2015年06月15日

魔法の力信じてみない?

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックなど…
○レーカン! 第零巻
○邪神ちゃんドロップキック(4)
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(10)
○東京自転車少女。(9)
○響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ♪(2)
○ここが限界のオーバル学園(3)
○魔法図書館クレーネ(1)
○私の無知なわたしの未知(1)
-----
…一番上はファンブック、その他はコミックとなります。

ファンブックは以前原作を読んでいて以前にアンソロジーを読んでいる、そして今現在アニメが放送されていてすでにDVD予約をしている作品のもの…好きな作品のもの、ということで購入をしました。
収録されているものの中には特別編4コマもありましたけれど、ボリュームはそう多くないということもあり、こうしてコミックではなくあくまでファンブック扱いにしておきました。
…ちなみにDVDの第1巻に相当するものも第0巻となっています…タイトルにかけているのは言うまでもありません(何)

コミックのほう、『邪神ちゃんドロップキック』から『ここが限界のオーバル学園』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『オーバル学園』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品たちはいずれも何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『魔法図書館クレーネ』の帯から取ってみました。

優先して読みたい未読な作品も特にありませんし、今回購入したものたちから『邪神ちゃん』や『艦これ』アンソロジーなどを優先して読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』は開発で21号対空電探ができました…すでに上位の対空電探も持っていますけれど、でも対空電探は改仕様の重巡洋艦も増えてきたりして(13号は置いておいて)数はいくつあっても足りませんからありがたいものです。
また、最近はずっと20.3cm砲の改修を行っていたのですけれど、これが最大値となったところで20.3cm連装砲(2号)なるものに変化しました。
かつて三隈さんが改仕様となった際に3号なるものが入手できていましたけれど、今回は名前どおりその中間に位置するもの…数を揃えられるものでしたら揃えたいながら、20.3cm連装砲は改修資材を大量に消費してしまいますのでここで一区切りにしようと思います?
…その他、能代さんとまるゆさん狙いで大型艦建造の最低値を行ってみたのですけれど、長門さんが登場…もういらっしゃるので意味はないのですけれど、でも最低値では陸奥さんも出ましたし、開発資材1でもこれだけのかたが出てくる模様です?

改仕様といえば昨日は足柄さんがレベル25でなってくださいました…彼女は自由枠扱いですから、ひとまずはのんびり近代化改装を施します?
また、朝雲さんが遠征でレベル20となりましたけれど、改仕様にはなれませんでした…ですので引き続き遠征を行いますけれど、遠征は体感的に北方鼠輸送に従事していると一番レベルの上がりがはやいので、レベル20になっても改仕様となれなかった駆逐艦なかたがたな谷風さんと夕雲さんと朝雲さんはその艦隊へ配属しておきます。
…葛城さんはレベル40となりましたけれど、まだ改仕様になれないっぽい…設計図が必要といいますけれど同じく設計図が必要ながらそれがなくって改仕様になれていないリットリオさんは改造ボタンは押せる様になっていますから純粋にレベルが足りないわけながら、40でも足りないって…。

戦いは日々の任務をこなしつつ3-2でのんびりレベル上げです。
南西諸島制海権獲得任務について、潜水艦隊で2-3へ赴きボス戦でA判定勝利を得た場合も数に加えられていましたので、A判定勝利でも問題ない模様…潜水艦隊も戦力に数えられるということで、これで毎日クリアできる確率が上がりました。
そして3-2で毎回出撃させていた翔鶴さんがレベル75と、いつの間にか瑞鶴さんに追いついていました…このままお二人を3-2でのレベル上げで使って空母以外な第一線な皆さんのレベルである90前後に追いつかせるかどうか、悩ましいところです?
…そして翔鶴さんももちろんとっても素敵なのですけれど、それ以上に瑞鶴さんが大好きになってきてしまっています…空母の中では一番大好きかもですけれど、どうしましょう?(何)

最後は例によって五月雨さん任務のために4-3へ出撃します。
問題となるはじめの分岐、今回は中央寄りの南へ進め、初戦は輸送船1を含む潜水艦隊との戦いとなります。
次の分岐は北上してしまい軽巡洋艦2を含む潜水艦隊との戦いとなり、潜水艦撃沈任務を完了できました。
そのルートですといままでボーキサイト入手エリアへしか進めたことがなく、今回ももちろんボーキサイト75を入手して終了…しかも全員無傷でした。

4-3挑戦が無傷で終わったこともあり、子日さんたちで3-1へ出撃、という任務も実施してみます。
はじめの分岐は無事に南へ進み巡洋艦隊相手にT字有利となり危険を感じるものの敵の攻撃が全て比叡さんと瑞鶴さんへ集中し一安心でした。
次の分岐はボスへ進んでくれましたけれど、ボスは金色のヲ級さんに金色と赤色の戦艦1ずつという、輸送船1が混じっているとはいえ強烈な相手な上に何と比叡さんが昼戦にて攻撃を2回中2回外すという悲劇に見舞われさらに若葉さんが大破しますけれど、逆にいえば若葉さんだけの損害ですんだ、ともいえます…敵は本当に大破した若葉さんに集中攻撃をしてきていましたから(そして若葉さんの大破時の台詞がちょっと危険でした様な…あれではアンソロジーであの様なキャラにされるのも仕方ないです?/何)
それでも夜戦でヲ級さんと輸送船以外は全滅しA判定勝利…なのですけれど、何と任務完了になっておらず、どうやら敵を全滅させなければならなかった模様…。
以前あった陽炎さんたちの同種の任務はB判定、戦術的勝利で任務達成になりましたのに、この厳しさは一体…これはちょっと、比叡さんに本当に頑張っていただかなくてはとても達成できそうにありません。

3-1が敵全滅でなければ受け付けられない、ということで4-3同様に非常に厳しい任務となってきました…焦らずのんびりいきましょう。
そして今日は月曜日ということでまた週間任務が復活しますし、今日はそちらの消滅に注力しましょう。
…これでは3-4や4-4へ挑戦するのは下手をすれば半年とか1年とかその様な単位で後になりそうですけれど、でもとっても大好きなあのかたも北方海域をクリアしたのは結構最近のことのご様子ですし、私はむしろ急ぎすぎな感じもしてしまいますからやっぱり焦らずのんびりいきましょう。


『白愛』は先生が資料室で泣いているところからでしたけれど、そこを後にする間際に口づけをされてしまいます…1周めでは文化祭終了後にさくやさんにそうされたわけですけれど、今回は文化祭中に先生にそうされたのでした。
もちろんその後誰かに刺される、なんてことも起こらず、口づけされた意味を聞くため後日先生の家へ行くのですけれど、そこでお付き合いしてください、と先生から言われて…かなり急な展開ではありますけれど、でもあすかさんはそれを素直に受け入れるのでした。
…ところで先生の家、和室に「百合咲無心」なる掛け軸がかけられているのですけれど、これって一体…?

1周めでなおさんルートの顛末を見ている身としてはなおさんの反応がどうなるのか気になるところでしたけれど…なおさんは天然には敵わない、とはじめから勝負を投げ捨てていて、またこうなることも予想していたみたいです。
またこのルートでは(少なくとも昨日進めた範囲では)さくやさんが完全フェードアウトします…いつきさんも背景程度となり、研究所云々などの物騒な話やあすかさんの過去の記憶についても特に触れられません。

代わりにあすかさんと先生の関係がもう、笑ってしまうほどバカップル状態になってしまっていて、あの2度にわたる見つめあうシーンは完全に受け狙いですよね、ね?(何)
その様な中、先生の過去のお話なども聞けるのですけれど、先生は以前以前完全版をしている『白恋』のさゆりさんにかなり似た印象を受ける同僚の看護師とお付き合いをしていたみたいで、でも先生曰くこっぴどく振られてしまってそのためにときどき泣いてしまっていたといいます。
ところが、先生がその人からもらって大切に持っている辞職願をあすかさんがふとしたことから中を見てみると、それは辞職願ではなくってその人からのラブレターといっていい内容で…もしそれを先生が読んだら自分を捨ててその人のところへ先生が行ってしまうのでは、と不安になってしまいます。

不安になるあまり、なおさんやいつきさんたちに事情を相談したりして、その人に負けないアピールポイントを持てばいいと、そしてそのために先生の嗜好をもっと知ればいいということになります。
そのため、あすかさんはたまたま自分が先に一人で行くことになった先生の家で家捜しをすることにしたっぽいのですけれど…と、昨日はそこまででしたけれど、何でしょうかこのルート、かなり楽しいです。
もう、先のなおさんルートは何だったの、といえるほど物騒な要素はなく純粋にお二人の関係を楽しめる、しかも両方天然ですのでおバカさも面白いという…さすがに『白恋』のさゆりさんルートと較べるのは酷ですけれど、でも同じ『白恋』の主任さんルートに通じるものがあるかもしれません?
このままのお話で進んでくだされば、たとえまだ見ぬさくやさんやいつきさんルートがまた色々物騒な要素が絡んで微妙なお話になってしまったとしても、それら、あるいはなおさんルートを「なかったこと」にしてくださるに十分ですし、それを期待したいものです。
…ところで先生、辞職願をあすかさんが持ったままなのですけれど、1日たっても紛失したことに気づいていません…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/141520765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック