の決意どおりフィリアさんの物語も更新を再開いたしました!
そのために他の更新中のお話の更新が遅くなると思いますけれど、ご了承してあげてくださいまし…。

とりあえず、フィリアさんの物語と葉月先生の物語を最優先で更新して、次に夏の物語と魔法少女猫なティセちゃんのお話…という感じでいきたいと思います。
…夏の物語はもう今年中の完成は無理そうですけれど、それもご了承してあげてくださいまし…。


葉月先生、といえば…葉月先生みたいな「あらあら、まあまあ」な雰囲気のかたってときどき見かけますよね♪
『ARIA』のアリシアさん、『なのは』のリンディ提督、『Kanon』の秋子さん…などなど。
こういったかたは嫌いではありません…いえ、むしろ好きです♪

先日購入した『スズナリ!』という四コマ漫画にもそういうかたが出てきました…主人公のお母さんですね♪

この『スズナリ!』という作品、たまたま見かけてよい感じかもしれないということで購入したのですけれど…購入して、大正解でした♪
あまりの素晴らしさに思わず久しぶりにレビューまで作ってしまいました♪

内容は、大好きな楓さんのそばにいたいと願う猫さん…鈴さんが人間になって、楓さんの妹として一緒に暮らすことになる、というお話です♪
…そう、叡那さまのそばにいたいと願い、人間になったねころさんと同じなのです…どちらのかたも、人間になっても猫耳のままですし♪

しかも、ねころさんが叡那さまのことが大好きな様に、鈴さんも楓さんのことが大好きなのです♪
少し違うところは、ねころさんはおとなしいかたですけれど、鈴さんのほうは元気いっぱいで愛情表現もストレートというところでしょうか…どちらもよいのです♪

そして、叡那さまと同様、楓さんも徐々に鈴さんに惹かれていっている…様に感じられます♪

サブキャラに変な男子生徒などもいますけれど、それは気にならない範囲ですし…この作品、個人的にはかなり百合な作品だと思います♪
四コマとしては『ひだまりスケッチ』『トリコロ』『特ダネ三面キャプターズ』並に気に入ってしまいました…百合的にはこれらの作品の中で一番…『落花流水』よりも上だと思います〜♪(言いすぎ?)

ともかく、この猫さんだった鈴さんがかわいくて無邪気で心が春色で(何)、そして楓さんへ一途な想いと、素晴らしすぎます♪
機会のあるかたは、ぜひご一読をお勧めいたします♪

…あっ、もちろん同時に購入した、桜花さまお勧めの『とらぶるクリック!!』もよろしゅうございましたけれど、紙面が限られておりますので(何)感想はまたいずれ…♪


そういえば…ポップンのAC14&CS12・CS13のサントラがコナミさんのお店限定、というのもどうしたことなのでしょう…?
今までのサントラは、普通にお店で売っていた気がするのですけれど…。

…って、10月18日にNoriaさんの『恋のくらっち』、小坂りゆさんの『大和撫子魂』がそれぞれ発売するのですね♪
その日は『百合姫』や『巫女魔女』ドラマCDの発売日ですけれど…買わないと!
この記事へのコメント
弐寺13DDのサントラからCDの制作元というか、レーベルが変わったのです

そして予約制という罠がw

詳しくはコナミのHPへ(ぇ
Posted by sion at 2006年10月06日 09:50
アオイシロ、バッドエンドがアカイイトより多いのですか、ということはグットエンドは少な目ですね、あと巫女魔女のドラマCDは31日に延期に・・・

昨日のコメントによあけなのフィーナの性格をカキコしましたが今日はお付きのメイド、ミアのことをこの人はフィーナの乳母の娘さんでかつただ一人フィーナの世話役で一緒に地球にきて料理と炊事が得意というねころさんみたいなキャラです〜。
Posted by E.D at 2006年10月06日 12:37
sionさまへ>
なんと、そういうことでございましたか…。
けれど、通販限定だなんて、消費者を無視した行動だとしか思えないです…少し悲しいです〜。

E.Dさまへ>
あっ、でも登場人物が死んでしまうエンドは減らされるみたいです♪
えっ、延期の情報は全く知りませんでした…教えてくださってありがとうございます。
わぁ、ねころさんみたいなメイドさんですか…う〜んっ、そのフィーナさんというかたと百合になる作品でしたら、確実に見ていたのですけれど…ぁぅ。
Posted by あやの at 2006年10月06日 19:04
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1401946

この記事へのトラックバック