2008年05月22日

百子、三度吠える

『アオイシロ』の公式サイトにて、新たなブログパーツとして綾代さんの時計が配布されておりました。
綾代さんは大好きですので、さっそく今までのものをそちらへ変更してみました♪
と、その綾代さんなのですけれど、以前『百合姫』の最新刊に『青い城の円舞曲』の番外編として綾代さんのお話が載っているという発言をしてしまったのですけれど、それは大嘘で、その番外編は剣道部の先代部長である明日菜さんとその参謀役のかたの秘話となっております。
綾代さんが主人公のお話は『花影抄』の第1巻の最後に収録されているお話でした…も、申し訳ございません。
そ、その『百合姫』収録の明日菜さんたちは本編では名前のみの登場ですけれどよいお話でしたし、『花影抄』の綾代さんのお話もよきものでしたので、よろしければご一読をば…。


その『アオイシロ』のほうは一昨日はできなかったものの、その前日の続き…2周め、1日めの夕食後からです。
就寝時間に皆さんで大富豪ならぬ大貧民をするのは1周めと同じでしたけれど、そこでの会話が少し違い、百子さんと保美さんがどうして剣道部に入ったのかという話になりました…そのあたりのエピソードは『青い城の円舞曲』で語られておりましたっけ。
それも終わり、皆さん就寝になるのですけれど、梢子さんはなかなか寝付けない…1周めでしたらここで汀さんを探しに山へ行くか海へ行くかの選択肢が現れるところだったのですけれど、今回は選択肢なしで海へ向かうことになりました。
海岸には保美さんがいたのですけれど、そこに一人の少女が海から打ち上げられます。
ここでその子をたすけるか、様子のおかしい保美さんに声をかけるかの選択肢が…普通はおぼれてしまったのかもしれないその少女のほうへ駆け寄るべきな気もしますけれど、今回は保美さんに声をかけてみたり…正気を取り戻した保美さんがその少女をたすけにいきました。
梢子さんがその子を背負って帰ることになります。
…1周めのときはお寺に帰ってきたところで、保美さんが発見したといってすでにその子はお寺にいたのですけれど、まさか非力な保美さんが運んできたのでしょうか…?

お寺へ戻ってからは、少し和尚さんたちのお話を聞いてから就寝…夢でいわゆるいつかのひかりに泡沫を見たのですけれど…(何)
その夢によると、どうも梢子さんは幼少の頃に保美さんに出会っていそう…?
さらにナミさんをたすけた様子からしても、やはり保美さんにも何かあるのですね…もっとも、そうでなければメインキャラにはなっていないでしょうけれど。
ともあれ、翌朝は綾代さんに降りかかった幽霊騒ぎ…1周めはナミさんかコハクさんのどちらが怪しいかという選択肢がでましたけれど、今回はコハクさんに会っていないので強制的にナミさんが怪しいということになります。
ともかく、ナミさんが怪しいと言ったら保美さんの様子がまたおかしく…結局、幽霊騒ぎは夏バテではという話に落ち着いたのですけれど、ここで百子さんが肉食についてまた声を大にして言いはじめました!

それからは朝練をして、戻ってきたら梢子さんの過去の記憶が蘇り、そして朝食ではまた百子さんが動物性たんぱく質がないと声を大にし…って、あれっ?
い、いけません、こちらのルートでは嵐がくるから合宿を切り上げて帰りましょうという選択肢やお話すら現れませんでした!
てっきりこちら…つまり保美さんorナミさんルート方面でもあるものかと思っていたのですけれど、大失敗です…こ、ここまできましたら、こちらのルートの果てにまで行ってみるしかございませんね。
…トゥルーには絶対たどり着けないですし、2周めもまたバッドにならざるを得ない様子…うぅ、悲しいです。

ともかく、朝食時にまた綾代さんの幽霊のお話が出て、ここで百子さんが幽霊を呼び込もうと言って肝試しを提案してきました。
1周めでは夜まで内緒にしていた感じでしたけれど、今回は朝食時に堂々と…。
護身用に蜘蛛討ちと呼ばれる木刀を借りるお話になりますけれど、このあたりなどで脱線して出るお話などもなかなか面白かったりもします…和な雰囲気のお話はやはりよいものです♪
食後は部活のほうをば…柔軟をマネージャの保美さんに手伝ってもらったりもしますけれど、保美さんは身体が硬いみたいです。
お昼ごはん…またまた百子さんが声を大にして、ついに勝利を勝ち取るのは1周めと同じですね。
お昼ごはんの後は、1周めとは少々選択肢が異なり、保美さんたちと一緒にお買い物へ行くか、ナミさんの様子を見に行くかに…何だか今のところ保美さん寄りで動いていますので、保美さんたちとお買い物へ行くことにします。

先生の運転する車に乗り、お買い物へ…夕食のメニューは百子さんがうるさいですので肉に決定しています。
その途中で先生のお知り合いからお電話がかかってきたりして…運転中の先生に代わり梢子さんが出ましたけれど、何だか色々引っかかる様な…。
そもそも、お話が結構長かったりしましたけれど、ただの知人でここまでするのかどうか…。
ともあれ、先生にはその知人のかたに会ってきてもらうことにして、梢子さんは保美さんとお二人でお買い物に…何のために車を出してもらったのか、少々解らなくなってしまいます。
そんな買い物の帰りは保美さんと少々寄り道…ファストフード店で『数量限定・卯良島バーガー』を食したりし、さらには百子さんの提案で水着まで買いに行くことになりました。
梢子さんの水着は百子さんたちの陰謀で何だか大胆なものになったっぽくって(実際の姿は見れていません)、保美さんの水着は梢子さんが選ぶことに…そういえば、梢子さんのシャツのセンスは『よつばと!』の風香さんに通じるものがあったかも…。
その保美さんの水着は『シスプリ2』みたいに3つの選択肢から選べましたけれど、ここは保美さんの雰囲気も考えてフリルのついたピンクの花柄ビキニに…♪
と、ここで二人同時に何か違和感を感じたかと思ったら、保美さんが倒れてしまったりして…タクシーを呼んでお寺へ帰ったのですけれど、ここでナミさんが意識を取り戻していました(はじめは背景みたいになっていましたけれど)
ナミさんを見た保美さんはまた少し様子がおかしく…このお二人にはやはり何らかの繋がりがあるみたいです。
それはそうと、保美さんはねころさんみたいな性格のかたで、体調が悪くてもお料理を作ろうとしますけれどさすがにそれはよくないので綾代さんたちが代わりに作ることになりました。
その夕食では肉がついに出ましたので、百子さんも大喜び…このあたりは1周めと同じですね。

と、昨日は2日めの夕食が終わったところで終了…いつもよりも長い時間、2時間以上やったのですけれど、やはりこのペースでは全然終わりそうにないですね…。
けれど、分岐図を見るとかなりすごいことに…広大な分岐図の中で見事に1周めは右の果て、2周めは左の果てへと広がっていってしまっています。
これから先、2周めも悲劇的な末路をたどることになると思いますけれど、3周め以降…封印が解けた後には、どういうルートをたどりましょうか。
コハクさんのトゥルーエンドを目指すのは確定ですけれど、夏夜さんのほうも気になります…♪
何しろ、かつて生き別れた大好きな夏姉さん、なのですから…たとえ鬼になっていたとしても…。
それに、2周めでルートをたどっている保美さんもいいかたですし…う〜ん、全エンディングは見る予定はありませんけれど、やはり全員分のトゥルーエンドを見るべきなのかも…?

…そういえば、初期画面を放置しておいたらオープニングが流れるかと思ったのですけれど、昨日はじめて放置しておいたところオープニングではなくでもムービー…序章や登場人物紹介が流れました。
それはそれでよいのですけれど、オープニングはかなりよきものですし、サウンドモードを出さなければならないでしょうか…それ以前に、サントラが出ればよいお話なのですけれど、ね?
サントラ、それにファンブックの2つは最低出るものと期待しておりますので…♪
この記事へのコメント
にゃっす♪(何)

みゅう…なるほど☆
けれどブログぱーつなんて、携帯じゃ使えないですし;

うゅ☆
実は今…彩葉ちゃんと同じ感じのルートに進んでいて、良いところまで実は行っていたり…
ひょっとしたら、汀さんと同じで…保美さんも封印関係無いのかも?

えと…本当に同じルートなら、汀さんと手合わせをした方が吉で…セーブを小まめに…です♪

軽くセーブ…40とか行ってたりして…;

にゅう…サウンドはアルバムで鑑賞可能なのです♪

ではでは☆
Posted by 桜花 at 2008年05月22日 11:12
桜花さまへ>
にゃーん、です♪
そう、でございますね…私のほうはこの日誌はあくまでサイトの1コンテンツとしていますからあまり飾りはつけないことにしているのですけれど…『アオイシロ』ですし綾代さんですし、よいですね♪

わっ、そうなのでございましょうか?
けれど、1周めも悲劇は唐突に訪れましたから、こちらも悲劇にしか行けない様になっているのかも…。
でも、まずは頑張ってみます♪

セーブは今のところはあまり気にせず進んでいたりして…。

なるほど、そうでございましたか…アルバムはまだクリアをしていない感じですので全然見ておりませんでした。
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年05月22日 12:52
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15155997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック