2015年08月01日

キマシ!

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□キマシ!
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★★(4.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日購入をしてきたものとなりまして、百合が確実なことから購入をした、そして先日はこの1冊のみしか購入をしなかったのでそのまま読んでみたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなる百合姫コミックスとなります。

内容としましては、百合なアンソロジーコミックとなります。
百合なアンソロジーはこれまで数多のものが現れては消えていきましたけれど、こちらは過去に既刊に相当するものは出ておらず全くの新規タイトルのアンソロジーとなります。
参加していらっしゃる作家さまで私が単行本を持っているかたとしましては、作品の掲載順に以前読んでいる『絶滅危愚少女』の漫画担当の広瀬まどかさま、以前読んでいる『瓶詰☆マギカ』の桃屋チカさまと同一人物なはず(何)のぴかちさま、下で触れる『捏造トラップ』などのコダマナオコさま、以前読んでいる『×××したいくらい可愛い君が』の春日沙生さま、以前読んでいる『ちぐはぐ少女のダイアログ』のめのさま、以前読んでいる『トミコの気持ち』のねこ太さま、以前読んでいる『クイーンズブレイド リベリオン 青嵐の姫騎士』などの南崎いくさまがいらっしゃいました。
百合姫コミックスとして出ている作品ですので、やはり百合姫コミックスでお見かけするかたが多い印象を受けるでしょうか。

お話のほうは、ということで百合を主題としたアンソロジーとなります。
こちらは百合を主題としているのは確かですけれど、同時に過激な方向を重視したアンソロジーとなっていまして、全てのお話に一線を越える描写が含まれています。
百合姫コミックスとして出るアンソロジーでそういう要素を主としているもの、といえば以前読んでいる『百合姫Wildrose』に以前読んでいる『Girls Love』が即座に思い浮かぶところで、また実際に収録されたお話を読む限りでもその両者との違いは特にない様に感じられ、どうしてここにきて第三のアンソロジーとしたのかはよく解りません…普通に『百合姫Wildrose』第9巻、で何ら問題のない内容でしたかと思いますけれど、新鮮さがほしかったのでしょうか。
…ところで、アンソロジーのタイトルの『キマシ!』なるよく解らない単語には何か意味があるのでしょうか…?

そのあたりは謎なのですけれど、とりあえずは深く考えないでおきましょう。
収録作品たちはということで過激さ先行な面が強いですけれど、別にそれは(年齢制限が単行本についていない疑問点を除けば…同人誌なら確実に年齢制限のつくレベルかと思われます?)特に問題視するところでもなし…お話も微笑ましいものからちょっとドロドロ気味のものまで様々で、ちょっと過激さのある百合アンソロジーとして楽しめばよいものでしょう。

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ではありますけれども悪くありません。
百合的にはお話にもよりますけれども百合アンソロジーということもありもちろん高いものとなっています。
ということで、こちらはナンバリングが振ってありませんのでこの単体で終わるのか、それとも『Girls Love』がなし得なかったこと、つまり『百合姫Wildrose』を押しのけて続刊を出していくのか、一応貴重な百合アンソロジー枠ですのでそのあたりにも注目してみましょう。
…というより、現状百合アンソロジーってもう全滅状態、ですよね…単発はともかく、続刊がわずかでも期待できそうなのは以前読んでいる『メバエ』くらい、です?


また、同時にこちらも読みましたので…。
これはちょっと…
□捏造トラップ -NTR-(1)
■コダマナオコさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★☆☆☆(2.3)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(2.8)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなりまして、百合が確実と思われる作品ということで購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上の作品と同じものとなります。
作者のかたは以前新装版を読んでいる『レンアイマンガ』などを描かれたかたとなります。
…上のアンソロジーにこちらの作者さまも参加されていらしたことから一緒に読んでみました。

内容としましては、すでにお付き合いをしている男性のいる女の子とその親友さんの関係を描いたお話、となるでしょうか。
主人公の由真さんは高校生の、ごくごく普通のいい子といった趣の女の子なのですけれど、最近はじめてお付き合いすることになった男性ができました。
(多分相手も)はじめてのことですので手探り状態でのお付き合いとなっているのですけれど、その様な中で由真さんの親友がこっそりと色々(性的なことを?)してきまして…?

その親友は水科蛍さんという長い黒髪をして少しクールな雰囲気も感じる、幼馴染で同じマンションの隣人でもある子なのですけれど、彼女は由真さんよりももっと前、中学時代から付き合っている男性がおり、しかもどうも何人も付き合っては云々と、少し悪い噂もあるみたいです?
蛍さんは明らかに由真さんに気がある様子でいろいろ手を出してくるのですけれど、由真さんはお互い付き合っている人がいることもありそれをたちの悪い悪戯か気まぐれとして受け取るのでした。

その他登場人物としては、そのお二人がそれぞれ付き合っている男性…由真さんのお相手の武田さんはなかなかの好青年っぽいのですけれど、蛍さんのお相手の藤原という人はちょっと、偏見の目を取っても嫌な人物にしか見えません…。

お話のほうは、その様なお二人の関係を描いたもの…。
タイトルのNTRとは以前にも何かの作品で見かけたことのある単語でどうやら誰かを寝取ることを表した単語らしいのですけれど、この場合は蛍さんが由真さんを、ということになるでしょうか…ちょっとこのタイトルに嫌悪感を覚える、というのが個人的にこの作品の印象を悪くしている理由の一つかも…。
作者のかたがあとがきなどで書いているとおりドロドロしたお話を描こうとしているご様子なのですけれど、お互いにすでに付き合っている男性がおり片方は普通に一線を軽く越えた描写がある、というところなど、これはちょっと、百合姫コミックスとしては人を選ぶ作品なのではないでしょうか…(帯の煽り文句もなぜか男性視点になっていて気持ち悪かったですし…でも帯の煽り文句でいえばそれ以上にこれと一緒に購入をしていて、でも気が進まなくってまだ読んでいない作品のほうがひどいものがあって…?/何)
その男性の性格が上で触れた様に非常に気分の悪くなるものであり、また私はこの作品のテーマとなっている寝取られという要素も苦手なために感想がちょっと厳しいものになってしまいましたけれど、そのあたりは人それぞれ、あくまで私には合わなかったというだけのことですので、どうかご了承ください、ね、ね…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的には今のところ蛍さんの由真さんへ対する気持ち、というところなのですけれど、でもどうもよく解らないところもあって…普通に(普通以上に)男性と付き合っていますし…?
ということで、こちらはちょっと題材からして私には合わない作品、でしょうか…一応、続きも見守ってみます、か…?


『艦隊これくしょん』のほうは開発ではやっぱり何もできず…やっぱりレベル100を越えてから何もできない状態に拍車がかかった気がしますし、こうなると司令部レベルの意味って…。
…その他、そういえば昨日のメンテナンスでまた水着仕様のかたが増えていて、3-2でのレベル上げの際に出てきました龍田さんが水着姿になっていました(というより、龍田さんの出現率がかなり高かった気が…?)

戦いのほうは1-5出撃任務は8月になる今日に取っておいて、昨日は3-2でのんびりレベル上げをしながら日々の任務…なのですけれど、昨日の2-2はまたどんどん輸送船エリアにばかり艦隊が進んでしまいました…。
しかも、1-5出撃任務が出ていることからも解る様にろ号作戦はすでに終わっていますのでもう無意味な戦いなわけで…?

最後はもう恒例なケ号作戦に挑戦します。
はじめの分岐は南下し水雷戦隊との戦い…微少ダメージは防げない上に敵旗艦のみHP1で残ってしまいますけれども夜戦をせず先を急ぎます。
問題の第2戦は赤いル級さんが何と2、それでいて赤いリ級さんも2という今まで以上に絶望的な編成…それでも何とか若葉さんと島風さんの中破だけ昼戦を終え、敵は駆逐艦1のみの沈没でしたので戦術的敗北となりましたけれどともかくケ号作戦発動以降はじめて第2戦を突破できました。
最後の分岐はボスへ進み、ケ号作戦初のボス戦へ…敵はやはり第2戦より軽い編成で金色のものもいるながら軽巡洋艦3を中心とした、そして輸送船を含む艦隊です。
反航戦となりましたけれど昼戦で軽巡洋艦1大破以外全て撃沈に対しこちらは五月雨さんが小破にとどまり、もちろん夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これで無事ケ号作戦任務を終えることができ…たのですけれど、再突入に備え練度向上に努めよ、なんて任務が新たに出現しました。
こちらはその日中に演習で4回以上勝利、というもので、なぜかすでに80%達成状態になっており、さらに幸いなことに昨夜の演習は非常に厳しい編成のお相手1をそのときまで残しており、そしてその時点で改めて見てみると武蔵さん一人の編成になっていましたのでそれに勝利して任務を達成しました。

すると北方再突入準備、という任務が出現…するのですけれど、その内容が何と改二仕様の阿武隈さんを旗艦とし、となっておりその時点で達成不可能になっていました…。
しかもその他の編成メンバーが響さん、夕雲さん、長波さん、秋雲さん、島風さんと先とは違うメンバーになっており、五月雨さんが外れてしまった上に、そもそも秋雲さんがいないのでこれまた達成不可能なのでした…。
ですのでまた編成任務が1つたまってしまうことになってしまいました…けれど、これを達成したらおそらくこのメンバーで3-2をクリア、ということになりそうでまた厳しいことになりそうです?

ともあれ現状それ以上その任務は進行できませんので3-2から開放されることになりました。
ですのでまた現状の最前線海域への挑戦、3-4と(先月は3-5も)突破できましたので未知の海域たる4-4へ挑む…ことになるのですけれど、今日から8月ということで拡張海域のゲージが回復してしまっています。
さらにそのために1-5への3回出撃任務も取ってありますので、今日からしばらくは1-5と1-6、2-5のゲージ破壊に注力することになるかと思います。
…3-5は先月突破はできましたけれど燃料弾薬などの消費が激しすぎ、それに戦い自体も厳しすぎて挑戦する気力が…2-5まで終えられた後、1日に1回ずつ、水雷戦隊のみで細々と挑戦し続けてみます、か?

今日から8月ということはつまり昨日で7月も終わったわけで…そして、2月末から『艦これ』をはじめた私にとって、半年が経過したことになります。
この1ヶ月前に行ったすみれさんと里緒菜さんの放送でその時点での皆さんの紹介をしていましたから、記録を残す意味でも今月も今現在のアサミーナさん艦隊の状態を書いておきましょう。
ちなみにアサミーナ提督の司令部レベルは101となってしまっており、例によって艦種別のレベルソート順で並べるとこの様な感じとなります。
-----
○戦艦/航空戦艦:比叡さん(96)・扶桑さん(96)・山城さん(96)・榛名さん(95)・大和さん(79)・リットリオさん(66)・陸奥さん(58)・伊勢さん(51)・日向さん(51)・長門さん(49)・金剛さん(45)・霧島さん(1)
○正規空母:瑞鶴さん(96)・翔鶴さん(96)・蒼龍さん(66)・葛城さん(56)・赤城さん(55)・飛龍さん(55)・加賀さん(1)
○軽空母:隼鷹さん(90)・飛鷹さん(70)・龍鳳さん(68)・瑞鳳さん(56)・祥鳳さん(56)・千歳さん(50)・千代田さん(50)・龍驤さん(24)・鳳翔さん(19)
○重巡洋艦/航空巡洋艦:高雄さん(96)・鈴谷さん(95)・熊野さん(76)・羽黒さん(64)・古鷹さん(63)・筑摩さん(50)・加古さん(49)・青葉さん(49)・利根さん(49)・衣笠さん(49)・三隈さん(48)・足柄さん(45)・鳥海さん(27)・摩耶さん(22)・那智さん(20)・愛宕さん(19)・妙高さん(18)・最上さん(18)
○軽巡洋艦:由良さん(96)・鬼怒さん(95)・名取さん(63)・阿武隈さん(63)・川内さん(60)・神通さん(60)・木曾さん(60)・阿賀野さん(49)・矢矧さん(49)・球磨さん(45)・天龍さん(29)・夕張さん(26)・五十鈴さん(21)・多摩さん(20)・長良さん(20)・那珂さん(20)・龍田さん(15)・北上さん(7)・大井さん(1)
○駆逐艦:五月雨さん(125)・夕立さん(96)・弥生さん(96)・浜風さん(71)・潮さん(67)・高波さん(60)・初雪さん(55)・深雪さん(55)・陽炎さん(55)・曙さん(55)・漣さん(55)・子日さん(55)・初霜さん(55)・時雨さん(55)・涼風さん(55)・朝潮さん(55)・満潮さん(55)・霞さん(55)・如月さん(55)・谷風さん(49)・浦風さん(35)・朝雲さん(35)・夕雲さん(30)・長波さん(30)・時津風さん(30)・三日月さん(27)・望月さん(26)・皐月さん(25)・長月さん(25)・菊月さん(25)・Z1さん(24)・白雪さん(24)・響さん(23)・若葉さん(23)・睦月さん(23)・巻雲さん(22)・島風さん(22)・大潮さん(22)・舞風さん(22)・吹雪さん(21)・叢雲さん(21)・磯波さん(21)・綾波さん(21)・敷波さん(21)・不知火さん(21)・朧さん(21)・暁さん(21)・初春さん(21)・白露さん(21)・村雨さん(21)・荒潮さん(21)・霰さん(21)・文月さん(21)・天津風さん(21)・黒潮さん(20)・雪風さん(20)・電さん(20)・雷さん(19)
○潜水艦/潜水空母:伊58さん(59)・伊168さん(56)・まるゆさん(51)・U-511さん(51)・伊8さん(50)・伊19さん(50)
○その他:秋津洲さん(38)・明石さん(35)・あきつ丸さん(25)・大鯨さん(19)
-----
…この様な感じで、この1ヶ月は新たに加わったかたはどなたもいなかったりします。
大鯨さんのレベルが先月よりも大幅に下がっていますけれど、これはお一人めの彼女を龍鳳さんにし、お二人めの大鯨さんとなっているためなのでした。
(仮)をしている五月雨さん以外の、比叡さんなど主力のかたがたのレベルがあまり上がっていませんけれど、これはもうすぐ上限である99が近いので、あまり演習などに出さなくなってしまったため…反面、大和さんは演習にしか現状出していないのに全メンバー中でもかなり上位のレベルになってきてしまいました。

このメンバーでもうすぐあるという夏のイベントに挑む、ということになります。
運営電文によると夏のイベントは春よりも多い7海域もあるというので多少…いえ、相当不安になってしまいますけれど、ただ私にとって初となった春のイベントへ挑んだ際にはこの様なレベルでしたので、それよりは確実に皆さん底上げができていますから、大丈夫…と信じたいものです。
むしろ不安なのは資源が大丈夫なのか、というところ…高速修復材は現在1,542個ありますので大丈夫かとは思いますけれど、燃料が37,000、弾薬が36,000で、今日からの拡張海域挑戦を考えるとこれ以上の上積みはなさそうで、全6海域でした春のイベントで燃料が枯渇したことを思うと、やっぱり不安です?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
失礼します。現在も定期刊行されている百合アンソロジーですが、オークスからの、「彩百合」からタイトル変更された「L -エル- Ladies & Girls Love」(こちらは明確に成人指定(!)されています)が、奇数月刊行をなんとか継続中で、次回の9/10で1周年を迎える状況となっていますから、情報まで。
まあ、成人指定されていることから分かりますように、女性同士のHシーンがある百合アンソロということで、読み手を選ぶのは確かかもしれませんが…(但し、男女のエロとは一線を画した百合になっていると、個人的には思っています)
Posted by おーらんどー at 2015年08月01日 16:55
おーらんどーさまへ>
コメント、そしてアンソロジーの情報、ありがとうございます…♪
何と、その様なアンソロジーがありましたか…それはつまり年齢制限がきちんとある作品、ということですよね…?
年齢制限ありなコミックはこれまでチェックをしたことがなくって、ですので知らなかったのも当然でしたわけですけれど、『その花』や『百合霊さん』など年齢制限に関わらず百合ゲームは好きですし、コミックのほうもよいものならば気になるところではあります。
でも、店頭で探したり購入したりするのは私にはハードルが高そうで、実際にチェックはできないかもしれません…。
Posted by 桜乃彩葉 at 2015年08月01日 22:24
まあ、今なら様々な通販を利用すれば、問題無いと思いますが(苦笑)。
っていうか、現在は書店で年齢制限のある本を置いてあるお店のほうが圧倒的に少ないのが実情なので、年齢制限があるという時点で、同じ百合でも某専門誌などと比べて、すごいハンデだと思うのですが、個人的には頑張ってほしいですね。
Posted by おーらんどー at 2015年08月02日 06:19
おーらんどーさまへ>
再びのコメント、ありがとうございます…私の場合、同人誌は通販を用いているのですけれど、単行本は現状店頭でしか購入をしていないのでした…。
ただ、あの雑誌があの様な状態にありますし、確かに数少ない百合なアンソロジーには頑張ってもらいたいところ…機会があればチェックをしてみたいかもしれません。
Posted by 桜乃彩葉 at 2015年08月02日 22:06
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/158668829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック