2008年06月11日

未だ眠らず

『アオイシロ』は1周めで封印に邪魔されてバッドへ進んでしまったリヴェンジをば…コハクさんルートを目指します。
基本的に1周めと全く同じ選択肢で進むのではじめのうちはただただジャンプを…と、常咲きの椿のところへやってきたところで封印のかかっていた選択肢までやってくることができました。
肝試しのほうは1周めは綾代さんと回りましたので、今回は先生と…綾代さんはあっさり終了しましたけれど、先生の場合は牛の話を延々とされました。

そして、問題のバッドエンド『花の赤く散るらむ』の場所、つまり魍魎たちに襲われる場面にまでやってきたのですけれど、常咲きの椿が散った後に今回はコハクさんにたすけてもらえました。
そして、なぜかコハクさんに稽古をつけてもらうことに…明日もまた稽古をつけてもらうといいます。

3日めの朝、綾代さんがまた幽霊に襲われてしまいそれを百子さんが目撃したというのは保美さんルートと同じ…梢子さんはコハクさんを頼ろうとしたのですけれど、結局和尚さんに相談をすることになっていました。
その後、夏夜さん以外の全てのルートに共通する途中で帰る選択肢を選び例のノーマルエンディングを見たりして。
さらに汀さんと竹刀を交わしますけれど、コハクさんの稽古のおかげかこのルートではあっさり勝利…先生たちに怒られてしまうこともありませんでしたけれど、その後汀さんにコハクさんについて話すことになりました。
その汀さんが夜には幽霊対策としてお札を貼ってくださいました…夏夜さんルートなどではうやむやなうちに消えたこの騒動ですけれど、こちらではまだ消えないみたいです。

その夜、梢子さんはコハクさんに会いに行きましたけれど、隻眼鬼と勘違いしている汀さんが襲い掛かり…と、あっさり勘違いは解けて汀さんが協力をすることになってしまいました。
と、そのすぐ後にはコハクさんと夏夜さんが剣を交わすことになり…このルート、なかなか展開が急です。
しかも夏夜さんが暴走してしまうのもはやい…梢子さんに気づけばよかったですのに、後々も見ると夏夜さんにとっては救いのない展開となっていきます。
コハクさんが(梢子さんのせいで?)取り逃がし、汀さんもまた海へ落ちて夏夜さんは卯良島へ…これは、夏夜さんの末路は汀さんルートと同じになりそうです…。
…泳げない汀さんは自力で海から這い上がった模様…。

翌朝…朝帰りとなってしまって一睡もしていないはずなのに元気な(と思ったら後に気を失いましたが)梢子さん、例の幽霊がお寺の中にいることを悟りますけれどまだナミさんのほうを疑っている様子です。
午前中は海へ行くことになりましたけれど、その幽霊のことやナミさんのことにコハクさん、そして夏夜さんのことで悩むこのルートの梢子さんに取り、このイベントは完全に余計なもの以外の何者でもありませんでしたね…コハクさんを探す梢子さんの前に百子さんが現れたときは正直、本当に行くのですか、と驚いてしまいました。
午後はやっとコハクさんのところへ向かいましたけれど、まさか水着のままで行くとは…それは確かにコハクさんに服を貸しましょうかと提案しても断られるはずです。
そんなコハクさんに血を吸われますけれど、まさかあんなところから吸われるとは…しかも梢子さんも「べべべ別にっ」って慌てすぎです。

血を吸われすぎ、そして徹夜をした梢子さんは気を失いますけれど、そこで過去の夢を見ます。
平泉は現当主が亡くなったらダメだなんて、コハクさんもはっきりと言います…まさにそのとおりなのですけれど。
ともあれ、コハクさんとヤスヒメサマはどうもあの伝説となった源為朝のもと、つまりは沖縄にたどり着き…汀さんの所属する守天党の結成秘話が語られました。

意識が戻るとコハクさんの姿はなく、ナミさんをさらおうとする魍魎の姿…って、この展開は汀さんルートと同じです。
さすがにその後の花火などはあっさり流され…やはりナミさんがついてくるのではという危機感もなく深夜には鬼の踏み石へ向かってしまいます。
そしてやはりナミさんがさらわれてしまう…むぅ、汀さんルートと同じ流れです。

5日めの早朝…梢子さんは鬼の踏み石を通り、卯良島へと渡ります。
けれど、嵐に吹き飛ばされて死に掛けますけれど、そこはコハクさんが現れてたすけてもらえました。
それでも意識は失ってしまいましたけれど、また夢を…コハクさんルートは一種の過去編となっているみたいで、今度はヤスヒメサマに出会うまでのコハクさんの過去が明らかになっていきます。

意識が戻ると先に根方氏の屋敷へ行ってきたというコハクさんが色々と説明をしてくださいますけれど、ずいぶんと過去の設定が簡単に流されていきます。
これまではおぼろげだったナミさんの正体も、ここではじめてはっきりと書かれましたし…。

その後の展開は簡潔に…夏夜さんは非常にあっさりと、台詞も絵もなく姿を消しましたけれど、汀さんルートみたいな末路を目にしなかっただけよかったのかもしれません。
それに対して根方氏や汀さんは結構な見所を作っておりました…根方氏はこれまた姿なく力尽きてしまいましたけれど、汀さんは忘れた頃に…。
馬瓏琉氏がやっと黒幕にふさわしいかもしれない姿となりました…けれど、それでもあっさりとした最期だったかもしれません。
これまで一度も目にしたことがなかった摩多牟も現れたのですけれど、ほんの一瞬で剣に喰らわれてしまいました。
剣の正体は、やはりあれだったのですね…源平の世などを出すという流れからしてそれ以外にはあり得ないとは思っていましたけれど、あんな呪われたものだったのか…。
そして…梢子さんはこれまでのルートで一番主人公らしいところを見せ、コハクさんも他のルートの皆さん、少なくとも根方宗次さんに完全に見せ場を奪われた夏夜さんよりはメインキャラらしいところを見せたと思います。
…思えば、メインキャラで保美さんだけ他のかたのルートでは全く何の役割も果たしませんよね…百子さんや綾代さんと変わらぬ存在となっています。

ということでコハクさんルートハッピーエンディング『未だ眠らず』終了です。
エンディングは今までで一番衝撃だったかも…あの服装もそうですし、百子さんたちにしたこともですし。
ただ、本編のストーリーのほうは、せっかくコハクさんやヤスヒメサマを源平の時代に絡めているのですから、もう一歩深くしてもよかったのではないかと思います…何だか全般的にあっさりしすぎな気が…。
その他、その後ナミさんがどうなったとか、幽霊騒動はあそこまで引っ張って結局放置なんてどういうことなのかとか、消化不良に終わっているところも多いですし…夏夜さんがあっさり退場したのはかえってよかったのかもしれませんけれど、それにしても梢子さんの感慨が全くなく…。
と、分岐図の章題を見たのですけれど、なるほど…クロウクルウは「九郎、狂う」なのですね…って、本当に?
…門が完全に開いたらどうなってしまうのか、少なからず気になるところです。

ともあれ、ナミさんルートの封印はすでに1つは解除していたはずですし、残るルートはナミさんとグランドルートしかないのですから、次はナミさんを目指すしかありません。
昨日はコハクさんだったということもあり一気に終わってしまいましたけれど、次はのんびりと…。
コハクさんはやはりよいですね…オニワカもなかなかよい感じです。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム・アニメ等雑記
この記事へのコメント
しゃっす☆

うゅ、コハクさんルートクリアおめでとうございます♪

残るは、ナミちゃんとグランドだけですねっ☆
ナミちゃんの可愛らしい喋り方を堪能して下さいまし☆(ぇ)

摩多牟は実はやすみんのルートで…(何)
グランドではナミちゃんが手懐けています♪(違)

コハクさんのルートは、やはり深い所まで物語を掘り下げているのに…何だか惜しいです;

とりあえず、ナミちゃんと綾代さんは素敵で可愛いのです☆
SS…書いてみたいです♪
全体的にエピローグが短く感じますが、そこは…色々とユーザー側への挑戦な感じがしないでも…

ティアちゃんが多分召喚出来る筈…オニワカさんなら!(ぇ)
ぐごーって☆


ではでは☆
Posted by 桜花 at 2008年06月11日 05:47
桜花さまへ>
シャッス!です♪
はい、一気にクリアしてしまったり…本来ならここでクリア認定を出してもよいのですけれど、やはりナミさんルートへと進んでみようと思います。

そういえば、摩多牟の絵が保美さんルートにもありましたっけ…。
けれど、手懐けられるなんて…。

どうも、『アオイシロ』のストーリーは全体的にあっさりしすぎの気がしてしまいます…。

そうでございますね…♪
その後は色々と想像を…?

わっ、そ、それはすごいことで…!
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年06月11日 08:19
ナミールートはナミーの可愛さに悶えて下さい(笑)
私は悶えました!
たまご、ふわふわです…は名言です!
そしてグランドはファンタスティックです!
オサ先輩がナミーとやすみん、三人で……
おぉっと!ここからは先は言えません。(何)

なぜ、百ちールートがないのですか〜;
Posted by 骨董屋 at 2008年06月11日 10:32
骨董屋さまへ>
ナミさんはまだあまり深いところまで見ていないかたですからね…楽しみにしてみます♪
グランドルートはどうなるのでしょう…こちらも楽しみにしておきます♪

百子さんや綾代さんルートはこれが伝奇ゲームではなく普通の百合ゲームでしたらルートがあるのも当然だったと思うのですけれど…残念です。
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年06月11日 12:57
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15899220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック