2015年08月06日

ちゅーちゅーブレインわーるどS

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□ちゅーちゅーブレインわーるどS(2)
■海月れおなさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなりまして、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『晴れのちシンデレラ』や『今日のノルマさん』『なぎさ食堂』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読みました『ぷあーなんてもうしまい』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、3人の中学生の日常を描いた4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き皆さんの日常を描いていまして、帯に「バカすぎて狂気。」などと描かれている様に基本的におバカで楽しいお話となっています。
ですので何も考えずにそのおバカさを楽しめばよい作品となっていますけれど、そうはいいましてもことりさんはとってもかわいく微笑ましいですし、穂乃さんの常に眠そうな表情も何ともいえず…たまちゃんゆーちゃんも相変わらず百合的に高めになっていますし、おバカさ以外の見所も結構あります。

その様なこの巻では引き続き皆さんの中学1年生での日常が描かれていきます…1年生を2周くらいしている気もしますけれど、そのあたりは別に気にしなくってもよいかなと思います。
最終的に皆さん2年生に進級したところで、これからも皆さんの日常は続く、というかたちで…はい、こちらの作品はこの巻で完結、最終巻となっています。
…と、ただし最終話はいきなり別時代のお話…原始時代風(あくまで「風」…恐竜がいますし/何)の世界観のお話に飛びますけれど、まぁこの作品ですのでやっぱり深く考えなくていいのではないかと思います。

イラストはよきものです。
百合的にはやっぱりたまちゃんゆーちゃんのお二人でしょう…この巻の最初のお話は丸々お二人のお話になっています。
ということでこちらはこの巻で完結でしたけれど、おバカで楽しい作品でしたかと…あと個人的にはとにかくことりさんがかわいかったので、もう少し見守ってみたい気もしてしまったのですけれど…?


また、先日はこちらのゲームもクリアいたしましたので…。
移植版です
□FLOWERS -Le volume sur printemps-(PSVita版)
 ○イラスト評価:★★★★★(5.0)
 ○グラフィック評価:★★★★☆(3.5)
 ○システム評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○音楽評価:★★★★★(4.5)
 ○声優評価:★★★★★(4.5)
 ○難易度:★★☆☆☆(2.0)
 ○百合度評価:★★★★★(4.5)
 ○付加要素(おまけなど):★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは過日届いたものとなりまして、百合な作品ということで購入をしたものとなります。
機種としてはヴィータさんなものとなります。

内容としましては、全寮制の女子校で起こる夏の出来事を描いた作品、となるでしょうか。
と、説明が以前しているオリジナル版の春編や以前している夏編と同じとなりましたけれど、こちらはPC版として出たオリジナルの春編をヴィータさん及び以前購入をしている様にPSPと、2機種に移植したものとなっています。
ですのでもちろんお話の内容はオリジナル版同様ですので、詳細な説明は省略をします。

ここではオリジナル版と移植版とでの変更点を軽く触れるにとどめておきます。
まず最大の違いは、推理パートの選択肢…これはオリジナル版とちょっと変更されていて、イタリアの忌み数字さえ知識として抑えておけば理不尽に難しいものはなく、ミスなしで終えられるものになっているのではないかと思われます。
どうしてここを変更したのかはちょっとよく解りませんけれど、でも明らかに簡単になっていましたので、オリジナル版は難しすぎる、と判断したのかもしれません(夏編の推理パートも明らかに簡単になっていましたし…?)

あとはエンドリストに表示されるエンディング数や内容も変化…オリジナル版よりも多少増えていましたけれど、そのほとんどは推理パート失敗によるバッドエンドを増やしただけ、となっています。
また、全てお話を終えた上でのバッドエンド、というものも追加されていましたけれど、こちらはマユリさんとも立花さんとも良好な友人関係を築いたままに穏やかな学園生活を送る、というものとなっており、マユリさんエンドよりある意味ハッピーエンドといえる結末といえます(そもそも蘇芳さんがこの学校にきたのは友人を作るためなのですから、なおさら…)
そのマユリさんエンドはオリジナル版では別にトゥルーエンドというものも用意されていましたけれど、でもどちらも結末は同じでしたので、今作では一つに統一されたのかと思われます…ですのでエンディングはマユリさんと立花さんの個別エンド1つずつとバッドエンドしかありません。
…立花さんエンドについて、やっぱりオリジナル版同様に百合ゲージを全て黄色にする、で問題なかった模様です…ただ1周めではたどり着けずマユリさんエンドを見たあとで、ということになるみたいです?

その他細かいところでは、作中の台詞をコレクションする機能が追加されていました。
そしてシステム面がオリジナル版より充実していて、オリジナル版よりも快適にプレイできる様になっていたのではないかと思います。
…そう、ヴィータさんという機種そのものの問題である、起動時に画面を強制タッチというものがなければ…(何)

ということで、こちらは難易度調整が入った印象があるものの、お話自体は変わらずやはりイラストも内容もよきものでしたので、PC版を持っていないかたはヴィータさんかPSPで購入をしてみてはどうでしょうか。
続編の夏編も今秋に同じくヴィータさんとPSPに移植されますので、そちらもあわせて…個人的には千鳥さんという今まで出会ったゲームキャラの中でも五指に入る大好きすぎるキャラクターがおりまたハッピーエンドで終わる夏編のほうがより大好きでよりお勧めで、もちろん私はすでに予約していて届いたらすぐにやってみる予定です。
…こうして2作連続で携帯ゲーム機に移植しているなら、今後発売予定の秋編以降のオリジナルのPC版は購入しなくてもよいのでは、と感じないこともありませんけれど、でもやはりここまでよい百合ゲームのシリーズですからきちんと全て購入をしていこうと思います。

ゲームの今後ですけれど、現在予約中の『よるのないくに』は9月発売予定としばらく間が空きます。
来週からイベントのはじまる『艦隊これくしょん』に注力するか、百合なADVの好きなキャラルートでもしてお話を振り返ろうかとも思ったのですけれど、最近アサミーナさん分の枯渇が本当に厳しいので、アサミーナさん分を補充することにしました。
アサミーナさん分を補充できるゲームはいくつかあるのですけれど、同時にかなさまとすみれさんと里緒菜さん分までをも補充できる『ととモノ。』をしようかなと思います。
さすがに時間も少ないので未プレイかつとっても大好きなあのかたのお話では難易度も非常に厳しいという無印と『2』は控えて『3』からすることに…あさかなやすみりお分を補充するためだけにするものですから、それでのんびりプレイをしましょう。
…『3』以降はあさかなのお二人に転生or再履修or周回プレイを繰り返してかなり強くしていますから、それを生かさない手もありませんし(何)


その様な先日はこの様なものが届きました。
-----
ちょっとお高め…?
○SHIMOTSUKIN 10th Anniversary BEST PREMIUM COMPLETE BOX
-----
…こちらはCDとなり、名前どおりシモツキンこと霜月はるかさまのbestアルバムとなります。

こちらはCD4枚組となり、価格も15,000円と相当お高いもの…以前購入をしている『けいおん!』のbestアルバムと同等といえます。
ですので購入しようかどうか少なからず迷ったのですけれど、やっぱり購入をしてみたのでした。

お高いだけあってその『けいおん!』のbestアルバム同様に収納boxからして豪華仕様となっており、さらに特典もかなりついてきました。
予約をしていた虎穴通販での購入特典もあり、シモツキンさまの音楽活動振り返りトークCD(PCゲーム曲版)なるものもついてきました…アルバムは4枚それぞれアニメ・ゲーム曲編、PCゲーム曲編、オリジナル曲編、メッセージソング編の4つに分けられているのですけれど、ということは他のお店の特典は…?
収録曲については、私はシモツキンさまのアルバムは(多分)全部購入しているのですけれど、それでもそれらに収録されていない曲も多々あり、そしてやっぱりよいもので満足といえるでしょう。


『艦隊これくしょん』は開発では例によって何も出ず…12cm連装砲、機銃、機銃、九九式艦爆、と…。

戦いのほうは残存の任務などを行いますけれど、その前にまずは日々の任務を行います…ただ、昨日は相当運が悪い方向に流れていた模様です。
2-2でははじめの分岐で確実に北上し戦闘、しかもその先についても、ボス手前へ南下してもそのまま南下し輸送船エリアへ流されル級さんにぼこぼこにされることが最多、ついでそのまま東へ流れ高速建造材という完全無意味な場所に飛ばされ、そうでなくても輸送船(以下略)となってしまい、ボス到達は何と0回…。
その一方で潜水艦隊による2-3ではことごとくボスへ進み、輪形陣の軽巡洋艦や雷巡にぼこぼこにされました…潜水艦も修理時間が1時間を越える様になってしまい修理時間が短い、という利点が消滅してしまっていて使い勝手が悪くなってきている、かも…?

そんな惨状ではありましたけれど、ただ現在ろ号作戦が発動していますので、高速建造材でなく輸送船エリアへたどり着ければ、ル級さんの脅威はあるものの無意味ではありません。
現に、その様な状況でしたので、昨日だけではやくもろ号作戦が50%以上達成となり、これは今週中に余裕で達成できるのではないかと思います。
…こんなことをしているので、燃料弾薬はどんどん減る一方…燃料が枯渇した春よりもさらに規模の大きなイベントが来週からはじまるというのに…。

最後は例によって月単位の残存任務な4-2へ空母2+駆逐艦2+αへ出撃、というものを実施します…夕立さんは下で触れる3-5で使用するので今回は五月雨さんと高波さんで向かいます。
機動部隊戦で妙に微少ダメージを受けるもののともかくそこまでは危なげなく終わり、問題の最終分岐はようやくボスへ進みました。
ボス戦は瑞鶴さんが小破する他全員が微少ダメージを受けて回復の面で頭が痛くなりますけれど、でも戦い自体は危なげなく勝利を収められ、ようやく任務から開放されました。
…これを終えると水上反撃部隊、なる2-5出撃任務が出るのですね…3-5を水雷戦隊で突破できるのならこれもできなくはなさそうな気もしてしまいますけれど、でも2-5は重巡洋艦な皆さんで行くべき場所ですのでやめておきましょう(何)

一方の3-5出撃のほうは、先日までの結果で少し心が沈みつつありますので、ちょっと一度本気で挑むことに…いえ、今までも気持ちは本気だったのですけれど、戦力的にも、ということで…。
五月雨さんこそ封印したままながら、今まで温存してきた由良さんを開放するとともに由良さんと鬼怒さんの軽巡洋艦2編成、そして私の艦隊で回避能力第3位の弥生さんに新型高温高圧缶を装備させて五月雨さんと同等の102という回避値を得てとにかくよけていただくことにします。
この編成最大の問題ははじめの分岐で北上する可能性が生じる、という点なのですけれど、今回は何とか東へ進んでくださり、まずは一安心…。
でももちろん本当の戦いはそこからで、初戦は鬼怒さんが中破、夕立さんが小破するものの勝利を収め、第2戦もそれ以上の損害なく戦術的勝利を収められました。
ボス戦は反航戦となりつつ鬼怒さんが早々に大破し浜風さんが中破、雷撃戦で潮さんも大破しつつ敵は旗艦とル級さん、輸送船1が残った状態で夜戦へ…前回たどり着いた際に夜戦で敵旗艦のみ残して他を全て撃沈、という悪夢が蘇りますけれど、今回はこちらの旗艦の浜風さんが初撃で敵旗艦を撃沈、そして他の皆さんで敵の全滅にも成功しました。

今月2度めのゲージ削減成功に調子に乗って、貴重な高速修復材(昨日は遠征での持ち戻りが0…)を使用して同じ皆さんでもう一度挑戦をしてみました。
ところが、はじめの分岐でさっそく北上し終了…その時点で諦めるべきことで、実際タ級さんに潮さんが大破され終了となりました。
やっぱりこの編成では羅針盤さんに翻弄されることとなり、それに軽巡洋艦1+駆逐艦5の編成、しかも先月はもう少しレベルの低いかたがたでも突破の実績があるのですから、やっぱり軽巡洋艦は1で挑みましょうか…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160345888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック